経理アウトソーシング事例からわかったメリット・デメリット!料金相場や選び方も解説

「経理業務に手をとられてメインの業務に十分な時間をかけられない」

「経理担当者が急にやめてしまったけれど、引き継ぎや新規採用にかけられる時間とお金が厳しい」

そんな悩みを抱えている企業の経営者・経理担当者はいませんか?その課題を解決する方法の一つが経理業務のアウトソーシングです。

今回は、経理アウトソーシングサービスのメリット・デメリットをはじめ、料金相場、外注先選びのポイントなどを紹介します

サービスを利用した実例もお届けするので、経理業務を外注・利用するイメージがわき、人手不足の解消や業務効率の改善に役立てることができます。増員や外注を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

 

経理アウトソーシングとは

経理アウトソーシングとは、経理業務を外注するということ。経理代行と呼ばれることもあり、サービスを依頼すると企業の経理業務の一部、または全てを代行してくれます。

経理とは、経営管理の略称で、経営を管理する仕事を指します。
会社が生み出した利益や資産、それらを生み出すために使った経費などのお金の流れを数値化し、決算書などの資料を作成したりする業務です。

会社のお金に関わる業務のため、その内容は多岐にわたり、経理部の仕事量は膨大で時間がかかります。
この状況を打開するべく、経理アウトソーシングを利用するケースも増加してきています

経理アウトソーシング業務内容

経理アウトソーシングの代行業者が対応している業務には、以下のようなものがあります。

  • 経費精算管理、記帳業務、データ入力
  • 管理業務(受発注管理、出荷在庫管理、売上管理などのデータ整理)
  • 各種作成業務
    (請求書、見積書、注文書、決算書、資金調達用、助成金申請用資料、事業計画書など)
  • 給与計算、年末調整
  • 会計システム仕訳登録
  • 領収書や書類のファイリング・整理
  • 書類の郵送 など

 

基本的な経理・会計業務から、アウトソーサーによっては経理関連のコンサルティングや、経理業務全般を請け負うところも。
また、実際に依頼する会社までスタッフを派遣して業務を行う場合や、オンラインで請け負う場合もあるなど、対応内容や業務スタイルはさまざまです。

アウトソーサーに依頼する前に、自社のニーズを満たすかどうか確認するようにしましょう。

経理アウトソーシングのメリット

さまざまな経理業務に対応している経理アウトソーシング。実際に利用すると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

経理アウトソーシングのメリット1.人件費のコスト削減

一つ目のメリットは、人件費のコスト削減が実現できる点です。

自社で経理担当者を採用する場合、給与はもちろんですが、採用・教育に対する時間や労力などのコストがかかっています。
経理アウトソーシングサービスを活用すると、社内の経理担当者にかけていたそれらのコストが不要になり、人件費を削減することができるのです

例えば、社内の経理担当者が異動したり退職した場合、新たに必要な人員を採用・確保し、教育を行います。引き継ぎ業務が発生すれば、引き継ぐ側・引き継がれる側、両方の時間と労力を費やすことになります。

しかし、経理アウトソーシングサービスを利用した場合、外注費はかかりますが、採用やその後の教育などのコストはかかりません

サービス導入時はどうしても引き継ぎが発生しますが、業務が稼働し始めれば、以降の引き継ぎはアウトソーサー内で行われるため、社内で時間や人手を割く必要はありません。

また、経理部は繁忙期と閑散期の差が大きい部署だといわれています。
経理アウトソーシングを導入すれば、必要なときに必要なだけ業務を行うことができるため、効率的にリソースを活用することも可能です。

経理アウトソーシングサービスの利用は、社内人件費の削減を可能にするといえるでしょう。

経理アウトソーシングのメリット2.専門家のスキルを利用

専門家のスキルを利用できることも、大きなメリットです。
アウトソーサーには経理業務に精通したスタッフが在籍しているので、正確で迅速な業務対応が期待できます

アウトソーサーに在籍しているスタッフは、専門的な知識と経験を有しています。
日々の業務のスピードとクオリティが高いのはもちろんのこと、経理のプロの視点から的確なアドバイスを受けることも可能です。

また、複雑な経理・会計に関する規制や法改正にも対応できるため、新しい情報のキャッチアップに時間や労力をかけることもありません

専門家のスキルを利用できることで業務品質が改善し、業務効率も向上
経理部門の効率化によって、直接利益を生み出す業務へリソースを回せるようになることも、うれしいポイントです。

経理アウトソーシングのメリット3.コア業務に集中できる

三つ目のメリットは、コア業務に集中できる点です。

経理アウトソーシングサービスに外注すると、自社の社員は売上に結びつくコア業務に時間と労力、予算を投入することができるようになります

経費の精算や仕分け入力、決算業務など、過去の実績をとりまとめる業務は、手順さえ決まっていればできてしまうノンコア業務です。

一方、投資戦略や買収戦略、予算策定や管理会計制度の構築など、まとめられた数値やデータを元に分析し、未来へとつなげる業務は、経理部門におけるコア業務。

ノンコア業務を経理アウトソーシングに外注し、これまでノンコア業務を担当していた社員にコア業務を任せれば、会社の成長や売上につながる業務にリソースを集中することができます。

コア業務へ人材や時間、資金を集中させることは、自社の成長と、独自性を高めることにつながります
経理アウトソーシングの導入によって、企業収益の向上にも貢献できるのです。

経理アウトソーシングのデメリット

人件費の削減や専門家のスキル利用、コア業務への集中などのメリットがある経理アウトソーシング。反対に、デメリットも確認しておきましょう。

経理アウトソーシングのデメリット1.経理業務をマニュアル化する必要がある

デメリットの一つとして、経理業務をマニュアル化する必要がある点があげられます。
アウトソーサーに業務を委託する際に、業務の流れやルールなどを引き継げるよう、マニュアルを作成しなければなりません。

経理業務は、企業によって進め方や決まりごとが異なるケースが多々あります。
使用しているソフトや書類の書式なども、社内独自のルールである場合も。

できるだけ業務をスムーズに進めるためには、アウトソーサーが経理部の業務を理解できるよう分かりやすくまとめておく必要があります。

経理業務のマニュアル化は、業務の管理や効率改善においても重要な作業です。

マニュアル化する時間や人手が足りない場合は、業務フローの見直しや作業の整理を含めて請け負ってくれるアウトソーサーを検討するのも一つの手です。

経理アウトソーシングのデメリット2.セキュリティー

二つ目のデメリットは、セキュリティー問題です。

経理業務を外注するということは、自社の情報を外部に出すということ。社内で対応する場合に比べると、情報漏洩のリスクが高くなるのは否めません。

データの持ち出し方法に不備があったり、外部の人間による不手際があったりすれば、情報漏洩のリスクは一層高くなります。

経理アウトソーシングを利用する際は、情報セキュリティーのしっかりした企業を選び、担当者にもセキュリティーについてきちんと教育することが重要です。

経理アウトソーシングのデメリット3.自社にノウハウが残らない

自社にノウハウが残らないのも、経理アウトソーシングのデメリットといえます。

アウトソーサーに業務を任せると、その業務に関わる社員が減り、社内に経理業務に関する知識やノウハウが蓄積されなくなります。

これは、何らかの事情でアウトソーシングの利用をやめてしまった場合に大きなリスクとなります。

アウトソーサーに任せていた業務をいざ自社で対応せざるを得なくなると、業務の進め方やコツ、経理知識がないために、スピードやクオリティが落ちてしまいます。

アウトソーサーの作業を確認することで業務知識を蓄積したり、定期的に業務マニュアルを双方で確認するなどして、業務手順や内容がブラックボックスにならないように気を付けましょう

また、経理に携わる社員を育成するサービスを行っているアウトソーサーもあるので、内製化も視野に入れている場合は検討してみるのもおすすめです。

経理アウトソーシングの料金相場

経理アウトソーシングサービスのメリットとデメリットを紹介しました。

さて、実際に経理アウトソーシングサービスを導入するとなった場合、多くの人が心配するのが費用ではないでしょうか。
実際、「本当にコストダウンできるのか」「逆に負担が増えるのでは?」など、不安な声も聞こえてきます。

経理アウトソーシングの料金相場を見ていきましょう。

【経理アウトソーシングの料金相場<一例>】

■税務相談 ※税理士のみ
5,000〜10,000円/1時間

■税務書類作成 ※税理士のみ
20,000〜50,000円

■確定申告代行 ※税理士のみ
・所得税の確定申告:50,000円〜
・法人の決算申告:15万円〜

■記帳代行
5,000〜50,000円(1仕訳あたり50~100円)

■給与計算代行
・基本料金:5,000〜10,000円
+社員1名あたり1,000〜2,000円

参照:税理士をもっと身近に税理士ドットコム経理・決算「経理アウトソーシングの費用 – 料金相場や委託先の選び方」

経理アウトソーシングの料金相場は、依頼する業務によって異なります。自社が必要としている業務と予算とのバランスなど、状況を鑑みて選択するようにしましょう。

経理アウトソーシング選びのポイント

経理アウトソーシングのメリット・デメリットと料金相場はわかっても、いざ外注先を選ぶとなると、難しいですよね。

前述したように、経理アウトソーシングとは、経理業務の一部、または全てを一括して他社に任せる経営手法のこと。

業務を請け負う企業をアウトソーサーと呼びますが、数あるアウトソーサーの中から自社に合う業者を選ぶのは至難の業……。

ここでは、経理アウトソーサーを選ぶ際のポイントを3つ紹介します。

経理アウトソーシング選びのポイント
1)コスト
2)納品スピード
3)過去の実績

経理アウトソーシング選びポイント1.コスト

経理アウトソーシング選びのポイント一つ目は、コスト。すなわち費用対効果です。
現在、経理部門にかかっているコストとアウトソーサーを利用した場合のコストを比較して、どれだけ費用を抑えられるのか、という観点は非常に重要です

ただ安ければいい、より大きなコストがカットできればいい、というわけにはいきません。
自社が依頼する業務にどれほどの品質と信頼性が必要かを明確にし、それに対してかけられる費用とのバランスを考慮するようにしましょう

例えば、資産管理や融資の相談などの業務になると、公認会計士や税理士など、専門性が求められます。
また、売上管理なども、業種・業態によっては独自の手法が必要なケースもあり、そうした特殊な経理業務にはプラスアルファのコストがかかる可能性があります。

経理アウトソーシングサービスを検討する理由の一つに、「コストの削減」をあげる企業も多いと思います。

だからこそ、まずは社内でどこまでを外部に依頼するのか、どれほどの品質が必要なのかを洗い出し、コストパフォーマンスを最大限発揮できるアウトソーサーを検討するようにしましょう。

経理アウトソーシング選びポイント2.納品スピード

二つ目のポイントは、納品スピードです。
アウトソーサーがどのようなスケジュール感で業務を行うのか、きちんと確認しておきましょう

契約内容や業務によっては、担当者が社内におらず、即時対応やイレギュラーへの対応が難しいケースがあります
その場合はどのようなスピードで対応できるのか、料金はどうなるかもチェックが必要です。

経理アウトソーシング選びポイント3.過去の実績

過去の実績も、経理アウトソーシング選びの重要なポイントになります。

過去の実績は、そのアウトソーサーのクオリティと信頼度を表します
これまでにどのような業務を請け負ってきたのか。委託件数はどれくらいか。顧客のサービス継続率はどれくらいか。
これらの項目で、業務のクオリティと、アウトソーサーへの信頼度が判断できるといえます。

また、どのようなセキュリティー対策に取り組んでいるのか、過去に問題が起こっていないか、という点もチェックしておきたい項目です。

データの受け渡しには専用のサーバーや暗号化などの対策を行ってるか。スタッフのセキュリティ水準は高いか。外部にデータが持ち出せないような作業環境になっているか、など、事前に確認しておきましょう。

経理アウトソーシングHELP YOU活用事例

次に、実際に経理アウトソーシングサービスを利用した例を紹介します。

3例とも、HELP YOUの経理アウトソーシングサービスを活用いただいたお客さまの実例です。
依頼できる具体的な作業内容や、削減できる工数など、ぜひ参考にしてみてください。

経理アウトソーシング事例1.領収書整理業務

【障害者社会就労支援事業さまのケース】

■お客さまからのコメント

例月より5日ほど早く、工数も抑えて月次を締めることができました!月次決算の負担も減り、大変助かりました。

■ご依頼いただいた業務
・領収書原本の整理(クレジットカード分、現金分)
・Excelデータへの記帳
・領収書原本のファイリング

■経理アウトソーシング導入後のお客さまタスク
・HELP YOUへ依頼
・領収書原本発送
・確認作業

以前までの対応工数 導入後の対応工数 削減できた工数
30時間 5時間 25時間

 

経理アウトソーシング事例2.給与計算業務

【インターネットサービス企画運営企業さまのケース】

■お客さまからのコメント

振込などの細かな事務作業の時間が削減できました。月初の忙しい時期に、その他の業務に専念できるようになりました

■ご依頼いただいた業務
・タイムカードのデータを整理、給与計算・請求書作成
・給与受取者への確認依頼
・振込作業
・計上売上シートを整理、請求書の格納

■経理アウトソーシング導入後のお客さまタスク
・HELP YOUへ依頼
・確認作業

以前までの対応工数 導入後の対応工数 削減できた工数
2時間 10分 1時間50分

 

経理アウトソーシング事例3.補助金申請業務

【建築業者さまのケース】

■お客さまからのコメント

記載事項の不明点と必要な書類をまとめてお知らせしてもらえるので、申請作業が非常に楽になりました。作業時間が短縮されたために営業に回す時間が増え、受注数が増加しました

■ご依頼いただいた業務
・申請事項確認、申請書類ダウンロード
・必要事項記入
・その他必要書類まとめ

■経理アウトソーシング導入後のお客さまタスク
・HELP YOUへ依頼
・確認作業、その他必要書類整理

以前までの対応工数 導入後の対応工数 削減できた工数
4時間 40分 3時間20分

 

経理アウトソーシングはHELP YOUへ

HELP YOUでは、経理アウトソーシングとして「経理業務サポートサービス」を提供しています

HELP YOUのしくみ

HELP YOUは、さまざまなスキルを持ったアシスタントがお客さまの業務をサポート・代行する業務効率化サービスです。
幅広い対応業務範囲の中から、お客さまの課題に合わせて、請け負う業務をカスタマイズすることが可能です。

経理業務サポートサービス」は、HELP YOUの中でも経理業務に特化したサービスです。
決済手続き書類作成や経費管理記帳、給与計算明細書作成、請求書発行、ツール導入サポートなど、さまざまな経理業務に対応しています。

例えば、証憑の仕訳業務の場合、顧問先から受領した証憑書類をHELP YOUが現場で処理。お客さまは郵送の手間がかかりません。

【経理業務サポートサービス】の特長
・経験者のチームで経理業務をサポート!引き継ぎ不要、スピーディな対応が可能
・書類作成からツール導入まで!オンライン・オフラインともに対応

HELP YOUの料金

■初期費用:無料

■月額料金:10万円~(契約時間による)

お客さまの悩みやニーズに応じて、タスクの棚卸と対応業務の決定、最適な体制をご提案いたします。
導入前のご相談は無料で受け付けていますので、お気軽にお問合せください

まとめ

経理アウトソーシングのメリット・デメリットと、料金相場やアウトソーサー選びのポイント、活用事例などを紹介しました。

経理アウトソーシングサービスの導入は、コストの削減、コア業務への集中など、企業の成長をしっかりと支えるための大きな力となります。

また、会社で扱うお金に関わる重要な業務だからこそ、経理アウトソーシングの専門的なスキルによって、自社の経理業務をよりブラッシュアップできることも大きな魅力です。

経理アウトソーシングは、大企業や経理担当者が少ない企業だけでなく、中小企業やスタートアップ企業にとっても、リソース不足や業務効率の向上を実現する有効な手段といえるでしょう

経理アウトソーシングサービスを上手に活用して、コア業務に集中し、利益拡大を目指していきましょう!

経理代行と記帳代行の違い | あなたに必要なサービスはどっち?

中小企業こそ経理をアウトソーシングするべき理由と、メリット・デメリット

経理業務はHELP YOUにおまかせ

経理業務をまるごとアウトソーシング


膨大な時間がかかる上に、知識を必要とする経理業務。
毎月・毎年発生する作業に追われて、大事な業務に手が回らなくなっていませんか?

「大量の仕訳作業が大変」
「本当はもっと別のことに時間を使いたいのに…」
「できればプロに任せたいけど、どうやって依頼すればいいの?」

このようなお悩みを抱える方のため、HELP YOUでは経理業務のアウトソーシングサービスを行っています。

 

HELP YOUに経理業務をアウトソーシングすると


◎領収書のデータ入力や請求書発行など、あらゆる経理業務が片付く
◎現状の課題から最適なフローを導き出し、業務効率化も実現
◎経理業務の負担が減ることで、コア業務に集中できる環境が整う


HELP YOUは一緒に課題を解決するパートナーとして伴走し、貴社の業務効率化を実現します。クライアント様への導入実績は500以上。

この機会にアウトソーシングを導入し、自社の価値創出に注力しませんか?
ご興味のある方は、ぜひ無料相談をご利用ください。