デジタルマーケティング人材不足の解決策|ノウハウ不足でも成果を最大化するには

多くの人がスマートフォンやタブレットを手にし、24時間365日、時間も場所も関係なく気になる商品やサービスを検索、タップ一つで購入できるようになった現代。
コロナ禍での“巣ごもり消費”需要の高まりも相まって、多くの企業にとってデジタルマーケティングでのチャネル(経路)拡充は避けて通れないテーマになっています。

しかし、社内にデジタルマーケティングの知識を持つ人材がいなかったり、デジタルマーケティングに必要なツールをうまく使いこなせなかったりと、さまざまな課題を抱えている企業も多いのではないでしょうか。

今回は、なぜデジタルマーケティング人材が不足しているのか、そして人材不足を解決する方法について解説します。
自社のデジタルマーケティングの人材不足に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。
まずデジタルマーケティングの基礎から市場の現状を知ることができます。そして、人材確保に向けてするべきことが明確になり、自社のデジタルマーケティング加速につながります

SEO対策業務サポート資料ダウンロード"}" data-sheets-userformat="{"2":1061377,"3":{"1":0},"12":0,"15":"\"MS Pゴシック\"","16":12,"23":1}" data-sheets-textstyleruns="{"1":0}{"1":136,"2":{"2":{"1":2,"2":16711680}}}{"1":141}">

デジタルマーケティング市場の現状と課題

はじめに、デジタルマーケティングに関する基礎知識を紹介します。

デジタルマーケティングとは

デジタルマーケティングとは、オンラインのあらゆるチャネルやタッチポイントを利用し、得られたデータをもとに行われるマーケティング手法のことです。

インターネットやスマートフォンの普及によって、消費者は商品・サービスを購入する前にECサイトやSNSなどをチェックし、時間をかけて吟味するようになりました。
実際の店舗を訪れて購入するだけでなく、クチコミなどを参考にしながらECサイトで購入するなど、消費行動は多様化しています。
そこで、店頭での販売や宣伝などのリアルなPRだけでなく、インターネット広告やメール、SNSでのアプローチなど、デジタルツールを活用したマーケティングの重要性が高まりました

デジタルマーケティングでは、デジタルツールを活用した宣伝と同時に、膨大な消費者の行動データも収集・蓄積されるのが特徴です。
データの活用・分析を行うことで、アナログ時代のマーケティングでは見えてこなかった顧客それぞれの興味関心や購買行動が把握できるようになりました。

デジタルマーケティングによって、あらゆるタイプの「個」に対して戦略的にアプローチすることが可能になったといえます。

マスマーケティングとデジタルマーケティングの違い

前述したように、インターネットやスマートフォンの普及によって、消費行動は多様化してきました。

市場に並ぶものが少なく、選択肢を絞り込むための情報も限定されていた時代は、大量生産と大量消費を前提とした「マスマーケティング」が主流でした。
マスマーケティングとは、新聞やテレビ、ラジオ、雑誌などのメディアを通して、不特定多数を対象として行うマーケティングのこと。
広範囲の消費者にアプローチできるのがメリットですが、膨大な広告費用がかかるうえに、ROI(投資利益率)を計測しづらいのがデメリットでした。

その後、市場に商品が増え、顧客が「選ぶ側」に立つようになると、画一的なマスマーケティングから、顧客の立場や嗜好を踏まえたマーケティングへとシフトしていきます。
インターネットの普及はその傾向を後押しし、それぞれの消費者に価値を提供できるマーケティングが求められるようになりました。

さらに、スマートフォンやIoTデバイスが登場すると、行動履歴や利用履歴など、企業が取得できるデータは一段と増加。
マーケティング手法は、これらのビッグデータやAIを利用し、オンライン上で取得できる全てのデータから顧客のニーズをくみ取る「デジタルマーケティング」へと進化したのです。

デジタルマーケティングは、マスマーケティングに比べ、少ない予算でもマーケティングを行うことが可能です。
費用を抑えつつ詳細なデータを収集・蓄積し、分析結果をさまざまな施策に活用できるのが大きなメリットといえます。

しかし、こうした利点を生かすためには、マーケティングの基礎を学び、デジタルツールを使いこなせる人材が必要です。残念なことに、マーケティングとデジタルツール、両方の知識を持った人材が少ないのが現状です。

デジタルマーケティング市場の現状と課題

2020年に電通が発表した「2019年 日本の広告費」において、インターネット広告費がテレビ広告費を追い抜き、2兆円に達したことが話題になりました。
電通は、デジタルトランスフォーメーションが進んだことにより、既存メディアとの統合ソリューションも進化したと分析。広告業界の転換点は、マーケティングスタイルにマスからデジタルへの移行をもたらしました。

加えて、昨今の新型コロナウイルス感染症の拡大により、従来の対面型の販売・営業スタイルはオンラインへとシフト。チャネルのオンライン化・デジタル化が進み、デジタルマーケティングの重要性はより一層高まっています。

しかし、市場の成長に反して、デジタルマーケティングの人材が不足しているのが現状です。
Repro株式会社が実施した「Webサイト活用状況に関するアンケート2021年版」には、Webマーケティングの成果を左右する真因を「組織・人材・マーケティングツール環境」の3点にフォーカスして調査した結果がまとめられています。


出典:Repro株式会社「Webサイト活用状況に関するアンケート2021年版

それによると、「お勤め先のデジタルマーケティングに関する課題は何ですか?」という設問に対し、59.4%が「デジタルマーケティングの知見があり、施策を実践できるメンバーが足りない」と回答。「デジタルマーケティングに関わる人数が不足している(59.1%)」という回答とともに上位を占めました。

先にも述べたように、デジタルマーケティングには、マーケティングとデジタルツール両方の知識が必要です。
デジタルマーケティング需要の増大に、人材や組織が追いついていないということが推察できます。

デジタルマーケティング人材不足の理由

拡大している市場に対し、人材が不足しているデジタルマーケティング。
その理由はどこにあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

理由1.膨大なスキルが必要

一つ目の理由は、膨大なスキルが必要である、という点です。

デジタルマーケティングに携わる人材には「マーケティング・デジタルツール両方の知識が必要」と述べましたが、その両方をカバーできる人材は多くありません。
課題を把握し、最適なソリューションを企画・提案するマーケティングの視点。ツールを使いこなせることを大前提に、膨大なデータを読み解き、可視化できるデジタルツールの視点。
デジタルマーケティングの実施には、この両方のスキルを備えていることが必要です。

さらに、環境の変化に対応できる能力も重要です。
デジタルマーケティングは、顧客行動の変化や新しいテクノロジーの普及など、環境の変化によってその形態を刻々と変えていきます。

インターネットへのアクセスはパソコンからスマートフォンへ変化し、利用するサービスも検索エンジンからニュースアプリ、SNSなど、次々と新しいサービスが登場。IoTやAIも著しく進歩しています。
次々とアップデートされていくデジタルテクノロジーや情報をキャッチし、データの分析や企画に活かす知見が求められるのです。

理由2.人材を育てるノウハウがない

二つ目の理由には、人材を育てるノウハウがない点があげられます。

株式会社シンクロは「マーケティング組織の組織づくり・人材育成に関する調査」を実施し、デジタルマーケティングの現場が抱えるマーケター不足の現実や、その原因となるマーケター人材育成についての課題を分析しています。

出典:株式会社シンクロ「マーケティング組織の組織づくり・人材育成に関する調査結果

調査によると、マーケティング教育を担える人材について、90%以上が「不足している」と回答。
そもそもデジタルマーケティング人材を育てるための人材が不足していたり、人材育成の制度が整っていない企業が多いことが伺えます。

デジタルマーケティング人材不足における課題

膨大なスキルが必要なのに、その人材を育成するノウハウがないため、人不足に陥っているデジタルマーケティング市場。
マーケターが不足することで、どのような課題が生じるのでしょうか。

課題1.人材の有無で成果に差が出る

一つ目の課題は、人材の有無でデジタルマーケティング施策の成果に差が出る、という点です。
特に、専任の担当者がいるかどうかで成果創出に大きな差が出ています。

Repro株式会社「Webサイト活用状況に関するアンケート2021年版」のデジタルマーケティング人材の活用状況に関する設問では、各領域の担当者が「専任」か「兼任」かで、成果に大きな差が生まれているという事実が浮き彫りになっています。

出典:Repro株式会社「Webサイト活用状況に関するアンケート2021年版

デジタル広告・CRO(WebサイトのCVRを向上させる活動)・SEO&コンテンツマーケ・CRM(MAツール等を用い顧客と長期関係性を築く)の4領域に分けて、人員配置と成果の関連性について調査したところ、「取り組んでおり十分な成果を出せている」と答えた人の比率は、全領域で「専任の担当者がいる」ほうが大きいという結果になりました。

この調査を行ったRepro株式会社取締役 CMOの中澤伸也氏は、以下のように考察しています。

今やデジタルマーケティングの領域は細分化され、それぞれの領域における専門深化が進んでいます。
その中においては、その領域に対していかに集中して業務を行い、ノウハウを蓄積できるかが成果を左右します。

引用:Agenda note「結論。デジタルマーケティング最大の課題は『ノウハウ・人材不足である』

専任人材の有無が、デジタルマーケティング成功のカギであるといえるでしょう。

課題2.必要なスキルが明確になっていない

二つ目の課題は、必要なスキルが明確になっていない、という点です。

デジタルマーケティング人材が不足している理由の一つとして、「膨大なスキルが必要」という点をあげました。

デジタルデータの分析や分析結果からの施策立案と実行、商品やサービスの販売促進、コンバージョンの測定、アップデートされていくデジタルテクノロジーのキャッチアップなど、マーケターの業務は多岐にわたります。
そのため、マーケティング知識、デジタルツールの知識に加え、情報を察知する能力やコミュニケーション能力、創造性など、幅広いスキルが求められます。

しかし、そのどのスキルも具体的に明文化することが難しいうえに、刻々と変化する消費行動やデジタル環境に合わせて必要なスキルも変容し、「デジタルマーケティング人材に必要なスキル」を明らかにするのは非常に困難です。

実際、マーケターに必要なスキルを明確に理解できていない企業は少なくありません。

出典:株式会社シンクロ「マーケティング組織の組織づくり・人材育成に関する調査

株式会社シンクロ「マーケティング組織の組織づくり・人材育成に関する調査」によると、人材育成のベース環境の整備について「人材要件の明文化ができているか」という質問について、80.2%が「できていない」と回答しています。

デジタルマーケティングの人材不足を解消し、人材を育成するためには、必要なスキルセットの明文化が不可欠だということが分かります。

デジタルマーケティング人材不足の解決策

デジタルマーケティング人材の不足は、成果に影響を及ぼす、必要なスキルが明確化できていないなど、大きな課題を生むことが分かりました。

ではマーケター不足を解決するためには、どうすればよいのでしょうか。
ここでは、人材不足の解決策を2つ紹介します。

デジタルマーケティング人材不足の解決策
(1)社内で育成する
(2)外注化する

解決策1.社内で育成する

一つ目の解決策は、デジタルマーケティング人材を社内で育成する手法です。

担当部署やそれ以外の部署から異動した人材に教育したり、中途採用の人材を登用したりして、インハウスでデジタルマーケティングを行える体制を整えましょう。
研修プログラムに参加したり、外部指導者から講習を受けたり、経験のある中途採用人材からノウハウを学んだりして、デジタルマーケティングに必要なスキルを育てていきます。

その際に重要なのは、身に着けるべきスキルを洗い出し、明文化すること。まず、マーケターを育てられる環境を整備することが大切です。

解決策2.外注化する

そうはいっても、社内の育成のみで人材をそろえることは困難なこともあるでしょう。
二つ目の解決策は、デジタルマーケティング人材を外注化する方法です。

これまで述べてきたように、デジタルマーケティングに必要なスキルは膨大、かつ専門的、細分化しています。
さらに、刻一刻と変化するデジタルマーケティングのリテラシー習得が求められるため、自社で教育するノウハウやリソースがない企業も多いでしょう。

その場合は、デジタルマーケティングのプロに依頼するのも一つの手です。

事実、デジタルマーケティングをサポートする企業に外注することで、成果をあげているという例も。
Repro株式会社「Webサイト活用状況に関するアンケート2021年版」において、CROと、そのためのツールであるWeb接客ツールの運用体制の関係を分析したところ、最も高い運用成果をあげている組織体制は、ツールの運用を「ほぼ外部に委託している」ケースであることが分かっています。

専任担当者を配置できず、社内での人材育成が難しい場合、専門的なスキルを持つ外部支援企業の活用が非常に効果的だといえます。

SEO対策業務サポート資料ダウンロード"}" data-sheets-userformat="{"2":1061377,"3":{"1":0},"12":0,"15":"\"MS Pゴシック\"","16":12,"23":1}" data-sheets-textstyleruns="{"1":0}{"1":136,"2":{"2":{"1":2,"2":16711680}}}{"1":141}">

デジタルマーケティング人材不足にお困りの方は「HELP YOU」へ

HELP YOUでは、デジタルマーケティング運営に人手が足りない企業に対して、専門知識と豊富な経験を持つスタッフによるサポートサービスを提供しています。

HELP YOU の特長

HELP YOUは、オンライン上でお客さまの業務をサポート・代行する業務効率化サービスです。オウンドメディアのSEOコンテンツ制作や、SNS運用、広告運用などをサポートいたします。

お客さまの課題から戦略を立案、コンテンツ制作を含む運用を経て、効果測定と改善案の提案まで一括で対応することが可能です。

また、会議資料の作成や経理、営業サポートなどのバックオフィス部門や、海外進出サポートやオンラインマネジメント関連などの専門性の高い分野まで、幅広い業務に対応しています。

予算や目的に合わせて、対応業務を自由にカスタマイズできるのも、HELP YOUの強みです。

対応業務例
1)アンケート作成、データ集計
2)画像選定、画像編集
3)制作進行管理
4)プレスリリース・メルマガの作成と配信
5)FacebookやTwitter、インスタグラムの投稿
6)構成案作成、ライティング、CMS投稿、外部ライターディレクション など

【HELP YOUの費用】
月額料金:10万円~(税抜)
契約期間:6ヵ月~
実働時間:30時間~
※初回月のみ、契約時間分が利用できなかった場合、翌月分に繰り越し可能

まとめ

デジタルマーケティングの現状と、人材不足という課題について紹介しました。

日々進化を続けるデジタルテクノロジーと、それに伴うかのように変化する消費者のマインドやニーズ。
そうした環境やデータを読み解き、効果的な施策を打ち出せるデジタルマーケティング人材をいかに確保・育成できるかが、デジタルマーケティング成功のポイントです。

しかし、デジタルマーケティングに精通した人材を育成するのは、簡単なことではありません。
急速に変化するマーケットのスピードに対応するには、デジタルマーケティングの専門知識を持ったサポート企業に外注するのも有効な手段です。
HELP YOUのようなサポートサービスを上手に利用しながら、デジタルマーケティングの大きな課題「人材不足」をクリアして、収益拡大を目指しましょう!

▼合わせて読みたい

Webマーケティングを外注するメリットは?費用相場やおすすめサービスも紹介

Web集客に欠かせない三つの方法ー事例付きで分かりやすく解説ー

コンテンツマーケティング外注時の施策内容と成功事例

 

マーケティング作業はHELP YOUへ

マーケティング作業に追われていませんか?


「作業が立て込み、パンク寸前…」
「作業効率を上げる方法がわからない…」


HELP YOUはマーケティング作業に追われて、お困りの皆様を迅速にサポートいたします。

HELP YOUの3つの特徴


HELP YOUはオンライン上での業務代行だから、

【特徴1.】直接雇用や人材派遣と比べて圧倒的に費用が安い!
業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間もコストもかかりません。

【特徴2.】働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数在籍!
人材が担保されているので、長期的な業務依頼も可能です。

【特徴3.】チーム制だから複数業務のアウトソースの一括対応が可能!
専属ディレクターが付くので、複数の業務を一括で依頼をすることができます。

これまでに500以上のクライアント様に導入いただきました。
相談は無料です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

※導入費用は0円。月額費用のみで、無駄なコストは発生しません。
お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)