インターネット調査(Web調査)とは?調査の流れや注意点を解説

デジタル化が進む現代社会において、インターネット調査(Web調査)は、企業が市場の動向を把握し、競争力を維持するための重要な手段として普及しています。
ただし、この調査を効果的に実施し、その結果を有効的に活用するためには、調査の実施方法や工程、そして注意すべき点を理解することが大切です。

この記事では、インターネット調査の基本的な流れと注意点を詳しく解説し、より効果的な調査とするためのヒントを提供します。

インターネット調査をこれから始める方、すでに実施している方も、ぜひ参考にしてください。

インターネット調査(Web調査)とは

web調査1

インターネット調査(Web調査)とは、ウェブ上でアンケートを配信し、その回答を解析する調査手法です。インターネットリサーチやネットリサーチ、Web調査やWebアンケート調査などと呼ばれることもあります。

この調査手法では、調査モニターに対してメールやウェブサイト上でアンケートを提示し、その回答をオンラインで収集します。そのため、地理的な制約が少なく、時間や場所を問わずに、大量のデータを迅速に収集することが可能です。

さらに、データの入力や集計の自動化も可能なため、調査の効率性が高いという特徴があります。

その効率性と広範囲性から、インターネット調査はさまざまな目的で利用されており、特に企業では以下のような目的で活用されています。

<インターネット調査の主な利用目的>

■市場理解と商品開発: 市場調査・マーケティングリサーチ、ブランド調査などは、市場の動向を把握し、新商品の開発や既存商品の改良に役立ちます。

■顧客理解と満足度向上:顧客満足度調査など、ユーザーからの評価を知り、商品やサービスの改善・改良や顧客ニーズの分析に活用できます。

■新製品の市場受容性と市場浸透率:新製品開発のための受容性調査(コンセプトテスト)や市場浸透率調査は、新たに市場に送り出す商品やサービスが消費者に受け入れられるかどうかを確かめ、対象とする市場全体に対してどれだけの顧客を獲得できたかを測ります。

■広告・キャンペーンの効果測定:広告やキャンペーンなどのマーケティング施策を実施した後に、広告や商品・サービスの認知度、購入に結びついた割合などを調べるために実施します。

 

インターネット調査の実施方法

インターネット調査の実施方法には主に2つの形式があります。
一つは「セルフ型」で、これは調査の設計から実施、分析までを自ら行う形式です。自社のコンセプトやアプローチ方法などに基づいて調査を行いたい場合に適しています。

もう一つの方法として、「調査会社に依頼する」形式があります。これは、調査の設計から実施、分析までを専門の調査会社に依頼するものです。専門的な視点や深い洞察を得たい場合に有効です。

インターネット調査(Web調査)の流れ

web調査2

基本的な調査の流れはセルフ型でも調査会社に依頼する形式でも同じです。
ここでは、インターネット調査(Web調査)を行う際の3つのステップを見ていきましょう。それぞれの重要なポイントを確認することで、より効果的な調査を実施できます。

調査設計

調査設計は、調査の成功にとって重要なステップです。ここでは、調査の目的を定義し、何を調査してどのような情報を得たいのかを明確にします。

さらに、調査の方法、対象者、期間、設問数などの具体的な内容を設計します。これらは調査の目的に基づいて設定し、特に調査項目の選定とサンプル数の決定は調査の質に影響を与えます。

調査票の作成

続いて、調査設計に基づいて調査票を作成します。調査票とは、調査対象者に提示する質問のリストのことです。設問は簡潔で分かりやすく、読み手によって解釈が異なるような曖昧な表現は避けましょう。

例えば、「最近」というような曖昧な表現は避け、「直近3ヵ月」のように具体的な時間枠を示す表現を使用します。これにより、回答者が質問の意図を正確に理解し、適切な回答を提供することが可能となります。

データ集計・分析

最後に、調査目的や用途に基づいて集計したデータを分析します。データ分析の基本的な手法には主に、「単純集計」と「クロス集計」があります。

単純集計は、一つの項目だけを対象にする分析方法で、「商品Aを購入した人数は何人か?」などの基本的な傾向や分布を把握するために使われます。

一方、クロス集計は、二つ以上の項目を組み合わせて見る分析方法です。「商品Aを購入した人々の中で、20代は何人、30代は何人か?」など、より詳細な情報を得るために使われます。

これらの手法を適切に使い分けることで、調査結果を深く理解し、有効に活用することができます。

▼関連記事

アンケート結果のまとめ方│アンケートの流れや集計方法も解説!

インターネット調査(Web調査)の注意点

web調査3

効果的なインターネット調査(Web調査)を行うためには、以下の3つの注意点を押さえておくことが重要です。

マルチデバイスに対応する

「パソコンのみ対応」のように回答可能なデバイスが限定されていると、回答者の範囲が狭まり、回答率が低下したり回答者の属性が偏ったりする可能性があります。

そのため、スマートフォンやタブレットなど、さまざまなデバイスから回答できるようにすることが重要です。これにより、より広範囲の対象者から回答を得ることができ、多様な意見や視点を集めることが可能となるため、データの正確性が向上します。

回答者の負荷を下げる

質問数が多い場合や回答に時間がかかる場合、回答者が途中で離脱する可能性があります。そのため、設問数を絞る、回答しやすい選択肢を提供するなど、回答者の負荷を軽減する工夫が求められます。 これにより、回答率の向上が期待でき、調査の質を高められます。

調査データを有効活用する

調査で集めた回答は、企業にとって重要なデータ源となります。
インターネット調査の目的は、単にアンケート調査を実施することではなく、得たデータを分析し、その結果を自社のマーケティング課題の改善や競争力のある商品・サービスの開発に活用することです。

しかし、限られたリソースの中で、企画や分析などのコアな業務に集中することは難しいかもしれません。そんな時は、データ集計やレポート作成などの手間がかかる業務を他者に委託することが有効な戦略となります。

アウトソーシングサービスを利用すれば、リサーチをはじめとするデータ集計やレポート作成、資料作成などのノンコア業務を任せられます。
これにより、企業は自社のコアビジネスに集中でき、調査結果をスムーズかつ効果的に活用して、自社の成長と成功を追求することが可能となります。

オンラインアウトソーシングの「HELP YOU」

HELP YOU

企業がインターネット調査(Web調査)の企画や分析などのコア業務に集中するためには、それ以外のノンコア業務の効率化が有効です。
「HELP YOU」はノンコア業務を代行し、企業がコア業務に集中できるように支援します。

HELP YOUの特徴

HELP YOUは、株式会社ニットが運営するオンラインアウトソーシングサービスです。
優秀なスタッフがクライアントをトータルサポートし、社員がコア業務に集中できる環境づくりを支援します。

【HELP YOUのプラン】
<チームプラン>
お客様の窓口となるディレクターが、業務の遂行に必要なスキルを持つアシスタントを集め、チーム制でサポートするプランです。

チームプラン4つの強み
1.厳しい採用プロセスをクリアした「優秀なアシスタント」
2.チーム制なので欠員があっても業務が滞る心配なし!長期的な依頼が可能
3.さまざまな業務の依頼でも窓口は一つで簡単!頼れる「専属ディレクター」
4.海外在住の日本人スタッフによる時差を活用した夜間帯業務も可能
 

チームプランの主なサービス内容
HELP YOUには、さまざまなスキルを持った優秀なメンバーが多数在籍しているため、幅広い業務の依頼が可能です。

■総務業務:出張手配、スケジュール調整、名刺作成、データ整理など
■経理業務:入金管理、支払業務、請求書発行など
■人事・採用業務:求人票の作成、書類審査管理、セミナー会場手配など
■営業サポート業務:会議資料作成、データ収集、KPI管理、経費申請など
■マーケティング業務:SNS投稿、メルマガ作成、アンケート集計など
■ECサイト業務:売上管理、商品管理、サイト管理、ニュースリリース作成など
※各サービスは、お客様のご要望によって組み合わせが可能です。

料金
月額:10万円~/実働時間:30時間~(税抜)

 

チームプランに加え、固定の専属アシスタントが業務を柔軟にサポートする「1名専属プラン」も提供しています。

「どんな業務をどこまで依頼できるか」「自社にはどのプランが適しているか」など、ご質問はメール・電話にて無料で承っております。ぜひお気軽にお問い合わせください!

 

HELP YOUのリサーチ代行事例

三井不動産ビルマネジメント株式会社における、HELP YOUのリサーチ代行事例をご紹介します。

リサーチ業務の外注でタイパ(タイムパフォーマンス)が向上

三井不動産ビルマネジメント株式会社は、プロパティマネジメントとソリューションサービスを展開しています。新規事業開発に伴うリサーチ業務が増え、それがコア業務への集中を妨げてしまうという課題がありました。部署の人員減少により、この課題は一層深刻化。

そこで、HELP YOUのリサーチ代行サービスを導入。これにより、リサーチ業務の負担が軽減され、コア業務への集中が可能に。

さらに、HELP YOUの専門知識とスキルによってリサーチ業務の速度と品質が向上し、迅速かつ正確な情報を得ることができました。これにより、意思決定の精度が向上し、全体の業績も向上したということです。

インターネット調査(Web調査)のメリット

web調査5

インターネット調査(Web調査)には、その特性から多くのメリットがあります。

スピーディーに調査できる

インターネット調査は、その時間効率の良さから優れた調査手法と言えます。専用のアンケートシステムを利用することで、調査対象の選定からアンケートの実施、そして回答の収集までを短時間で実施できます。

このような迅速なデータ収集は、素早い意思決定を支援し、ビジネス環境の急速な変化に対応する能力を強化します。

低コストで実施できる

インターネット調査は、従来の郵送調査や街頭調査に比べて低コストで実施できます。
郵送調査や街頭調査では、物理的な資料の作成、配布、回収などに手間とコストがかかりますが、インターネット調査ではこれらが不要です。

さらに、郵送調査や街頭調査では多くの人的リソースが必要となる一方、インターネット調査ではその点も軽減されます。

ターゲットを絞り込みやすい

インターネット調査では、スクリーニング調査(調査対象者を選別するための事前調査)が不要なため、調査をより効率的に進められます。

これは、アンケートシステムがモニターパネル(性別、年齢などで事前に分類された調査対象者のデータベース)を含んでいるからです。
これにより、特定のセグメント(特定の属性・ニーズを持つ顧客群)を対象とした調査を行う際、適切なターゲット層を簡単に抽出することが可能です。

データ分析がしやすい

インターネット調査では、回答がデジタルデータとして収集されるため、アンケートが回収された直後からすぐに分析を開始できます。
また、デジタルデータは、さまざまな形式で表示・分析・共有できるため、データの可視化や深層分析が容易に行えるというメリットもあります。

インターネット調査(Web調査)のデメリット

web調査6

インターネット調査(Web調査)は多くのメリットがありますが、同時に注意が必要なデメリットも存在します。

ターゲットが偏りやすい

インターネット調査は、インターネットを利用している人々に対してのみ実施可能な手法です。そのため、インターネットを利用していない人々は調査対象から除外され、サンプルが特定の層に偏る可能性があります。

この問題を解決するためには、郵送調査や電話調査、街頭調査などの他の調査方法を併用することが有効です。これにより、より広範な層をカバーし、調査対象者の偏りを減らすことができます。

虚偽の回答が混入する可能性がある

インターネット調査では、回答者の匿名性が保たれるため、一部の人がそれを利用して虚偽の回答を提供する可能性があります。特に、謝礼や報酬を目的とした場合、正確な情報よりも回答の量を増やすことに重きを置く傾向があります。

この問題に対処するためには、調査設計の段階で適切な対策を講じることが重要です。例えば、一貫性のない回答をフィルタリングするための質問を設けたり、複数の調査方法を組み合わせたりすることで、調査の精度を向上させることができます。

まとめ

web調査7

インターネット調査(Web調査)は、市場の動向を把握し、競争力を維持するための重要なツールであり、その効率性と広範囲性からさまざまな目的で利用されています。
しかし、忙しい日々の中で分析結果を最大限に活用することは難しい場合があります。

このような課題を解決するために、アウトソーシングの導入が有効な解決策となります。
アウトソーシングを利用すると、リサーチやデータ集計、分析、レポート作成、資料作成などの補助業務を外部に委託でき、企業は自社のコア業務に集中することが可能となります。

インターネット調査を効果的に行い、その結果を最大限に活用するために、アウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

▼関連記事

リサーチ代行サービス10選!費用相場やメリットも解説

アンケートデータの入力・集計代行の流れと費用相場を解説!

データ入力代行サービス10選【事例あり】|比較ポイントや料金を徹底解説

マーケティング作業はHELP YOUへ

マーケティング作業に追われていませんか?


「作業が立て込み、パンク寸前…」
「作業効率を上げる方法がわからない…」


HELP YOUはマーケティング作業に追われて、お困りの皆様を迅速にサポートいたします。

HELP YOUの3つの特徴


HELP YOUはオンライン上での業務代行だから、

【特徴1.】直接雇用や人材派遣と比べて圧倒的に費用が安い!
業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間もコストもかかりません。

【特徴2.】働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数在籍!
人材が担保されているので、長期的な業務依頼も可能です。

【特徴3.】チーム制だから複数業務のアウトソースの一括対応が可能!
専属ディレクターが付くので、複数の業務を一括で依頼をすることができます。

これまでに700以上のクライアント様に導入いただきました。
相談は無料です。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

※導入費用は0円。月額費用のみで、無駄なコストは発生しません。
お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)