経理代行とは?活用前に必ず知っておくべきメリット・デメリット

どのような職種でも必ず必要になるのが経理の業務。

経理と言えば伝票の整理に入金・出金の管理、帳簿付けや給与計算など、

事務的な業務を想像します。

 

この経理の業務が本業への負担になっていませんか?

 

会社によっては、経理に対する知識の習得や、担当者の確保に人権費コストの問題など、

悩みを抱える企業は少なくありません。

 

この頻雑な業務や人材確保の不安や悩みが解消出来たら嬉しいですよね?

今注目を集め広がっている「アウトソーシング」

いわゆる「業務の代行」を経理の業務にも活用し頻雑な業務から解放

されている企業が増えているのをご存知でしょうか?

 

経理代行サービスでは、人材の確保や作業スキルはもちろん、

コストダウンなど導入するうえでのメリットが豊富です。

しかし一方では、経理業務のノウハウを蓄積することが難しい、

情報漏えいの不安などデメリットも存在します。

 

この記事では、経理の業務を外部へ依頼、委託するメリットと見極めるべき

デメリットを含め「経理代行」について詳しくお伝えしていきます。

経理代行とは

経理代行とは、会社で必ず必要になる経理の業務を外部へ依頼・委託し、専門の企業が請け負うアウトソーシングサービスです。

 

働き方改革が叫ばれる昨今、注目される「アウトソーシング」ですが、

今は経理の業務を外部へ委託する企業が増えています。

好きなことを仕事にスタートをきっても、必ず必要になる経理業務。

どんな職種でも企業でも、絶対にしなければならない付帯業務の一つが経理のお仕事でしょう。

フリーランスとして起業したり、個人事業主で細かな経理や税金に対する知識などなかなか追いつかないといった方も多いはず。

企業においては、知識を持った人材確保が困難であったり、人件費の悩みなど問題を抱えることも少なくありません。

 

経理としての業務となると、日々の作業をこなすことで手一杯となり本来重視すべき「財務管理」まで手が回らないのが現状です。

必要に迫られてさまざまな経理の業務をするのであれば、

しっかりと本来の業務に活かさなければ意味がありません。

ここが切り離され、事務的な作業になっている企業が少なくないのも事実でしょう。

 

経理代行では、専門的な分野をサービスとして提供する企業へ業務を委託することで、

さまざまなメリットを企業活動に活かし、本来の業務である重要な部分の効率を高めることが可能になります。

 

経理代行に含まれるサービス内容

経理業務と一言で言っても、その企業により求められる内容は千差万別。

取り引きに関するデータの記録や入出金管理、また現金管理・預金管理から経費精算など幅広く求められています。

企業によっては、決算書の作成や法人税の申告などを期間的に依頼することも一つです。

それぞれが必要とする内容に合わせて、業務を代行してくれるところがアウトソーシングの魅力の一つでしょう。

 

【会社によって必要になる経理の業務は千差万別です。

経理代行を検討する際に気になるのが、自社に必要なサービスが受けられるかどうか。

では、経理代行に含まれる主なサービス内容をみてみましょう。】

 

経理代行に含まれるサービス内容

・売掛金・買掛金管理

・記帳業務

・年末調整や申告業務

・給与計算

多くの会社では、掛取引を行うことで売掛金・買掛金が発生します。

未入金や未払金が発生しないよう注意が必要となりますが、

この日々の管理を委託、依頼することが可能に。

 

年末調整や申告業務は、タイトなスケジュールのなかでの作業が必要となります。

経理担当者を社内に置いていない場合や、人数が限られた中での膨大な業務も

経理代行を活用することで負担が軽減されるでしょう。

 

経理代行に含まれないサービス内容

・経理担当者の教育

・経理から大幅に離れる業務

・委託業者によっての違い

 

経理代行は「会社の経理業務の代行」になります。

サービスの内容として、経理担当者への教育などは含まれていないため、

どこまでを委託し自社で手放すのかしっかりと判断するのが得策です。

 

サービスの内容はあくまでも「経理」に特化しています。
そのため、経理に無関係となる書類整理やあまりに逸脱する業務については利用ができません。

また、委託先のサービス内容もそれぞれなので、自社が必要な代行業務がどこなのか、

サービス内容やプランに含まれているのかを確認しましょう。



その企業によって必要となる作業の内容や業務量などもさまざまです。

日々の細かな業務代行から、月ごとの業務、年に1度の決算といった期間的なサービスの利用など。

必要な内容を見極め、代行することで業務が軽減されるという大きなメリットはもちろん、

不要なものをカットする無駄のない活用が可能となります。

 

経理代行サービスのメリット

では実際に、どのようなメリットがあるのでしょうか?

詳しく見ていきましょう。

 

現在、自社で必要としている部分、無駄だと感じている部分なども含めて考えてみましょう。

①本業へ専念することが可能!

経理の業務は、上記で述べたように細かな必要業務がさまざま存在しています。

お金に関する業務ですのでしっかりとした作業が必要になりますが、

どうしても煩わしい業務によって本業へ集中する時間が奪われるのもしばしばです。

本業を疎かにすることは絶対にできませんが、決算期など時期によっては、

経理の業務が本業への時間を奪ってでも必要に迫られるときが存在します。

代行サービスを利用した場合、その煩わしさを軽減し本業に専念することができるのはもちろん、

務管理の基盤が安定すれば本業への影響も大きく変わっていくのです。

 

②経理担当者の人件費を削減!

本業へ専念するためや、難しい経理業務を効率的に熟すとなると必要になってくるのが経理担当者。

経理を曖昧に進めると、正確なお金の流れや日々の財務管理が難しくなります。

経理のプロである人材を雇用した場合、必要になるのが人件費ですが、

代行サービスを利用した場合と比較して年間およそ数百万円の差がつく場合も

もちろん、代行サービスも料金は発生しますが、

雇い入れた際の人件費よりも高額になることは、よほどのことが無い限りありません

また、急な休職や退職などの心配も不要なため、

人員不足や人材確保の不安からも解放されるでしょう。

 

③経理のプロによる的確な作業!

依頼するのは経理のプロです。スピーディかつ、正確な作業が期待できます。

頻雑な経理の業務から解放されるだけでなく、

正確な会計管理と財務管理で本業へも活かすことが可能に。

さらには、会計規則や税法の改正など税制がさまざまに変化する現在、

最新の情報で税金制度を有効活用することが可能となります。

常に最新の情報を収集することはなかなか難しく、日々の業務をこなしながら最新情報を

常にキャッチしていくことは厳しいのが現状でしょう。

経理代行 デメリット

前述のように、経理代行には会社にとってさまざまなメリットがある一方、注意点としてデメリットも理解しておく必要があります。

代行サービスを利用するうえでしっかりと見極めるべき注意点を確認してみましょう。

 

①情報漏えいへの不安

アウトソーシングは、会社の重要な情報や内部資料、大切な書類などを必要に応じて開示、

または渡す必要があります。

経理の業務をまるごと委託、依頼するということは財務状況がすべて丸わかりになるということ。

競合他社へ情報が漏れてしまうことで、本業に影響を及ぼしかねないなどの不安がある場合には、

委託先のセキュリティや情報管理に対しどのような体制や取り組みを行っているのかしっかりと

確認する必要があります。

また、委託先へ書類の送信などを行う際には、自社でも細心の注意と安定したルールの組み立てが

必要になるでしょう。

 

しかし逆を考えると、自社で雇用している人材へ財務状況などを明かす必要性がなくなる、

情報漏えいや着服、不正などの不安をなくすことができます

自社にとってメリットとなるかデメリットとなるか、しっかりとした見極めが重要になります。

 

自社にノウハウを蓄積することが難しい人材の育成が難しい

経理代行を利用した場合、代行サービスの会社から経理のノウハウを学ぶことは難しくなります。

初めに代行サービスを利用した場合には特に、そこから社員を育てることが困難になります。

この先を見て導入内容や仕組みなどを精査する必要があるでしょう。

 

自社で可能な業務がどれほどなのか、どこにサービスを導入することで大きな利益となるのか。

会社の状況や今後の体制、ビジョンなどを含めて進めていくことが必要になります。

この見極めと、判断が会社の財務管理を構築していく大きな一歩となるでしょう。

 

経理代行の費用相場

メリット・デメリットが理解できたところで気になるのが費用について。

自社が必要としている作業の金額は?

結局、いろいろとお願いしたい!そうなると相場はいくらなのか?

 

具体的な費用相場

・記帳業務

 800円~40000円

・給与計算

 900円~2300円 / 人

・決算申告代行

 50000円~150000円

・経理業務全般

 30000円~(必要なボリュームにより高額にも)

 

記帳代行では、10仕訳または30仕訳など少ない仕訳数の場合、月額800円程度から導入が可能になります。

給与計算の場合だと毎月の単純な労働時間算出であれば低コストでの導入も。

また、保険や税金の計算、賞与計算など必要に応じてオプションの追加なども可能です。

 

決算申告の業務は短期間での作業を要することや税金に関してなど、専門的な知識を必要とするため、ここだけにフォーカスすると導入に足踏みすることも。

 

経理業務を全体的に依頼する場合では、細かな依頼内容にもよって金額は大幅に変わります。

オプションの追加などで必要なサービスや業務を付加するのも必要ですが、セットプランの場合などはどこまでの業務が可能かしっかりと確認しましょう。

 

トータルサポート【 HELP YOU 】

  • 月額 80,000円 ~

・30時間/月の契約で時間内であれば複数の依頼が可能

・新たな業務のスタートから依頼ができる

・採用率1%の優秀な人材が対応してくれる

 

経理業務に特化【 経理業務プロ 】

  • 月額40,000円 ~

・仕分け入力1000件/月 で40,000円から利用可能

・自社で必要な業務と作業量に合わせて内容の組み立てができる

・経理業務に特化し、開始前にしっかりとしたヒアリングと提案が魅力

 

経理担当者を自社で雇用した場合

経理代行の大きなメリットとなる「コストを下げる」ということ。

自社で専任者を採用した場合には、社会保険料などの負担が発生してきます。

経理担当者を雇用した場合に必要となるコストとメリット・デメリットを見ていくと以下があげられます。

 

【専任者の自社採用】

【メリット】
緊急時などには迅速に対応ができる

会社の財務に関して熟知した人材を育てられる

【デメリット】
社会保険や雇用保険のコストがかかる

急な休職、退職のリスクがある

退職の際には引き継ぐ人材が必要となる

自社で雇用した場合とアウトソーシングとでコストが同じであれば、急な対応なども可能となり、

さらには人材の育成も可能となるため、自社での採用を検討するのも良いでしょう。

採用の際には、自社で求める経理業務を熟すスキルを持ち合わせているのかも初めにしっかりと

確認しておくのが得策です。

また、自社採用の場合、今後必ず後任者が必要となるため、先を見据えての判断も必要となります。

今現在、経理の専任者がいないのであれば、コンサルティングなどを含めさまざまな面から、

まず初めに「経理代行」を利用してみるのがおすすめです。

 

代行サービスを提供する企業では、顧客のニーズに合わせて独自のサービス形態やプランなどを提供しています。

働き方改革を推進するツール、サービス

稼働時間や日数、月単位、年単位など基本となる固定プランや、一つひとつの作業の対し料金を設定し契約や作業内容に合わせて料金が発生するなど、自社の利用状況に合わせて選択していくことも可能でしょう。

おすすめの経理代行サービス

改めて経理について考えると、企業によって必要となる業務がそれぞれ異なることがわかります。

自社にとって必要なサービスがどの作業なのかをしっかりと確認しましょう。

 

継続率97%の実績!オンラインアシスタント「 HELP YOU」

https://help-you.me/

オンラインアシスタント・オンライン秘書サービスを展開する 「HELP YOU」

バーチャルアシスタントが自分だけのチームを組んでサポートしてくれるアウトソーシングサービス。

経理はもちろん、マーケティング、メディア運用、その他さまざまな依頼をサポートします。

HELP YOU の強みはそのチーム力。

専属ディレクターが最適なアシスタントチームを編成

採用率1%の優秀なアシスタントが集まり、「特別チーム」でサポートしてくれます。

 

【導入メリット】

・専属のディレクターが窓口業務を集約

・人件費・採用コストが不要

・自社に必要なスタッフがチームを組んでサポート

・採用率1%の人材がサポートする正確性とスピード

・経理のみならず必要となれば豊富なサービスから的確にトータルサポート

・継続利用率97%以上

・30時間80,000円と時間ごとのプランで幅広い業務の依頼が可能

 

HELP YOUではハイスキルのアシスタントが業務を行います。

さらに、会社のノウハウが蓄積されるため、効率化はもちろん、パートナーのような関係の構築も可能

 

【対応可能業務】

・HELP YOUでの対応可能業務は、以下の通りです。
HELP YOU可能業務

 

 

経理のアウトソーシングサービス 経理業務プロ

https://keiri-syspro.net/

経理業務に特化し、経理案件全般をしっかりとサポートする経理業務プロ。

領収書などの仕分けや請求書の発行、入出金管理などさまざまな業務を代行しています。

また、月次決済のための準備や資料作成など、期間的に必要となる業務や高い知識が必要となる作業など、幅広い経理業務をサポート。

事前にしっかりと連携し必要な業務を洗い出すことで、アウトソースすべき内容と最も効果的、効率的な方法を提案してくれます。

【導入メリット】

・経理に特化している

・給与計算だけ、申告業務だけなどスポット利用が可能

・必要に応じて組み立てることで無駄なくコストダウン

 

30年以上の老舗企業 NOC

https://www.noc-net.co.jp/

ここ数年で競争が激しくなりつつあるアウトソーシング業界において、30年以上の長い歴史を積む老舗企業のNOC。

これまでの業界経験から培ったノウハウや人材の養成、またはシステムの開発など、多くの強みを持っている信頼の企業です。

在籍している人材も業務経験が豊かで、あらゆるケースにも対応できる優秀な人材ばかり。

取り扱うサービスは、経理、人事、総務、さらに営業事務やITと幅広く対応しています。

 

【導入メリット】

・アウトソーシング業界30年の経験とノウハウ

・在籍する人材も経験豊富な優秀なメンバーが多数

・日々の作業のみならずコンサルティングサービスも充実

 

まとめ

頻雑になる経理業務。しかし、経営をするどの会社でも必要になる業務です。

税制や給与計算、また申告業務など、複雑で難しい内容なども。

 

本業の手を止めても強いられる経理業務を、得意とする人材にお任せする経理代行。

これだけで、どれほどの対比効果が生まれるのかを改めて考えてみましょう。

 

自社が必要とする部分を洗い出し、必要に応じて専門の企業へ委託することで、

経理を明確にし財務管理を行う。

さらには、その時間を有効的に利用し会社を育てる。

経理代行を賢く利用して会社を成長させましょう

 

さまざまなメリット、デメリットを理解し、「経理代行」の導入を検討してみてはいかがでしょうか。

 

間接部門をコストセンターから脱却させる3ステップ!生産性向上のヒントを公開

貴社の 生産性向上診断付き!
Saasツール導入とアウトソース化による生産性向上事例


日本企業が抱えている「生産性」の停滞、人手不足といった問題。
2030年には日本全体で約700万人の人材不足が予測されています。
そうした状況の中でも伸びている会社とはどういう会社なのか。

「今ある労働力をどう最大化させるか」「新しい労働力をどう確保するか」の観点からどうすれば伸びる会社となるのか、具体的な取り組みをご紹介します。



今回は間接部門と言われるバックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)に焦点をあて、

・業務のアウトソース
・ITツール導入による業務の効率化・情報のデータ化
・雇用形態の多様化を導入

のステップで間接部門の生産性向上を図る取り組み例をご紹介します。

今、注目されている生産性向上の一手段として、参考になれば幸いです!