初めての記事外注、いくらかかる?費用・相場とおすすめ会社を紹介

「SEO対策ができるライターに記事を外注したい・・・」
「Web記事を外注することに決めたけど、予算に限りがある」
「初めて記事を外注するので、費用の相場がわからない」

こんなお悩みを抱えている方はいませんか?
Web記事を外注すると自分が執筆する手間を省けますが、相場がわからなければ発注先もなかなか決められません。
「適当な業者に外注して、予算以上の金額を請求されたらどうしよう・・・」

そう考えて、記事の外注を諦めてしまう人も少なくありません。しかし、費用の相場をあらかじめ知っていれば予算も立てやすく、予算内におさまる発注先をすぐに決められるでしょう。

今回は、弊社HELP YOUが考える記事を外注する意味やその際のポイント、さらに費用相場について解説していきます。

日々、さまざまな企業・組織の記事執筆を請け負っているHELP YOUだからこそわかる業界事情を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

記事を外注する意味


試しに自分でWeb記事を書いてみたものの、どうしても納得がいかないという人は、思い切ってライティングの専門業者に外注することをおすすめします。記事作成のプロフェッショナルに任せることで、SEO対策やコンテンツの充実化などさまざまなメリットを期待できるでしょう。

外注すればSEO対策も万全!

「SEO対策」とは、特定のWebサイトが検索上位に来るようにサイトの作りを最適化することです。自社サイトの順位が上がれば上がるほど、読者にも見つけてもらいやすくなり、より多くの訪問者を期待できます。

ユーザーに何度も参照されるコンテンツ作りなど、SEO対策にはさまざまなテクニックがあります。そのため、ノウハウのない人が万全対策するのは至難の業なのです。

しかし、記事を専門業者に外注すれば、SEO対策を熟知したライターにハイクオリティなコンテンツを作成してもらえます。良質なコンテンツがそろえば、読者も増え、Webサイト内での商品の購入やサービスの利用を期待できるでしょう。

コンテンツの充実化ができる

Webサイト内の記事が少なかったり、コンテンツが偏っていたりすると、読者は限られてきて、当然のことながらリピーターも増えません。読者を増やしていくためには、コンテンツを充実化させて魅力のある記事をある程度確保する必要があります。

しかし、大量のコンテンツを短期間で作成するのはかなりハードです。そんなときこそ記事を外注するといいでしょう。短期間で記事を大量生産してもらえます。

また、自分にノウハウのない内容の記事を書くときも、専門性の高いライターに依頼すれば情報量が豊富で、なおかつ読みやすい記事を期待できるでしょう。

記事を外注する際のポイント

High angle view of man working on table

インターネットで「記事 外注」と入れて検索をかけると、たくさんの外注業者が表示されます。

ここで安易に検索上位の業者を選ぶのは少々早計です。気になる業者を複数ピックアップして比較しながら、最も自分に合いそうな業者を選びましょう。

ネームバリューや費用だけで決めてしまっても、納品された記事が低品質では意味がありません。業者選定のポイントは、大きく分けて3つあります。

これまでの実績を確認する

評判の高い業者は、大手組織や優良企業の記事を多く手掛けているものです。また、SEO対策が万全で、過去に集客力を高めた実績がある業者も信頼性が高いといえます。

また、自社が手掛ける記事のジャンルを、どれくらい手掛けてきたのかも忘れずにチェックしましょう。その分野を得意としているライターを選べば、希望に添った記事を作成してもらえるはずです。

クラウドワークスやランサーズなどといった、ライターと個人契約を結べるサイトであればライターの口コミや評価を確認できます。少量の記事を依頼する人は、こうしたサイトで評価の高いライターを選ぶのもひとつの手です。

営業やライターの人となりをきちんと見る

記事を外注するときは、企業のネームバリューや実績だけではなく、営業担当者や実際に記事を執筆するライターの人間性をきちんと見るようにしてください。

いい加減な担当者に当たってしまうと、納期を守らなかったり、指示通りの記事を書いてこなかったりすることがままあります。こうなると外注した意味がありません。

オンラインのやり取りで、依頼から納品まで完結するのは記事外注のメリットです。しかし、ミスマッチを防ぐためには、一度電話やスカイプなどで担当者と実際に話してみることをおすすめします。そうすることで担当者の人柄がわかり、安心して任せられるようになるでしょう。

指示書やマニュアルをきちんと作成する

自分の意向に沿わない記事が納品された場合、その原因は外注先の営業担当者やライターとのコミュニケーション不足にあるのかもしれません。

依頼時に、記事の内容をざっくりとしか伝えていないと、ライターも何を書けばいいのかわからなくなることがあります。

それを防ぐためには、マニュアルや指示書を作成して、希望通りの記事を書いてもらえるように指示を出しましょう。

指示書、マニュアルに取り入れたい項目は

・記事のコンセプト

・読者のターゲット層

・メインキーワード

・記事のテイスト(コラム、ブログ、アフィリエイト…etc)

・文体(過去記事があると伝わりやすい)

・文字数の目安

記事を外注する際の費用相場

Flat lay of business concept

ほとんどの記事の費用は、文字単価で決まります。1文字1円で契約した場合、1,000文字の記事には1,000円(基本は税別)支払わなければいけません。

それでは文字単価の相場はどのくらいになるのでしょうか。ここからは気になる記事外注の費用相場を紹介します。

調べずに書けるテーマは文字単価1.0円前後で見つかる

記事の外注費用の相場は、記事の内容と調べ方によって異なってきます。調べなくても誰でもわかることや、多くの人が経験している内容の記事は文字単価が低く、1.0円前後で依頼できる業者が少なくありません。

特定の人のみが体験していることや、インターネットで調べればわかる内容になると、もう少し相場が上がり、文字単価1~2円程度です。

最も相場が上がるのは、医療や法律などといった専門性の高い分野で、実体験やインタビューに基づいて執筆する記事です。特にインタビューが必要な記事は、交通費やインタビュー時の時給も発生するので、費用もぐっと上がります。文字単価3~10円と考えておいた方がいいでしょう。

外注費用の計算方法ですが、業者によって微妙に異なります。

同じ文字単価での契約でも、きっちり1文字単位で計算する業者がいる一方で、〇文字~〇文字の範囲は一律〇円と、ラフに計算する業者もいます。

大量発注や長期契約をすると、値引きしてくれる業者も少なくありません。コンテンツを大量作成したい方は、まとめて依頼するといいでしょう。

記事の外注費用相場まとめ

調査不要で、自分の体験で書ける記事:1文字0.5円~

・専門知識は不要でインターネットで調べれば書ける記事:1文字1.0円~

・専門知識やインタビューが必要な記事:1文字3.0円~

・インタビューが必要な場合、交通費や取材費は別途必要

・ベテランライターの相場は3~10円

などです。マニュアルを作り込んでおけば、ライター任せにしても安心です。

ライターのスキルと納期によっても相場は変わる

アウトソーシングサイトでライターと個人契約を結ぶ場合は、ライターが最低価格を高く設定していることがあります。

専門性が高く、実績が豊富なライターは、文字単価5円以上に設定していることが少なくありません。その分クオリティは高く、修正にも柔軟に対応してくれることが多いため、難度の高い記事を求めている人にはおすすめです。

修正が発生した場合の対応や追加費用についても、事前に確認しておくようにしましょう。書き直しにはどの程度、何回まで応じてくれるのか、その際の費用は発生するのかどうかは必ず確認してください。

また、納期にも注意です。あまりにも短納期の場合は、特急料金がかかる可能性があります。

「文字単価0.5円~」などと、安さをうりにしている業者もいますが、こういったところは何かにつけてライターの管理費用やマネジメント費用など追加料金を請求してくることがあるので、十分に用心しましょう。

おすすめの記事外注サービス

納品物のクオリティは高いのに、比較的リーズナブルで頼みやすい外注先は理想的です。このふたつを兼ねそろえたおすすめの記事外注サービスを紹介します。

HELP YOU

月30時間8万円~とリーズナブルな料金体制で幅広い業務をまかなえると評判の「HELP YOU」。

ブログやコラム、商品紹介とさまざまな記事を手掛けていて、企業のメールマガジンやSNSの原稿作成の実績も豊富です。ライティングスキルを持ったアシスタントが、チーム制でさまざまな業務に対応しているため、記事の大量発注ができます。

また、ライティングだけではなく、リサーチや校正も月額定額料金制で依頼可能。画像加工やデザインなど、クリエイティブな業務も任せられます。

契約時間内であれば、ライティング以外の業務に対応できるところは大きな魅力です。

サイト:https://help-you.me/

 

 

リファイド


「リファイド」は、医療や転職、美容、サービス、自動車と幅広い業界を手掛けてきたので、実績は十分。ニュースやコラム、商品紹介記事を得意としているので、企業のニーズにマッチしています。海外在住の日本人ライターも在籍しているので、海外ネタもOKです。

管理システムによって自動更新を行っているので、頻繁にコンテンツを更新したいという人におすすめ。レンタルサイトプランもあり、ホームページをゼロから立ち上げることもできます。

サイト:https://llp.leaf-hide.jp/

まとめ

記事を外注するメリットはたくさんありますが、その中でも「記事執筆を任せることで、自分の時間を作れる」という点が最も大きな魅力といえるでしょう。そうすることによって同じ時間内に、別の仕事もできるようになり、残業を減らせるので、働き方改革に取り組んでいる企業にもおすすめです。

ただし、文章には正解がないので、初めて外注するときには業者の選定方法を知っておく必要があります。特に費用の相場を理解しておくことは、非常に重要です。

最初は少量の記事を依頼し、慣れてきたら大量発注すると外注先とも上手に付き合えるでしょう。

 

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?