コンテンツマーケティング外注時の施策内容と成功事例

「コンテンツマーケティングを始めたいが、ノウハウもリソースもない」
「コンテンツマーケティングを導入してみたものの、成果が出ない…」

このような悩みをもつサイト運営者は多いかもしれません。

コンテンツマーケティングとは、自社で記事制作したコンテンツを媒介にユーザーとつながり、潜在顧客をリードに生成し、コンバージョンに繋げることを目的としたマーケティング手法の一つです。

価値ある記事を提供することで、ユーザーとの信頼関係を築き、ファンを育成して、購買に繋げるといった流れが主流です。

コンテンツマーケティングの市場規模は年々拡大しています。2021年Statista社調べによると、コンテンツマーケティング取り入れた企業の約75%が戦略として成功したと回答しています。

コンテンツマーケティングを成功させるためには、ビジネスとして通用する本格的な戦略が必要です。さらにはトレンドや制作スキルを学ぶ必要もあります。そのためコンテンツマーケティング、SEOの知識を持つサービス代行会社へ外注している企業もあります。

コンテンツマーケティングを外注化する場合、どのような業務を請け負ってもらえるのか、外注化のメリットや注意点、成功事例などを紹介します。コンテンツマーケティングの外注化を検討している企業の担当者は、自社の取り組みに活かしてみてください。

参考:Statista社「THE CONTENT MARKETING TREND STUDY 2020」

 

コンテンツマーケティングとWebマーケティングの違い

コンテンツマーケティングは自社で価値ある記事制作をし、ユーザーとつながり、信頼関係を深め、コンバージョン(CV)に至ることを目的としています。

一方でWebマーケティングはWebを使ったマーケティング活動全般を指します。販売促進や広告などの集客戦略なども含まれます。WebマーケティングはWeb上のマーケティング活動の総称となります。

つまり、コンテンツマーケティングはWebマーケティングの一部となります。

▼合わせて読みたい

Webマーケティングを外注するメリットは?費用相場やおすすめサービスも紹介

コンテンツマーケティングが注目される理由

コンテンツマーケティングは、今なぜ注目されているのでしょうか。

ユーザーの消費行動の変化

コンテンツマーケティングが注目されている大きな理由は、ユーザーの消費行動がオンラインに大きくシフトしていることがあります。

2019年には個人のインターネット利用率は約90%。新型コロナ感染症の拡大に伴い、その流れはさらに加速しています。

ネットショッピングを利用する世帯割合が、2021年には50%を超え、ユーザーの消費行動は商品やサービスの認知から、比較検討、購買決定までを全てオンライン上で完結する傾向にあります。

大きな要因は二つ。

  • 人との接触回避に伴う行動の変化
  • リモートワークの普及

ーザーの消費行動の変化に対応したアプローチの手段としてコンテンツマーケティングが注目されています。

参考:総務省「令和2年インターネットの利用状況」
参考:総務省「家計消費状況調査 ネットショッピングの状況について (二人以上の世帯)」

ユーザーの広告に対する認識の変化

ユーザーのデジタル広告に対する意識の変化も、コンテンツマーケティングが注目される理由の一つです。

ディスプレイ広告やリスティング広告など、頻繁に表示される広告に対し、マイナスのイメージをもたれることもあるからです。

しかし、Webコンテンツの場合は、広告であっても回避されにくい傾向があります。それはユーザーが望む情報を提供しているから。ユーザーにとって有益なコンテンツであれば、接点をもつことが可能なのです。

リードの生成やCVが期待通りの成果ではない場合、コンテンツマーケティングの導入をおすすめします。

Googleのコンテンツ評価の変化

Googleガイドラインのアップデートによる評価の変化も理由の一つです。

過去のSEO対策では、リンクを専門業者から購入したり、過剰な相互リンクで効果を上げることも可能でした。現在はGoogleはコンテンツのクオリティをより重視するようになっています。

ユーザー目線に立つことが求められ、ユーザーの満足度が高いコンテンツがより評価されるようになっています。その結果、コンテンツマーケティングを導入する企業が増え、注目されるようになりました。

コンテンツマーケティング外注時の施策

コンテンツマーケティングの制作を外注化した場合、代行業者はどんな施策を請け負ってくれるのでしょうか。具体的に見ていきましょう。

戦略設計

外注先となるコンテンツマーケティング代行会社が請け負う業務として、コンテンツマーケティングの戦略設計があります。

商品のブランディング、サービスの認知拡大、商品の購買など、目的は企業によってさまざまです。何を目的とするかで戦略も変わります。クライアントの目的に合わせて戦略を設計する必要があります。

例えば、ペルソナ設定においては、年代や性別の違いだけでなく、行動や思考の違いや、役割なども細かく設定することで、タッチポイントを見極めます。

キーワード設定

検索エンジンに対応するSEOコンテンツを制作する場合、キーワードの選定が重要となります。キーワードの選び方で成果が大きく違ってくるからです。自社の商品やサービスに関係するキーワード、目的を達成することが可能なキーワードを選定する必要があります。

キーワードを検索するユーザーを想定し、検索市場を把握する必要もあります。さらには競合となる企業の対策も確認します。これらの作業がリードとなるユーザーと繋がるために必要な作業となります。

コンテンツ制作

選定されたキーワードを元にSEOコンテンツの制作を行います戦略設計を元にコンテンツごとのターゲットユーザーを設定。調査から仮説を実証し、構成案を作成していきます。ユーザーが求める情報量や詳細量も分析します。

検索フェーズ(認知・興味関心・比較検討)による目的の違いなども検討し、構成のアウトラインを決定していきます。

構成案の次はライターがライティングを行っていきます。ライターはユーザーが知りたい情報を、Googleガイドラインに沿って執筆します。さらには、わかりやすさ、読みやすさを考えた工夫も取り入れます。

どのような情報を根拠に記事を書いているかのエビデンスの提示も大事な要素となります。コンテンツマーケティングを成功させるためにも力を入れたい作業です。

構成案の作成やライティングにおいては、執筆スキルだけでなくGoogleガイドラインの知識が必要となります。リソースやノウハウがない場合は、代行会社などの利用をおすすめします。

効果測定とリライト

SEOコンテンツは公開がゴールではありません。Webコンテンツの効果測定とリライト作業を行います

アナリティクスなど、さまざまなツールで測定した結果をもとに、ユーザーニーズにマッチしているのかどうかの分析を行います。マッチしていない場合は戦略を見直します。マッチするまで修正は繰り返します。

また、情報が古くなることで正しい情報ではなくなる場合もあります。その場合、ユーザーに間違った情報を与えることとなりますから、サイトのイメージや評価が下がることも考えられます。このような問題にも対処します。

日々コンテンツの見直しとリライト作業を繰り返すことで、コンテンツの質を保つことが可能となります。
このような作業を行うことが効果的な運営のポイントとなります。効果を期待するためには、正確な分析とリライトスキルが必要となります。

 

コンテンツマーケティング成功事例

コンテンツマーケ―ティングの醍醐味に以下のことがあります。

  • Webコンテンツを通してユーザーとつながれること
  • 信頼関係を築くことができること
  • ファンを獲得することができること

コンテンツマーケティングで成功した企業は、それぞれ特徴的な取り組みで成果をあげています。コンテンツマーケティング成功企業の事例を紹介します。

株式会社リクルート「SUUMOジャーナル」

リクルートが運営する「SUUMO」は、住まいに関する総合情報サイトです。

主に住まいを「買いたい」「借りたい」というユーザーに住まいの情報提供を行っています。
一方で、住まいに関することで行動を起こす必要を感じていないユーザーにも役立つコンテンツの発信を行っています。その結果、新たなファンの獲得や育成、ブランディングに成功しています。

参考:株式会社リクルート「SUUMOジャーナル」
参考:Think with Google「オウンドメディアの記事はコンバージョンにつながるか? SUUMO が確かめた記事コンテンツの価値」

Lidea – ライオン株式会社

ライオン株式会社が運営する「Lidea(リディア)」は生活情報を発信するサイトです。

子育て中のママやパパをターゲットに、日々のくらしを豊かにする「役立つ」「楽しむ」「深める」コンテンツを提供しています。短期的にCVを追い求めるのではなく、長期的なビジョンでファンの獲得を目指しました

その結果、ターゲットユーザーだけでなく、潜在的な多くのユーザーとのつながりをもつことができました。

参考:ライオン株式会社「Lidea(リディア)」

土屋鞄製造所

土屋鞄製造所は1965年にランドセルの制作からスタートしたアクセサリーブランドです。革製品の財布やバッグ、ステーショナリーなどを製造販売しています。

コンテンツマーケティングの成功の理由は、芸術的で美しいと感じさせるコンテンツ記事制作です。
商品を紹介する写真は美術作品のようなクオリティです。商品の美しさやイメージに目を奪われ、思わず記事を読むという印象です。SNSから発信する記事もWebコンテンツ同様にイメージ訴求を大事にしています。

一方で営業色は控えめです。しかし、このようなイメージ訴求がブランディングや認知向上に繋がっています

参考:株式会社 土屋鞄製造所「土屋鞄製造所」

コンテンツマーケティング外注化のメリットと注意点

コンテンツマーケティングを外注化するメリットにはどんなことがあるのでしょうか。また、注意したい点も確認してみましょう。

コンテンツマーケティング外注化のメリット

コンテンツマーケティングを外注化する最大のメリットは、ターゲットユーザーが満足するコンテンツが提供できるということです。

ユーザーとの接点を保ち、ファンを増やすためにも、ユーザーが価値を感じるコンテンツが必要となります。コンテンツのクオリティが高ければサイトの価値も上がります。

日々アップデートする情報のトレンドを追うことやスキルを身に着けることは容易ではありません。外注先となる代行会社のノウハウを最大限活用することができる点は大きなメリットです。

コンテンツマーケティング外注化の注意点

コンテンツマーケティングを外注する場合であっても、最低限の知識は必要です。トラブル防止にもなりますし、外注先を選定する際にも役立ちます

また、コンテンツマーケティングは成果確認ができるまでには時間がかかります。効果検証を行い、改善を繰り返し行うことが必要だからです。
つまり、コンテンツマーケティングを外注する場合は、長期的ビジョンで依頼することをおすすめします。

▼合わせて読みたい

デジタルマーケティング人材不足の解決策|ノウハウ不足でも成果を最大化するには

コンテンツマーケティングは HELP YOU

HELP YOUは、チームでクライアントの業務を代行・サポートするオンラインアウトソーシングサービスです。強みはスタッフのスキルと経験値の高さです。

コンテンツマーケティングを成功に導くサポート

成果を上げるSEOコンテンツの制作やマーケティング業務のサポートをいたします。SEOコンテンツの制作ではキーワード選定から構成案作成、コンテンツ作成までSEOコンテンツを一貫して長期的にサポートいたします。

対応業務例
1)アンケート作成、データ集計
2)画像選定、画像編集
3)制作進行管理
4)プレスリリース・メルマガの作成と配信
5)FacebookやTwitter、インスタグラムの投稿
6)構成案作成、ライティング、CMS投稿、外部ライターディレクション など

【HELP YOUの費用】
月額料金:10万円~(税抜)
契約期間:6ヵ月~
実働時間:30時間~
※初回月のみ、契約時間分が利用できなかった場合、翌月分に繰り越し可能

まとめ

コンテンツマーケティングを成功させるためには、良質なコンテンツを制作し、コンスタントに配信することが必要です。
自社内にノウハウがない場合、コンテンツマーケティングの知識をもつプロのノウハウを最大限に利用することをおすすめします
外注の助けを借りることで、適切な運営を維持することが可能となります。自社のコンテンツマーケティングを成功させる近道かもしれません。

「コンテンツマーケティングの導入を検討しているけれど、何から始めるべきか」
「コンテンツマーケティングの成果を出す方法が知りたい」

このような場合は、HELP YOUへお問い合わせください

▼合わせて読みたい

Web集客に欠かせない三つの方法ー事例付きで分かりやすく解説ー

マーケティング作業はHELP YOUへ

マーケティング作業に追われていませんか?


「作業が立て込み、パンク寸前…」
「作業効率を上げる方法がわからない…」


HELP YOUはマーケティング作業に追われて、お困りの皆様を迅速にサポートいたします。

HELP YOUの3つの特徴


HELP YOUはオンライン上での業務代行だから、

【特徴1.】直接雇用や人材派遣と比べて圧倒的に費用が安い!
業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間もコストもかかりません。

【特徴2.】働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数在籍!
人材が担保されているので、長期的な業務依頼も可能です。

【特徴3.】チーム制だから複数業務のアウトソースの一括対応が可能!
専属ディレクターが付くので、複数の業務を一括で依頼をすることができます。

これまでに500以上のクライアント様に導入いただきました。
相談は無料です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

※導入費用は0円。月額費用のみで、無駄なコストは発生しません。