【調査】経理代行の費用相場とは?気になる業務別の目安

経理代行サービスの利用を検討しているものの、その費用感がわからないとお悩みではありませんか?

日々のデータ入力に加えて、毎月の請求書の処理や給与計算など、経理は時間や労力が多く発生する業務がたくさんあります。
これを全てアウトソースできれば、コア業務に集中できる時間を大幅に増やせるため、経理代行サービスの利用を検討される方も多いかと思います。

しかし、そこで気になるのが経理代行にかかる費用です。現在ではさまざまな代行サービスが登場していることもあり、相場がわかりにくいかもしれません。

経理代行にかかる費用は、どのような業務の代行を依頼するかによっても変わります。この記事では、経理代行サービスに依頼できる業務内容と、その費用相場について詳しくご説明します。

経理代行サービスで頼める業務

まずは、経理代行サービスを使って依頼できる業務を確認しておきましょう。

記帳代行サービス

記帳代行とは、領収書や請求書など、取引内容がわかる書類を顧客企業から預かり、取引の記録を会計ソフトへ入力することが主なサービスです。
また、入力した会計データをもとに、決算時に必要となる帳簿を作成することも記帳代行サービスに含まれます。

作成を代行してもらえる帳簿には、「現金出納帳」「預金出納帳」「売掛残高一覧表」「買掛残高一覧表」「総勘定元帳」などがあります。
これらの帳簿は、期中であれば月次決算の試算表として、決算月に1年分を集計すれば税務申告用の書類として使用することができます。

記帳代行サービスによるデータ入力は、仕訳数にもよりますが、資料を提出してから通常2週間前後で納品されます。
オプションで短納期での対応が可能なサービスや、入力業務の一部を顧客自身が行うことにより安価で提供しているところもあります。

個々の取引を一つずつ仕訳していくのはとても地道な作業です。また、記帳作業は日々発生する業務であることから、経理のなかでも特に手間がかかる分野でもあります。
この部分をアウトソースすることで、経理業務にかける多くの時間が削減され、本来注力すべき重要な業務に集中できるようになるでしょう。

その他の専門的なサービス

経理代行サービスに依頼できる業務には、記帳業務の他にもたくさんあります。

  • 給与・賞与計算
  • 振込・支払い
  • 領収書や請求書の整理、ファイリング
  • 経費精算
  • 資金繰りの管理
  • 経理に関わる資料作成

給与計算の代行サービスは、給与に関する数値管理やタイムカードの集計から、給与明細書や源泉所得税納付書の作成までをお願いできるものです。
誰かに任せたいと思いつつも、「給与情報を社員に見られたくない」等の理由で経営者自身が給与計算をしているのであれば、経理代行サービスを使ってアウトソースするのがおすすめです。

振込・支払いの代行サービスは、インターネットバンキングを利用して提供されるのが一般的です。このため、現金を直接扱うことなく代行を依頼できます。

これらの他にも、税理士法人が提供している経理代行サービスや、提携している税理士がいる経理代行業者であれば、確定申告用の書類作成を含めた決算処理までお願いすることができます。

依頼できる業務内容は、代行業者によって異なります。利用を検討する際はサービス内容をよく確認し、不明点があれば問い合わせをしてみましょう。

経理代行サービスの業務別の費用相場

それでは、気になる費用相場について見てみましょう。経理代行サービスの費用は、どのような業務の代行を頼むかによって変わるのがポイントです。

記帳代行をメインで依頼する場合

記帳代行の費用は、主に仕訳数によって決まります。100仕訳単位などで月額料金を設定している代行業者が多いものの、従量制を採用して1仕訳あたりの料金を提示しているところもあります。

100仕訳ごとなど、段階的に月額料金が決まっている場合の月額料金相場は次のようなものです。

100仕訳まで 1万円
101-200仕訳 1万5千円
201-300仕訳 2万円
301-400仕訳 2万5千円
401仕訳以上 3万円

※企業ウェブサイト上で価格を公開している大手代行業者5社の平均価格を相場としています。

スタートアップ企業や中小企業など月間の仕訳数が200件前後であれば、月々の費用は2万円以内になるでしょう。ある程度規模があるビジネスであれば、3~4万円以上を見込んでおく必要があります。

1仕訳あたりの料金設定がされている場合の相場は、1仕訳40円~100円程度となっています。1ヵ月あたりの仕訳数が少ない場合、従量制の記帳代行サービスを利用することで、低コストで経理業務をアウトソースできます。

参考:記帳代行の費用相場や利用するメリットとは?
https://www.zeiri4.com/c_1032/c_1001/

幅広い経理業務を依頼する場合

経理業務全般の代行を依頼する場合は、記帳業務に加えて、請求書発行、支払い・振込、給与計算など、基本となる経理業務がパッケージ化された経理代行サービスを利用することになります。

業務別に料金を設定しているところもありますが、いくつかの個別のサービスを組み合わせて利用するよりも、パッケージ化されたサービスの方がコスト面でお得になることが多いです。

パッケージの内容は代行業者によって異なりますが、目安となる相場は3~5万円です。仕訳数や従業員数、希望する納期によってもパッケージ料金は異なるので、必ず詳細を確認しましょう。

パッケージに含まれていない業務(追加の給与計算、予算管理や資金繰り表の作成、特殊な会計処理、証憑書類のファイリングなど)を依頼する場合は、オプションで追加費用を支払うことになります。

オプションサービスを利用するのにかかるコストは、目安として次のようなものがあります。

給与計算 従業員一人あたり2,000円前後
資金繰表などの作成 5,000円~1万円
振込(インターネットバンキング) 5,000円前後(10件まで)
年末調整 1万円~2万円
特急(短納期)サービス 1万円前後

※企業ウェブサイト上で価格を公開している大手代行業者10社の平均価格を相場としています。

税理士による経理代行サービスで決算申告まで頼む場合、申告に必要となる決算書類の作成のみであれば4~6万円、申告書類の提出まで全ての代行をお願いする場合は15万円前後が相場です。

創業の時期や売上の規模によって費用が変わる場合もあるので、事前の見積もり相談をおすすめします。

参考:いくらかかる?経理代行の料金相場
http://www.costdown-keiridaikoust.com/basic/market_price.html

経理代行サービスがおすすめの場合

アウトソースの発展とともに、業種や規模を問わず、さまざまな企業が代行サービスを利用するようになりました。そのなかでも、企業によっては経理代行サービスを利用するメリットが特に大きくなる場合があります。順に見ていきましょう。

コストをおさえたい場合

経理のアウトソーシングを検討している方の中には、「経理の人材が必要なものの、そのコストはできるだけ抑えたい」とお考えの方も多いと思います。経理代行サービスは、他の方法で経理人材を雇うよりも価格面で大きなメリットがあります。

例えば、経理代行サービスとよく比較される人材派遣で派遣スタッフを雇う場合、実は正社員を雇うのと同程度のコストがかかります。また、派遣スタッフを雇用する際は、どうしても人材の入れ替わりが起こりがちです。
しかし、経理代行サービスであれば、長期間に渡って安定してサービスを受けることができます。

また、代行を依頼したい業務が明確な場合や、決算期末や繁忙期など依頼したい期間が限定的な場合、経理代行サービスならピンポイントで必要な業務だけを依頼できます。
必要な業務を、必要な期間だけ依頼することで、さらなるコスト削減を図ることができるでしょう。

自社内に経理知識を持つスタッフがいない場合

スタートアップ企業や中小企業の場合は、経営者自らが経理事務を担当しているケースが多くあります。忙しい毎日のなかで、手間のかかる経理業務のために時間を捻出するのは簡単ではありません。

経営者自身に経理の知識がない場合は、調べながら作業をするため、さらなる負担となってしまいます。正しく税務申告を行うためには正確な帳簿が不可欠なため、自社内に経理経験を持つスタッフがいない場合、経理業務は経営者にとって大きなストレスになるでしょう。

その点、経理代行サービスのスタッフは経験も豊富な経理のプロです。経営者自身が時間をさいて経理の知識を身に付けたり、新たに人材を採用して教育しなくとも、経理代行サービスを利用すれば効率的に経理業務をまわすことができます。

正社員を雇う方法と比べて自社内に知識が蓄積しないというデメリットはありますが、効率的な経理業務の体制をスピーディーに構築するうえで、経理代行サービスは非常に有効な方法といえます。

▼あわせて読みたい

地方の会社・専門色の強い建設業でもHELP YOU活用は達人級 鳥生工務店さま

おすすめの経理代行サービス

数ある経理代行サービスのなかでも、特に人気のサービスを二つご紹介します。

HELP YOU

株式会社ニットが運営する「HELP YOU」は、経理を含めたバックオフィス業務全般の代行を依頼できるオンラインアウトソーシングサービスです。
「HELP YOU」の経理代行サービスでは、データ入力を中心とする記帳代行はもちろん、次のような幅広い経理業務を依頼できます。

  • 請求書/見積書/注文書の作成
  • 受発注管理
  • 在庫/売上管理
  • 経費精算管理
  • 助成金申請用資料や資金調達用資料の作成
  • 決算書の作成

注目すべきはそのコストパフォーマンスの高さ。「HELP YOU」の料金体系は月額10万円からとなっており、アシスタントの稼働時間を1ヵ月あたり30時間まで使用できます。この30時間をどのように割り振るかはクライアントの自由です。

30時間/⽉の業務依頼例

例えば、毎月の請求書発行や領収書データ入力などの経理業務に15時間分を使い、余った15時間をリサーチや提案書作成などの営業サポート業務に使う、といった利用の仕方もできます。
「HELP YOU」はチーム力を強みとしているサービスでもあることから、経理以外の業務も組み合わせて代行を依頼することで、効率的な業務体制を構築することが可能です。

経験豊富なプロのアシスタントに幅広い業務を依頼でき、さらに月々のコストを10万円に抑えられるのは、非常にコストパフォーマンスが高いといえるでしょう。

 

ライト・コミュニケーションズ

東京で10年以上の実績を持つ「ライト・コミュニケーションズ」は、毎月150社以上に記帳代行サービスを提供している会社です。記帳代行を中心としながら、税理士法人と連携して経理にかかわるアウトソーシングサービスをワンストップで提供しています。

領収書や通帳コピー、請求書などを預けると、最短5営業日でデータ入力を行い、帳簿の作成を行ってくれます。リアルタイムで数値の管理ができるのは経営者にはうれしいですね。

また、顧客ごとに担当者がつくのも魅力のひとつです。専任の担当者が顧客ごとにカスタマイズした入力ルールを作成してデータ入力するため、安心して依頼できるでしょう。

200仕訳までの記帳代行であれば、月々2万5千円で依頼できます。その他、契約時に会社情報、勘定・補助科目等を登録する初期登録料として2万5千円がかかります。

経理代行の相場のまとめ

記帳代行や給与計算などに代表される、経理代行サービスの費用感をつかんでいただけたでしょうか。

経理代行サービスを検討するきっかけは「コスト削減のため」という方も多いと思います。
アウトソーシングをうまく利用すれば、空いた時間をコア業務にあてて有効活用できるため、コスト削減だけでなく生産性アップにもつながります。

経理代行だけでなく、他のバックオフィス業務も一緒に依頼できるサービスを選べば、さらなる業務効率化を図ることができるでしょう。
代行サービスをうまく活用して、企業の発展につなげていきませんか?

▼あわせて読みたい

【2022年経理代行サービス比較】自社に必要なサービスとは?料金相場や選定ポイント

【比較】「事務代行サービス」6選|業務内容を詳しく紹介!

経理業務はHELP YOUにおまかせ

経理業務をまるごとアウトソーシング


膨大な時間がかかる上に、知識を必要とする経理業務。
毎月・毎年発生する作業に追われて、大事な業務に手が回らなくなっていませんか?

「大量の仕訳作業が大変」
「本当はもっと別のことに時間を使いたいのに…」
「できればプロに任せたいけど、どうやって依頼すればいいの?」

このようなお悩みを抱える方のため、HELP YOUでは経理業務のアウトソーシングサービスを行っています。

 

HELP YOUに経理業務をアウトソーシングすると


◎領収書のデータ入力や請求書発行など、あらゆる経理業務が片付く
◎現状の課題から最適なフローを導き出し、業務効率化も実現
◎経理業務の負担が減ることで、コア業務に集中できる環境が整う


HELP YOUは一緒に課題を解決するパートナーとして伴走し、貴社の業務効率化を実現します。クライアント様への導入実績は500以上。

この機会にアウトソーシングを導入し、自社の価値創出に注力しませんか?
ご興味のある方は、ぜひ無料相談をご利用ください。