記事作成代行サービス、どうやって選ぶ? 選ぶポイントとおすすめサービスのご紹介

「ブログやメルマガの運用を始めたいけど、定期的に高品質な記事を書き続ける自信がない」「コンテンツマーケティングの重要性は理解しているけれど、記事作成に時間をかける余裕はない」…。記事作成の代行を検討する理由はさまざまだと思います。

しかし、いざ記事作成の代行を外注するとなれば、「発注後の管理が面倒そうだ」「目的にあった記事があがってくるかわからない」「そもそもアイディアが固まっていなくてどう依頼していいかわからない」などの理由で、記事作成の代行に踏み切れない方も多いのではないでしょうか。

SNSや自社サイトなどに掲載する記事は売上や集客に大きく影響するため、手を抜くことはできません。しかし、だからといって記事の作成にエネルギーをかけ過ぎると、コア業務に集中する時間が削られてしまいます。記事の作成業務は業務効率化のためにもアウトソーシング導入におすすめの分野です。

今回は記事作成代行サービスを選ぶポイントとおすすめのサービスをご紹介します。

 

記事作成代行サービスを選ぶポイント① 満足度・品質が高い

いま記事作成の代行サービスを提供する業者は乱立しているといえます。多数のライターをかかえる大手業者から、クラウドソーシングを通じて個人で請け負う在宅ライターまで数多くの記事代行業者が存在ます。

そのなかでも、確かな品質で顧客企業から選ばれ続け高い満足度を得ているサービスをご紹介します。

 

HELP YOU

「HELP YOU」には幅広い分野に精通した優秀なライターが多く在籍しています。採用率は1%非常に低く、高品質なライティングが期待できます。

自社サイト掲載用の記事、SNS投稿用の記事、インタビュー記事など、用途に合わせた記事の作成を代行しています。

また、記事作成の代行だけでなく、SNS運用、マーケティング、営業サポートなど、幅広い秘書業務をあわせて依頼することが可能です。

提案力を強みとしている会社なので、具体的な執筆内容が決まっていなくてもざっくりとした目的を伝えれば、具体的なタスクとステップを提案してもらうことができます。

【HELP YOU】: https://help-you.me/

 

記事作成センター

ライターと発注者のあいだにディレクターがたち、記事の品質や納期の管理を行ってくれます。リピート率99%とユーザーの高い満足度をキープしているサービスです。

誤字脱字や表記ゆれなどのチェック体制も充実していて、記事作成の進捗状況は共有シートでリアルタイムで確認することができます。

SNS投稿やWordPressテンプレート作成なども有料オプションで追加することができます。また、無料でサンプル記事(1000文字)を依頼することもできます。

【記事作成センター】: http://e-writing.net/

 

記事作成代行サービスを選ぶポイント② SEOに強い

自社サイトの記事コンテンツを充実させて、そこから商品やサービスの購入に誘導する「コンテンツマーケティング」の手法を導入する企業が年々増加しています。

コンテンツマーケティングでは、見込み客を引きつけるために上質な記事をたくさん配信することが重要になります。

しかし、せっかく記事をアップしても、キーワード検索をしたときに上位に表示されないと、サイトを訪問してくれる人の数はなかなか増えません。

そこで大事になってくるのがSEOです。SEOとはグーグルなどの検索エンジンで上位に表示される施策のことですが、テクニックが必要なため自社で行おうとするとなかなか結果がでないのが現状です。

記事作成の代行を検討する際には、代行業者がSEOに強い記事を提供しているかどうかも大きなポイントとなります。

 

ハピスキ

ハピスキはウェブマーケティング全般に関するコンサルティングを行っていて、中でもコンテンツマーケティングを強みとする会社です。

ハピスキの代表はブログをゼロから立ち上げて5カ月で37万PVを達成したり、8000PVだった企業サイトを5月間で20万PVまで伸ばした実績を持っています。経験にもとづいた確かなノウハウを使って、徹底したSEOライティングを実施した記事を納品してくれます。

記事作成のみのプランから、戦略やキーワード分析までを含めるプランなど、顧客のニーズに応じて文字単価2円(成果報酬あり)から記事作成を代行してくれます。

他にも、戦略立案や分析、キーワード選定なども行ってくれます。コンテンツマーケティングでお困りの方は相談してみると有益なアドバイスがもらえるでしょう。

【ハピスキ】: https://notoyatakahtio.com/

 

Build Up

SEOコンサルティング会社が提供するコンテンツ作成サービスです。顧客サイトのアクセス数が平均で4倍以上アップしたという実績をもっています。

激選されたライターが執筆した記事を、SEOの専門知識を持ち合わせた編集者がSEO視点で質の良い記事に仕上げて納品するという特徴があります。

一文字9円~と単価は高めですが、SEO対策を確実に行いたい場合にはおすすめのサービスです。

【Build Up】: https://buildupp.net/content-production/

 

記事作成代行サービスを選ぶポイント③費用が安い

記事作成の代行サービスをを選ぶひとつのポイントは価格です。格安の記事作成の代行を売りにしているサービスのなかには、文字単価0円台でサービスを提供しているところもあります。

誰だって安くて良いものを手に入れたいものです。しかし、当然ながら安ければいいというわけではありません。

インターネット上の読者は正直なので、質の良くない記事に出会うと最後まで読まずにページから離れてしまいます。それだけならまだしも、それが企業イメージと結びついてしまい、「あのつまらない記事を発信していた会社だ」と記憶に残ってしまう可能性もあります。

記事作成の代行を外注する際には、価格とアウトプットのバランスがとれたサービスを探すことが重要です。

 

アフィリエイト秘書

1記事300文字を驚きの216円から依頼できるサービスです。在籍しているライター数は激選された80名にしぼられていて、格安であると同時に高品質も売りにしています。

スタンダードなオリジナル記事作成に加えて、ウェブサイト量産用の「バックリンク用記事」プランや一貫性のある記事を大量に発注できる「大量記事」プランなど、目的に沿ったプランを選ぶことができます。

また、納品された記事に問題があった場合は、修正して対応するというアフターサービスも行っているので安心して利用できそうです。

【アフィリエイト秘書】: https://www.afi-hisyo.com/

 

ココナラ

比較的新しいクラウドソーシングサイトですが、在籍ライターの数は5000人と急成長を続けています。記事によっては500円のワンコインで作成をお願いすることができます。

代行を依頼できる記事の種類は幅広く、ブログやメルマガの原稿からキャッチコピーまで数多くの分野から選ぶことができます。個性的なライターがたくさん登録しているので、ライターの自己PRをしっかり読んで目的にあったライターを選ぶようにしましょう。

受注者はシステム利用料25%を支払います。

【ココナラ】: https://coconala.com/

 

記事作成代行サービスを選ぶポイント④ 実績が豊富

どれくらい長くサービスを提供しているかということも代行サービスを比較するうえでひとつの目安となります。

積み上げられた実績をもとに、質の高いサービスが期待できる企業をご紹介します。

 

ランサーズ

2008年からサービス開始をしている老舗のクラウドソーシングサービスです。依頼件数も210万件と圧倒的な実績があります。

ライターのレベルや記事の質によって料金は異なり、現在の一般的な相場は1文字1円程度。登録しているライターの実績や評価をそれぞれ確認することができます。

サイト上にあるメッセージ機能を使って手軽に担当ライターとやり取りができることも魅力です。お気に入りのライターが見つかれば長く利用できるサービスです。

【ランサーズ】: https://www.lancers.co.jp/

 

記事作成ドットコム

アフィリエイトやブログ向けの記事から、専門的なコラム記事まで幅広い記事の作成に対応してくれるサービスです。2011年からサービスの提供をしていて実績も豊富です。

細かな指定ができる「こだわり」コースと、キーワード以外の指定ができない「おまかせ」コースの二つのコースから選ぶことができます。料金は記事タイプによって変わりますが、コラム記事で一文字2~3円となっています。

また在籍ライターの多くが女性なことも特徴のひとつです。女性ユーザーにアピールしたい記事や柔らかい文章の記事が必要なときには利用してみたいですね。

【記事作成ドットコム】: https://writing-daiko.com/

 

まとめ

企業のマーケティングにおいて、自社サイトやSNSに上質な記事を載せることは不可欠の時代になってきました。

しかし、上質な記事を自社で作成し続けることは多くの時間を必要とします。記事の作成代行サービスを利用すると、手間をかけることなく質の高い記事を手に入れることができます。また同時に、ういた時間でより重要性の高い業務に集中できるため、業務の効率化がはかれます。

ご紹介した4つのポイントのなかで何が大切か優先順位をつけて、ご自分の目的にあった記事作成の代行サービスを選ぶようにしましょう。

 

トータルのライティングサービスを提供する「HELP YOU」の魅力的なコストパフォーマンス

「HELP YOU」の記事作成の代行は月額8万円(工数30時間/月)からご利用が可能です。

記事の種類にもよりますが、一般的にライターは1時間あたり2000文字を書くといわれていることから、「HELP YOU」の記事作成の代行サービスは単純計算をすると一文字約1.3円という計算になります。

0円台の記事作成代行サービスと比較すると少し割高に感じるかもしれません。しかし、「HELP YOU」の強みはお客様のニーズに対する柔軟性にあります。

大まかなご依頼内容をお伝えいただくだけで、経験豊富なライターがお客様のニーズを的確に判断し記事を作成いたします。細かな依頼書などを作成する必要はないので、ストレスを感じずにご依頼いただけます。

細々とした指示出しから解放されるだけでなく、ネタ出しから記事配信までトータルのライティングサービスを受けられることを考えると、決して高くない料金体系といえるのではないでしょうか。

 

「HELP YOU」の記事作成代行サービスのご利用例

実際に「HELP YOU」の記事作成代行サービスをご利用されているお客様の声をご紹介いたします。

 

取材記事の作成代行ご依頼A社様

企業取材を行うご予定のあったA社様からは、取材にSkypeで同席して取材内容をもとに記事を作成するというご依頼を受けました。

これまでは取材設定、取材、原稿作成、内容チェックと自社で全て行っていたためかなりの時間がかかっていました。

「HELP YOU」のアシスタントが取材から同行して記事の作成を代行することで、お客様の取材後のタスクは納品された記事内容についてフィードバックを行うだけになりました。

A社様からは、「クオリティの高い記事で大変満足」「サイトのアクセス数や問い合わせ増加にもつながっている」とうれしいコメントを頂戴しています。

SNS用記事の作成代行ご依頼B社様

FacebookとTwitter用の原稿作成に多くの時間をとられていたB社様。投稿用記事のネタの選定から原稿作成および投稿スケジュールの調整まで、一連の業務の代行のご依頼を受けました。

担当ライターはトレンド感のあるトピック複数と、SNS上で映える画像を用意し原稿案を作成します。お客様のからOKをいただいたあと、原稿を作成し投稿スケジュールとともに納品しました。

SNS投稿の業務をアウトソースした結果、B社様は情報を集め投稿ネタを選定するという最も時間がかかる作業から解放され、投稿内容を十分に考察することができるようなりました。その結果、質の良い投稿が増え、ユーザーの反応も良くなったとご満足いただきました。

 

校正作業ご依頼C社様

すでに記事作成の代行をアウトソースしておられたC社様。外注先からあがってきた記事100本の最終校正のご依頼を受けました。

コスト削減のために記事作成の代行サービスを利用するはずが、チェック作業に時間を取られてしまいお困りでした。

この手間隙のかかる作業を「HELP YOU」の校正経験豊富なライター複数が代行することで、これまで自社で40時間かけていた作業をたった2時間に短縮することができました。

HELP YOUに問い合わせをする

HELPYOUが選ばれる理由


HELP YOUは、社員のノンコア業務を効率化することでコア業務に集中できる環境を作ることを目指しています。

もしこれから業務効率化を検討するのであれば、ぜひ一つの方法としてHELP YOUを検討してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUは、

・250社以上への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務から営業サポートまで幅広く業務サポートができる
利用継続率97%以上のサービス満足度

といった特徴があります。
無料相談も用意していますので、ぜひこの機会に業務効率化を検討してみてはいかがでしょうか?