ライティング代行サービス11選!後悔しない業者選びのポイント解説

情報があふれている時代だからこそ、オウンドメディアには良質なコンテンツが必要。
コンテンツマーケティングに力を入れるなら、プロのライターにライティング代行を依頼するのが賢い選択です。

読み手を意識してSEO対策が施された記事なら、これまで以上に多くの人にWebサイトを見てもらえるようになることでしょう。
また、これまでは社内で行っていたライティングをアウトソーシングすることで、企業本来の業務に注力する余裕が生まれるという、うれしい作用もあります。

ここでは、ライティング代行サービスに依頼できることや選び方、メリットやデメリットについて解説します。
さらに、11のライティング代行サービスをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ライティング代行サービスとは

ライティング代行サービスとは、企業に代わって記事の執筆を行うサービスです。
このサービスを大きくわけると、ライティング専門業者とクラウドソーシングの2種類があります。目的や予算に応じて選ぶことが必要です。

ライティング専門業者の場合

ライティングだけでなく記事作成に関わる業務全般を担うのが、ライティング専門業者です。
ライティング専門業者では、専任のディレクターがライターの募集・選定から納品までを管理。ライティング以外の業務の手間も省けます。

また、ライティング専門業者に在籍するライターは、記事の質が高いのもメリットのひとつ。
記事のクオリティを保証するため、テストライティングの結果から基準をクリアしたライターを採用していたり、ライティング指導を行っている業者もあります。
さらに、多くのライターが在籍しているため、大量の案件を依頼することも可能です。

クライアントとの窓口は専任のディレクターであるため、複数の案件を依頼する際も複数のライターとのやり取りは不要。依頼から納品まで安心して任せることができそうです。

クラウドソーシングの場合

クラウドソーシングはWebを介して、仕事を依頼したい人と仕事を受けたい人とを直接つなぐサービスです。
代表的なクラウドソーシングサービスに「クラウドワークス」や「ランサーズ」が挙げられます。

ライティング代行に特化したクラウドソーシングサービスは、直接ライター個人に依頼してやりとりをするため、レスポンスが早いのが特徴。また、専門業者に比べてコストが抑えられる点もメリットだといえるでしょう。

しかし、ライティングの質には注意が必要な場合もあります。ライターになるには特別な資格は必要なく、本人がライターと名乗るだけでなれるもの。そのため、依頼する相手に執筆経験や実績があるかどうかを見極めることが必要です。

ライティング代行サービスに依頼できること

ライティング代行サービスによっては記事の執筆に限らず、さまざまな業務を依頼することもできます。

SEOコンテンツ

オウンドメディアを充実させたいものの、自社では企画が思いつかないことやノウハウがなくて困ることもあるでしょう。
SEO記事のノウハウを持ったライティング代行業者なら、アップデートを繰り返すGoogle検索アルゴリズムの最新情報にも対応したSEOコンテンツの作成から任せられます。

ユーザーが検索するであろうキーワードの選定や、記事内容の企画、競合を調査。これらに基づいて、記事を作成します。

SNS投稿

InstagramやTwitter、FacebookなどのSNSコンテンツ作成や投稿を代行します。
SNSマーケティングのノウハウを活かした新コンテンツの作成も可能。投稿記事や画像の作成、ハッシュタグの選定だけでなく、コメントの確認や返信、レポーティングや効果測定までSNSの運用全般を任せられるサービスもあります。

プレスリリース

メディアや消費者の目に留まるプレスリリースのライティングも依頼できます。商品やサービスなどの魅力をシンプルかつニュース性を持たせて伝えられるのは、プロだからこそ。
プレスリリースのライティングだけでなく、配信先メディアの選定やPR活動計画のアドバイスなど、プレスリリースに関わる総合的な業務を任せられるサービスもあります。

メルマガ

メールを読んでもらえるかどうかは、文章力にかかっているといっても過言ではありません。メールマガジン用文章の作成をプロに依頼することで、自社の製品やサービスの魅力が伝わり、メルマガの効果が飛躍的にアップすることもあります。
メルマガ執筆の代行に限らず、配信相手に応じて効果的な曜日や時間などをリサーチし、配信まで請け負ってくれる業者も。自社で手の回らない工程だけを依頼することも可能です。

ホワイトペーパー

オウンドメディアをより強化させるのが、ホワイトペーパーです。自社の製品やサービスにより興味を持ってもらえるホワイトペーパーを活用できれば、潜在顧客や見込み顧客の獲得にもつながります。

企業のホワイトペーパーの例を挙げると、サービスのカタログや導入事例・実績、レポート、ガイドブックなど。
目的にあわせたターゲットの設定やコンテンツの企画、ライティング、デザインだけでなく、効果測定まで任せられる業者もあります。

LP(ランディングページ)

顧客が最初にアクセスするLP(ランディングページ)も重要。わずか1ページの中で顧客にアクションを起こしてもらうという目的を達成するためには、セールスライティングの質がものを言います。

また、パソコンだけでなくスマートフォンからも見やすいレイアウトやデザインにも気をつかう必要があるため、デザインも任せられる業者に依頼すると安心です。

ライティング代行サービスの選定ポイント

ライティング代行に興味はあっても「どのようなサービスを選べばいいのか分からない」という方も多いのではないでしょうか。
ここでは、ライティング代行業者を選ぶ際のポイントを解説します。以下の点を意識して、ぜひ自社に合った業者選びの参考にしてください。

ライティングのスキルや実績はあるか

ライティング代行サービスにどの程度のスキルや実績があるのか、品質に納得してから依頼できるかどうかは、重要な選定ポイントです。
公式サイトなどで実績を公開しているか、テストライティングができるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

ライティング代行サービスを導入したことで、実際の訪問者数やPV数、CV(コンバージョン)率などにどれほどの変化や影響があったかが明記されていれば、なお良いでしょう。
クラウドソーシングで個人に依頼する場合も同様に、そのライターが過去に書いた記事や運営しているサイトなど、具体的なスキルや実績が分かるものを提示してもらうと安心です。

自社コンテンツと相性が良いか

自社コンテンツの分野にあったライターが在籍しているかどうかも、ライティング代行業者を選ぶ際の重要なポイントです。

例えば、依頼したい記事が専門性の高い分野の場合、業者によっては対応できなかったり、質の低い記事になる恐れもあります。
特にGoogleでは「YMYL(Your Money or Your Life)」=お金や健康などに関わる分野の記事に関して、専門家が監修した質の高い記事を評価する傾向にあり、これらの分野の記事を依頼する場合は注意が必要です。

ライターにも専門分野や得意分野があるため、自社コンテンツに合った記事を作成してくれるライターを選定する、もしくは専門家が監修してくれるサービスを選ぶことが重要です。

依頼できる作業範囲が明確か

どこからどこまでの作業を業者に依頼できるのか、作業範囲も事前に確認したほうがいいでしょう。
業者によっては依頼者側で構成案や資料の用意が必要であったり、校正は作業に含まれなかったりということもあるかもしれません。

あまりにも依頼者側の負担が大きいと、ライティング代行を依頼するメリットがなくなってしまいます。
どこからどこまでの作業を依頼するかを事前にしっかりと決めておき、そのニーズを満たしてくれる業者を選びましょう。

ライティングのみの代行や、キーワードリサーチの段階から依頼できるもの、過去コンテンツのリライトやサイト改善対策まで依頼できるものなど、複数のプランからニーズに合わせて選べる業者もおすすめです。

価格設定は明確か

価格設定についても「どこからどこまでの作業範囲で、この金額」ということが明確か、それが相場から大きく外れていない妥当な金額かどうかは、必ず押さえておきたいポイントです。

記事制作の費用は業者によって幅がありますが、「1文字1円以下」などの設定は相場から見るとかなり安いため、実績のあるライターではなくクラウドソーシングなどで募集された初心者ライターである可能性もあります。

反対に、1文字5円以上などの高額設定の場合、校正はもちろん、ワードプレスなどへの入稿やSEO対策の徹底、その後のアクセス推移や改善案の提出などのフォローまで組み込まれていることが多いでしょう。

業者側のディレクターによってしっかりとした校正や管理がされていれば経験の少ないライターであっても問題がない場合も多いですが、依頼する作業の価格設定や相場は必ず事前に確認しておきましょう。

ライティング代行サービス【専門業者編】

会社や商品の魅力を顧客に伝えるためには、プロにライティングを依頼するのがベストな方法。ライティング代行専門業者に依頼すると、専任のディレクターがライターや記事の品質管理を請け負ってくれるのもメリットのひとつです。

ここでは、7つのライティング専門代行サービスについてご紹介します。

HELP YOU

オンラインアウトソーシングサービスのHELP YOU」では、さまざまな専門スキルを持った人材がクライアント企業をサポートしています。

ライティング代行においては、クライアント企業との窓口となる専属ディレクターが案件にマッチするライターを選出。クライアント側で毎回ライターを選んだり、細かい作業指示に時間を取られたりといった手間が省けます。

ライティングの他にもデザインやマーケティングなど、さまざまな専門スキルを持ったメンバーがチーム制で業務にあたるため、ライティングの代行だけでなくコンテンツ制作を一括して依頼することも可能です。

【特徴】
・ライティング代行以外の業務も依頼できる
・月30時間/10万円(税抜)~というリーズナブルな料金体制で幅広い業務がまかなえる
・アシスタントがチーム制でサポートするため、業務が滞る心配もなし

HELP YOUのライティング代行事例

あるクライアントから自社イベントのレポート記事制作の依頼を受け、HELP YOUがライティングを代行した事例をご紹介します。

HELP YOUに依頼することで、それまで自社で行っていた事前準備と原稿作成、公開後の確認作業という3工程の削減に成功。そのうえ、レポート記事のクオリティも上がりました。

記事作成を外注するための打ち合わせは、自社でライティングを行う際には不要なことも多く、一見すると工程が増えているようにも感じられます。
しかし、他社のスタッフに自社イベントの詳細を伝えることで、クライアント側でもイベントに対する理解が深まったというメリットがあったようです。

それまでレポート記事制作に要していた4時間のうち、HELP YOUに依頼することで業務時間を2時間30分も削減することに成功。削減した時間を他のコアな業務に充てることができ、事業の幅が広がったと喜ばれています。

 

Buildup

SEOに強いライティング代行を行っているのが、「Buildup(ビルドアップ)」です。これまでに1万記事を超えるライティング代行の実績があり、サイトへの平均アクセス数は450%もアップしたという結果を残しています。顧客満足度も98.4%と高く、信頼のおけるサービスだと言えるでしょう。

Buildupの強みはSEOコンサルティング。ノウハウを持っているため、SEO対策が施された高品質な記事を提供しています。
SEO経験の豊富なディレクターが、事前のリサーチから記事構成を担当。ライティングを代行するのは、採用率10%以下という狭き門をくぐり抜けたライター陣です。

【特徴】
・文字数に関係なく、1記事5万円~の記事単価制

サグーワークス

サグーワークスは企業とライターをつなぐ記事作成代行サービスです。在籍しているライターは289,060人(2022年1月24日現在)。ライターはランクごとに分けられているため、案件の内容や予算に応じてライターのランクを選ぶことができます。
サグーワークス独自のライティングテストに合格し、品質が保証されたプラチナライターを指定することも可能。より高品質な記事作成が期待できます。

【特徴】
・希望に合わせて2種類のプランから選べる
・希望の文章レベルに合わせてライターのランクが選べるため、ライター選別の手間が不要
・ライターのランクに応じて単価が変動
・コピペや誤字脱字などの品質チェックも任せられる

YOSCA

「YOSCA(ヨスカ)」は、紙媒体・Web媒体の記事に限らず、書籍やメルマガ、SNSなどの文章コンテンツの制作代行を一手に引き受けている編集プロダクションです。
案件ごとに担当編集者がつき、ライターの選出はもちろん企画から取材先へのアポ、記事の構成作成、ライティング、校正、修正まで任せることができます。
会社創業時からライター育成にも力を入れており、7,000人以上のライターデータを保有。案件にマッチしたライターにライティングを依頼することが可能です。

【特徴】
・要件のヒアリング、編集者とライターの編成に関わる初期費用10,000円が必要
・1文字5円~(1記事が2,500文字を超える場合は1文字6円~)と、1文字8円~の上位プランから選べる文字単価制
・SEOを意識した構成案の作成は1本あたり7,000円~の別料金
・10本未満の依頼なら早くて1週間、10~20本の場合は早くて2週間の納品

zetton

プロのライターに依頼するとコストがかさむというイメージを払拭するのが「zetton(ゼットン)」です。価格は1文字0.7円~とリーズナブルでありながらも、専任ディレクターが納期管理や品質チェックまで行う手厚さです。

コラムやブログ記事、商品説明記事、口コミや評判、体験談、リライト記事など幅広いジャンルに対応が可能。
zettonの独自ツールと目視のダブルチェックにより、他のサイトと似た文章がないか、文章が不自然でないか、誤字脱字がないかなど、品質チェックまで行います。

翌日の納品も可能であり、ライティング代行専門業者でありながら、クラウドソーシング並みのスピーディーさがあります。
1記事なら無料で作成してもらえるため、依頼前に品質が確認できるのも安心できるポイントです。

【特徴】
・1文字0.7円~の文字単価制
・1記事からの少量発注だけでなく、1,000記事以上の大量発注も可能
・最短翌日納品も可能

かくたま

創業以来13年以上、SEO対策に注力してきたサイトエンジン株式会社が運営する「かくたま」。2016年よりライティング代行事業を開始しており、今では月間平均645記事、累計21,077記事の納品実績を誇っています。

専任ディレクターが詳しいヒアリングによって課題を浮き彫りにし、解決策を提案。企画から納品まで一括管理で行われるため、途中で軌道が外れにくいのもポイントです。
業界随一の校正者数と独自のコピペチェックなどで記事の品質を保ちます。確かな技術でサイトの評価をアップし、クライアントの利益につなげる高品質なコンテンツづくりが好評を得ています。

【特徴】
・医療や法律など幅広い業界に対応
・マーケティング担当者による記事構成案の作成
・ライターだけでなく、デザイナーやSEO担当、監修者、校正者など、最少でも4名のチームでコンテンツを作成

記事作成代行Pro

株式会社ブリジアが運営する「記事作成代行Pro」は、SEOに特化したライティング代行サービスです。アクセス数を38倍にした実績や、検索エンジンで1位に表示された実績など具体的な結果を公開しています。

指定したキーワードに基づいた記事代行から、キーワード選定・アクセス調査などによるサイト改善の提案まで、目的に応じて得られる4つのプランを用意。確かな品質とSEOに特化したコンテンツづくりでコアユーザーを獲得します。

また、ワードプレス入稿やプラグイン設定、記事内画像挿入、記事内装飾設定などのオプションも充実しているため、よりユーザーに見やすく上位表示されやすいサイトを実現できます。

【特徴】
・SEO特化型の相場からすると安価な1文字3.5円~のプランあり
・SEOのノウハウを持つだけでなく、検索1位の実績を持つライターが在籍
・ディレクター、ライター、校閲者の3名体制で記事を作成

ライティング代行サービス【クラウドソーシング編】

インターネット上で自社の業務を不特定多数の人にアウトソーシングできるのがクラウドソーシングです。
外注したいライティング業務の情報をネット上で募集したり、仕事を受注したいライターの情報を見て依頼をしたりと、業務委託に至るまでの方法はさまざま。ここでは、4つのクラウドソーシングサービスをご紹介します。

クラウドワークス

国内シェア、取引額、ユーザー数のいずれも国内ナンバー1を誇るのが「クラウドワークス」です。443万人ものクラウドワーカーが登録しているため、募集した業務に応募が来るまで最短で1分というスピード感があります。

依頼したい業務を公募するほか、ライターに直接依頼することも可能。フリーランスや副業をはじめとする個人への発注はもちろん、クラウドワークス公認のパートナー企業への依頼ができるサービスも。

【特徴】
・発注金額はプランや案件により要相談。記事作成なら1記事あたり2,000円~が相場
・クラウドワークスの基準を満たした信頼できるプロクラウドワーカーにも指名料0円で依頼が可能

ランサーズ

満足度、運用実績ナンバー1の「ランサーズ」では、ライターに秘密保持やセキュリティ対策を徹底しているため、安心して業務を依頼できます。インターネット上でのやりとりだけでなく、対面や電話対応が可能なライターも多数在籍しており、コミュニケーションがとりやすいのもポイントです。

プロフィールから条件を絞ってライターを探したり、ライターが公開しているサービス内容を見て相談や発注するほか、ランサーズによるライター選出の代行も。ライターだけでなくディレクターやデザイナーなど、複数の人材でチームを作ることも可能です。

【特徴】
・1文字0.5円~5.0円が相場
・独自のランクがあり、案件に応じたライターを選ぶことができる

Shinobiライティング

「Shinobiライティング」は、ライティング専門のクラウドソーシングサービスです。50万人を超えるライターが登録しており、さまざまなジャンルの案件を依頼が可能。月間で290万本を超える記事の納品実績を誇ります。
業界最高水準のコピペチェックシステムがあり、リーズナブルな価格にも関わらず品質チェックまで任せることができるのが特徴です。

【特徴】
・1文字1円の文字単価制
・100記事を最短3日で納品可能

ココナラ

ココナラは人気のクラウドソーシングサービスで、企業を通さず手軽にライターと直接やりとりできるのが特徴です。
安価で記事が依頼できる分、安定した品質の記事が保てなかったり、納期が守られなかったりする懸念はありますが、誠実で腕の良いライターにめぐり合えれば、もっともコストパフォーマンスの高い依頼先だといえるでしょう。

【特徴】
・公開した案件への応募者に依頼する方法と、ライター情報から選んで依頼する方法がある
・サービス購入前に見積もりを依頼することも可能
・サービスの販売実績や購入者の満足度を独自の基準で評価して表示されているので、依頼の際に参考にできる

ライティング代行のメリット・デメリット

コラムやブログなどのライティングを外注することで、Webサイト内コンテンツの充実やSEOに強い記事によって検索エンジンで上位表示されるなどのメリットが期待できます。
しかし、メリットがある一方でデメリットがあるのも否定できません。具体的にご説明しましょう。

メリット1.SEO対策による上位表示が期待できる

多くのライティング代行サービスはSEO対策へのノウハウがあるため、GoogleやYahoo!などの検索エンジンで上位表示が期待できます。
その結果、興味を持ったコアなユーザーを捉えやすくなり、サイトへの訪問数が増えることで、製品販売やサービス利用などの利益につながることが期待できます。

上位表示されるには情報の質の高さやコンテンツ数の充実も大きな指標となりますが、単に新しいコンテンツを増やすだけでなく、過去コンテンツの改善などを依頼するのもおすすめです。

▼あわせて読みたい

SEO対策を外注するなら知っておきたい基礎知識【チェックリストあり】

メリット2.効率よくコンテンツを増やせる

どれほどSEO対策が優れていても、1つのサイトにある情報量が一度で読めてしまう程度のボリュームであれば、リピート訪問は難しくなります。
2018年観光関連Webサイト年間閲覧者数ランキングにおいても、その成功要因は「閲覧者のターゲティング」と「コンテンツの充実」とされています。

ライティング代行によってコンテンツ数が増えれば、サイト内の情報量が多くなり、さまざまな情報が得られるサイトだと認識されます。その結果、一度訪れた人も新しい情報を求めて再度訪れてくれるでしょう。

ライティング代行サービスでは、短期間に大量の発注も可能なため、少しずつコンテンツ数を充実させるのに比べて早い段階で効果を実感できることが多いようです。

メリット3.コア業務に集中できる

自社で行ってきたライティング業務をアウトソーシングすることで、スタッフの負担が減り、本来の業務に注力できる余裕が生まれます。

ライティング代行によって質の高いコンテンツが充実すれば、Webサイトへの訪問が増え、サービスの利用や製品の販売につながることは先述しました。
その上でコア業務に集中できれば、コンテンツの充実によって増えた業務量にも対応が可能になるだけでなく、さらに新しいサービスや製品を生み出すための余裕も出てくることでしょう。

 

デメリット1.費用がかかる

これまで自社で行っていたライティング業務を外注するということは、これまでは発生しなかった費用が必要になるということです。
代行サービスによって価格設定は1文字0.5円~5円以上と幅があり、その費用対効果がいかほどのものなのかが判明するまで、数か月から1年ほどかかることもあります。

もちろん効果があれば価値は高いものとなりますが、質の悪いライティング業者に依頼してしまった場合、自社の業務内容を熟知した社内の人間が記事を書いたほうが効果的な場合もあるでしょう。

デメリット2.ライターへの指示が難しい

ライティング代行を依頼するうえでのデメリットは、ライターに「どのような記事を書いてもらいたいか」を正確に伝える難しさも挙げられるでしょう。
自社の製品やサービス内容を熟知した社内のスタッフであれば説明不要ですが、外注するとなればそうはいきません。ましてや、大量の案件を複数のライターに依頼するときはなおのことです。

その点、ライティング専門業者なら、専任のディレクターに一切の作業を任せられることも。ディレクターと打ち合わせを行ったあとは、ライターへの指示や品質管理を任せられるので安心です。

ライティング代行のまとめ

良質なWebサイトには広告宣伝効果があり、効率的に集客することができます。だからこそ、ユーザーの目に留まるコンテンツ制作が必要。その点で、プロにライティング代行を依頼するのは非常に効果的な方法です。

ライティング代行サービスの利用はWebサイトを強化するだけでなく、コストを抑え、企業本来のコア業務に集中する余裕が生まれるという、うれしい作用をもたらします。

さまざまなライティング代行専門業者やクラウドソーシングサービスがあるため、ライティングを含むコンテンツ制作を依頼するのか、ライティングのみを依頼するのかは、目的や予算に応じて柔軟に選びましょう。

▼あわせて読みたい

「 絶対に助けてもらえる安心感。HELP YOUのサポートも含めて、ひとつのチーム」 ガイアックスSOC事業部 吉田さん

【最新版】ライティング外注の注意点とよくある質問まとめ!おすすめ外注会社も紹介

マーケティング作業はHELP YOUへ

マーケティング作業に追われていませんか?


「作業が立て込み、パンク寸前…」
「作業効率を上げる方法がわからない…」


HELP YOUはマーケティング作業に追われて、お困りの皆様を迅速にサポートいたします。

HELP YOUの3つの特徴


HELP YOUはオンライン上での業務代行だから、

【特徴1.】直接雇用や人材派遣と比べて圧倒的に費用が安い!
業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間もコストもかかりません。

【特徴2.】働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数在籍!
人材が担保されているので、長期的な業務依頼も可能です。

【特徴3.】チーム制だから複数業務のアウトソースの一括対応が可能!
専属ディレクターが付くので、複数の業務を一括で依頼をすることができます。

これまでに500以上のクライアント様に導入いただきました。
相談は無料です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

※導入費用は0円。月額費用のみで、無駄なコストは発生しません。
お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)