【最新版】ライティング外注の注意点とよくある質問まとめ!おすすめ外注会社も紹介

自社サイトのアクセスを増やすためにも、SEO対策を網羅した記事制作は必要不可欠です。

でも、ライティングを自社で行ったり派遣社員に記事制作を依頼してみると、思いのほか手間がかかるわりに質が低く、効果が出ないなどの課題が生じることもよくありますよね。

この記事では、
・ライティングを外注しようとしている方
・なかなかアクセス数を稼げず悩んでいる経営者の方

このような方に、ライティング外注について今日から使える知識を深堀りします。

目次

ライティング外注のメリット・デメリット

初めに、代行会社のライターにSEO記事制作を依頼する場合のメリット・デメリットを見ていきましょう。

ライティング外注のメリット

1.SEOなど専門性が高い記事制作が可能になる

専門知識が豊富なWebライターに記事制作を外注することで、濃い内容のコンテンツをスピーディーに制作することが可能です。

コンテンツの内容が良いと、ユーザーのインサイト(潜在的な欲求)に届く文章で共感を得ることできるので、企業としての信頼性が向上していきます。

さらに、SEOの知見があれば検索エンジンでの上位表示が可能になり、よりユーザーに情報を届けやすくなります

2.業務の効率化で生産性が上がる

素人よりも短い時間でクオリティが高い記事を量産することができるので、社員は付加価値の高い業務に専念できるのも大きなメリットです。

ライティングを外注することで生産性がグンとアップし、売り上げアップにも繋がります。

長期的視点で考慮すると、ライティング外注は費用対効果が高いと言えるでしょう。

ライティング外注のデメリット

1.信頼できる外注先をみつけることが難しい

ライティング外注のメリットは多いものの、すぐに心から信頼できるライターを見つけることは至難の業です。

ライターの方と少しずつ信頼を構築していく必要があります。

2.解釈の相違や認識のズレが生じることがある

代行サービスを利用する際に、細かく依頼内容を伝えたとしても多少の認識のズレが生じる場合があります。

納得のいく記事ができあがるまで、初めは修正などで時間を要することもあるでしょう。

ライティング外注先の種類と特徴

ライティングの外注先は、複数あります。
自分に合った外注先を見つけるために、それぞれの特徴を比較し、検討することが大切です。

ここでは、代表的な代行サービスを例に挙げました。

ライティング外注先の種類と特徴1.ライティング代行会社

ライティング代行会社では、専属のライターが執筆します。
問い合わせ後に何度かやり取りをして、見積りをもらい契約するのが一般的です。

ライティング外注先の種類と特徴2.コンテンツマーケティング会社

コンテンツマーケティング会社は、基本的にはライティング代行会社と大差ありません。

ですが、新規の記事制作だけでなく、リライトやサイト運営までマーケティングに関する幅広い業務の依頼も可能です。

ライティング外注先の種類と特徴3.オンラインアシスタント

ライティングやマーケティングのみならず、オンライン上の雑務を解消できるのが、オンラインアシスタントです。
人手不足であったり、経理などの雑務に追われてコア業務に集中できない経営者の方に人気です。

ライティング外注先の種類と特徴4.クラウドソーシング

クラウドソーシングでは、オンライン上で不特定多数の人に外注することができます。
ライター一人ひとりのスキルを見て、企業ではなく個人と価格交渉ができるのが特徴です。

ライティング外注先のメリット・デメリット【外注先別】

続いて、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ライティング外注のメリット・デメリット1.ライティング代行会社

ライティング代行会社では、条件を細かく指定して依頼することも可能なので、ユーザーファーストな記事が外注できると定評です。
ディレクターがついているケースが多く、一人ひとりのライターとやり取りする手間がないのもメリットと言えるでしょう。

しかしその分、費用は高めに設定されています。
事前に予算をしっかりと見積もってから外注することが大切です。

ライティング外注のメリット・デメリット2.コンテンツマーケティング会社

コンテンツマーケティング会社には、SEOの知識が豊富なライターが多く在籍しています。
しかし、中には文章のクオリティに問題があるところも。

依頼時に細かく指示をしたり、納品後の確認を必ず行うと良いでしょう。

ライティング外注のメリット・デメリット3.オンラインアシスタント

オンラインアシスタントは、選ばれたライターのみが採用されているのでライターの経験値が高く、スキルの幅が広いのが特徴です。
依頼範囲などニーズに合わせた柔軟な対応をしてくれるため、ライティング以外の業務依頼も気軽に相談できます。

しかし、最近はコロナの影響もあってオンラインアシスタントの外注会社が増えてきているため、比較・検討に時間がかかるかもしれません。
各オンラインアシスタント会社の特徴を知りたい方は、ぜひ下記の記事も参考にしてみてくださいね。

【最新】オンラインアシスタントの特徴・内容・価格を徹底比較|2021年度

ライティング外注のメリット・デメリット4.クラウドソーシング

クラウドソーシングの場合、料金は他と比べると安価で外注できます。

誰でも登録できるので登録者数が多い分、経験豊富なライターからライティング初心者まで幅広いスキルの人が混在しており、クオリティが不安定です。
コピペチェックの手間がかかることもあるので、信頼できるライターを見つけるまで労力を要するかもしれません。

ライティング外注の3つの注意点

外注会社を決める前に、気を付けるべき注意点を3つ解説します。

ライティング外注の注意点1.依頼内容を明確にする

記事制作の意図がきちんとライターに伝わっていないと、出来上がってきた後に最初から作り直しになることも…。
外注時に依頼内容を確実に伝えることが大切です。

ライティング外注の注意点2.レギュレーションを作成する

レギュレーションとは、仕事をするときの「ルール」のようなもの。
ライターに外注するときに、最低限守るべきルールや執筆のガイドラインなどを盛り込んだレギュレーションを作成しておくことで、記事の質が高まります。

ライティング外注の注意点3.外注先を見極める

サイトの質は、記事の質で決まると言っても過言ではありません。
外注先を見誤ってしまうと、外注費用が無駄になるだけでなく、せっかくの自社サイトの質までをも下げてしまい、ユーザーからの信頼を失う可能性があります。

代行会社を決める際は、しっかりと比較検討することが必須です。

ライティング外注の料金比較

外注先を決める大きな要因の一つは、料金ですよね。
ライティングは、執筆内容や専門性で料金が大幅に変わってきます。

ここでは、外注するときに最低限知っておくべき料金の目安を簡単にまとめました。

クラウドソーシングでは上記に手数料が追加されることがほとんどです。
月額制の代行会社もあるので、いくつか問い合わせて比較・検討すると良いでしょう。

ライティング外注のおすすめサービス

ライティング外注会社は近年、増加傾向にあります。
数が多すぎて決めきれないという方もいるかもしれません。

おすすめのサービスを3つ紹介します。

ライティング外注のおすすめサービス1.HELP YOU


雑務を解消し、コア業務に集中できる外注サービス会社が「HELP YOU」です。
採用率1%の幅広い高スキルな人材が所属しているのが特徴で、契約時間内であればライティングのみならず、サイトのコーディングや校正、資料作成なども外注できます。

 

▼あわせて読みたい

「 絶対に助けてもらえる安心感。HELP YOUのサポートも含めて、ひとつのチーム」 ガイアックスSOC事業部 吉田さん

ライティング外注のおすすめサービス2.かくたま

かくたまは、SEOの知識が豊富な会社です。
競合リサーチから記事制作、品質管理までライティング全般の外注が可能です。

ライティング外注のおすすめサービス3.シナジーマーケティング

シナジーマーケティングは、CRM(顧客との関係性マネジメント)を得意とするマーケティング会社です。
ライティング外注だけでなく、顧客管理まで任せることができます。

ライティング外注に関するよくある質問FAQ

ライティング外注するときに、多くの方が気になる項目をまとめました。

外注先を選ぶ判断基準があれば教えてください。

「信頼できるところかどうか」を見ることは必須です。
ライティングだけでなく、取引をする上で安心できる外注先かどうかを、しっかりと見極めてから依頼するようにしましょう。

具体的には、
・問い合わせ時の質問への対応やレスの早さ
・これまでの実績(事例)
・実績の信憑性

などを見ると良いでしょう。

ライティングに詳しい人が自社にいません。外注は可能ですか?

可能です。クラウドソーシングなど個人との契約よりも、経験豊富な人材が揃う会社にお願いしたほうが良いでしょう。提案やアドバイスもしてくれます。

外注先によってサービス内容は違いますか?

外注先によっては、求めているサービスをしてもらうには追加料金が必要だったというケースもあり得ます。契約前に内容をしっかりと確認したほうが安心です。

ライティングを外注する範囲は?

質の高いコンテンツを作るには、ライティング以外にも構成案の作成・校正・入稿といった作業が必要です。
だからこそ、どこまで外注すべきか迷いますよね…。

外注する際にライターや企業の担当者と、具体的な代行範囲などをヒアリングしながら進めることで解決することができます。

ライティングを外注する際の情報漏洩が心配です。

契約時に取り決めをきちんとすることで防ぐことができます。レギュレーションを作成し、情報漏洩を事前に防ぐようにすることが大切です。

まとめ

ライティングのみならず何か業務を外注する際に、最初はやり取りなどで手間が生じるかもしれません。
しかし、質のいいコンテンツを確実に蓄積していくことで、着実にアクセスは増加していきます。

信頼できるライティング外注先を見つけ、クオリティの高いコンテンツを作ることが、売り上げアップへの近道と言えるでしょう。

HELP YOUに問い合わせをする

HELPYOUが選ばれる理由


HELP YOUは、社員のノンコア業務を効率化することでコア業務に集中できる環境を作ることを目指しています。

もしこれから業務効率化を検討するのであれば、ぜひ一つの方法としてHELP YOUを検討してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUは、

・250社以上への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務から営業サポートまで幅広く業務サポートができる
利用継続率97%以上のサービス満足度

といった特徴があります。
無料相談も用意していますので、ぜひこの機会に業務効率化を検討してみてはいかがでしょうか?