【徹底比較】大阪のおすすめ経理代行サービス 6選

経理業務に時間がかかって、やらなくてはならない業務に充分な時間が取れていない!
経理担当が急に辞めて、猫の手も借りたいが、雇うのに時間とお金がかかる!

そんな悩みをお持ちではありませんか?
経理業務は、ただの事務処理ではなく、毎月の大切な業務で、ある程度の
専門的知識を必要とします。いわば会社の金庫番でもある経理業務は、
その企業が続いていく限り、絶対に必要となる仕事です。

創業したばかりの会社では、営業活動と同時に、経理業務もこなしていることが
多いです。しかし、その場合、社内で作業をする時間が増え、営業活動が手薄になり、
利益が上がりにくくなります。せっかく走り出したばかりなのに、なかなか利益に
たどりつけないのは、精神的にもつらいものです。

最近は、経理業務を必要な部分だけ、または丸投げして全て代行してくれるサービスを
利用する企業が増えています。実は、経理担当者を1人雇うより、代行サービスを
利用することでコストカットが実現できます。
業務のクオリティーに関しても、専門知識を持ったスタッフがチーム体制で
行ってくれるので安心です。

大阪には、特に梅田近辺に、多くの経理代行サービスが点在しています。
また、最近では、クラウドサービスや、オンラインアシスタントサービスを
利用することにより、どこにオフィスがあってもオンラインで全てのやり取りができる
サービスが人気です。

現在、社内で行っている経理業務のどの部分がネックとなっているか、
他にも時間がかかりすぎていて、困っている作業がないかを明確にしたうえで、
それぞれのニーズにあったサービスを利用するとよいでしょう。

この記事では、特に、日本の第二の都市である大阪にある、経理代行サービスを
ご紹介します。さまざまなサービスがありますが、特に満足度の高い、
価格もリーズナブルなサービスを選りすぐってご紹介します。

大阪のみならず、どこにオフィスがあっても利用できるサービスも、
もちろん網羅しています。

経理代行サービスを選ぶうえでのメリット、デメリットなどにも
触れながら、ご紹介していきます。

最後まで、お付き合いください。

大阪の経理代行サービスを選ぶポイント ①継続率、満足度が高い

経理代行サービスでは、主に、

・記帳業務
・請求書
・領収書の整理
・振込代行
・給与計算
・年末調整など

などを代行してくれます。

特に、記帳業務は資金繰りの確認のためにも、決算申告の基礎になる大切な作業なので、
専門知識を持った人が行う事が必須です。

時間をかけて本業と両立するなど、二足の草鞋を履くよりも、
正確に期日に間に合うように、効率的に作業を進めてくれる代行サービスを利用すれば、
利益の高い仕事に専念でき、業績アップにもつながります。

経理業務のみを委託することもできますが、税理士が常勤していて、
資金運用に関して相談できる代行サービスもあります。

自社の課題に合ったサービスを選ぶことにより、
コア業務に集中することが可能です。

ハイクオリティのサービスを提供している、継続率と満足度の高い
代行サービスがあります。ご紹介しましょう。

本町経理事務代行サービス

本町経理事務代行サービスは、大阪の堺筋本町駅近くのアクセスしやすい所に、
事務所があります。

経理業務全般を部分的にも、総合的にも代行してくれる会社です。

サービスには、大きな自信をもっています。そのため、サービス開始から3か月以内に
万が一満足できなかった場合は、それまでの料金を全額返金するという制度を設けて
います。

料金に関しても、地域最安値を掲げています。急に経理担当者が病欠したり、
退職したなど、急な経理業務が発生した場合、1か月切った決算書も
受け付けてくれるので、とても助かります。

【サービス内容】
・記帳代行
・請求書発行
・給与計算
・年末調整
・決算・申告など

【料金例】
・記帳代行 月額 980円~
・丸投げサポート 49.800円~

【公式ページ】本町経理事務代行サービス

Smart(スマート)経理

Smart(スマート)経理は、”日本の経営者にさらなる自由を”という、
ポリシーを掲げる、クラウドサービスを活用した新しい経理代行サービスです。
書類をスキャンして送るだけで、業務を代行してくれます。

サービスを開始する際には、専門のコンサルタントが業務の、
どの部分で導入するのが良いか、チェックしてくれるので、
自社での導入を一緒に考えてくれます。

企業に寄り添って業務を提供してくれるので、安心してコア業務に集中できます。
クラウドサービスの良いところは、どこにオフィスがあっても、
気軽に利用できることなので、わざわざ場所を気にすることがないのでとても便利です。

【サービス内容】
・請求・支払い
・給与計算
・経費精算など

【料金例】
スタンダードプラン 15万円~
エキスパートプラン 30万円~

【公式ページ】Smart(スマート)経理

大阪の経理代行を選ぶポイント ②費用が安い

経理代行を利用することで、経理担当者を一人雇う場合と比べると、
年間約200万円~300万円削減できます。

そのうえ、経理代行サービスでは、チーム体制で業務を行います。
急な経理担当者の退職により、速やかに新しい経理担当者を
雇用したいと思っても、適任者が見つけるのに時間がかかるため、
本業に費やせる時間が減り、売上が減ってしまう、なんてことも少なくありません。

今まで経理代行サービスの利用を考えたことはあるが、なんとなく
踏み出せなかったり、とにかく一度、どのような手順で
毎月の業務が行われるのか、試してみたい!
とは思っているけど、コストの面など不安と思われている企業の方も多いようです。

そんな方には、とてもリーズナブルに、経理代行サービスを提供している
会社をお勧めします。

でも、費用が安ければ、サービスも悪いかもしれない?
そんな不安はつきものですが、経理代行サービスでは、長年経験を積んだ、
経理専門のスタッフが業務を行い、そのクオリティーの高さから、
継続利用する会社も多いため、安心して任せることができます。

それでは、低価格で企業に寄り添ってくれる、たよれる経理代行サービスを
ご紹介しましょう。

大阪経理・記帳代行応援団

大阪経理・記帳代行応援団は、大阪を中心に500社以上をサポートしています。
記帳代行が、月額980円~の業界最安値です。
スポット契約でも、丸投げ契約でも代行してくれます。
税理士チェックが行われているので、高品質サービスです。
最短1営業日の納品が可能です。

【サービス内容】
・記帳代行サービス
・確定申告サービス
・年末調整サービスなど

【料金例】

記帳代行入力サポート 980円
記帳代行丸投げサポート 2.000円

【公式サイト】大阪経理・記帳代行応援団

フジ子さん

フジ子さんは、高い実務能力を持つオンラインアシスタントです。
必要な時に必要なだけ依頼することができ、費用も業界水準のおよそ半額です。
専門性の高いアシスタントが、タスクに応じてチームとなって対応してくれます。
1か月のみの利用もできるので、とても便利です。

【サービス内容】
クラウドツールの導入サポート
払込み、支払い代行
記帳代行
経費精算など

【料金例】
1か月 4.7万円~ 20時間/月

【公式サイト】フジ子さん

大阪の経理代行を選ぶポイント ③実績が豊富

経理代行を選ぶ際に、良く懸念されることがあります。

・経営状況が分からなくなるかもしれない
・従業員の給与、個人情報を 社外に持ち出すこと自体に抵抗がある

最近の、代行サービスは全体的に、クオリティが上がっています。

進捗状況を確認することができる、透明性のあるサービスを提供する代行会社が
増えています。

また、代行会社側は、独自のセキュリティ対策や、代行会社内できちんと業務が
全て行うなどの対策を行っていることがほとんどです。

サービスのクオリティの高さに満足して、継続して利用されている企業が多いです。
選ぶときには、気になる点をきちんとチェックすることを、お勧めします。

経理代行サービスでは、例えば給与計算を依頼すると、給与計算に
精通したスタッフが迅速に、かつ正確に行ってくれます。
給与計算などに、間違いが生じると、信用問題にもかかわる為、
一番避けたいものです。

実は、経理業務を依頼することのみならず、社内のちょっとした作業も
依頼できるサービスがあります。実績の豊富な、透明性のある、
企業に寄り添った代行サービスをご紹介しましょう。

HELP YOU

HELP YOUとは?
簡単にいうと、業務に追われる忙しい毎日を、アシスタントが
チームでサポートするアウトソーシングサービスです。

・本業に集中したいけど、雑務が山ほどあって集中できない!
・急に、欠員がでてしまったけど、すぐに人を雇う時間がない!
・一部の業務にハイスキルな人材が必要!

そんなとき、HELP YOUを導入するだけで、複数のスキルを持った
アシスタントが特別チームを結成してサポートします。

【実績】
250社以上のアシスタント導入実績

【HELP YOU導入のメリット】
・採用コスト・人件費・間接コストがゼロ!
・専属アシスタントが窓口で業務を集約!
・採用率1%の難関を制した、優秀なスタッフがチーム体制でサポート!
・雑務の時間をなくし、コア業務に集中できる!
・最短3日で、アシスタントの導入を実現!
・継続利用率97%以上の実績!

【対応可能業務】

■オンライン業務例
・請求書や見積書
・決算書の作成
・資金調達用資料の作成など

■オフライン作業
・交通費精算
・注文受発注整理
・振込業務など

【公式サイト】HELP YOU

Q-TAX 経理代行センター

Q-TAX 経理代行センターは、支援企業300社以上という
実績を持っています。

経理業務全般以外に、社会保険関連のサポートも請け負ってくれます。
また、提携・協力関連企業と連携し、金融商品の開発や保証制度、
融資の事前照会なども行っています。幅広くサポートしてくれるので、
とても便利です。

【公式サイト】Q-TAX 経理代行センター

まとめ

企業内での様々な課題を、寄り添ってサポートしてくれる
経理代行サービスをご紹介しました。

経理代行サービスの利用には、

・人件費の削減
・コア業務へ集中できる
・経理のプロによる的確な作業が期待できる

などのメリットがあります。

その反面、

・書類の外部流出への不安
・データ受け渡しなどの物理的なタイムラグ
・知識が社内に蓄積されない

などのデメリットもあります。

まずは、企業内で経理業務のどの部分が課題であるかを
明確にしましょう。

また、代行サービスに委託する際は、作業に関して透明性があり、
連携しながら業務を遂行してくれる会社選びが、安心かつ重要です。

HELP YOUでは、チームで業務をサポートし、企業に寄り添ったサービスを
提供しています。社内の経理業務のみならず、手が付けられていない業務も、
委託して頂けます。

なにを依頼できるのかといった際も、まずは、ご相談ください!
 

間接部門をコストセンターから脱却させる3ステップ!生産性向上のヒントを公開

貴社の 生産性向上診断付き!
Saasツール導入とアウトソース化による生産性向上事例


日本企業が抱えている「生産性」の停滞、人手不足といった問題。
2030年には日本全体で約700万人の人材不足が予測されています。
そうした状況の中でも伸びている会社とはどういう会社なのか。

「今ある労働力をどう最大化させるか」「新しい労働力をどう確保するか」の観点からどうすれば伸びる会社となるのか、具体的な取り組みをご紹介します。



今回は間接部門と言われるバックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)に焦点をあて、

・業務のアウトソース
・ITツール導入による業務の効率化・情報のデータ化
・雇用形態の多様化を導入

のステップで間接部門の生産性向上を図る取り組み例をご紹介します。

今、注目されている生産性向上の一手段として、参考になれば幸いです!