ノウハウなしで競合調査を始めるには?自社で行うリスクと代行依頼のコツ

日々移り変わるビジネス界の潮流に乗りおくれないために、「競合調査」は必要不可欠の存在といえます。次々と登場するサービスや商品、同業他社の動きを把握しておくことは、重要なマーケティング業務のひとつなのです。
競合調査を行う方法には、いろいろな選択肢があります。例えば、専用ツールを使ってコストをかけずに自社で行う、手軽に調査の代行を外注する、ターゲット企業の詳細なデータを得るためにしっかりとコストを注入して専門業者へ依頼する…。目的に応じて、取るべき方法も違ってきます。
コスト面でも、どれだけの予算を設けるかはケースバイケースです。無料ツールで簡単に調べれば十分ということもあれば、数十万~100万円以上の費用をかけて本格的な競合調査を依頼する場合もあるでしょう。
この記事では、

・競合調査を自社で行う方法とリスク
・外注する場合のポイント
を紹介していきます。

webマーケティングの競合調査を自社で行う方法

自社の強みを把握しておく

まず、競合他社に意識を向ける前に、自社の特徴や強みを把握しておく必要があります。そうすれば、他社の情報を収集してから、自社との違い(差別化)、業界内での自社の位置づけを俯瞰することができるからです。旅行で海外に出るとそれまで当たり前に思っていた自分の国の文化や習慣の特徴が再認識されるように、他社の情報を集めていく中で自社の特徴が浮き彫りになることもあり得ます。ですが、他社=外界に意識をフォーカスするあまり、「自社はどんな会社で、どういった商品・サービスが目玉なのか」ということを見失ってはいけません。
競合調査を行って成果を得るためにも、「まずは自社分析から」という流れで進めていくべきです。

何のために競合調査をするのか、目的を明確化

調査の行う前に、目的をはっきりさせておきましょう。「何のために競合調査をするのか?」つまり、調査で何を知って、どのような結論を導き出したいのかということです。
例えば、「新サービスを開発中だけれど、競合他社で似たようなサービスを扱っているのか、あるとすればどのような内容・価格設定なのかを知りたい。」という状況があるとします。その情報から導き出したい目標=結果は、「知り得た情報を材料に、自社なりのサービスの特異性を検討する」または「相場を参考に価格設定をする」などといったことが挙がってくるのではないでしょうか。
先に目標があって、そのために何を・どのように調べるか逆引きしていくことも有効な方法だと言えます。

調査すべき「競合」とは?ターゲット選定

調査するにあたって、調査対象になる企業を決めます。もしも知りたいと思っている業界が対象を絞るまでもないほどの少数規模であれば問題ありませんが、業界によっては、膨大な数の競合他社がヒットしてくるかもしれません。調査対象の数を増やせば増やすほど、当然調査の工数も多くなり、結果の総括・分析にも時間がかかります。
ですから例えば、①業界をけん引していると思われる企業や②最近業績が伸びている企業、③自社と企業規模・イメージに共通点が見られる企業など、調査するだけの効果が得られそうな対象を厳選することをおすすめします。

具体的な調査項目を決める

どんなことを調査するのか、具体的な調査項目を設定していきます。例えば、競合他社のサイトのキーワード検索順位は?PVは?…などが調査項目に挙げられます。簡単に分かるデータもありますが、中には専門家に詳細な分析を依頼しなくては得られない情報もあります。最初に設定した目標に立ち戻り、その目標に到達するためには何を調べることが必要なのか、材料を集めるつもりで検討していくと良いでしょう。

ツールを使う

競合についてSEO分析を行う時に便利なツールが多数あります。無料で利用できるものから有料のサービスまで様々ですが、ここでいくつかご紹介していきます。

・SEOチェキ


SEOチェキ

【特徴】
無料で使用できるSEOツール。調査したいサイトのURLを入力すると、title・meta description・meta keywords・h1タグ、発リンク数(内部・外部リンク)、最終更新日時・ファイルサイズ・読み込み時間、Alexaランキング、Google・Yahoo!のインデックス数など、10の基本チェック事項の情報が分かります。
これらの情報をもとに、競合他社がどのようなサイト構築やSEO対策をしているのか探ることができます。

【運営者】
ロプロス

・SimilarWeb


SimilarWeb

【特徴】
競合分析の代表格とも言える分析ツール「SimilarWeb」。ツールの利用にあたって、アカウントを作成して無料体験することができます。本格的な利用を検討しているのであれば、プロダクトエキスパートから活用方法のデモを受ける方法も。ツールで分析できる項目には、サイト訪問者数、利用時間、直帰率、PV数、検索流入キーワード、流入元分析、サイトごとの人気ページランキングなどがあります。

【運営会社】
SimilarWeb

・eMark+


eMark+

【特徴】
サイトランキングやユーザー推移数、ユーザー属性など一部無料で使える機能がありますが、基本的には初期費用10万円・月額使用料10万円(1年間使用の場合)が必要です。さらに流入元分析、フルカスタマイズ分析やコンサルティングまでを行うプランも。

【運営会社】
株式会社ヴァリューズ

・WEBSITE GRADER


WEBSITE GRADER

【特徴】
無料でサイトスピードなどの分析を行うことができるwebツールです。調査したいwebサイトのURLを入力すると、①全体、②パフォーマンス、③モバイル、④SEO、⑤セキュリティの項目ごとに対象ページをチェックし、それぞれの点数評価が出てきます。ページサイズや読み込み速度、レスポンシブ対応など、サイトが快適に閲覧できるUIかどうかを具体的に知ることができます。弱い部分に関しては改善のアドバイスもあるので、自社サイトのチェックの際には参考にすると良いでしょう。

【運営会社】
HubSpot Japan株式会社

自社で競合調査を行うことのリスクとは?


社内でSEOマーケティングのノウハウがないにもかかわらず競合調査を行わなくてはいけない場合、いくつかのリスクが発生する恐れがあります。

調査の作業に手間取り、人的リソース・時間が奪われてしまう

競合調査を行う社員がSEOマーケティングに長けていないとすると、どうしても初動に時間が取られてしまいます。手順も明確ではない上に、作業の一つひとつに熟練しているわけではないとすると、多大なリソースがそこに注がれるでしょう。競合調査のために貴重な時間が奪われてしまうリスクは、決して小さいものではなく、他の業務にも支障が出てしまう可能性も出てきます。

調査の本来の目的を見失ってしまう

競合調査を開始したのち、情報やデータを追うことに没頭してしまうあまりに、業務が長期化する懸念があります。SEOマーケティングの数値やデータの意味を理解して追っていくと、その動向から目が離せなくなるのです。当初の目的を達成するために、競合調査を長期間にわたって継続する必要があるのでしょうか?そうでないなら、延々と調査を続けても意味がありません。最初に「どれだけの期間、調査をするのか」決めておくと、こういったリスクを回避することができます。

調査結果をどのように自社のマーケティングに反映すれば良いのか分からない

調査を進めた結果、競合他社のサイトのキーワード検索順位やPV数などが把握できたとします。それでは、そのデータを元にどういった戦略を立てますか?
調査を行ったものの、そこで得られた情報をどう解釈すれば良いか分からない、というのが本音ではないでしょうか。

せっかくの調査が徒労に終わらないよう、多少のコストはかかっても競合調査のプロである代行会社に依頼することをおすすめします。

競合調査を代行会社に依頼する際のポイント


競合調査を外注する場合、どこの会社に依頼したとしても、最初に「どういう方針で調査を進めていくか」についてヒアリングがあるはずです。

何を知りたいのか?

調査の目的をはっきりと先方に伝えましょう。目的のためにあらかじめ「こういうことを調べたい」と思っていても、調査目的を達成するためには他の項目を調べた方が良いとプロの立場から提案されることもあるかもしれません。細かい手法・工程については代行の会社に任せるとして、調査目的の核はぶれないように決めておいてください。

期間はどのぐらいに設定する?

競合他社のサイトをSEO分析しようとすると、ある程度の期間でデータを収集しないと、変化を追うことはできません。しかしながら、「今この時期の情勢を知りたい」というスポット的な分析でかまわないのであれば、調査期間をそれほど長く設定しなくても良いでしょう。

業界の中で、どの企業を調査のターゲットにするのか?

競合他社というと、どの企業についても気になるところだと思います。ですが、やみくもに調査対象を広げても調査にかかるコストが跳ね上がってしまいますから、特徴的な企業を数社ピックアップして調査対象に設定しましょう。

まとめ

もしも社内にノウハウがない状態で競合調査を行わなくてはいけないとしたら、考えられるリスクと調査を外注するメリットについて説明しました。まずは自社の強みを把握して、それから他社の情報を調査していき、最終的には自社のサイトやサービスがより良いものになるよう改善していくと結果につながるでしょう。HELP YOUに競合調査代行をご依頼いただくと、丁寧なヒアリングをもとに、調査のゴールにたどりつくための最適なフローを組み立てるところからお手伝いします。

HELP YOUに問い合わせをする

HELPYOUが選ばれる理由


HELP YOUは、社員のノンコア業務を効率化することでコア業務に集中できる環境を作ることを目指しています。

もしこれから業務効率化を検討するのであれば、ぜひ一つの方法としてHELP YOUを検討してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUは、

・250社以上への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務から営業サポートまで幅広く業務サポートができる
利用継続率97%以上のサービス満足度

といった特徴があります。
無料相談も用意していますので、ぜひこの機会に業務効率化を検討してみてはいかがでしょうか?