校正を外注する費用相場は?外注先の選び方も解説

質の高い記事を作成する際に重要な役割を果たすのが、「校正」です。
適切に校正された記事は、読みやすく説得力があり、ユーザーからの信頼を獲得できます

しかしながら、大手出版社や新聞社などでない限り、校正の専任部署やスタッフを配置している企業は少ないのが現状。
多くの企業は、他の業務と兼任で校正を行っていたり、ライターが校正も担当したりと、「校正のプロ」による校正を行っていないのではないでしょうか?

そうであれば、校正を外注することをおすすめします
この記事では、校正を外注するメリットと外注の費用相場、外注依頼前に押さえておきたいポイントをご紹介します

校正の重要性を理解しつつも、的確な校正ができていないと感じている企業の方は、ぜひ参考にしてください。

校正とは

校正とは

校正とは、誤字や脱字など文章の間違いを修正する作業のことを言います。
記事執筆において、充分に推敲を重ねたとしても、どうしても間違いは出てしまうものです。そこで重要となるのが、校正の作業。

具体的には、誤字脱字や変換ミス、表記ゆれや言葉の誤用などがないかをチェックし修正します。
たとえば、「基本を抑える」は「おさえる」の漢字が間違っています。そのため、正しい漢字を使って「基本を押さえる」に修正する必要があります。

ほんのわずかな誤字脱字や言葉の誤り一つで、その一文だけでなく記事全体の説得力が落ちてしまうものです。
読みやすい文章、質の高い記事を作成するためにも、校正は欠かせない大事な作業の一つです。

校正と校閲の違い

校正と校閲は、いずれも文章をよりよいものにするための修正作業ですが、作業する対象が異なります。

校正では、文章内の誤字脱字や表記ゆれなど「文字」が正しく使われているかをチェックし修正します。

一方の校閲は、文章の内容や表現に誤りや矛盾がないか、文意に誤解を招くものはないかを調べて修正する作業を言います。
具体的には、見出しと本文中で主張が異なったり、冒頭と結論で方向性がずれていたりする場合は修正が必要です。

また、記事内の固有名詞や数値データなど、掲載している情報に間違いがないかといった事実確認(ファクトチェック)や、差別表現がないかどうかのチェックも校閲の作業にあたります。

つまり、校正は「文字」を、校閲は文章の内容や表現など「内容」を対象としている点が大きく異なります。

校正を外注するメリット

校正を外注するメリット

校正や校閲の重要性はわかっていても、社内リソースがなかったりで対応できない場合には、外注することをおすすめします
企業は校正を外注することで大きなメリットを得られます。

プロのノウハウを活用できる

的確な校正を行うには、正しい漢字や言葉遣い、文法をはじめとするさまざまな分野における正しい知識と、それらを明確にわかりやすく指摘できる専門的なスキルが必要です。

校正を外注した場合、それらのスキルを有した校正のプロが作業を行います。
プロによる校正がなされれば、誤字脱字や言葉の誤用などによるイメージダウンを防止できます

また、教育コストをかけて社内で校正の人材を育成することも一つの手ではありますが、外注したほうが費用対効果が高い傾向にあります

第三者のチェックが入る

校正を外注することで、「第三者」によるチェックが入ります。
自分(自社)で執筆したものはミスに気付きにくいものです。ライター以外の「第三者の目」を入れ、ミスの見落としを防ぐことが重要です。

特に昨今は誤った情報がたちまちSNSで拡散され、炎上してしまうケースも多くあります。そういったトラブルを抑制する意味でも、外注による第三者の視点を入れることは大きなメリットと言えます。

コア業務に集中できる

校正の作業には膨大な時間がかかるため、社内の人材が片手間でできるような仕事ではありません。校正専任であれば問題ありませんが、片手間で校正を行うとなると、本業に差し支えるほど大きな負担になる可能性があります

しかし、校正を外注すれば、外注先に校正作業を一任できるため、社内リソースを圧迫することなく社員はコア業務に専念できます。社員がコア業務に集中できる環境が整えば、生産性の向上にもつながります。

校正を外注する費用相場

校正を外注する費用相場

校正を外注するとなると、気になるのはやはり費用面です。
校正を外注する前に、一般的な校正の費用相場を確認しておきましょう。

一般的に校正費用は、1ページあたり、または1文字あたりといった単価での料金設定をもとに、原稿のボリュームに応じて算出します。

<校正作業別の費用相場/1,000文字>
■簡易的なチェック:約500円~2,000円
■文法まで含めたチェック:約2,000円~5,000円
■事実確認(校閲):約5,000円~10,000円
■薬事法関連の校正:約5,000円~15,000円

医療・美容関係の文章などは薬事法関連のチェックも必要になる場合があるため、さらに高額になる可能性もあります。

校正を外注する時のポイント

校正を外注する時のポイント

校正の外注でがっかりしないためにも、依頼側として発注前や依頼時に注意したいポイントを押さえておきましょう。

重視してほしい点を伝える

校正を依頼する際には、校正においてどのような点を重点的にチェックしてほしいかを伝えましょう

たとえば、全体的に「てにをは」や誤字脱字のチェックを重点的に見てほしい、校閲もしてほしい、または原稿内に不安点があれば該当箇所を理由と共に明確に示すなど、しっかりとチェックしてほしいポイントを伝えることが大事です。

ルールを決める

校正を依頼する前に、自社内で文章の「表記ルール」をあらかじめ定めておきましょう
表記ルールとは、文章内で表記がゆれている(バラついている)場合に、どの語句に合わせるべきかという「修正基準」を示したものです。

こども(平仮名)とするか子供(漢字)とするか、web(小文字)とするかWEB(大文字)とするか、または「ですます調」か「である調」かなども表記ルールとして定め、一覧表にするなどしてきちんと伝えましょう。

校正の外注先はどこを選ぶべき?

校正の外注先はどこを選ぶべき?

校正の外注会社は数多くありますが、大きく3つのタイプに分けられます。それぞれのタイプの特徴、メリット・デメリットを確認し、自社に合った外注先を検討してください。

校正会社

校正会社(校正プロダクション)とは、校正を専門業務として請け負っている会社のことを言います。

校正を専門としているため、専門的なスキルやノウハウが豊富なのが特徴です。そのため、出版物のように後から訂正が難しいものや専門性が高い内容など、特に厳しいチェックが必要な原稿を依頼する場合におすすめです。

ただし、スキルの高い校正者は数も限られるため、急ぎの対応や大量の作業は難しい可能性もあります。校正会社への外注は、納期に余裕をもった依頼がおすすめです。

クラウドソーシング

クラウドソーシングとは、インターネットを介して企業が不特定の作業者に業務を発注する業務形態を言います。クラウドソーシングを通じて、フリーランスや副業をしている個人に校正を依頼できます。

価格は人によって大きく差があり、業者に依頼するよりもコストを安く抑えられる可能性があります。ただし、スキルにも差があるため、期待している納品物が得られない可能性もあるでしょう。

個人が相手のため、作業者の選別ややり取りに時間がかかる反面、融通が利く場合も多く、納期などには柔軟に対応してもらえる可能性が高いというメリットもあります。
予算が少ない場合や依頼する量が少ない場合などは、クラウドソーシングの利用を検討する余地はあるでしょう。

アウトソーシング

企業が担う業務(ここでは校正業務)を「外部の専門業者」に委託できるのが、アウトソーシングサービスです

アウトソーシングサービスでは、業務に見合ったスキルや経歴をもつスタッフを業者側がアサインします。そのため、依頼者側での選別ややり取りの手間がかからないうえに、納品物のクオリティも保証されています

また、校正以外の業務にも幅広く対応しているため、執筆から入稿まで一連の作業をまとめて依頼することも可能です
記事作成に関する業務をまとめて依頼したい場合や、大量に業務を依頼したい場合などは、アウトソーシングがおすすめです

<校正の外注先3タイプの比較表>

校正会社 アウトソーシング クラウドソーシング
品質
コスト
対応できる業務量
依頼時の手間

 

校正の外注なら「HELP YOU」におまかせ

的確な校正で記事の質を高めたい!と思ってはいても、
社内に校正スキルをもった人材がいない…
校正に社内リソースをまわせない…

と頭を抱えているのであれば、まずはHELP YOU(ヘルプユー)にご相談ください。

HELP YOUの特徴

HELP YOU

HELP YOUは、株式会社ニットが運営するオンラインアウトソーシングサービスです。
さまざまなスキルを持った優秀なアシスタントが、チームとなって企業をトータルサポートします

【HELP YOUの特徴】
1.チームでサポート!幅広い業務をまとめて依頼できる継続利用98%!
2.複数の人材を別々に採用しなくてOK!採用の手間とコスト軽減!
3.オンラインで簡単に導入!すぐに利用できる!

【HELP YOUの対応業務例】
HELP YOUには、さまざまなスキルを持った優秀なメンバーが多数在籍しているため、校正・校閲やライティングなど記事作成に関連した業務はもちろん、WEBサイト管理やSNS投稿などマーケティング関連など幅広い業務の依頼が可能です。

■マーケティング関連業務(SNS投稿・メルマガ作成・アンケート集計など)
■ECサイト関連業務(売り上げ管理・商品管理・サイト管理・ニュースリリース作成など)
■営業サポート関連業務(会議資料作成・データ収集・KPI管理・経費申請など)
■人事・採用関連業務(求人票の作成・書類審査管理・セミナー会場手配など)
■総務関連業務(出張手配・スケジュール調整・名刺作成・データ整理など)
■経理関連業務(入金管理・支払業務・請求書発行など)
※各サービスは、お客様のご要望によって組み合わせが可能です。

【HELP YOUの費用】
月額料金:10万円~(税抜)
契約期間:6ヵ月~
実働時間:30時間~
※初回月のみ、契約時間分が利用できなかった場合、翌月分に繰り越し可能

HELP YOUの校正事例

ある情報発信WEBサイト運営会社様から校正業務の依頼を受けた事例を紹介します。

クライアント様はもともと、外部ライターに依頼した記事を社内で校正していました。しかしながら、校正に関わる業務は社員にとって大きな負担。というのも、社内に校正専門の担当者がいたわけではなかったからです。

外部ライターからの記事を仕上げるまでには、まず社内の限られたリソースから校正スタッフを確保・アサインしなければならず、アサインされたスタッフも本来の業務をこなしながら校正作業をしなくてはいけなかったのです。校正に関わる業務により、多くの社員に負荷がかかっていることは明白でした。

そこで解決策となったのがHELP YOUです。校正をHELP YOUに外注したところ、クライアント様のタスクは業務依頼と確認業務のみに。それまで40時間もかかっていた工数は、たったの2時間5分に短縮され、37時間55分もの工数を削減できました。

クライアント様からは「納期厳守はもちろんのこと、校正のクオリティが高く、社内での満足度が非常に高い」とアウトソーシングの成功を喜ぶコメントを頂いています。

校正の外注のまとめ

校正の外注のまとめ

校正を外注することで、記事のクオリティが保証され、社員がコア業務に集中できるようになるという大きなメリットが得られます。

一方、外注なのでコストがかかることが懸念されますが、これはデメリットとは言えません。教育コストと時間をかけて社内で校正の人材を育成するよりも、費用対効果は高い傾向にあります。

読者にとって読みやすく、説得力や信頼感がある記事を求めているのであれば、やはりアウトソーシングの活用をおすすめします。
ぜひ、この機会に校正のアウトソーシングを検討してみてはいかがですか?

▼あわせて読みたい

インタビュー記事の書き方│取材準備からライティングまで解説

ライティング代行サービス11選!後悔しない業者選びのポイント解説

マーケティング作業はHELP YOUへ

マーケティング作業に追われていませんか?


「作業が立て込み、パンク寸前…」
「作業効率を上げる方法がわからない…」


HELP YOUはマーケティング作業に追われて、お困りの皆様を迅速にサポートいたします。

HELP YOUの3つの特徴


HELP YOUはオンライン上での業務代行だから、

【特徴1.】直接雇用や人材派遣と比べて圧倒的に費用が安い!
業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間もコストもかかりません。

【特徴2.】働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数在籍!
人材が担保されているので、長期的な業務依頼も可能です。

【特徴3.】チーム制だから複数業務のアウトソースの一括対応が可能!
専属ディレクターが付くので、複数の業務を一括で依頼をすることができます。

これまでに500以上のクライアント様に導入いただきました。
相談は無料です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

※導入費用は0円。月額費用のみで、無駄なコストは発生しません。
お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)