最新!欲しい人材を早く効率的に採用できるツールとサービス!

join our team

今年も、会社説明会の準備に入る時期になりました。
もっと効率的に、採用業務を進める方法はないかと、思うことはありませんか?

求職者より求人の数が上回っている売り手市場では、優秀な人材は早々に複数の内定を獲得するため、内定辞退も続出しています。いかに良い人材を迅速に採用し、かつ業務量を増やさず、採用コストを下げるかが、人事担当部署に求められる最大のミッションです。最近では、日本の某有名企業も人工知能「ワトソン」をエントリーシート選考段階で導入しました。

最新の採用効率化を図るためのツールとサービスをご紹介いたします!

 

採用業務の効率化とは

採用業務の中で、一番時間がかかる工程は、面接です。

そこで多くの時間が必要なのにもかかわらず、そこにたどり着くまでに、
多くの工程をこなさなければなりません。採用業務量は、志望者次第なため、日々の業務量を自分で調整することは困難です。

冒頭でも書きましたが、売り手市場なので、優秀な人材をいち早く獲得することが勝負のカギとなります。適任者がいても、採用スピードがダウンしてしまうと、良い人材が他社へ流れてしまうことも起こりかねません。

採用シーズンになると、担当者の労働時間も長くなり、企業的にはコストと人材が必要です。採用業務の効率化とは、いち早く良い人材を獲得すること、つまりすべての工程を
分析し、スピードアップすることに限ります。

それでは、採用業務を効率化させるポイントは何でしょう?

 

採用業務を効率化させるポイント

スピードアップしようとしても、どの部分を?と疑問に思いませんか?

いつも何気なく業務の手を一度止めて、採用部署のみならず、人材を必要とする各部署
とも、詳しく分析をすることが、重要なポイントとなります。

 

採用工程の見直し

まず、今一度採用工程を分析し、どの採用過程に一番時間がかかっているかを分析しましょう。

どの工程に、一番時間を要するのか。

なぜそのようなことが起こっているのか、改善できる方法はないのかを突き詰めて
話し合い、時間がかかる業務の原因の究明を徹底することが大切です。

単純作業に、莫大な時間を使っている工程も分析すると見つかります。

そういう工程に関しては、アウトソーシングのサービスを利用して、チーム内で効率化を図ることもできます。

適任者を採用するというだけでなく、いかにその人材が長期的に働き続け、社内でスキルアップを図り、社員と企業が同時に成長していけることが理想です。

 

明確な募集内容の作成

社内の各部署でもどのような作業があり、どのようなスキルが必要なのか、再度ヒアリングし分析することも大切です。部署内で、どのようなスキルとチームワークが必要とされる部署なのか、理解するよい機会でもあります。

チームワークが必要な部署に、個人的に業務を進めていくことが得意な人材は適材適所とは言えません。

各部署の要望をじっくりヒアリングし、募集部署が必要としている人材を分かりやすく募集内容に記すことも、とても大切なことです。

採用者と志望者の間での、相違を事前に防ぐことができ、求める人材のみの応募が増えると、時間が短縮されます。それらを、明確にしておくことにより、募集内容の基本的事項についての説明業務などを省くこともできます。

社風や、企業理念を伝えるには、動画を使って雰囲気をつたえるのも相違を防ぐ一つのきっかけとなります。ITを使った、様々なツールが効率化を図るキーとなります。

 

採用管理システム(ATS)の導入

採用業務の中で一番大切なことは、スピードです。

志望者へ素早く返信することで、会社自体の印象もよくなるうえ、応募者に興味を持っていることを示すきっかけにもなり、面接へとスムーズに進みやすくします。

そこで、お勧めなのが、採用管理システムの導入、英語ではATS (Applicant Tracking System )です。

簡単な言葉を使うと、「応募者の追跡システム」。

これを使えば今までエクセルで管理してきた、応募者の履歴書や情報の管理をはじめとするすべての工程が一つのツールでこなせるようになります。

また、いち早く複数の求人を簡単に作ることも可能です。

このシステムの一番の良いところは、採用工程すべての管理を可能にします。

しかしながら、自社の採用に合わないシステムを選択すると、操作方法のみならず設定に長い時間を費やすことになります。

また、システムを社内で共有することにより、面接の評価を複数で共有でき、より早く

よりよい人材を雇用することにつながります。

 

オンライン面接で時間を短縮

最近では、社内ミーティングもわざわざ遠くから交通費を払ってミーティングに参加するより、スカイプなどさまざまなオンラインミーティングツールを使って、

地方支社や海外との社内ミーティング等が行われています。面接で一番時間を要するのは、面接の日程調整と、面接です。

良い人材は、忙しくスケジュールをこなしているため、いち早く獲得するには、スピードが求められます。

オンライン面接を導入することにより、お互いが可能な時間で足を運ぶことなく面接することを可能にします。

また、オンライン面接を導入することにより、地方や海外からの人材雇用を可能にします。

オンラインで使用するツールには、録画機能がついているものもあり、社内でどの応募者を採用するか複数が面接に参加しなくても、録画された記録を見ることにより、効率的に判断することも可能にします。

しかしながら、先ほどの採用管理システムも同じく、社内でのシステムトラブルが起こった場合は、業務が全くできなくなってしまいます。

採用する側が録画することだけではなく、応募者が面接内容を録画した場合は、面接内容が流出する危険性もあります。

 

採用業務を効率化させる方法

ここでは、採用業務を具体的にどのような方法やツールを使って効率化させるのか、

ご説明しましょう。

 

ソーシャルメディアを上手につかった人材探し

ソーシャルメディアやLinkdinなどのツールを使うことにより、必要とする人材を採用側から探し当てることができます。

求人サイト「Indeed」を使えば、コストがかからず、自社サイトに誘導し、会社の様子などを実際に確認でき、第一歩の募集要項を明確に理解して応募につなげてもらえることも可能にします。

優秀な人材こそ、日々の業務で忙しく、キャリアアップを考えるにも時間を要しなかなか行動に移ることができず、時間だけが過ぎてしまいます。

良い人材を探す企業側と、キャリアアップを考えている応募者側で効率的な結果が生み出せます。

人工知能(AI)が企業に導入されると、いままでの単純な作業はやがて人工知能(AI)の仕事となるでしょう。

そんな時代こそ、実力や個性が、経済成長にとって必要になってきます。

個人の個性、アピール能力が問われてくる時代です。紙の履歴書での仕事探しは終わりつつあります。

パソコン、携帯電話で誰でも手軽に様々なアプリが利用できる時代です。

若い世代は、最新の便利なツールを日々目にする環境に生きていると言っても過言ではないでしょう。

企業側は、ウェブ求人広告やソーシャルメディアをフル活動させて、いち早く会社の魅力や新しい企業動向をつたえ、どのような人材を求めるかを訴えることにより、優秀な人材を引き付けるきっかけ作りをします。

良い人材には、良い企業が集まってきます。いち早く良い人材を獲得するために、スピードは必須です。

 

採用管理システム(ATS)

採用管理システムやサービスは国内だけでも45種類以上あります。その中の最新の便利なシステムをご紹介しましょう。

MOCHICA (https://hcm-jinjer.com/media/service/ri005/)

日本国内では、若い年齢層からお年寄りまで幅広い年齢層の人たちが、日々コミュニケーションツールとして、コミュニケーションアプリ「LINE」を使っています。
採用現場では、今までのメールや電話でのやり取りではなく、採用管理システム「MOCHIKA」を使って、応募者情報、選考ステータス、説明会、面接スケジュールの管理、内定者のフォローまで幅広く行い、連絡ツールとして、「LINE」を使い、応募に際する質問、面接の日程調整、選考結果の通知などを「LINE」のチャットサービスを使って行い、よりよいコミュニケーションを応募者と取ることを可能にします。

TalentMind (https://talentmind.ai/ja/)

AI(人工知能)を活用してデータに基づき最適な候補者を探し出す、採用活動を戦略的に行うためのリクルーティンングソフトウェアプラットフォームです。
候補者を自動選出できるため、面接などのコア業務に集中できる。感情的な偏見によって生じる候補者に対する不当な判断を防ぎます。採用決定までの時間を短縮するため、選考辞退を削減します。

 

採用のプロにお願いする

採用フローの中で、一番時間を要するのは、面接です。

志願者の全体的なポテンシャル、営業職であれば、話し方、礼儀作法、ボディーランゲージなどを採用担当者が目で感じながら、お互いのニーズを確かめていく最大の重要過程といっても過言ではないでしょう。

この過程は、人間の判断が要求されます。

決められた時間の中で、いかに聞きたいことを聞き出せるかが、採用担当者の技量を問われます。内容がきちんと構成されていない面接は、志願者のポテンシャルを見劣りさせます。

構成されていても、結果、ポテンシャルがうまくつかめないことも少なくないでしょう。

これらのことを解消するサービスつまり、会社のビジョンやニーズをよく理解した、必要な人材発掘を専門とするプロに任せることで、面談で使う時間を省き、企業発展につなげるという方法が、最近では広がり始めています。

 

採用業務の効率化を得意とするアウトソーシング企業

採用業務の効率化を得意とするアウトソーシング企業をご紹介しましょう。

 

HELP YOU

HELP YOUでは、採用業務で一番時間がかかる工程のお手伝いが可能です。

セミナーや研修会場手配
ドリンクやケータリング、備品手配
求人原稿の修正や更新
応募者メール対応
面談日調整
セミナー資料作成
研修資料作成
業務マニュアル作成など

これらの業務には、人事、採用のプロチームが専属で業務をサポートします。そのため、採用担当を雇用することが必要もなくなり、コストカットにもつながります。

また、すべてオンライン上で依頼・納品を行うため、ネット環境があれば、その他の導入コストがかかりません。

HELP YOUでは採用率1%の実務経験が豊富なアシスタントがチームでサポート・代行いたします。

アシスタントには、語学力豊富な海外在住者もいます。依頼が可能な業務は採用に関するすべての業務です。

採用業務でどうしてもお困りの業務は、全てお任せください。HELP YOUは、採用のみならずビジネスに関するすべてのスペシャリスト集団です。

採用業務のみならず、ビジネス業務すべてに関することのご相談を承ることができます。

【HELP YOU】:https://help-you.me/

 

株式会社ネオキャリア

株式会社ネオキャリアは、採用業務専門会社です。過去10,000社以上の採用に携わり、土日祝日も対応できる自社内コールセンターを設置しています。ネオキャリア採用代行サービスでは、面接に呼び込んだ数に応じて料金が発生する「成果報酬型」を取り入れるなど独自の料金体系を採用しています。また最新のセキュリティーを導入することにより、徹底した情報管理を行っています。

最適な求人方法を選定
採用窓口の一本化
応募者からの折り返しに即対応 応募者の一元管理 など

【株式会社ネオキャリア】:https://www.neo-career.co.jp/services?23

 

株式会社人材研究所

株式会社人材研究所では、採用のプロが、人材アセスメントや採用プロジェクトマネジメントを代行します。採用から定着まで一気通貫に代行することが可能です。
また人材選考業務について多くの経験を持っているため、人材アセスメントについても高い精度を有しています。

組織人事・採用コンサルティング
採用アウトソーシング
人材紹介(新卒・人事)

【株式会社人材研究所】:http://jinzai-kenkyusho.co.jp/

 

まとめ

求人市場が新卒・中途採用ともに「売り手市場」になっている今、いち早く良い人材を獲得することが求められます。しかしながら、現実問題として、人事部に対する負担は大きく、ジレンマに陥りがちです。そんな時代、クオリティーの高いアウトソーシングサービスを使うことにより、コストダウンはもちろんの事、企業側により多くの利益をもたらすことが可能です。広報期がそろそろ始まる時期です!

まず、「HELP YOU」にご相談ください!

HELP YOUに問い合わせをする

HELPYOUが選ばれる理由


HELP YOUは、社員のノンコア業務を効率化することでコア業務に集中できる環境を作ることを目指しています。

もしこれから業務効率化を検討するのであれば、ぜひ一つの方法としてHELP YOUを検討してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUは、

・250社以上への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務から営業サポートまで幅広く業務サポートができる
利用継続率97%以上のサービス満足度

といった特徴があります。
無料相談も用意していますので、ぜひこの機会に業務効率化を検討してみてはいかがでしょうか?