採用代行のサービス比較|特徴やできることを徹底調査

※この記事は2020年4月に更新しました。

業務が幅広すぎて手が回らない…
採用代行って聞いたことはあるけど、実際に何ができるの?
内定を出したあとも気は抜けない…

このような思いをしている採用担当者も多いのではないでしょうか。

採用は会社の要である「人」に関わる業務であり、重要なものです。

採用担当者は面接だけが重要な仕事だと思われているかもしれませんが、実際にはその前後にこそ多くの時間を使います。
また、どうしても売上を取ってくる営業部門などに人員が割かれ、採用部門で人を増やすことが容易でないというケースもあります。

採用は忙しい時期とそうでない時期がはっきりしているため、恒常的に来てもらう派遣には頼みにくいと考える人もいるでしょう。

そんな中、派遣とは違う形態のサービスとして、採用代行を利用する会社が増えています。
今回は、採用代行を利用することで何ができるのか、どのような効果があるのかを見ていきたいと思います。

この記事を書いた人

man

こんにちは!HELP YOU 編集部の森です。
HELP YOUでは、会社で働く人が高い生産性をもって働くためのサポートをしています。
採用においても多くの企業をサポートし、採用担当者の生産性向上に貢献しています。
私自身も、インターン生の採用活動において、面接以外のほとんどの業務をサポートしてもらっています。

ここ数年、採用難に伴う一人あたりの採用コスト・人件費の増加とともに、採用担当者の負担が大きくなる傾向にあります。

その打開策として、今回は採用代行業務のご紹介です。
採用代行とはなにか、そのサービス内容や、おすすめの採用代行サービスをご紹介します。

先におすすめの採用代行サービスを知りたい方はリンクより飛んでください。

採用代行とは

採用代行とは

採用代行サービス、通称RPO(Recruitment Process Outsourcing)とは、「採用担当者がコア業務に集中するために、付帯業務の代行を行うサービス」のことです。

具体的には、インターネット求人広告への掲載代行やスカウトメール送信、応募者対応など、さまざまな業務代行を依頼することができます。

採用代行のサービス内容

採用代行サービス内容

採用代行とは一体どんなものなのか。
採用代行が盛んになっている背景から、どうやって依頼すればうまく活用できるのか。採用代行に依頼できる具体的な業務について見ていきます。

採用代行が必要な背景

厚生厚生労働省が2020年3月31日に発表した2月の有効求人倍率(*1)は1.45倍で、前月に比べて0.04ポイント低下しました。
有効求人数はやや減少、有効求職者数は継続して横ばいとなり、有効求人倍率もやや減少しています。

依然として売り手市場・採用難が続く中、転職サイトの活用やスカウトメールの送信、紹介会社の利用、派遣の活用など多岐にわたる業務に追われ、以前に比べて膨大な作業をこなしている方も多いのではないでしょうか。

こういった状況に対して、人事・採用業務の代行(アウトソーシング)のニーズが高まっています。

*1.厚生労働省発表 一般職業紹介状況(令和2年2月分)

採用代行依頼の5つのポイント


次に、採用代行に依頼する際のポイントを押さえておきましょう。

・業務をどこまで委託できるか
自社で行う業務と依頼する業務を事前に確認し、該当業務の対応ができる会社を選びましょう。

・実績があるか
過去に同じ業界で依頼した例があるかなど、実績を確認してみましょう。

・自社内のルールに沿って依頼可能か
社内で決められたルールに合わせ、臨機応変に対応できるかも重要なポイントです。

・見積もりが明瞭か
見積もりが明確か、後から追加料金が発生しないかを確認しましょう。

・進捗状況の共有方法はどうか
さまざまな業務を依頼する場合、進捗状況の共有方法も確認しておきましょう。特に選考過程の一部を依頼する場合は、共有するためのツールも選定しておくとよいでしょう。

 

採用代行の業務


採用業務は求人募集から選考、内定者のフォローと育成、各期の振り返りまで、4つの業務に分けることができます。採用担当者の具体的な業務について段階ごとに見ていきます。

募集
・求人媒体の選定
・採用コンテンツ制作
・会社説明会の告知
・スカウトメール送信
など
選考
・選考フローの確認
・応募者対応・管理
・選考会場の選定
・面接
など
内定者フォロー・育成
・内定者フォロー
・新入社員研修
・中途採用者研修
など
振り返り
・期ごとの課題から採用戦略の立案
・企画提案
など

応募者対応などの日々のタスクから期ごとの振り返りまで、採用担当者は多くの業務をこなさなければなりません。
採用代行では、これらの業務を細かく切り出して外注するか、自社でするかを決めることが可能です。

募集
企業に関心を持つ求職者を広く集めることからスタートします。インターンシップの計画や会社説明会の立ち上げ、実際のセッティングなどを行います。

また、就職サイトや企業サイトへの求人ページの掲載、管理なども行うことができます。企業アピールのためのキャッチコピーや画像・映像制作などの業務をセットで行うところもあります。

特殊なスキルや学歴、経歴を持つ人を集めたい時にも、求めている人材が見つかりそうなルートを探すことができます。研究機関や実績のある企業の中から人材候補を見つけてくれるのです。
海外での人材募集であれば、現地のルートを使って条件に敵う人材の募集を行います。面接などの最終的なプロセスまで依頼することも可能です。

選考
母集団が形成できたら、応募者の書類選考や面接、採用決定、内定者への通知、入社までの手続きなど、さまざまな業務が必要になります。
こうした業務を全て依頼するのか、面接や採用の決定など重要な部分のみ自社で対応するのかはケースによって異なります。

内定者フォロー・育成
採用代行では、人材を確保したら終わりということではなく、入社後のケアまで行ってくれるところがあります。転職・就職したものの、会社になじむのが難しい、仕事を続けられないと悩む人が出てくるのは事実です。

そこで、採用代行では研修・教育を行うとともに、個々のカウンセリングなどを実施して、就職先に人材が定着できるようケアをすることもできます。

ここまで、採用代行に依頼できる業務を見てきました。
次は採用代行に依頼する際の費用・相場を見ていきます。自社だけで採用を行う場合との違いを見比べることで、判断軸の一つにできるでしょう。

採用代行にかかる費用・相場

採用代行サービスに依頼する場合は当然、費用がかかります。ここでは、採用代行を使わない通常の採用費用と、採用代行を使った場合の費用を見ていきます。

 

通常の採用にかかる費用・相場

従来の採用手法を用いた場合の一人あたりの採用コストは、
・新卒採用で約53万円 (*2)
・中途採用の場合は、39万円~200万円 (*3)
※職種や採用手法によって異なる

*2.マイナビ「2018年卒マイナビ企業新卒内定状況調査」
*3.マイナビ「2017年中途採用状況調査」

 

採用代行にかかる費用・相場

採用代行にかかるコストは各社によって費用体系が異なるため、平均値を出すことはできませんが、一般的には下記のような基準で料金が設定されています。

・業務ごとの費用設定
・時間単価での費用設定
・月額での金額設定
・採用した人材の概算年収の30%

ここでは、業務ごとに費用設定されている場合の例を見ていきます。

面接日時設定
5万円~/月
欠席者フォロー
2万円~/月
面接実施
1万円~/回
評価シート作成
3千円~/回
合否連絡
2万円~/月
次回面接日時連絡
2万円~/月

採用代行のサービス比較

採用代行比較
近年、多くの代行サービスがありますが、おすすめの人事・採用代行サービスをご紹介します。

 

新卒採用の採用代行に強いサービス

neocareer(ネオキャリア)
 

■依頼可能な業務
・母集団形成に関わる業務(募集計画の立案、インターンシップの企画、SNSの更新、説明会の企画など)
・選考に関わる業務(エントリー者のスクリーニング、書類選考、WEBテスト/筆記試験の実施および成績管理、面接会場設定、合否決定/連絡など)
・内定に関わる業務(内定辞退者との個別面談、内定者サイトの運営/管理、内定者への連絡業務など)
・コンサルティング業務(現状の課題分析、費用対効果の分析、採用管理システムの導入など)

■実績
年間500以上の企業の利用実績あり

■自社内のルールに従って依頼可能か
ヒアリングから、ご利用企業オリジナルのサービスプランの構築可能。業務の一部を切り出すことも可能。

■見積もり
「成功報酬型」:面接に呼び込んだ数に応じて料金が発生。
「イニシャル課金型」:面接以外の業務も含まれる場合。

■進捗状況の共有方法
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

おすすめポイント
・目標設定に応じて、代行コストを調整できる
・土日対応可能な自社内コールセンター
・500社以上の採用代行実績
・コンサルティングも可能
TRIUMPH(トライアンフ)
 

■依頼可能な業務
・採用コンサルティング
・採用アウトソーシング
・ツール(しゅーかつシネマ、適性検査など)
・イベント/人材紹介(学生団体マッチング、海外人材獲得支援イベントなど)
・研修(リクルーター研修、面接官トレーニング、内定者研修など)

■実績
3,000社以上の企業の採用強化、組織強化、人事/労務の効率化をサポート。

■自社内のルールに従って依頼可能か
会社ごとのオーダーメイドサービスあり。

■見積もり
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

■進捗状況の共有方法
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

おすすめポイント
・労務や人材育成、組織強化など幅広く対応
・採用業務では常駐も依頼可能
・3,000社以上をサポート
・労務のコンサルティングにより、って社内の働き方改革を推進し、定着率を改善するアプローチも依頼可能
HR Associe(HRアソシエ)
 

■依頼可能な業務
採用業務ほぼすべて代行可能。

・求人告知/募集(求人サイト運営/管理、人材紹介会社対応、メールマガジン/DM配信など)
・日程案内(説明会/選考誘致コール、説明会/選考/参加確認コールなど)
・説明会(説明会/選考会場予約、説明会/選考/参加者リスト作成、説明会運営サポートなど)
・選考(書類選考代行、選考サポート、リクルーター代行、面接代行など)

採用コンサルティング

・計画(経営目標/人員計画のヒアリング、採用戦略の立案、求める人物像/採用戦略の立案など)
・ツール制作(告知方法の選定/求人原稿の制作、採用ムービー制作、入社案内/採用Webサイト制作など)
・コンテンツ企画(説明会コンテンツ設計、内定フォローコンテンツ設計、選考コンテンツ設計など)
・人材育成/研修サービス一覧(内定者/新入社員研修、説明会プレゼン研修、採用担当者育成研修など)

■実績
東証一部・二部上場の大手企業、中堅中小企業、スタートアップベンチャー企業など、幅広い支援実績あり。年間約10名ほどの新卒採用から、400名ほどの通年採用まで、どのような採用活動にもしっかりと対応可能。

■自社内のルールに従って依頼可能か
お客様の採用目標人数などに合わせて、最適なサポート体制を構築。

■進捗状況の共有方法
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

おすすめポイント
・年間1万名以上の応募者とコンタクトを取っている
・1カ月の短期や常駐など、プランによって臨機応変に対応
・応募者への電話対応代行やリクルーター代行など手間が掛かる業務を依頼可能
・採用後の各種研修も対応

 

中途採用の採用代行に強いサービス

HELP YOU(ヘルプユー)
 
HELP YOUTOP

https://help-you.me/

■依頼可能な業務
採用に関わるすべての業務

・求人票作成
・スカウトメール
・日程調整
・候補者の管理
・営業のサポート
・媒体管理

・組織人事戦略立案
・人事制度設計
・人材要件定義
・採用戦略立案
・働き方改革コンサルティング

■実績
採用・人事経験者が専属でサポート。

参考:200人の応募者対応を採用担当1人でできた理由。HELP YOUの採用代行ソリューション

■見積もり
月額制の契約。金額については業務内容によって、お見積り。
※経費などが発生した場合は、月末締め・翌月末払い。

■進捗状況の共有方法
お客様の使い慣れたツールにて共有。
例)Chatwork、slack、Skype、LINE

おすすめポイント
・採用率1%の優秀なアシスタントが担当。納品物の質を担保
・採用業務、応募者対応業務、提案書作成など各業務のスペシャリストがチームでサポート
・スカウトメール送信など一部業務のみの依頼から、人事・採用、労務の一括サポートまで対応可
・料金は、契約期間と必要な稼働時間に応じた月額契約料のみとリーズナブル
・契約時間内で、経理業務など他分野の複数業務も依頼可能
・株式会社シンカとの業務提携により充実した採用代行が可能
・プライバシーマーク取得済み
テンプスタッフ
 

■依頼可能な業務
・人材派遣サービス
・アウトソーシング(業務委託)
・人材紹介/紹介予定派遣

■実績
人材派遣40年、業務委託18年の経験あり。

■自社内のルールに従って依頼可能か
お客様の課題や採用プロセスに応じて、最適な支援体制を提案。

■見積もり
受託する業務に対し一式での固定額請求。
または、業務件数に比例して課金する従量単価請求。
※場合によって、導入準備費用としてイニシャルコストが発生する。

業務を実施する環境・設備や、業務を実施する人員の人件費などさまざまな費用をもとに積算。

■進捗状況の共有方法
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

おすすめポイント
・中途や新卒だけでなく、派遣社員の活用まで含めた総合的な人材活用を提案
・業務委託の際は、テンプグループの複数の運用施設や依頼主の企業での稼働を選択可能
・プライバシーマークとISMSを取得済み
Career Mart(キャリアマート)
 

■依頼可能な業務
・採用アウトソーシング/採用代行(就職サイトへの原稿掲載、説明会/面接の調整、学生対応など)
・採用ロボットアウトソーシング(応募者データの移行作業、説明会予約者・選考予約者のリスト作成/提出など)
・採用コンサルティング
・採用ツール(採用パンフレット、採用ホームページ、適性検査、内定フォローツールなど)

■実績
年間500社以上の採用をサポート。

■自社内のルールに従って依頼可能か
営業担当と相談。

■進捗状況の共有方法
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

おすすめポイント
・年間450社のクライアントの採用を成功に
・先進的な採用ロボットの導入により、大幅なコスト削減が可能に
・時代の変化に応じた採用手法の提案により、応募者ニーズに合った採用手法を実現
Adecco(アデコ)
 

■依頼可能な業務
・募集
・エントリー受付/応募者コミュニケーション
・スクリーニング/選考
・その他採用業務全般(説明会運営、採用結果分析、採用レポートの作成など)

■実績
世界60の国と地域でサービス展開。1日100万人に対し、キャリア形成の機会やインサイトを提供。人材サービスにおいて豊富なソリューションと実績を持つ。

■自社内のルールに従って依頼可能か
個社にカスタマイズした研修プログラムなど考案。

■進捗状況の共有方法
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

おすすめポイント
・あらゆる雇用形態・業種・職種を網羅した豊富なラインナップ
・従来の事業領域の垣根を取り払うことにより、さまざまなご要望にワンストップで応える体制を実現
・企業が抱える課題やニーズから、その解決に役立つサービス・ソリューションを提供

 

アルバイトの採用代行に強いサービス

ONE
 

■依頼可能な業務
・求人広告(中途採用、アルバイト採用、新卒採用)
・採用代行/採用アウトソーシング(母集団形成のサポート、内定〜入社までのフォロー、面接設定など)

■実績
10,000社以上、270業種を超える案件の人材募集支援、約3,000案件の採用代行の実績あり。
営業担当、サポートメンバー含め、担当するチーム全員が求人業界を長年経験している。

■自社内のルールに従って依頼可能か
ニーズに合わせたオーダーメイドプランなら、会社ごとの採用予算に合わせたご提案が可能。
人材戦略に合わせたコンサルティングも行う。

■見積もり
サービス内容や期間に合わせてお見積もり。
採用代行パッケージプラン、さまざまな採用課題に合わせたオーダープランもあり。

■進捗状況の共有方法
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

おすすめポイント
・求人広告代理店ならではの観点で、複数の広告から最適な集客方法を提案
・面接代行や、新卒採用の会社説明会告知・管理なども対応
・採用サイト制作・勤怠管理システムなど、採用業務以外も支援
・パックプランだけでなく、業務の一部のみの代行も可能
ツナグ・ソリューションズ
 

■依頼可能な業務
・採用コンサルティング(求人媒体選定/発注代行、応募受付/面接設定、面接官トレーニングなど)
・採用代行(RPO)
・中途採用支援
・新卒採用支援

■実績
全国約330社、90,000店舗が導入

■自社内のルールに従って依頼可能か
個社にカスタマイズした研修プログラムなど考案。

■進捗状況の共有方法
HP上記載なし。詳しくはお問い合わせにて。

おすすめポイント
・アルバイト・パート専門の採用代行会社
・365日稼働の応募者対応コールセンタ―完備
・100万人のデータベースからマッチングさせる紹介サービスや、派遣サービスも提供

まとめ


採用代行サービスを上手に活用することによって、選考準備や次年度の採用計画など、コア業務の時間を確保することができます。

管理者が方針・意思決定した上で、手となり足となり動いてくれるアシスタントがいたら、気持ちの上でもどんどんやりたいことを前に進められる気がしますよね。

それはどんな業務でも同じです。良い業者に業務委託することで、仕事の質が上げるだけでなく、コストまで削減できる可能性があります。
サービス内容や料金形態は各社によって異なるため、貴社の課題や希望に合った最適なサービス選択の参考になれば幸いです。

【2019年度版】アウトソーシング・BPO・ オンラインアシスタント徹底比較

BPO、シェアードサービス、クラウドソーシング、オンラインアシスタント…
今自社が活用すべき外部リソースとは



直接雇用、派遣、アウトソーシングのメリット・デメリットを徹底比較
それぞれの得意分野と違いをまとめた資料は下記ダウンロードから。



・アウトソーシングと人材派遣の違い
・BPOに依頼できる業務例
・オンラインアシスタントサービス比較
・それぞれのメリット・デメリット

など失敗しない外部リソース活用方法がひとつにまとまっています。





自社の課題に合わせて手段を使い分けることが重要です。

・事業を拡大させたいのか、安定させたいのか
・インハウス化していきたいのか、プロに任せたいのか
・業務は専門的なのか、幅広いのか

当資料には、各手段の特徴や、代表的な会社を掲載しています。
人手不足が叫ばれる中、人材も所有から共有への動きが見られます。
自社採用が難しくなってきている時代の、新しい人材確保の手段として、外部リソースの活用も選択肢の一つとして、持っておくと可能性が広がります。