市場調査のやり方とは?リサーチの手法や代行サービスを紹介!

競合他社との競争が激しさを増す中、市場調査を通じて自社の商品・サービス・顧客などを知り、マーケティング活動に活用することは自社の事業拡大・課題克服に非常に重要です。

しかし、市場調査の必要性は理解しているものの、やり方がわからずに手つかずの状態になっている企業もあるでしょう。

この記事では、さまざまな市場調査の手法とやり方、最後におすすめの市場調査代行サービスをご紹介します。

この記事を読むことで自社の課題を見つけ、最適な市場調査の実施が可能になります。

市場調査とは

市場調査とは

市場調査とは、企業が自社の商品・サービス・事業の適切な意思決定を行うべく、市場や顧客ニーズなどを調査・分析することです。
市場調査による情報収集は、自社・競合他社だけでなく業界全体の動向把握にまで及びます。

インタビューやアンケートなどの市場調査によって得た情報を分析することで、商品開発・マーケティング・販売促進・カスタマーリレーションシップの強化などに活用できます。

市場調査の目的

企業が市場調査をする目的・解決したい課題はさまざまです。

一般的には、市場調査を行うことで市場のトレンドや顧客ニーズなどの情報を得て、マーケティング施策などに活用します。

幅広く情報を収集・分析し、データに基づく施策を実行することで、自社ビジネスを成功に導く確度を上げることが、市場調査の主な目的といえるでしょう。

市場調査とマーケティングリサーチとの違い

市場調査と同様の意味で使われる用語に「マーケティングリサーチ」があります。

両者を時間軸で区切って捉えると、過去から現在までに至る市場からの調査結果・動向を知り、マーケティング施策を検討することを「市場調査」。
そうした情報をもとに未来の需要・動向を予測し、戦略を練ることを「マーケティングリサーチ」と呼ぶことがあります。

マーケティングリサーチの一部が市場調査との見方もありますが、実際のビジネスではいずれも「市場調査で得た情報を活用し、自社の商品・サービスに役立てたり事業戦略を構築したりして、自社ビジネスの拡大を目指す」ために行う活動を指します。

市場調査の代表的な手法

市場調査の代表的な手法

市場調査の代表的な2つの手法を解説します。

定量調査

市場調査の一つ目の代表的な手法が「定量調査」です。
アンケートなどを通じて数値化できるデータを収集します。

調査対象者から明確な数・量の情報を収集・集計できるため、市場の傾向の把握・属性による違いなど、情報の統計的な把握が可能です。

大勢の対象者に同じ質問をするアンケートを用いると、大量の情報を得られるだけでなく、調査結果が一目瞭然になります。分析が比較的容易で費用対効果の高い手法といえます。

グラフなどで可視化することで、情報の共有が容易なのもメリットでしょう。

【アンケート調査】
アンケート調査は定量調査の代表的な調査方法です。
事前に質問を羅列したアンケートを作成。対象者が回答します。市場の傾向把握などに適しています。

Google フォームなどを活用したインターネット調査が現在の主流です。他にも、以下のような調査方法があります。

・インターネット調査
インターネットを利用したアンケート調査。回答がデータ化されているため、集計しやすい
のがメリットです。

・電話調査
電話によるアンケート調査。口頭で回答を聴取し、調査終了後にデータ化します。

・会場調査
会場を準備し、対象者に来訪してもらいます。新商品のサンプル段階などで実施することが多く、対象者に実際に体験してもらい評価を聴取・データ化します。

・郵送調査
対象者にアンケート用紙を送付し、回答を返送してもらいます。回答のデータ化に時間を要します。

定性調査

数・量では表せない情報を得るために行うのが「定性調査」です。

当初想定していなかった自社商品・サービスなどの課題やメリット・デメリットなどを顕在化させます。新しい着眼点を得られるため、商品の改良の際などに役立ちます。

インタビューや座談会などで具体的な情報が得られる一方、多数の対象者から情報を得るのが難しい側面もあります。

【インタビュー調査】
調査する側とされる側がコミュニケーションを取りながら行う調査方法で、最近ではオンラインで行われることもあります。

話の流れ・場の雰囲気などに合わせて臨機応変に質問を変えられるのがメリット。上手にインタビューを進めることで、対象者の好みなど数値化しにくい情報を得られます。

定量調査に対して対象者は少なくなるため、調査に時間を要する傾向があります。

・デプスインタビュー
1対1で行うインタビュー調査。
他者に内容を聞かれないため、聞きにくい内容を聴取する際に多用されます。対象者とコミュニケーションを図りながら進めていくため、情報収集に時間がかかる傾向があります。

・グループインタビュー
複数の対象者に対して座談会方式で行うインタビュー調査です。
定性的な情報を複数人から得られますが、1人の対象者の意見に他の対象者が同調してしまうケースがあるため、インタビュアーには進行のスキルが求められます。

定量調査と定性調査の違い

定量調査と定性調査の特徴や違いを表にまとめると、以下のようになります。

定量調査では、アンケート等を使って数値化できるデータを不特定多数に向けて調査します。
一方の定性調査では、インタビュー等を使って数値化できないデータを少人数に向けて調査します。

 
定量調査と定性調査の特徴を比較表

市場調査のやり方

市場調査のやり方

市場調査を実際どのように行えばよいのでしょうか。順を追ってやり方を解説します。

調査の目的を明確にする

市場調査における目的の明確化はもっとも重要なステップです。

自社に内在する解決すべき課題が明確になっていないと調査の内容にブレが生じ、最終的に求める結果を得られません。

  • 企業としてどういう結果を得たいのか(何のために行うのか)
  • 調査結果をどのように役立てるのか

上記を掘り下げることで市場調査を行うべき目的を明らかにします。

例えば、「次期の売上予算達成を目指し、既存商品の売上を対前年10%アップさせるために、商品の課題解決・販売方法の見直しを図るべく市場調査を実施する」という具合です。

以下のようなケースが一般的に市場調査を行う目的です。

【商品開発】
対象者のニーズ・アイデアを知り、新商品の開発を行います。
消費者の商品に対する課題や不満を市場調査によって顕在化させることで改良・開発に役立てます。

【市場の分析】
対象者の購買動向・ニーズ・消費者心理などの調査を定期的に行い、市場環境の変化を捉えます。市場変化に即した体制づくり、事業戦略の構築に活用します。

【マーケティング戦略の見直し】
企業広告などを通じて顧客・消費者と関係を構築できているか、どのようなコミュニケーションを図り、どのような関わり合いがあるのかを計ります。
自社のターゲットとなる顧客・消費者について把握できます。

調査内容を決める

調査の目的が明確になったら、その目的に最適な調査内容を決定します。

  • 調査手法
  • 調査対象
  • 質問項目

上記3つの要素を中心に調査の詳細を設計します。

中でももっとも重要なのが調査方法です。前述の定量調査か定性調査か両者を組み合わせるべきか。
さらに、アンケート形式にするかインタビュー形式にするかなど、具体的に欲しい情報・導き出したい結果に適した手法を選択します。

調査手法の大枠を決定した後に、調査対象(属性・人数)や情報を得るために必要な質問を検討します。

  • 対象者が質問を理解できるか
  • 質問量は適切か
  • 回答時間は適切か
  • 対象者全員が回答できるか(選択肢が適切か)
  • 質問の順番は問題ないか

質問について詳細を決めておくことで調査の精度がアップします。

そして、調査期間・調査費用の検討も市場調査の成果を最大化させる重要な要素です。
自社の目標達成までの道のりをスケジュール化し、準備・調査・分析・意思決定といった各工程に落とし込み、調査期間を決定します。

専門的な調査内容は市場調査代行サービスアウトに委託した方がよい場合があるので、その費用も念頭に入れておきましょう。

調査を実施する

設計した調査内容に即して市場調査を実施します。
対象者への質問の過程で、自社が求める回答に無意識に誘導してしまうことがあるため注意が必要です。

バイアスがかかった調査結果は企業の意思決定に影響を及ぼします。回答に偏りがないよう意識して調査を行いましょう。

データの分析・検証を行う

調査の実施のみで満足せず、調査後はその結果を自社の目的達成(課題の改善)に活かす必要があります。

具体的には、自社に最良の意思決定・アクションができるように調査結果を集計・分析し、仮説の立案・検証を繰り返し実施します。

調査結果を分析する際には、分析が細かくなりすぎて大局が見えなくなってしまうことのないよう、市場調査の目的を常に認識し、スピード感のあるアクションを心がけましょう。

専門性を要する分析・検証が必要な場合は外部の市場調査代行サービスの活用も一案です。

おすすめの市場調査代行サービス5選

おすすめの市場調査代行サービス5選

ここまで市場調査のやり方を解説しましたが、安心して調査業務を委託できるおすすめの市場調査代行サービスを5つご紹介します。

HELP YOU(株式会社ニット)

HELP YOU

HELP YOU」は、株式会社ニットが運営するオンラインアウトソーシングサービスです。

クライアント企業の社員の方々がコア業務に集中できる環境づくりを支援すべく、優秀なスタッフがトータルでサポートします。

【HELP YOUの料金プラン】
<チームプラン>
窓口であるディレクターが業務の遂行に必要なスキルを持つアシスタントを組織し、チームでサポートします。

  • 月額料金:10万円
  • 実働時間:30時間

その他、固定の専属アシスタントが業務を柔軟にサポートする「1名専属プラン」、RPAツールを用いて自動化が可能な定型業務をロボットがサポートする「ロボットプラン」など、ニーズに合わせたプランをご提供しています。

【チームプランの4つの強み】
1.厳しい採用プロセスをクリアした「優秀なアシスタント」
2.「チーム制」なので欠員があっても業務が滞る心配なし!長期的な依頼が可能
3.さまざまな業務の依頼でも窓口は一つで簡単!頼れる「専属ディレクター」
4.海外在住の日本人スタッフによる時差を活用した夜間帯業務も可能

【チームプランの主なサービス内容】
HELP YOUには、さまざまなスキルを持った優秀なメンバーが多数在籍しているため、幅広い業務の依頼が可能です。

■マーケティング:アンケート集計、SNS投稿、メルマガ作成など
■総務:出張手配、スケジュール調整、名刺作成、データ整理など
■経理:入金管理、支払業務、請求書発行など
■人事・採用:求人票の作成、書類審査管理、セミナー会場手配など
■営業サポート:会議資料作成、データ収集、KPI管理、経費申請など
■ECサイト:売り上げ管理、商品管理、サイト管理、ニュースリリース作成など
※各サービスは、お客様のご要望によって組み合わせが可能です。

「どんな業務をどこまで依頼できるか」「自社にはどのプランが適しているか」など、ご質問・ご相談はメール・電話にて無料で承っております。

 

株式会社バルク

株式会社バルク

次のアクション(マーケティング施策)につながる「情報価値の提供」をモットーとしてクライアント企業をサポートするマーケティングリサーチ会社。

ネットリサーチ・インタビュー・店頭調査によるCS・ES調査・商品企画など行える市場調査は多岐にわたります。

【バルクの料金プラン】
<ネットリサーチ・本調査>
回収数100名の場合:

  • 5万円(10問以内)
  • 10万円(20問以内)
  • 15万円(30問以内)
  • 20万円(40問以内)

<グループインタビュー・参考価格>
6人×4グループの場合:

  • 40万円/税別~

オフラインインタビュー・6人×4グループの場合:

  • 48万円/税別~

株式会社クロス・マーケティング

株式会社クロス・マーケティング

2003年の設立以来デジタルマーケティング・ネットリサーチ事業を行うクロス・マーケティンググループの中核会社。産官学などを中心に年間1万件以上の調査・リサーチ実績があります。

国内外に多数の拠点を展開しており、グローバルリサーチが可能。500万人超のアクティブパネル数も強みとなっています。

GMOリサーチ株式会社

GMOリサーチ株式会社

パネルネットワークと技術力に強みを持つGMOリサーチは、日本・アジアを中心にグローバルなリサーチが可能です。

国内累計取引企業数は700社以上・年間2.5万件以上の調査実績があり、オンラインリサーチ・海外調査・消費者インサイト(テレビ電話などでの調査)のサービスを中心に、クライアント企業をサポートします。

オンラインリサーチは「フルサービス」「サンプルサプライ」「DIY」「パネルリクルート」のプランから自社に合ったものを選べます。

株式会社マクロミル

株式会社マクロミル

世界50か所(21か国)に拠点を持つワールドワイドの市場調査代行会社で、3万件以上の年間プロジェクト実績があります。
データネイティブな発想でクライアント企業のマーケティング課題を解決・ビジネスに成功をもたらすことを目指します。

【マクロミルの料金プラン】
<ネットリサーチ>
回収数100名の場合:

  • 9万円(10問まで)
  • 13万円(15問まで)
  • 16万円(20問まで)
  • 19万円(25問以内)
  • 21万円(30問まで)

回収数500名の場合:

  • 23万円(10問まで)
  • 31万円(15問まで)
  • 36万円(20問まで)
  • 40万円(25問以内)
  • 43万円(30問まで)

市場調査のまとめ

市場調査のまとめ

調査の目的・必要性をクリアにし適切な方法で市場調査を行うと、市場における立ち位置が分かるだけでなく、市場に対して自社が起こすべきアクションを明確にすることができます。

競合他社に打ち勝ち、企業を永続的に存続させていくためにも、アウトソーシングサービスを活用しながら効率よく市場調査を実行していくことが重要です。

 

 

▼関連記事

競合調査代行を使わず自社で行う方法と調査代行依頼のコツ

海外市場調査のポイントは?国内調査との違いをリサーチャーが詳しく解説

HELP YOUのマーケティングサポート

プロマーケターは「採用する」から「シェアする」へ


マーケティングに関して、こんなお悩みはありませんか?

「社内にノウハウや知識がない…」
「人手や時間が足りず運用体制が整わない…」
「外注しようにも、どの業者を選べばいいか分からない…」


HELP YOUでは、こうしたお悩みを抱える方に向けて「マーケティングサポート」を展開。
集客課題に応じて「SEO」「SNS」「広告」の3つのアプローチを提供しています。

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)

HELP YOU導入実績はクライアント数500以上!

HELP YOU マーケティングサポートの強み


1.SEO・SNS・広告の各スペシャリストが集結
マーケティングの専門家を採用費0円でアサインできます。

2.戦略立案から日々の運用までをトータルサポート
戦略だけ/運用だけという要望にも対応!必要な部分のみの切り出しが可能です。

3.導入費用0円で月額費用のみ
対応領域によって月ごとに料金変更もできるため、無駄なコストが発生しません。

貴社の課題と現状をお聞きした上で、最適な手段を提案、運用体制の構築までサポートします。ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください!

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)