記事ライティング代行サービス活用のメリット・デメリット

スマートフォンやパソコンなどの普及率が9割を超え、“情報はネット検索で入手する”のがあたりまえの時代になってきました。

企業などの運営者側は、集客のためにICT((情報通信技術))を活用するのが必須となりましたが、なかなか思ったようにアクセス数を増やせないといった悩みをお抱えの方も多いのではないでしょうか。

TwitterやInstagramなどのSNSで興味を持ってくれたユーザーをWebサイトへ誘導し、さらに理解を深めてもらうとしても、そこに「期待通り」、または「期待を超えたコンテンツ」がなければファンは獲得できません。

裏を返せば、ユーザーニーズを満たした良質なコンテンツがそろっていれば、リピート訪問も増え、最終的にサービスの利用や製品の販売などの利益につながると期待できるということです。

このページでは、記事作成をその専門ノウハウをもった業者へ外注すること、つまりライティング代行を依頼したことによって得られる具体的な効果やおすすめの代行サービスをご紹介したいと思います。

ライティング代行を依頼するメリット

コラムやブログなどのライティングを外注することで、Webサイト内コンテンツの充実やSEOに強い記事によって検索エンジンで上位表示されることなどが期待できます。具体的にご説明しましょう。

SEO対策による上位表示が期待できる

多くのライティング代行サービスはSEO対策へのノウハウがあるため、GoogleやYahooなどの検索エンジンで上位表示が期待できます。その結果、興味を持ったコアなユーザーを捉えやすくなり、サイトへの訪問数が増えることによって最終的に製品販売やサービス利用などの利益につながると期待できます。

上位表示されるには、情報の質の高さやコンテンツ数の充実も大きな指標となりますが、単に新しいコンテンツを増やすだけでなく、過去コンテンツの改善などを依頼するのもおすすめです。

効率よくコンテンツ数を増やすことができる

どれほどSEO対策が優れていても、1つのサイトにある情報量が一度で読めてしまう程度のボリュームであれば、リピート訪問は難しくなります。2018年観光関連Webサイト年間閲覧者数ランキングにおいても、成功要因は閲覧者のターゲティングとコンテンツの充実だとされています。

ライティング代行によってコンテンツ数が増えれば、サイト内の情報量が多くなり、さまざまな情報が得られるサイトだと認識されます。その結果、一度訪れた人も新しい情報を求めて再度訪れてくれると期待できるでしょう。

ライティング代行サービスでは、短期間に大量の発注も可能であるため、少しずつコンテンツ数を充実させていくのに比べて早い段階で効果を実感できることが多いようです。

ライティング代行を依頼するデメリット

費用がかかる

これまで自社でこなしていたライティング業務を外注するということは、これまでは発生しなかった費用が必要になるということです。代行サービスによって価格設定は1文字0.5円~5円以上と幅があり、その費用対効果がいかほどのものなのか判明するまで数カ月から1年ほどかかることもあります。

もちろん効果があれば、価値は高いものとなりますが、スキルの低いライティングであれば、自社の業務内容を熟知した人が書いたほうが効果的な場合もあります。

ライターのオペレーションが難しい

自社の業務に携わっていない人がライティングすることになるため、ニーズに合った記事を書いてもらうためのオペレーションが難しいというのが現実です。

ライティングスキルがあっても、記事の方向性が違っていることもあり、そのために着地点を明確にしたり、自社の目標を明確にしたりと、ライティングが軌道に乗るまで時間がかかることもあります。

ライティング代行を依頼する際のポイント

社外にライティングを依頼するということは、自社の製品やサービスについて知識のない人が自社サイトのコンテンツ作りに参加することになります。

サイト構築の目的はコアユーザーを取り込むことなので、ユーザーのニーズに合った価値のあるコンテンツに仕上げる必要があります。そのために押さえておきたいポイントをご紹介しましょう。

ペルソナを設定しユーザーを絞り込む

2018年観光関連Webサイト年間閲覧者数ランキングにおける成功要因のひとつ、“閲覧者のターゲティング”、つまりペルソナを設定することは、記事などのコンテンツ作成においてとても重要です。

ペルソナとは、この場合コアユーザーを意識した架空の人物のことです。Webサイト閲覧者と仮定した具体的な人物像をつくることで、記事の方向性が分かりやすくなるため、依頼者側とライターとの認識のずれが少なくなります。

ペルソナは性別・年代・趣味嗜好だけでなく、職業や性格、将来の展望など細かく設定されることもあれば、複数設定されることもあります。ただ、あまり細かく絞りすぎても対象を狭くしてしまう場合があるので、自社のサービスを必要としているのはどういう人なのか、これまでの顧客データを分析するなどして見極めるようにしましょう。

また、ペルソナ設定のための分析についても依頼できる場合があるため、相談してみるといいでしょう。

着地点を明確にする

構成から考察まですべて外注先に丸投げしてしまうと、完成したものが予想とまったく違う仕上がりになる場合があります。

もう一度やり直すと、その分の費用も上乗せされるため、事前にしっかりと着地点を指示しておくことは重要でしょう。自社のサービスとかけ離れた記事になると、それは意味のないものになってしまいます

たとえば工務店などの場合、キーワードだけを頼りに自社で推奨していない資材などを紹介すると、サイトを閲覧した人はその工務店ではその資材が使用されるものだと思い込んでしまいます。

理想的なのは運営者側が生の声を発信することなので、できるだけ推奨する製品やサービス、着地点を毎回明確にしておくことは大切です。

あるいは、自社のポリシーなどが記された資料や動画をあらかじめ渡しておくなど、その記事の目的や、自社の目標を示すものを共有しておくといいでしょう。

ライティング代行会社の選定ポイント

ライターといっても、すべての人に出版や編集などの経験があるわけではありません。クラウドソーシングなどの場合、何の経験もない人が記事を書くこともあります。

ライティング代行サービスを選ぶ際に気をつけたいポイントについてご紹介しましょう。

SEOやライティングのスキル

具体的にどの程度のスキルがあるのか、品質に納得してから依頼することはできるのかなどは、重要なポイントです。実際にどの程度の実績があって、SEOやライティングのスキルがどの程度なのか、公式サイトなどで実績を公開しているか、テストライティングなどができるかどうかなど、事前に確認しておきましょう。

導入することによって、実際の訪問者数やサイト周遊率などにどれほどの変化が得られたかということが明記されていれば、なおいいと思われます。

また個人に依頼する場合、その人が過去に書いた記事や運営するサイトなど、具体的なスキルが分かるものを提示してもらうと安心です。

依頼範囲などニーズに合わせた柔軟な対応が可能か

依頼する範囲がガチガチに決められていないか、時と場合によって柔軟に対応できるかも事前に確認したほうがいいところです。

業者によっては、しっかりとした構成案や資料の用意が必要であったり、校正は作業に含まれなかったりといったこともあるかもしれません。あまりにも依頼者側の負担が大きいと、ライティング代行を依頼するメリットが少なくなると考えられます。

もちろんある程度の指示は必要ですが、資料集めやリサーチ、校正、公開作業などまで含まれるか、またはSNSで該当ページへ誘導したい場合などにその原稿も作成できるかなど、希望をはっきりさせて、自社のニーズに合った柔軟な対応が可能かも確認しておきたいとですね。

ライティングのみ代行や、キーワードリサーチの段階から依頼できるもの、過去コンテンツのリライトやサイト改善対策まで依頼できるものなど、複数のプランからニーズに合わせて選べる業者もおすすめです。

価格設定が明確で相場から大きく外れていないか

価格設定についても、どの依頼範囲でこの金額といったように明確であるか、それが相場から大きく外れておらず依頼に対して妥当な額であるかについては必ず押さえておきたいポイントです。

相場としては1記事1,000円~5,000円以上と幅がありますが、1文字1円以下などの設定はかなり安く、実績のあるライターではなくクラウドソーシングなどで募集されたライターである可能性もあります。

逆に1文字5円以上などの高額設定だと、校正やチェックはもちろん、ワードプレスなどへの入稿やSEO対策の徹底、その後のアクセス推移や改善案の提出などのフォローまで組み込まれていることが多いでしょう。

しっかりとした校正や管理がされていれば経験の少ないライターであっても問題ない場合も多いですが、依頼する業務についての価格は必ず事前に明確にしておきましょう。

組織の体制

記事に対するヒアリングから、ライティングまでどのような体制で行われるのかも注意しておきたいポイントです。専任ディレクターが最初から最後までとりまとめているなどが理想的ですが、ヒアリングする人とライティングする人、校正する人などが別々に対応する場合などは、途中で軌道が外れてしまう恐れもあります。

当初の目的が校正者まで共有されるかなど、管理体制についても確認しておきましょう。

おすすめのライティング代行サービス①対応範囲が広い

以上の点を踏まえて、依頼したいライティング代行サービスを絞ってみましょう。まずは、幅広い対応ができる業者をご紹介します。

驚異のリピート率97%「HELP YOU」

©https://help-you.me/
「HELP YOU」では、専門のスキルを持ったアシスタントが、チーム制でさまざまな業務に対応します。ブログやコラムのライティングはもちろん、メールマガジンやSNS投稿の原稿作成、リサーチや校正も月額定額料金制で請け負います。またプランによっては、画像加工やデザインなど、クリエイティブな業務も可能です。

さまざまな業種や職種の経験者がそろっているため、契約時間内であれば、ライティング以外の業務に対応できることも大きなポイントです。

月30時間8万円~とリーズナブルな料金体制、1人分以下の人件費で幅広い業務がまかなえると好評を得ています。

HELPYOU公式サイト

今後に活かせるノウハウの提供も「シナジーマーケティング株式会社」

©https://www.synergy-marketing.co.jp/
メールマガジンを主としたライティング代行事業を展開している「シナジーマーケティング」では、キャッチコピーやブログ・コラムなどのWebコンテンツのライティングも可能です。単なるキーワードに沿ったライティングでなく、戦略と成果をセットと考えた文章を提供、検索エンジンにヒットしやすい記事作成で、潜在ユーザーの発掘に貢献します。

このほかにも、メールマガジンの発信により、コアユーザーの維持や休眠ユーザーの復帰などまで幅広くサポートします。

また単なる記事の納品ではなく、考え方などの「使えるノウハウ」も提供されるため、ゆくゆくはそのプロセスを自社のスキルにすることも可能です。

シナジーマーケティング株式会社公式サイト

おすすめのライティング代行サービス②価格が安い

ライティング代行サービスを利用するにおいて、価格も重要な要素のひとつです。比較的リーズナブルなライティング代行サービスをご紹介します。

費用面も管理面も満足「ZETTON(ゼットン)」

©http://www.writing-zetton.com/
1文字0.7円~というリーズナブルさでありながら、納期管理やチェックなどは専任ディレクターが行うという、費用面でも管理面でも優れている「ZETTON」。大量発注はもちろん、1記事からでも発注できるという融通が利くライティング代行サービスです。

コラムからブログ、クチコミや体験談など幅広いライティングを依頼できます。コピーチェックや校正なども一貫して行われるため、依頼側の手間もかかりません。

無料で1記事作成という独自のサービスもあり、事前に品質が確認できるのもおすすめポイントです。

ZETTON公式サイト

企業を通さず手軽に依頼「coconala(ココナラ)」

©https://coconala.com/categories/372
人気のクラウドソーシングサービスで、企業を通さず、手軽にライターと直接やりとりできるのが特徴です。中間マージンが発生しないため、安価で記事が依頼できます。

その分、安定した品質の記事が保てなかったり、納期が守られなかったりする懸念はありますが、誠実で腕の良いライターにめぐり合えれば、もっともコストパフォーマンスの高い依頼先だといえるでしょう。

coconala公式サイト

おすすめのライティング代行サービス③実績がある

コンテンツづくりにもっとも重要なのは、やはり品質です。どれほどキーワードを盛り込んでも、それが価値ある情報でなければユーザーは離脱します。確かな実績を誇るライティング代行サービスをご紹介します。

月間3,000記事の納品実績「かくたま」

©https://cakutama.com/
創業以来10年以上SEO対策に注力してきたサイトエンジン株式会社が運営する「かくたま」は、2016年よりライティング代行事業を開始、わずか数年で月間3,000記事の納品実績を誇っています。

専任ディレクターが詳しいヒアリングによって課題を浮き彫りにし、解決策を提案します。企画から納品まで一括管理で行われるため、途中で軌道が外れにくいのもポイントです。

業界随一の校正者数と独自のコピペチェックなどで記事の品質を保ちます。確かな技術でサイトの評価をアップし、クライアントの利益につなげる高品質なコンテンツづくりが好評を得ています。

かくたま公式サイト

SEOに強くアクセス38倍の実績も「記事作成代行Pro」

©https://article-pro.com/
株式会社ブリジアが運営する「記事作成代行Pro」は、SEOに特化したライティング代行でアクセス数を38倍にした実績や、検索エンジンで1位表示された実績など具体的な結果を公開しています。

指定したキーワードに基づいた記事代行から、キーワード選定・アクセス調査などによるサイト改善の提案まで、目的に応じて得られるプランを4つ用意、確かな品質とSEOに特化したコンテンツづくりでコアユーザーを獲得します。

また、ワードプレス入稿やプラグイン設定、記事内画像挿入、記事内装飾設定などのオプションも充実しているため、よりユーザーに見やすく上位表示されやすいサイトを実現できます。

記事作成代行Pro公式サイト

まとめ

Webサイトを充実させることは、数万単位のユーザーに一度にアプローチできる効率的な営業活動であるといっても過言ではありません。

どれほど良質なコンテンツであっても、検索エンジンで上位表示されなければユーザーの目に留まることはありません。そのためには、ターゲティングとSEO対策、価値のある情報の提供が必要です。

ICTが必須となった現代では、Web上で良質なコンテンツを発信することが何よりの広告宣伝効果を発揮するともいえます。ライティング代行サービスを利用することでWebサイトを充実させれば、効率的に集客し利益につながる未来が数カ月後に待っているかもしれません。

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?