深刻な人手不足5つの業界| 調査データや専門家の見解まとめ

2017年8月24日、帝国データバンクが発表した「人手不足に対する企業の動向調査」(※)によると、正社員が不足している企業は45.4%にのぼり、過去最高記録を更新したと言います。
※調査期間は2017年7月18日~31日、調査対象は全国2万3,767社で、有効回答企業数は1万93社(回答率42.5%)

本調査では、正社員が人手不足であると挙げている業種を以下のようにまとめています。

それぞれの業種について、詳細を見ていきましょう。

正社員の人手不足が深刻な5つの業界

1.情報サービス業界


■市場性
企業数は5,474 社、売上高は 48 兆 504 億円と調査開始以来6年連続増加しており、過去最高を記録しています。

■今後の見通し
市場規模が急激に拡大している背景には、あらゆる企業で情報化が求められていることが想定されます。さらに、データベースなどをクラウド経由で配信するクラウドコンピューティングサービスや、動画などのウェブコンテンツ配信の展開が予想されるため、人手不足の傾向は今後も続いていくと考えられます。

■参照データ
平成28年情報通信業基本調査(経済産業省)

■参考事例
MBAを取得しているSwankyConsulting 代表の後藤 晃氏は人手不足解消のポイントとして2点挙げています。

・海外から人材を獲得する
日本にいる外国人労働者を採用する、ということではなく、海外から優秀な人材をヘッドハンティングするということです。
ただし、これを行うためにはまず海外に拠点を設ける必要があります。
なかなかそれは難しい…という場合は、次に挙げるポイントを試してみてください。

・採用、教育に注力して従業員満足度を上げる
採用がうまくいかない原因の1つには、「企業(そこで働く人)に魅力を感じない」という点が挙げられます。
それを解決するためには、まず従業員が生き生きと働いている状態をつくる必要があります。そのためにキャリアアップ研修を設けるなど教育を手厚くすることが求められます。

具体的には、情報処理技術者(基本情報技術者、ITパスポート、など)・マイクロソフト技術者認定(MPC)・電気通信主任技術者・簿記検定・行政書士・秘書技能検定・知的財産管理技能検定といった資格取得のバックアップなどが考えられます。

一つは、労働力を海外に求めることです。

これはオフショアで単純に開発を海外で行うのではなく、開発拠点を海外に移し、優秀な人材をグローバルに調達するということを行わなくてはいけません。サイボウズは、ベトナムに大規模な開発拠点を置いています。もちろん開発コストを下げるためでもありますが、最大な目的は海外の優秀な人材の確保です。海外人材調達に関しては長い時間ノウハウをためなければ、簡単に成功できるものではありませんので、早期に拠点を構え現地の信頼と商売の方法を確立することが必要です。

二つめは、従業員満足度向上と採用、教育です。

従業員満足度は、従業員の働く環境やモチベーションに配慮するのはもちろん、企業トップのビジョンが明確であることです。会社がどのような方向へ進むのか、どのような使命をもって存在しているのか、が明確でそれに同意していて働きやすい環境であれば、人は集まってきます。そして、採用と教育です。経営陣をはじめ組織全体が採用にフルコミットしている状況が必要です。またその態度が現場の採用担当や、採用に関わる人まで行き届いていることが重要です。

(引用:人手不足でSI事業は消滅する!?

2.家電・情報機器小売業界


■市場
平成28年の家電大型専門店販売額は4兆1,830億円と前年比マイナス1.5%の減少という結果になっています。

しかし、ドラッグストア販売額は前年比6.8%の増加で5兆7,258億円で、店舗数も前年比4.7%増加の1万4,190店舗と右肩上がりです。
また、ホームセンターも販売額は前年比0.2%増加の3兆3,090億円にとどまりましたが、店舗数は前年比1.5%増の4,273店舗と、こちらも伸びています。

■今後の見通し
ドラックストア及びホームセンターでは売り上げと共に、店舗数が増加しています。店舗数の伸び率に対して採用が追い付かない、あるいは離職率が低くならない状況であれば人手不足は慢性化すると考えられます。

■参照データ
平成28年商業動態統計(経済産業省)

■参考事例
地域の電気店では人手不足解消のために以下のような対策が有効とされています。

・複数店舗が協力体制をくみ、人員の移動ができるようにする

・得意分野や特別なスキルを要する業務について補完し合う

これらを行うことで、慢性的な人材不足が解消できると考えられます。

 

従業員数が少なくなり従業員の高齢化が進むと、カバーできる顧客の範囲が狭くなったり、屋根上でのTVアンテナ取り付け等の危険を伴う作業に対応できなくなったりと、提供可能業務の幅が狭くなってしまう。また、従業員が少ないと日々の業務に追われてしまい、商品知識やスキルの習得に時間を投資することも難しくなる。こうした現状に対応するためには、複数の店舗が協業して人材を融通し合ったり、電気工事などスキルを要する業務については各店舗の得意分野を活かして相互補完したりといった取り組みが有効と考えられる。

(引用:経済産業省 平成22年度我が国の情報化社会における基盤整備事業(家電流通実態に関する調査研究)報告書

3.放送業界


■市場性
通信・放送業の平成27年度売上高は、前年比1.5%増の17兆4,918億円だが、民間放送事業の平成27年度売上高は、前年比マイナス4.4%減少の2兆2,835億円という結果でした。
そして、従業者数も前年比マイナス10.3%減少の12 万 6,329 人と右肩下がりです。

■今後の見通し
今後1年以内に新たな分野に事業展開したいと考えている企業の割合も民間放送事業では前年度より3.6ポイント低下の26.2%、有線テレビジョン放送事業では4.4ポイント低下の54.6%と新規事業に対して消極的な姿勢が見受けられます。
とはいえ、FTTHサービスやウェブコンテンツ配信に対する関心も高まっており、新たな人材の登用が求められていると考えられます。

■参照データ
平成28年情報通信業基本調査(総務省)

■参考事例
エフエム和歌山は深夜や早朝などアナウンサーを確保しにくい時間帯でも放送できるよう以下の取り組みを実施しました。

・2017年7月よりAmazon Polly(人工知能を活用したテキスト読み上げサービス)の導入をからスタート

・人手が確保しにくい時間帯のニュースでは、ニュースや天気予報などの原稿をAmazon Pollyを通じて放送

同局は複数のクラウドAIサービスから利用料が安価なAmazon Pollyを選択。企画編成の山口誠二氏が音声自動読み上げシステム「ONTIME PLAYER」に機能を追加した。同システムはニュースや天気予報の原稿がメールで届くとPHPプログラムが文量やルビ、 句読点などを調整してAmazon Pollyに適した文章に整形し、MySQLのデータベースに格納する。
文章は放送用PCのWebブラウザーに表示され、職員が推敲(すいこう)する。放送時間になるとAmazon PollyのAPIにアクセスして文章を送信。1~2秒後にmp3形式の音声を取得して再生する。

(引用:日本経済新聞

4.運輸・倉庫業界


■市場性
流業界は約25兆円を占める一大産業であり、従事者は全産業就業者数の約4%を占めていると言います。
人手不足が叫ばれる背景には電子商取引(EC)市場の成長が挙げられます。EC市場は2015年時13.8兆円規模、中でも物販系分野は7.2兆円を占めており、この影響を受けて宅配便の取扱件数は5年間で約5.3億個増加しました。

■今後の見通し
今後もこの市場は拡大すると想定され、ますます人材確保が追い付かない状況になるでしょう。

■参照データ
2017年2月「物流を取り巻く現状について」(国土交通省)

■参考事例
セイノーホールディングス株式会社 取締役早川 典雄氏は、「生産人口減少にどのように対応していくかが重要」と述べ、生産人口減少への複数の対応例を述べています、

その中でも業界・業種問わず参考になるのが以下です。

・情報技術の積極導入
人手を割かずに機械に任せられる業務は積極的にツール等を導入することで、本当に人が対応すべき業務に人員を充てることが可能となります。

・女性登用、活用
社内で女性の管理職への登用が進んでいない会社も少なくありません。今まで女性が少ない業界、企業においては女性活用(積極的な採用)も1つの対応策となります。

・外国人労働者の受け入れ
制度が整っていない等を理由に、外国人労働者の採用が進んでいない企業は人手不足解消のためにまずは制度を構築し、採用を進めるようにしましょう。

在庫の最適化
小口・多頻度物流の是正、商習慣の見直し
実車率(積載効率・運行効率)の向上
リアルタイム業務(業務の高サイクル化)
情報技術の積極導入
自家輸送の委託輸送への転換
車両の大型化、モーダルシフトの再評価・促進
省力機器の導入、ユニットロード化
自動認識技術適用の促進
モーダルシフトによる環境負荷軽減
物流CSR評価(物流企業評価制度)
物流活動への女性登用、活用
外国人労働者の受け入れ
ロジスティクス人材養成プログラムの充実

(引用:ロジティクス改善コラム「ロジの素」

5.建設業界


・市場性
建設業就業者数については、1997年の685万人がピークとなっており、2016年はピーク時の約28%減の492万人だと言います。

また、年齢別に見ると全産業の平均が29歳以下が約16%、55歳以上が約29%に対し建設業界は29歳以下が約11%、55歳以上は約34%となっており、高齢化が進んでいます。

さらに年間の総実労働時間が他産業と比べて300時間以上長いというデータが出ています。

・今後の見通し
人手不足の進行は今後も深刻になっていくと想定されます。

・参照データ
建設産業政策 2017(国土交通省)

・参考事例
清水建設株式会社は、業界の人手不足を解消するために求人情報サイト『匠を目指す人集まれ!』を2017年5月にリリースしました。ポイントは以下です。

・若い世代への業界に対する興味喚起
これから社会人になる若年層に対し、業界への興味喚起を行うことで、それが企業への興味と繋がり、最終的に応募へと繋がります。
もし人手不足の原因の1つに「業界の不人気」「知名度の低さ」があるとしたら、まずは業界について知ってもらう仕掛けをするのが有効かもしれません。

目的は、協力会社の採用支援と業界全体の人材確保です。給料や休日などの待遇を単純比較するサイトではなく、企業の掲載数を重要視しながらも、若い世代が建設業界に興味を持ってもらえるようなアプローチをしています。

今回のサイトは、ターゲットを高校生という設定で考えました。専門的な勉強をした工業高校の生徒だけではなく、普通科の建築を知らない人も対象としています。
加えて、生徒が就職の相談をする先生やご両親にも建設業界の理解を深めてもらわなくてはいけません。専門知識や建設業に携わっていない人にも、建設業の魅力が伝わるようにするという点には特にこだわりましたね。

トップページのメッセージには、サイトを見てくれる若い人に、このサイトを開設した当社の思いを込めました。「Hang in there!新しい日本をつくるのは君だ!」というメッセージから、「仲間と」、「磨く」、「匠の技」、「未来へ」とスライドしていきます。デザインを川又さんと決めるときも、いくつか提案頂いた中から、高校生の息子さんやお嬢さんがいる人の意見を集めて決めました。

(引用:ケンセツプラス

人手不足が深刻化する原因と今後の対策


人手不足が深刻化する原因としては2つ挙げられます。
1.市場の伸び(需要)に対して労働力(供給)が追いついていない
2.長時間労働の慢性化など、働きやすい環境が整備されていない

これらについての対策は以下が考えられます。

・業務の棚卸
・付帯業務のアウトソーシング
・ITツールの活用
・女性や高齢者、海外人材の積極活用

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

業務の棚卸

ポイントは今抱えている業務が本当にすべきものなのかどうかを見極めることです。
つまり、コア業務とノンコア業務に仕分けることが必要です。

ノンコア業務にばかり時間を割いていれば当然コア業務に手が回らず、慢性的な長時間労働に陥ります。そうならないためにも業務の棚卸をしてみましょう。
そして、ノンコア業務(付帯業務)は積極的にアウトソースすることでよりコア業務に集中することが可能となります。

付帯業務のアウトソーシング

1.オンラインアシスタントを活用

オンラインアシスタントとは、在宅でインターネットを活用し、業務サポートを行うサービスのことです。
秘書業務やバックオフィス業務をオンラインアシスタントに担ってもらうことで、人件費削減・コア業務に集中できるといったメリットがあります。

具体的にどのような業務を依頼することが出来るのでしょうか?下記、HELP YOUで依頼可能な業務をご紹介いたします。

<秘書・総務>
・レストランや居酒屋の予約
・飛行機や新幹線、ホテルの手配
・スケジュールやアポイントの調整
・贈答品リサーチ
・メール(英文)対応
・議事録や会議資料の作成
・お礼状やお詫び状などの書状作成
・英、中、韓、などの翻訳
・トピックのキーワードリサーチ など

<経理・財務>
・請求書や見積書、注文書の作成
・決算書の作成
・資金調達用資料の作成
・助成金申請用資料の作成
・事業計画書の作成
・受発注管理
・出荷・在庫管理
・売り上げ管理
・経費精算・管理、データ入力 など

<採用・人事>
・セミナーや研修会場手配
・ドリンクやケータリング、備品手配
・求人原稿の修正や更新
・応募者メール対応
・面談日調整
・セミナー資料作成
・研修資料作成
・業務マニュアル作成
・ロードマップ作成 など

<企画・マーケティング>
・営業リスト作成や提携リスト作成
・競合リサーチ
・事例リサーチ
・海外サイトのリサーチ
・統計データリサーチ
・アンケート集計
・アクセス解析レポート作成
・メルマガやプレスリリース配信
・ジャーニーマップやポジショニングマップの作成 など

<営業>
・企画書や提案書の作成
・プレゼン用資料の作成
・スケジュールやアポイント調整
・タスクリマインド
・名刺データ入力
・メール対応
・顧客満足度アンケートの実施
・メールカスタマーサポート など

<メディア運用>
・サイトの更新・修正
・Wordpressの更新
・Wordpressの記事流し込み
・コンテンツ作成から編集、校正まで
・画像編集、画像加工
・イラスト作成
・文字起こし
・アクセス解析レポート など

<ECサイト運用>
・商品登録
・商品画像の撮影
・商品紹介文の作成
・ランディングページの作成
・広告バナーの作成
・受発注管理
・カスタマーサポート
・アクセス解析レポート など

<SNS運用>
・FacebookやTwitter、インスタグラムの投稿代行
・コンテンツ作成
・インスタグラム用画像の撮影
・コメント返信
・画像編集、画像加工
・動画編集
・カバー画像やアイコン画像の作成
・アクセス解析レポート など

<広告運用>
・リスティング広告
・Facebook広告
・Twitter広告
・instagram広告
・動画広告
・ダイレクトメール送付
・メルマガ配信
・広告レポート
・ABテスト など

<クリエイティブ>
・名刺デザイン
・フライヤーデザイン
・メニュー・看板デザイン
・販促物デザイン
・コーポレートサイト デザイン・制作
・ランディングページ デザイン・制作
・アプリデザイン
・バナー制作
・ロゴ制作
・コーディング
・動作検証 など

上記でご紹介した業務以外にも「こんな業務を依頼できるだろうか?」というものがありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

★オンラインアシスタントサービスについて詳しく知りたい方はこちら
オンラインアシスタントの特徴・内容・価格を徹底比較|2017年度

2.代行業者を活用

代行業者を活用するのもおすすめです。電化製品の販売に特化した派遣業者、経費精算に特化した代行業者など、業界・業務に特化した業者を見つけてみてはいかがでしょうか。
以下にいくつか例を挙げさせていただきます。

・CUBE電話代行センター
電話代行に特化したサービスです。1999年にサービスを開始し、ノウハウや実績に裏打ちされた安心感、信頼感があります。

・東京経理・記帳代行センター
経理業務に特化した業者です。会計のプロが経理・記帳を代行し、最短5日のスピード納品が可能です。

・女性スタッフだけの便利屋
営業事務の業務を引き受けてくれる代行サービス。顧客の会社に出張するスタイルです。

★代行サービスについて詳しく知りたい方はこちら
秘書代行サービス比較 | 電話代行だけじゃない様々なサポート業務
経理代行サービス比較 | 記帳や給与計算、会計業務をアウトソーシング
営業事務代行サービス比較 | あなたの会社の営業をテレワークで支援

ITツールの活用

昨今は様々な側面からビジネスシーンを便利にしてくれるツールが登場しています。これらのツールを導入し、運用していくことで業務効率の向上を図ることができます。
ここで、おすすめのツールをご紹介します。

コミュニケーションツール

・ChatWork
連絡ツールとしておすすめ。複数のグループを作成でき、承認制でメンバーを追加・削除できるなど、案件ごとのチャットの管理が可能です。タスク機能やビデオチャット機能「ChatWork live 」もあり機能性も充実しています。

・Messenger
MessengerはFacebook内でのメッセージ機能が独立したアプリです。Facebookの友達になっている相手であれば、簡単に連絡が取ることができます。グループ作成や音声・ビデオ通話機能もついています。普段Facebookを利用している人であれば導入も簡単なのでおすすめです。

・Slack
メッセージをテーマ別に分類できる「チャンネル機能」で、チャットが増えても整理がしやすいのがポイント。重要なメッセージはピン止めしておけるので、他のメッセージに埋もれる心配もありません。日本語版は2017年11月よりローンチ。今後ますます利便性が向上しそうです。

★その他のツールをチェックしたい方はこちら
生産性向上に役立つツール10選

会計・経理ツール

・freee
中小企業の経理・会計を自動化し、時間を削減してくれるクラウドツール。消費税増税やマイナンバー制度など税制・法制改正に無料で自動対応してくれるのも嬉しいポイントです。

・MFクラウド会計
取引入力と仕訳の自動化で作業時間を大幅に削減してくれます。無料サポートが付いているので安心して利用できます。無料でお試しも可能。

人事・労務ツール

・SmartHR
中小企業向け社会保険・雇用保険の電子申請対応型クラウド労務管理ソフトです。初期費用ゼロで無料から1分で利用可能という手軽さもポイント。

・Zohoピープル
勤怠記録や申請管理を自動化して、人事業務の効率アップに役立つツールです。従業員の勤怠管理·サービス紹介デモ·かんたんカスタマイズ·360度評価も対応可能です。

女性や高齢者、海外人材の積極活用

人手不足に悩む企業の中には、今まで女性や高齢者、海外人材の採用に消極的であったところもあるのではないでしょうか。そういった企業は採用ターゲットを女性や高齢者、海外人材にまで広げてみてはいかがでしょうか。

以前は事務職希望の女性が圧倒的に多かったのですが、職種限らず女性の活躍する場は広がっています。また、高齢者は65歳定年から年齢制限をなくす方向の流れになっており、嘱託制度含め、労働意欲のある高齢者の活躍の場を企業側が積極的に作り出していく必要があります。海外人材に関しては特に大卒の技術者等に関しては積極的に採用することが可能です。

人手不足の問題に対して、参考になるデータ

ITmedia ビジネスオンライン

人材不足を感じている企業は86% 業種別では……?

東洋経済オンライン

日本にとって人手不足はどれほど深刻なのか 今後10年を見ると過度に悲観する必要はない

BLOGOS

人手不足ではなく、人材育成を怠ったツケだ!

まとめ


斜陽産業なので人手が不足している、というより市場の伸びに労働力の供給が追いついていないというのが人手不足業界の特徴です。
今回挙げた5つの業界は、今後も人手不足が続くと想定されます。しかし、重要なのはまず「生産性を上げる」こと。そのためには従業員が抱えている業務の精査をし、ITツールを導入して効率を上げたり、付帯業務を外部にアウトソースするなどして生産性を向上させることが必要です。そうすることで1人ひとりがよりコア業務に集中することができ、生産性が上がり、時間的余裕が生まれます。

その時間を活用して、例えば社内の教育研修を受けてスキルアップを図ることで一層仕事にやりがいを見いだすことが可能となります、その結果仕事や会社が好きになり、定着率が上がれば、社内の雰囲気もよくなります。さらに、その社風に触れ、憧れて入社を決める人も出てくるでしょう。

短期的にこの状態に結びつくのは難しいかもしれませんが、長期のスパンで考えれば生産性の向上が人手不足解消の第一歩となるのは間違いないでしょう。

HELPYOU問い合わせ(人手不足業界)

既存業務をまかせることで人手不足を解消しませんか?


人手不足を解消する一つの手段として、オンラインアシスタントサービスというものがあります。

オンラインアシスタントは、雑務をスタッフに任せることでコア業務に集中でき、業務効率の向上に役立ちます。
オンラインアシスタントサービスHELPYOUでは経理、秘書、採用、営業事務、EC運用など多岐にわたって貴社の業務をサポートします。

・業務の依頼フローを知りたい
・繁忙期と閑散期がある場合はどうしたらいい?
・どの業務が依頼可能かわからない


…などといった疑問や不安がある場合は、一度お問い合わせください。

無料相談・トライアルプランも用意していますので、ぜひこの機会にオンラインアシスタントサービスの導入を検討してみてください。