人手不足の解決策とは?原因と企業への影響も解説

人手不足は、日本の生産年齢人口が減るにつれてどの業界でも大きな問題となっています。

人手が足りなくて業務が回らない
細かいタスクが多くて自分の仕事に集中できない
そんなお悩みを持っている方は多いのではないでしょうか?

企業の売上や生産性をあげるためには、人手不足を解消し、優先度が高い業務に集中できる環境を整えることが大切です。

この記事では各業界の現況を踏まえ、人手不足の解決策についてご紹介します。記事を読めば、人手不足解消のヒントを掴むことができ、企業の生産性向上や競争力の強化にもつながるでしょう。

人手不足の原因

人手不足の原因

さまざまな企業で起きている人手不足には、現代日本の問題点が潜んでいました。データをもとにその原因を分析してご紹介します。

生産年齢人口の減少

生産年齢人口とは、一般的に15~64歳の、生産活動に従事しうる人口を指します。2022年6月の時点で、日本の生産年齢人口は総人口の59.3%と過去最低を記録しました。

すでに日本は超高齢社会です。2065年には約2.6人に1人が65歳以上になり、高齢者の割合が減る気配は見えません。これからますます働き手の確保が難しくなるでしょう。

参考:総務省統計局「人口推計 -2022年(令和4年)6月報-
内閣府「令和3年版高齢社会白書(概要版)

企業と求職者のミスマッチ

このデータだけを見ると、どの職種でも人手不足になっている印象です。しかし職種や業種によっては、求職者数が有効求人数を上回ります。これは企業と求職者が求めている職種のミスマッチによって起こります。

ある企業では人が不足しているのに、ある企業では人が余っている。この人不足と人余りという矛盾は、企業にとっても求職者にとっても、非常にもったいない状況です。


引用:中小企業庁「中小企業白書2017

 

人手不足の業界

人手不足の業界

ここでは、近年人手不足に陥っている業界について、データとともに具体的にご紹介します。

株式会社帝国データバンクの調査によると、正社員の人材不足を感じている企業は45.9%にのぼります。非正規社員では27.3%となり、雇用形態を問わず、人手不足は企業にとって大きな問題です。

別の調査では、2022年の景気に悪影響を及ぼす懸念事項として「人手不足」と答えた企業は30.6%になり、これは前年の11.1%から大幅に上昇しています。

コロナ禍ではさまざまな業界で経済活動が制限されていたため、人手不足感は一時的に落ち着いていました。しかし,、アフターコロナに向けて、隠れていた人手不足の問題が顕在化してきました。

業界別にみると、正社員では情報サービス業での割合が目立ち、IT人材の不足が問題となっています。また非正規社員では、飲食店や旅館・ホテルでの人手不足が目立ちます。

正社員の人手不足割合(上位10業種・%)

2020年4月 2021年4月 2022年4月
1 情報サービス 44.6 ↑ 54.1 ↑ 64.6
2 メンテナンス・警備・検査 46.5 ↑ 55.6 ↑ 60.1
3 建設 48.2 ↑ 54.5 ↑ 59.4
4 自動車・同部品小売 33.0 ↑ 50.0 ↑ 58.4
5 人材派遣・紹介 26.9 ↑ 37.1 ↑ 58.0
6 飲食店 14.3 ↑ 27.6 ↑ 56.9
7 農・林・水産 48.2 ↑ 53.5 ↑ 55.7
8 放送 40.0 ↑ 46.7 ↑ 55.6
9 旅館・ホテル 12.5 ↑ 23.5 ↑ 52.4
10 運輸・倉庫 41.1 ↑ 42.3 ↑ 52.2

 

参考:帝国データバンク「人手不足に対する企業の動向調査(2022年4月)」(2022年5月26日)より作成

人手不足による企業への影響

人手不足による企業への影響

人手不足がもたらす影響にはどのようなものがあるのでしょうか。多くの企業が感じている問題点をご紹介します。

労働環境の悪化

人手不足の影響がまず顕在化するのは労働環境です。人手が不足すれば、一人一人の業務負荷が増えます。残業時間や自身のコア業務以外のタスクが増えると、職場の人間関係やメンタルヘルスに悪影響が出ます。

労働環境の悪化により休職者や離職者が増え、さらなる人手不足に陥ってしまう。この負のスパイラルから抜け出すのは簡単ではありません。

社員のモチベーションや生産性の低下

労働環境の悪化は、従業員のモチベーションの低下をもたらします。モチベーションのない仕事では、生産性が低下し、商品やサービスのクオリティが下がってしまいます。

人手不足を既存の従業員だけで乗り切ろうとするのは、おすすめできません。それはあくまで一時的な、急場をしのぐ方法です。人手不足が常態化すれば、企業としては大きな損失を抱えてしまいます。

事業の縮小・廃止

マンパワー不足を感じると、既存事業の縮小・廃止に踏み切る企業もあります。現在の事業の維持さえ難しくなるでしょう。

そんな環境では当然、新規事業を始めにくくなります。既存事業を維持できず、新規事業にも挑戦できない。この状況では企業としての競争力低下にもつながります。

人手不足の解決策

人手不足の解決策

人手不足の現況についてご理解いただけたでしょうか。ここではその解決策を取り上げます。

労働環境の改善

現在働いている社員が、働きやすさや働きがいを感じられる労働環境を整備しましょう。実績に対する正当な賃金や、使いやすくライフスタイルにマッチした福利厚生はわかりやすい改善ポイントです。

また人事評価制度は適切に機能しているでしょうか? 業務内容や時代の変化によって、評価の基準も変わってきます。人事評価制度には、その時々の状況を踏まえた定期的な見直しが必要です。

社内コミュニケーションの活性化も、快適な労働環境づくりに一役買っています。リフレッシュスペースや、会議室以外でも簡単なミーティングを行えるスペースがあると、社員同士の交流が活発になります。

心地よく働ける環境が整うと離職率は下がります。そして誰もが働きやすい企業であれば、新たな人材確保もしやすいでしょう

業務効率化

人手が不足しているのに業務のやり方を変えられなければ、社員の負担は増えるばかりです。現在、会社に貢献してくれている限られた人材で問題なく業務を進められるように、まずはムダやムラの見直しをしましょう

ペーパーレス化に代表されるような文書のデジタル化は、効率的な業務遂行に必須になりました。環境にも優しく、コスト削減にも一役買っています。

そのほか、誰もがスケジュールやタスク管理を把握しやすいシステムを採用するのも大切です。進捗管理がしやすくなり、急なスケジュール変更の場合でも対策が立てやすいでしょう。

このような業務に役立つツールを導入し、業務効率化を心がけましょう。何かを改善するためには、「いつもと同じ」ではなく新しい風を入れることが必要です。

アウトソーシングの導入

人手不足によって生まれた業務の残りを、今いる誰かに割り振るだけでは問題は解決しません。業務をアウトソーシングできれば、社員の負荷を軽減させることができます。

特に、必要ではあるものの直接的な利益を生まないノンコア業務は、外部に委託しやすい部分です。社員がコア業務に集中できれば、働きがいやモチベーションアップにつながります。

 

オンラインアウトソーシングの「HELP YOU」

オンラインアウトソーシングのヘルプユー

人手不足の解決策として、アウトソーシングが有効であるとご説明してきました。ここではオンラインのアウトソーシングサービス「HELP YOU」についてご紹介します。

HELP YOUの特徴

オンラインアウトソーシングの「HELP YOU」では、さまざまなスキルを持った優秀なアシスタントを揃えています。業務の窓口となるディレクターを中心としたチームを作り、業務をアウトソーシングしたいと考えている企業のサポートや業務代行を担っています。

採用しているアシスタントは厳しい業務採用プロセスをクリアした人材のみです。専属のディレクターと、これらの優秀なアシスタントによってチームを組むことで、誰かが退職した場合でも業務が滞る心配はありません。

【HELP YOUの対応業務例】

総務 ・内部、外部のスケジュール調整
・出張や会場の手配
・会議資料作成
・お礼状・お詫び状などの書状データ作成
・社内報の更新
経理 ・見積書や納品書などの書類作成
・入金確認および領収書の発行といった入金管理
・注文書や発注書の作成などの支払業務
・伝票の作成やデータ入力
・経費精算
人事・採用 ・セミナー会場の手配
・研修資料の作成
・人事評価フォームの作成および集計
・勤怠、残業、悠久の管理
・求人票作成やホームページ更新
営業サポート ・会議資料や提案書の作成
・データや書類の収集・分析・整理
・業界の最新情報の調査
・予算実績管理
・顧客や在庫データの更新
ECサイト運用 ・入金や販売などの売上管理
・在庫や仕入れにおける商品管理
・ホームページでの商品登録、更新作業
・特集ページやランディングページ作成
・ニュースリリースの追加・作成・変更

マーケティング業務

・アンケート作成およびデータ集計
・社内外資料作成
・プレスリリースやメルマガの作成、配信
・SNSへの投稿
・予算、制作進行管理

 

ノンコア業務となりやすい、一部のバックオフィス業務についてご紹介しました。このほかにも、海外進出サポートやオンライン研修・イベントの企画立案など、多岐にわたる業務を請け負っています。

【HELP YOUの料金】
月額費用:10万円~(税抜)
契約期間:6ヵ月~
実働時間:30時間~
※初回月のみ、契約時間分が利用できなかった場合、翌月分に繰り越し可能です。

このほか、ご依頼内容に合わせてプランのカスタマイズも可能です。詳細、金額につきましてはお気軽にお問い合わせください。

 

HELP YOUの人手不足解消事例

ここでは、HELP YOUを導入して人手不足解消に至った案件をご紹介します。株式会社シンカさまは、主に採用コンサルティング業務と人材紹介をされているクライアント様です。

【ご依頼内容】
中途人材紹介サービスなどの事業拡大をするにあたり、マンパワー不足を実感している。スカウト業務をアウトソーシングしたい。

【依頼前の課題】
HELP YOUに依頼する前は、200件のスカウトをするために、2~3時間を工数として確保する必要があった。しかし作業時間を確保できないまま、2週間以上たってしまうこともあった。

【依頼後の効果】
一人一人じっくりとスカウトしたい場合は自社で、大量にスカウトしたい場合はHELP YOUを利用。業務内容によって使い分けをすることで、自分の時間を確保できるようになった

HELP YOUを導入したことで、優先度や緊急度が高い案件にもかかわらず、時間を確保できずに困っていた部分にフォーカスできたとお褒めの言葉をいただきました。

▼詳細はこちら

自走して動いてくれている安心感!新たに時間を創出できたことが生産性向上への秘訣 株式会社シンカさま

まとめ

この記事では、人材不足がもたらす影響と、その解決策についてご紹介してきました。人材不足はどの業界でも抱えている問題です。今は顕在化していないだけの人手不足もあるでしょう。

そんな人手不足を解決する手段としておすすめなのが、アウトソーシングの活用です。

ノンコア業務をアウトソーシングできれば、社員がコア業務に集中できるようになります。結果、生産性が上がり、企業としての競争力は強固なものになるでしょう。自社にとって必要なアウトソーシングサービスは何か、一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

▼あわせて読みたい

業務改善の事例とアイデア!効率化を進めるステップを解説

アウトソーシングのメリット・デメリットとは?外注に向いている業務も解説

採用代行(RPO)アウトソーシングサービス比較25選|依頼業務から実例まで紹介

オンラインアウトソーシングはHELP YOU

500以上のクライアント様が導入


人手不足が深刻な状況で、業務を外注する企業が増えています。
特にオンライン上のアウトソーシングサービスは、下記の点で多くのお客様に選ばれています。

【HELP YOUが選ばれる理由】


1.厳しい採用プロセスをクリアした「優秀なアシスタント」が業務を担当
2.チーム制だから人材が退職して業務が滞るリスクなし!長期的な依頼が可能
3.専属ディレクターがつくため、様々な業務をまとめて依頼できる

日々の雑多な作業を外注し、重要な業務に集中して生産性を上げたい方は
ぜひこの機会にHELP YOUの導入をご検討ください。

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)