SEO対策を外注するなら知っておきたい基礎知識【チェックリストあり】

今やほとんどの人が日常的に利用しているオンラインコンテンツでの検索。
Webサイトを所有し、運営・管理している人は、Googleをはじめとしたインターネット検索を通じて、収益化や宣伝を強化したいと考えていることでしょう。

自社Webサイトへのアクセス数を拡大し、効果的にターゲットへアプローチするためには、SEO対策が非常に重要です

しかし、自分でSEO対策を行おうとすると、検索エンジンそのものの知識やWebサイトに関する知識、さらにはマーケティング的な視点など、幅広く専門的な知識が必要です。
また、十分な人手と時間がないとSEO対策の実施は難しく、コア業務に支障が出てしまいます

「SEO対策が大切なのは理解しているけれど、何からすればいいのか分からない」
「自分で挑戦してみたけど、成果が出なかった」

そんな悩みを持っている人のために、今回はSEO対策の基礎知識から、外注する際のステップや注意点まで紹介します。
SEO対策に悩んでいる経営者・担当者のみなさんは、ぜひ参考にしてみてくださいね。

SEO対策の基礎知識

「SEO」とは、「Search Engine Optimization」の略称で、「検索エンジン最適化」を意味します。
まずはSEO対策の基本的な情報を確認していきましょう。

SEO対策とは

SEO対策とは、ユーザーのニーズに応えるコンテンツを用意することで、できるだけ多くの人にWebサイトを見てもらえるようにするための施策です。
Webサイトの構成を練ったり、コンテンツの見直し、サイトの開発技術を改良したりして、ユーザーに質の高い情報を提供できるようにします。

SEO対策には、さまざまな施策が実施されます。そのため、必要な知識や関わる人材も多岐にわたります。
ユーザーのニーズを見極めるためのマーケティング分野、Webサイトそのものの構成を改良するシステム分野、魅力的なコンテンツを作成する企画分野など、幅広い知識と人手が必要です。

また、SEO対策が実を結ぶには、長い年月がかかります。
施策に着手してからメリットが得られるようになるまでに、4カ月から1年ほどかかるともいわれています。

SEO対策を実施する場合は、ある程度のリソースが必要だということを心得ておきましょう。

SEO対策の必要性

SEO対策の目的は、検索結果で上位に表示され、多くのユーザーにWebサイトにアクセスしてもらうこと

広告を除いたオーガニック検索結果の中で、最もクリック率が高いのは1位に表示されるページです。2ページ目・3ページ目に表示されると、ユーザーに見つけてもらえない可能性のほうが高いのです。

上位表示されることで、ユーザーがWebサイトへ訪問する確率は拡大します。
ユーザーのアクセス数が増えると、PV数が増加するだけでなく、ユーザーと自社商品・サービスとの接点が増え、コンバージョン増加も期待できます

また、各種広告と違って、SEO対策はユーザーのアクセス数に応じて費用が発生することがありません。検索結果で上位表示できれば、広告予算を投じずともコンバージョン増加につなげることも可能なのです。

自社のWebサイトが上位表示されるためには、検索エンジンがより容易にサイトをクロールし、インデックスに登録、把握できるようにしなくてはなりません。
そのために必要な施策が「SEO対策」なのです。

SEO対策の主な施策

具体的なSEOの施策は、大きく4つに分類することができます。

  • 総合的なSEOコンサルティング
  • コンテンツSEO
  • 内部SEO対策
  • 外部SEO対策

それぞれ詳しく見ていきましょう。

総合的なSEOコンサルティング

Webサイト全体を分析し、改善、検証とトータルサポートを行うのが総合的なSEOコンサルティングです。

【総合的なSEOコンサルティング】施策内容
  • 調査・分析・企画
    キーワード調査、コンテンツ企画など
  • コンテンツ作成
    キーワード選定、競合調査など
  • ライティング
    SEOライティング、ライティング指導など

Webサイトの企画にはじまり、サイトの構築・改良、コンテンツの最適化、モバイルへの対応、サイトの宣伝など、Webサイトにまつわるあらゆる作業が発生します。

また、こうした実務だけでなく、検索結果やユーザー行動の分析、SEO関連の最新情報のキャッチアップ、プロジェクト全体の進捗管理など、総合的にマネジメントしなければなりません。

Google検索セントラルブログ」では、SEOに関する最新情報だけでなく、Google検索に関するポイントも随時更新されています。ぜひ参考にしてみてください。

コンテンツSEO

Webサイトの各ページや記事によるアクセスアップをねらってコンテンツを作成する方法がコンテンツSEOです。

【コンテンツSEO】施策内容
  • コンテンツ作成
    キーワード選定、記事内容企画、競合調査など
  • ライティング
    記事作成、記事作成指導など

Googleはユーザーエクスエペリエンスの向上のために、コンテンツの質を重要視しています。Gooleからの評価を高め、上位表示をねらうには、検索キーワードに対してユーザーが求める答えが掲載されているテキストを作成することが重要です。

内部SEO対策

Webサイトそのものに対して施策を行うのが内部SEO対策です。
検索エンジンに正しくサイトを把握させ、サイトにアクセスしたユーザーが閲覧しやすいように、構成や設計を見直します。

【内部SEO対策】施策内容
  • サイト構造最適化
  • パンくずリストの設置
  • 重複ページ解消
  • 内部リンク改善  など

内部SEO対策は、施策次第でコントロール可能な対策です。
また、ユーザーの検索意図やアルゴリズムの変動が直接作用するコンテンツSEOと違って、アップデートの影響を受けにくいのも特徴です。

対策を施せば成果が上げやすい分野であるといえるでしょう。

外部SEO対策

他サイトなど外部からの評価を受け、シェアしてもらうための施策が外部SEO対策です。

【外部SEO対策】施策内容
  • 被リンク獲得
  • サイテーション(他サイトやSNS上でサイト・ブランド名などを記載していること)獲得
  • SNSの設置、運用  など

外部からのリンク獲得は、信頼性の高いWebサイトであることを証明します。検索エンジンは、被リンクやサイテーションをユーザーの支持率と判断し、良質なコンテンツと評価するのです。

また、外部からのリンクがあることによって、よりユーザーに接する機会が増えるのもポイント。ユーザーがWebサイトを発見しやすくなるため、アクセス数の増加が見込めます。

ただし、Googleは「ガイドライン」で、リンクを購入して外部対策を行うことを禁止しています。違反するとサイトの一部または全てに対して手動による対策(ペナルティ)が実施される場合があるので注意してください。

SEO対策の実施方法

次に、SEO対策の実施方法を見ていきましょう。

自社で対応する

多くの施策が必要なSEO対策ですが、全て自社で対応することが可能です。

昨今は、SEO対策に有用なツールが多数提供されています
自社Webサイトの現状を分析できるものや、サイトへのアクセス・流入解析ができるもの、効果的な検索キーワードを調べられるものなど、その数は膨大!
有料のものから無料のものまであるので、自社に合ったツールを見つけてみてください。

自社でSEO対策を行う場合は、施策に着手する前に、検索エンジンの仕組みについて理解しておくようにしましょう。

Google「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」では、SEO対策に必要な考え方や具体的な作業、ガイドラインなどが公開されています。必ず目を通してくださいね。

SEO業者に外注する

多数のSEO業者や代理店、コンサルタントでは、SEO対策に特化したサービスを提供しています。そうした対策会社に外注するのも、一つの方法です。

依頼できる施策は、対策会社によって異なります。
これまでに説明したような、総合的なSEOコンサルティングにはじまり、コンテンツSEOのみ、内部SEO対策のみなどの注文も可能です。
キーワード調査やWebサイトの開発・保守に絞った依頼もできるので、目的に合わせて業者を選ぶとよいでしょう。

また、SEOのトレーニングや、特定のマーケット・地域に関する専門知識の学習など、施策以外に対応できる場合もあります
対策会社の担当者に、何ができるのか、どういった施策が可能なのかを相談してみてくださいね。

SEO対策を外注するメリット

自社でSEO対策をするほどの人手や時間がない……
専門知識がないのでうまく進められる自信がない……

そういう場合は、SEO対策会社に外注するのも有効な手段です。

SEO対策を業者に外注するメリットを見てみましょう。

メリット1.最新のノウハウとスキルがある

SEO対策会社は、SEO施策のプロフェッショナル。SEO対策に関する専門知識やノウハウを有し、それらを活かした施策を提案してくれるのが大きなメリットです。

Googleの検索アルゴリズムは頻繁にアップデートを繰り返しています。その情報を自社で追いかけ、逐一対応するには限界があります。
専門業者であれば、常に最新の情報を把握しています。アップデートがあっても、迅速に対応してもらえるのは心強いですね。

メリット2.客観的な視点が得られる

アドバイザーとしての立場からSEO対策をマネジメントしてくれるのもうれしいポイントです。

対策会社は、これまでに蓄積した経験と専門知識をもとにWebサイトを分析し、課題・原因を発見します。渦中にいては気づきにくいことも、客観的な視点で現状を解析し、適切な提案をしてくれることでしょう。
安心してWebサイト運営を任せることができますね。

メリット3.コア業務に集中できる

SEO対策を業者に外注することで、自社社員の負担が減り、コア業務に集中できるのもメリットといえます。

効果的なSEO対策を実現するには、いくつもの施策が必要です。そして、それぞれの施策には専門的な視点や技術を要するため、それらを習得するにも時間やコストがかかります。
しかし、対策会社に外注すれば、SEO対策にかかる人員や労力は最小限に抑えられます。

その結果、本来の業務が圧迫されることなく遂行できるため、生産性も向上。
特に人手の少ない中小企業やスタートアップ企業にとって、外部リソースへの依頼は価値があるといえるのではないでしょうか。

SEO対策を外注するデメリット

反対に、SEO対策を業者へ外注するデメリットについても考えてみましょう。

デメリット1.自社にノウハウが蓄積されない

対策会社にお任せすると、自社にそのノウハウがストックされないのがデメリットです。

SEO対策は一時的なものではなく、Webサイトを運営する限り半永久的に続きます。
いつまでも対策業者に頼りきりでいると、自分たちでWebサイトの分析・改善ができず非効率的ですし、コストもかかります。

最終的にSEO対策の内製化を考えている場合は、対策会社から技能を学びつつ施策を進める必要があります。

デメリット2.コストがかかる

サービス内容や契約期間によるので一概に比較はできませんが、SEO対策を業者に外注すると、月に10万円以上のコストがかかります。施策の内容やサイトの規模によっては、なんと100万円以上かかる場合も!

SEO対策は、成果が出るまでに時間がかかります。
かけられる予算や費用対効果をよく考えて、費用のかけどころを見極めてください。

▼【SEO対策の外注にかかる費用】を詳しく知りたい場合はこちらの記事をチェック

SEO対策の費用相場はどれくらい?運用体制や施策別の目安を解説!

SEO対策は外注すべき?チェックリスト

SEO対策を業者に外注する場合のメリット・デメリットを紹介しました。

外注すべきか?自社で取り組むか?

さまざまなメリット・デメリットを勘案し、悩んでしまう人も多いと思います。
そんな方のために「SEO対策を外注するべきかどうか」のチェックリストを作ったので、確認してみてください。

3項目以上当てはまる場合は、外注がおすすめです

【SEO対策】外注チェックリスト

  自社にSEO対策に関する知識がない

  人手が足りず、SEO対策にまで手が回らない

  SEO対策に注力するあまり、コア業務に集中できていない

  SEO対策を自社で実施してみたが、効果が上がらなかった

  SEO対策の費用対効果を上げたいと考えている

Google「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」にも、SEOの専門家が必要かどうかを検討するためのヒントが掲載されています。

対策会社を利用するかどうかは、Webサイトの改善や時間の節約が見込める重要な決断です。ぜひ参考にしてみてください。

SEO対策を外注するまでのステップ

いざ外注するとなった場合、事前準備は大切です。
自社に合った対策会社を選ぶためにも、また見積もりや提案を正しく比較するためにも、外注前の備えをしっかりと行っておきましょう。

ステップ1.基本的なSEOの知識を身に着ける

SEO対策会社に依頼する前に、必ずSEOの基礎知識を身に着けておきましょう

SEO対策のノウハウがないから業者に外注するとはいえ、対策会社を賢く利用するためにも最低限の知識は必要です。検索エンジンの仕組みや、Googleのガイドラインなどは学んでおくとよいでしょう。

残念ながら、非道徳的なSEO対策会社は存在します。SEO対策の知識がないまま業者に相談し、悪徳業者に騙されてしまった場合、

  • せっかくお金をかけたのに検索順位が上がらない
  • 検索順位は上がったものの法外な値段を請求されてしまった
  • 悪質なSEO対策によって自社サイトにペナルティが課されてしまった

などのリスクもあり得ます。

Google「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」には、SEOの基本的な用語から、対策会社に外注する前に知っておきたい情報が紹介されています。ぜひ確認してみてください。

ステップ2.自社の課題を把握する

対策業者に相談する前に、自社の課題を洗い出しておくことも大切です。

Webサイトの訪問者数が伸び悩んでいることが問題なのか?
ユーザーの滞在時間が短いことが問題なのか?
問い合わせや資料請求につながらないことが問題なのか?
はたまた、社内のサイト運用体制がうまくいかないことが問題なのか?

あらかじめ改善したいポイントを整理しておきましょう。

また、課題の洗い出しと同時に、自社に関する情報も準備しておくことをおすすめします。
商材や事業紹介資料を準備し、担当者や担当部署を決めておくと、対策会社もあなたの会社のことを深く理解できるので、よりよい提案を受けることができます。

ステップ3.SEO対策の目的を定める

SEO対策の目的を定める際は、「売り上げアップ」「問い合わせ件数増加」にとどまらず、できるだけ具体的な目標を立てるようにしましょう

例えば「月間100万円の売り上げを120万円にしたい」「問い合わせ件数を10件から20件にしたい」のように、具体的な数値にまで落とし込みます。

数値目標を掲げることで、SEO対策の結果、どれくらいの売り上げ・利益の増加が見込めるかが割り出せます
利益が算出できれば、予算を決めることができます。
適切な予算が組めると、対策会社の料金を比較するときにも役立ちます。

ステップ4.ターゲットを明確にする

自社がねらっているターゲットも、今一度明確にしておく必要があります

ユーザーは、何らかのキーワードで検索してWebサイトにたどり着きます。このとき、必ずしも自社が決めた名称や単語で検索するとは限りません。

重要なのは、そのユーザーの検索意図。検索キーワードの背景を理解しておくことで、よりユーザーのニーズに合った情報を用意することができます。

ターゲットの検索意図をとらえるためにも、サイトがターゲットとしている訪問者への理解を深めておくとよいでしょう。

SEO対策を外注するときの注意点

さあ、SEO対策を業者に外注する!となった場合、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

Google「検索エンジン最適化(SEO)スターターガイド」にも、SEO対策会社の利用方法が記載されています。
せっかくコストをかけるのですから、満足のいく結果が出せるよう、対策会社や依頼するサービスはきちんと見極められるようにしましょう。

依頼する範囲を決めておく

SEO対策を請け負う業者はさまざまなサービスを提供しています。
そのため、たとえ同じ価格だったとしても、その中に含まれているサービス内容は異なります。

どの施策が自社にとって必要なのか、依頼する範囲をあらかじめ決めておくようにしましょう
何に対して料金を支払うのか」という視点を常に持つことが大切です。

業者選びは慎重に行う

世にSEO対策会社は多数ありますが、悪徳業者も存在します。外注先の業者は慎重に見極めてください

必ず相見積もりを取り、その業者の業績もしっかり確認しましょう。
過去の作業サンプルと成功事例を複数紹介してもらえるか、期待できる成果とその測定方法などを確認し、判断基準にしてください。

また、対策会社があなたのビジネスに関心を持っているかもチェックしてください。親身に対応してくれるかどうかのバロメーターになるでしょう。

▼SEO対策を請け負う【業者選びのポイント】を詳しく知りたい場合はこちらの記事をチェック

SEO業者の比較ポイントは5つ!特徴別おすすめサービス20社も紹介

業者に任せきりにしない

SEO対策の知識がなく対策会社に外注する場合、「専門家に任せておいたほうが安心だろう」と思いがちです。

SEO対策会社は、SEO対策の施策についてはプロですが、あなたの会社の商品やサービスに関してはプロではありません。
Webサイトのターゲットや構成するコンテンツなどは、対策会社と協力して戦略を練る必要があります

▼【その他の注意点や、SEO対策にありがちな失敗】はこちらの記事をチェック

【SEO】サイトの検索順位を上げるには?9つの失敗例と対策法

SEO対策を外注するなら「HELP YOU」


HELP YOUでは、キーワード選定から、構成案作成、コンテンツ作成まで、オウンドメディアのSEOコンテンツを一貫してサポートするサービスを提供しています。

HELP YOUの特長

HELP YOUは、オンライン上でお客さまの業務をサポート・代行する、業務効率化サービスです。

その中でも「HELP YOU マーケティングサポート」は、SEO対策やSNS・広告運用などのWebマーケティング分野に特化しています。
KPI設定・戦略策定から、記事入稿、広告入稿など、日々の実作業もカバー。施策に対しての成果を定期的に振り返り、次の施策へとつなげます。
マーケティングの専門家を採用費0円でアサインできる、画期的なサービスです。

【HELP YOU マーケティングサポート】の特長
  • クライアントの課題を理解し、戦略の立案から運用、コンテンツ制作まで一貫して対応
  • 優秀なオンラインアシスタントが多数在籍しているため、クライアントの課題に合わせてあらゆる業務のアウトソーシングが可能
    (※マーケティングサポートとは別途費用がかかります)

HELP YOUのSEO対策事例

実際にHELP YOUを利用して、SEOコンテンツ作成をご依頼いただいた事例を紹介します。
コア業務に割ける時間が格段に増え、業務効率の向上にもつながった」と、うれしいお声をいただきました。


■ クライアント:自社Webメディア運営会社さま

■ 依頼内容:SEOライティング

<条件>
-SEO指定キーワード3つを20回以上使用
-キーワード検索で1~10位に表示されたサイト情報を盛り込む
-3000文字以上

■ 工数比較

以前までの対応工数 HY導入後の対応工数 削減できた工数
6時間 25分 5時間35分

※お客さまのタスク:依頼、確認

■ お客さまからのコメント

「キーワード選定から校正まで一括で請け負ってもらえたので、安心して任せ、他の業務に集中することができました」

HELP YOUマーケティングサポートの料金

「HELP YOU マーケティングサポート」は、ご依頼いただく業務内容に応じて料金を設定しています。対応業務によって月ごとに料金を変更することも可能です。

▼【HELP YOU マーケティングサポート】SEO:料金プラン

 

まとめ

SEO対策の基礎知識と、外注のメリット・デメリット、外注する場合の注意点などを紹介しました。

SEO対策を業者に外注すると、最新のノウハウをもとに、客観的な視点で施策を実施することができます。また、自社の負担が減ることで、コア業務の生産性がアップするのも大きなメリットです。

「社内にノウハウがない」「SEO対策の運用体制がうまくいかない」「人手と時間が不足している」と悩んでいる人は、SEO対策会社への外注を検討してみてください

「何から始めたらいいのか分からない」「自社の課題を見つけるのすら難しい」「他社の運用には不安がある」
そんな場合は、ぜひHELP YOUにご相談ください
丁寧なヒアリングから、スペシャリストがサポートいたします。一緒にSEO対策を進めていきましょう!

HELP YOU マーケティングサポート

プロマーケターは「採用する」から「シェアする」へ


マーケティングに関して、こんなお悩みはありませんか?

「社内にノウハウや知識がない…」
「人手や時間が足りず運用体制が整わない…」
「外注しようにも、どの業者を選べばいいか分からない…」


HELP YOUでは、こうしたお悩みを抱える方に向けて「マーケティングサポート」を展開。
集客課題に応じて「SEO」「SNS」「広告」の3つのアプローチを提供しています。

HELP YOU マーケティングサポートの強み


1.SEO・SNS・広告の各スペシャリストが集結
マーケティングの専門家を採用費0円でアサインできます。

2.戦略立案から日々の運用までをトータルサポート
戦略だけ/運用だけという要望にも対応!必要な部分のみの切り出しが可能です。

3.導入費用0円で月額費用のみ
対応領域によって月ごとに料金変更もできるため、無駄なコストが発生しません。

貴社の課題と現状をお聞きした上で、最適な手段を提案、運用体制の構築までサポートします。ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください!