経理代行と記帳代行の違い | あなたに必要なサービスはどっち?

経理に関する代行サービスは、「経理代行サービス」「記帳代行サービス」がありますが、この二つのサービスの違いをご存知でしょうか。この2つのサービスは名前も似ているので、サービス内容の違いがわかりにくいかもしれません。

現在ではさまざまな代行サービスがあり、経営者にとっては便利な時代になりました。しかし、代行サービスを利用する際はサービス内容をしっかり理解する必要があります。代行サービスを契約したあとに、「依頼したかった業務に対応してもらえない」となる事態は避けなくてはなりません。

この記事では、「経理代行」「記帳代行」、それぞれのサービスの違いをわかりやすくご説明します。経理業務のアウトソースを検討しているものの、どのサービスを選ぶべきか決めかねている方は必見です。

 

記帳代行サービスに依頼できる業務内容

まずは、記帳代行サービスを使って依頼できる業務内容から確認してみましょう。

 

会計ソフトへの入力業務

記帳代行サービスの中心は会計ソフトへの入力作業です。

年度末に行う決算申告のためには、毎日の取引を帳簿に記録する必要があります。記帳代行サービスは、「領収書」「請求書」「通帳コピー」など、取引がわかる資料を顧客企業から預かり、取引記録を会計ソフトへ入力を行ってくれるものです。

日々発生する取引を、正しい仕訳科目に振り分けるためには、簿記に関する知識が必要となります。また、取引件数が多いと仕分数も増えるため、入力作業にかかる時間も長くなります。記帳代行サービスに依頼すると、毎月の経理業務にさく時間を大幅に減らすことができます。

また、記帳代行サービスのなかには、現金で支払った項目については顧客自身で入力を行ってもらうことで、格安の料金で代行サービスを提供しているところなどもあります。

 

帳簿作成業務

記帳代行サービスには帳簿作成業務も含まれます。記帳代行サービスに作成をお願いできる代表的な帳簿は次のようなものです。

現金の動きを管理する現金出納帳、預金口座のお金の出入りを管理する預金出納帳、売掛金や買掛金が発生するビジネスの場合は売掛残高一覧表買掛残高一覧表、毎月の経理処理に間違いがないかを確認するための試算表、そして全ての数値をまとめ上げる総勘定元帳などです。

法律の定めでは、会社の決算数値は年に一度報告を行えばよいとされています。しかし、多くの会社では月次決算を行います。これは、年に一度の決算では経営に関する数値の把握が難しいことや、月次決算を行うことで決算処理のミスを早期に発見して修正することができるためです。記帳代行サービスを利用すれば月次決算を効率的に行うことができます。

どのような帳簿作成がサービスに含まれるかは、代行業者によって異なることがあります。記帳代行サービスを利用する際は、サービス内容を必ず確認のうえ依頼するようにしましょう。

 

経理代行サービスに依頼できる業務内容

次に、経理代行サービスに依頼できる業務内容を見てみましょう。

 

記帳代行を含む経理数値の管理

経理代行サービスには、会計ソフトへの入力や帳簿作成などの「記帳代行サービス」の内容が含まれます。

さらに、経理代行サービスを使うと、データを入力して帳簿を作成するだけでなく、細かな精査作業までお願いすることができます。例えば、領収書や請求書などと現金出納帳の照合、支払いや入金が正しく行われているかの確認などを代行してもらうことができます。

他にも、請求書の発行やファイリング経理関係の資料作成など、幅広い経理業務の代行を依頼することができます。また、税理士法人が行っている経理代行サービスを利用すれば、決算書の作成法人税の申告まで丸投げすることも可能です。

 

振込や支払いの代行

振込みや支払いは、比較的単純な作業ではあるものの、忙しい毎日のなかで時間を確保することが難しいと感じていらっしゃる方も多いはずです。取引先への支払いだけでなく、従業員の給与振込も合わせると、毎月の作業量は多大なものになります。

この手間のかかる振込や支払いも経理代行サービスに依頼することが可能です。経理代行サービスは提出された請求書などをもとに、支払い予定表を作成します。支払い予定表とは、いつ・どこに・いくらのお金を支払う必要があるのかが明記されているものです。担当者は、この予定表にそって期日までに振込作業を完了してくれます。

また、多くの経理代行サービスは、インターネットバンキングを利用して、振込・支払い代行のサービスを提供しています。このため、現金を扱うことなく振込や支払いの代行をお願いすることができます。

 

経理代行と記帳代行の違いとは


経理代行と記帳代行、この二つのサービスの違いはどのようなものなのでしょうか。

 

記帳代行サービスは経理代行サービスに含まれる

ひと言でいうと、記帳代行サービスは経理代行サービスの一部です。経理代行サービスは、その名の通り経理業務全般を代行してくれるものなので、記帳代行サービスが扱う入力業務などもサービス内容に含まれます。

記帳代行か経理代行を選ぶためには、経理業務のなかでどの部分をアウトソースする必要があるのかを自社でまず整理する必要があります。

例えば、デイリーで発生する入力作業に追われて、コア業務に支障が出ているのであれば記帳代行サービスを利用することで改善できます。また、月次で発生する請求書の発行や支払い、給与計算などが負担になっているのであれば、経理代行サービスがおすすめです。アウトソースしたい業務を洗い出して、ご自分にあったサービスを選ぶようにしましょう。

 

費用面の違い

経理代行サービスと記帳代行サービスの違は費用面でも違いがあります。

記帳代行サービスは、経理代行サービスと比べてカバーされる範囲が狭いこともあり、低料金でサービスを受けることができます。月間の仕訳数に応じて料金が決まっていることが一般的です。月間の仕訳数が100仕訳までであれば1万円前後、300仕訳までであれば3万円前後が相場です。

一方で、経理代行サービスは記帳代行サービスの内容を含んだ、幅広い経理サービスのパッケージです。サービス内容によって料金も異なりますので一概にはいえませんが、記帳代行、請求書発行、給与計算などを含んだ平均的なサービスで月々4万円から5万円ほどかかります。また、税理士法人が提供している経理代行サービスを利用すれば、確定申告やコンサルティングまで依頼できますが、月々の費用は15万円前後になります。

記帳代行、経理代行ともに、パッケージに含まれていない業務を依頼するときには、オプション料金がかかることもあるので、事前に料金体系をしっかりと確認したうえで利用するようにしましょう。

 

おすすめの経理代行サービス

HELP YOU


「経理代行サービスの利用を検討しているけれど、日々の業務に追われていて業務フローの構築もまだ。うまく依頼内容が伝わるか不安だ。」という方には、オンラインアシスタントサービスの「HELP YOU」が提供する経理代行サービスがおすすめです。

「HELP YOU」には、幅広いスキルセットを持った優秀なアシスタントが多く在籍しています。提案力のある「HELP YOU」の代行サービスを利用するメリットには次のようなものがあります。

● 細かな指示出しをする必要がない。

● 大まかな依頼内容を伝えるだけで具体的なステップに落としこんでもらえる。

● 自社内の業務フローの整理をしてもらえる。

● 経理だけでなく、総務、営業サポート、人事/採用など他のバックオフィス業務も組み合わせて対応してもらえる。

細かい進捗管理から解放されて、浮いた時間をコア業務に充てることができるため、さらなる効率化をはかることができます。

「HELP YOU」の経理代行サービスでは次のような依頼が可能です。

● 請求書や見積書の作成

● 決算書の作成

● 資金調達用の資料作成

● 事業計画書の作成

● 受発注/在庫/売上の管理

● 会計データ入力

● クラウド会計ソフトの導入サポート

これらの他にも、書類のスキャンやファイリングなど、オフラインで発生する作業にも対応してくれます。

料金は月額8万円からです。料金は月間の工数(30時間)で決まっているので、経理をメインでお願いして、余った時間を他の業務にあててもらうという使い方もできますね。

【HELP YOU】: https://help-you.me/

 

Merry Biz


Merry Bizは経理代行に特化したアウトソーシングサービスです。簿記2級以上の資格や経理経験を豊富にもつ、プロのバーチャル経理スタッフが700名以上在籍しています。

スタートアップ企業から大手企業まで、完全カスタマイズされた経理代行サービスを提供していることが特徴です。

クラウド会計に強みがあり、対応している会計ソフトは17種以上。リモート環境の構築までしっかりサポートしてくれます。新しいソフトでも、導入の希望があれば対応してくれるというのがうれしいですね。

料金は問い合わせをすると見積もり額を提示してくれます。例えば、従業員数20~50名の企業であれば、月次決算・売上請求書発行と集計・支払いデータの作成と集計など、経理業務のほぼ全てを月々25万からでフルアウトソーシングすることができます。

【Merry Biz】https://merrybiz.jp/

 

おすすめの記帳代行サービス

HELP YOU


オンラインアシスタントサービスの「HELP YOU」には、記帳作業を中心に代行を依頼することもできます。

例えば、「1年分のたまった領収書を整理して入力する」という非常に労力のかかる作業を例にとってみましょう。海外出張などをしていれば、利用日の外貨レートも遡って確認が必要です。これを自社で行おうとすると約12時間もの作業時間がかかってしまいます。

でも、「HELP YOU」にお願いすれば、自社では上がってきた入力結果をチェックするだけです。チェックには1時間もかからないので、ういた11時間をコア業務にあてることができます。

さらに、HELP YOUはチーム力を強みとするサービスです。記帳業務もチームを組んで対応してくれるのでスピーディな納品が期待できるでしょう。既存顧客の継続度が97%ということからも、顧客満足度の高さがわかります。

【HELP YOU】: https://help-you.me/

 

日本記帳代行センター


日本全国の税理士・会計士事務所のネットワークによる格安記帳代行サービスです。

税理士事務所や会計事務所のアイドルタイム(無作業時間)を使って、記帳代行を行うことで、格安でサービスを提供していることが特徴です。

初期登録費用などは一切かからず、100仕訳までの記帳を驚きの4,800円でお願いすることができます。提携している税理士事務所を使って、確定申告や決算の代行サービスもオプションで依頼することができます。

送付した領収書などをもとに会計ソフトへデータを入力する際に、決算申告時に問題になりやすい点などについて無料でレポートをつけてくれるという嬉しいサービスもあります。経理担当者が一人の場合や、経営者自らが経理を担当している場合には心強いですね。

【日本記帳代行センター】: http://n-kdc.com/

 

まとめ


どんなビジネスでも必ず発生する経理業務。自社で行おうとすると多くの時間と労力がかかるため、アウトソースに向いている分野です。

日々の取引データの入力を中心に代行を検討しているなら記帳代行サービス、数値の管理や振込など幅広い経理業務の代行なら経理代行サービスに依頼しましょう。

経理業務では複雑な処理が発生することもあります。いつでも質問ができるところや、アフターケアもしっかりしている代行サービスを選ぶと安心ですね。

HELP YOUに問い合わせをする

HELPYOUが選ばれる理由


HELP YOUは、社員のノンコア業務を効率化することでコア業務に集中できる環境を作ることを目指しています。

もしこれから業務効率化を検討するのであれば、ぜひ一つの方法としてHELP YOUを検討してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUは、

・250社以上への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務から営業サポートまで幅広く業務サポートができる
利用継続率97%以上のサービス満足度

といった特徴があります。
無料相談も用意していますので、ぜひこの機会に業務効率化を検討してみてはいかがでしょうか?