wantedly運用代行にはいくらかかる?費用を徹底解説!

wantedlyは、SNSを利用したリクルートサービスのことです。

自ら「ビジネスSNS」という表現を用いており、転職もしくは新卒、インターン採用活動を行えるプラットフォームを提供しています。

wantedlyには月間200万人を超えるユーザーがいます。

人材サービス大手のマイナビの登録者数は500万人程度ですが、これは実質利用者ではなくあくまで登録しているだけの数です。

それを考えると、実質利用者で占められているwantedlyは、とても人気があり、安心できるサービスです。

サービス開始当初は、スタートアップ企業や中小企業の利用が多かったのですが、最近では大企業や官公庁さえも利用するようになっています。

このリクルートSNSを効果的に活用するために、wantedly運用代行サービスを提供する会社があります。

プロの視点からサポートを行ってくれて、より効率よく優秀な人材を集める大きな助けとなりますので、ぜひ活用したいものです。

 

wantedly運用代行とは

wantedlyは、求人・採用活動をスムーズに行えるメディアとして大きな役割を果たすようになっています。

そのために、運用代行というプロの手を借りることは賢い選択肢です。

 

そもそもwantedlyとは?

wantedlyは、登録しているユーザーと求人を行う企業をつなぐコミュニティーです。

wantedlyを使って求職したいという個人が、wantedlyのアカウントを作成し、自分のプロフィールを公開することで、企業からのコンタクトを待つことができます。

また、直接企業の採用担当者と連絡を取り、会社訪問をしたり会社について聞きたい質問をしたりすることができます。

企業側からすると、他の転職サイトなどに登録されていない、隠れた人材を見つけ出すことができる場となります。

また、SNSという媒体ですので、求職者と人事担当者が気軽に質問や連絡をすることができて、より企業と求職者が双方のことを知れるという効果もあります。

 

惹きつける企業ページが必須

まず、wantedlyのユーザーは、たくさんある企業ページの中から自分にとって興味のある企業をフォローします。

そして、その企業についての情報をより知って、ここで働きたいと思ったら面接や説明会に応募します。

そのため、ユーザーを惹きつける企業ページを作ることがとても重要です。

そうすることで、ユーザーが興味を持ち、会社についてもっと知ろうという気持ちになるからです。

運用を代行すれば、どんな企業ページがユーザーの目に止まるものなのかを考えて、魅力的なコンテンツを作成してもらうことができます。

 

こまめな運用が欠かせない

ユーザーはある企業のフォローを始めたら、定期的に更新される情報をチェックしていくことによってその企業のことを知るようになります。

企業が行っているプロジェクトや成し遂げた業績、または担当者から発信されるちょっとした社内の様子などを見て、働きたい会社なのかを判断するのです。

そのため、wantedlyでは定期的に情報を発信し続けることが、フォロワーを獲得し応募にまで導くために非常に重要な鍵となります。

こうしたこまめな運用は社内ではできないことも多いので、運用代行がすべて行ってくれるというのは負担軽減になります。

 

蓄積されたノウハウの重要性

企業ページのデザイン、内容によってかなり応募者の数が変わってくるのがwantedlyです。

しかし、そのノウハウは実際に運用をしてみないとわからないものです。

その点、運用代行会社は、すでに多くの企業をサポートしてきた実績を持っていることがほとんどですので、それぞれの企業に合ったコンテンツ作成ができます。

こうした蓄積されたノウハウをすぐに活用できるのが、運用代行に依頼する大きな理由の1つでもあります。

 

wantedly運用代行でできる業務内容

では、具体的にどんな業務をwantedly運用代行に依頼することができるのでしょうか?

 

プランニングの段階から

すでにwantedlyを利用しているという場合は別ですが、もしゼロからのスタートであれば、どのようなプロセスでwantedlyを始めて運用したらいいのか、というプランニングから依頼できます。

そのため、どんな点を重視して人材を集めたいのか、自社の方針や社風などを話し合いながら、コンテンツの方向性を決めていくことができます。

 

コンテンツの作成

企業の雰囲気を直感的に理解してもらえるような、デザイン性に優れた企業ページを作ります。

ビジュアル面での工夫と共に、求める人物像や、自社の雰囲気を理解してもらえるようなコンテンツを作成してもらうことができるのです。

また、社員の様子や社内の雰囲気が分かるように、オフィスの紹介映像や社員インタビュー動画などを作る作業も依頼できます。

運用代行サービス会社にhは、ライター、カメラマン、編集がチームでそろっていますので安心です。

さらに求人票と呼ばれる、応募に関する記事の作成も依頼できます。

直接求人に関わるところですので、魅力的なページにするために、プロのノウハウが必要となります。

 

定期的な更新

wantedlyは企業ページを作ったら終わりではなく、定期的にタイムラインを更新していくことが肝心です。

そのため、自社で手掛けているプロジェクトの様子、新しい社員インタビューなどをアップしていくことになります。

この業務もwantedly運用代行に依頼して、こまめに作成していくことができます。

 

応募者の管理などの採用活動

wantedlyにページができると、徐々に応募者が出てきます。

その応募者の情報をまとめてリスト化したり、具体的な会社訪問や面接の要望を通知したりという業務も運用代行に頼むこともできます。

wantedlyでは、リアルタイムでユーザーからのコンタクトがありますので、こまめに連絡を取ることが大事なのですが、この作業も依頼できるのはかなりの労力削減となります。

 

wantedly運用代行のメリット

自社で行うよりもwantedly運用代行に依頼した方がメリットが大きくなります。

 

社内に技術者が不要

wantedlyを運用するためには、ページ作成やSNS、動画制作などの技術が必要となります。

一人で全てのコンテンツを作るのは難しく、様々なジャンルの技術者が必要となります。

IT関連の企業であればいざ知らず、wantedlyのためだけに技術者を何人も集めるのは大変です。

そこで、運用代行サービスに依頼すれば、社内に技術者がいなくてもwantedlyを利用できますので、人件費をかけなくて済むというメリットがあります。

 

豊富なノウハウを活用できる

魅力的なコンテンツを作り、多くの応募者を集めるためには、このSNSサービス特有の傾向を把握している必要があります。

こればかりは、実際に経験を積んでいかないと何が効果的なのか理解できないものです。

wantedly運用代行は、すでにたくさんの実績を積んでおり、ノウハウを持っていますので、すぐに結果を出せるというメリットがあります。

 

求人を効果的に行える

wantedlyを利用しているユーザーの大半は20代から30代です。

実に全体の約80%がこの年代で占められています。

それだけフレッシュな人材が集まりやすい媒体ですので、優秀で将来性のある人材を発見しやすいというメリットがあります。

また、SNS形式ですので、こまめに応募者との連絡を取ることができて、その分より良く相手のことを知れるのもメリットです。

人材を見極めたうえで採用できるのです。

 

wantedly運用代行のデメリット

wantedly運用代行には一定のデメリットもあります。

このことにも留意しながら依頼を行うことで思わぬトラブルを避けることができます。

 

一定のコストがかかる

デメリットというよりも当然のことなのですが、wantedly運用代行に業務を委託すれば、それなりのコストがかかります。

会社によって費用体系は異なりますが、多くの場合は月額費用という形になります。

また、コンテンツ作成のための初期費用として数十万円かかることが多いので、ある程度の負担がありますから、コストを無駄にしないためにも、継続的に依頼するのかどうかも含めて検討した上で代行依頼することが大切です。

さらに、ユーザーが実際にwantedlyを見て応募してきて、採用となった場合、成功報酬という形で人数分の請求が来るケースもあります。

事前に見積もりをしっかりと取り、コストを計算しておくことが重要です。

 

自社にwantedlyのノウハウが蓄積されない

外注でwantedlyを運用すると、運用結果の報告を受けるだけとなりますので、ノウハウが溜まりにくくなります。

将来的に、wantedlyをよりフレキシブルに運用したり、自分たちで管理したいというケースにはデメリットとなります。

もし、自社で運用したいのであれば、スタートだけ外注して、後は徐々に自社の中で運営していけるように引き継いでいくという方法があります。

もしくは、コンテンツ制作や運用の中に、自社の社員を積極的に関わらせて技術を習得させるという手もあります。

 

応募者の層が偏ることも

wantedlyを使用するユーザーは、前述の通り20代から30代の若手がほとんどです。

この層に絞って求人をするというのであればいいのですが、幅広くターゲットを設定している場合にはデメリットとなります。

年齢層が偏ってしまうことになりますので、求める人材が集まらないケースもあります。

その場合は、複数の媒体を同時に運用するという選択肢もあります。

 

wantedly運用代行の費用

wantedly運用代行を依頼するに当たって気になるのがその費用です。

どのような仕組みで費用がかかるのか、相場はどのくらいかをチェックしてみましょう。

 

月額費用が基本

wantedly運用代行は、それぞれの会社で異なる料金体系を設けていますが、全体的に見ると月額での料金としているところが多くなっています。

定期的な更新を含む運用のための費用ということになります。

その他には、wantedlyをスタートするためのコンテンツ制作費が初期費用としてかかります。

これはページの規模によって費用が変わってきます。

さらに、会社によっては「成果報酬」を設けているところもあります。

例えばwantedlyを通して採用に至った場合、1人40万円の報酬を求める会社などがあります。

 

wantedly運用代行の相場は?

月額制度としているところでは、一月あたり10万円から20万円というのが平均的な料金となっています。

これをベースとして、初期費用と成果報酬が加算されることになります。

コンテンツ制作費用としては、10万円から80万円とかなり幅があるのが現状です。

どの程度デザインにこだわるか、動画などの盛りだくさんの内容とするかによって変わってきます。

自社で作りたい大まかなビジョンを伝えて見積もりを出してもらうのがベストでしょう。

成果報酬に関しては、採用一人あたり20万円から50万円というのが相場となっています。

全体的な傾向としては、月額が安いと成果報酬は高め、月額が高いと成果報酬は安めとなっています。

 

おすすめのwantedly運用代行サービス

 

実績があって頼れるところ、高いコンテンツ制作力を持つ、おすすめのwantedly運用代行サービスをご紹介します。

 

HELP YOU

HELP YOUは、幅広いアウトソーシング事業を行っています。

そのため、求人プロモーション、採用業務についての総合的なノウハウが非常に高いのが特徴です。

もちろん、wantedlyについての実績も豊富で、高い技術力とアイディアで企業のサポートをします。

単にコンテンツを作るだけでなく、企業へのアドバイスを行い、将来的にwantedlyを運営できるサポートをするというのも大きなポイントです。
 

 

GIG

GIGはwantedlyが公式パートナーとして認める「wantedly Partners」に認定されています。

そのため、wantedlyでの効果的なリクルート活動ができるのが強みです。

デザイン力の高い企業ページを作成し、応募者を惹きつけるwantedly利用ができます。

高い実績があるので安心して任せられるのがおすすめポイントです。

 

HRsync

オーダーメイドの運用代行を行っているため、それぞれの企業の求める人物像にマッチさせることができます。

月額費用が比較的安く、気軽に依頼できるというのもメリットの一つです。

 

Be Global

Be Global社が提供する運用代行は、コストを安く抑えたい時におすすめのサービスです。

初期費用は実質ゼロで済ますことができますし、月額費用も8万円からとリーズナブルなのが魅力です。

サポートしてきた企業の数も多いので、効率よくwantedlyスタートできます。

 

まとめ

wantedlyとは、SNSを利用して求人を行えるサービスのことです。

若い世代を中心にこのサービスを使う人が増えていますので、情報感度の高い優秀な人材を効率よく集めるために、運用代行サービスを活用するのは理にかなっています。

wantedly運用代行では、ゼロの状態からコンテンツ制作、定期的な情報更新などの運用を依頼できます。

また、関心を持つユーザーや応募者との連絡、会社訪問の手続きなども代行してくれることもあります。

wantedlyを作るには、このサービス特有のノウハウが必要です。

また、ページ作成、コンテンツに入れる動画制作などの技術者も必要です。

そこで、運用代行サービスを利用することによって、技術者を雇い入れるコストを削減できますし、業務を増やさずに済みます。

さらに、プロの手による質の高い企業ページを作れるというメリットもあります。

wantedly運用代行のコストとしては、コンテンツ制作のための初期費用、運用のための月額費用、そして採用者が出た時の成果報酬があります。

基本となる月額の相場としては、10万円から20万円程度を見込んでおけば良いでしょう。

こうしたメリットとコストをあらかじめ考えて、自社のニーズに応えてくれる会社を探しましょう。

wantedlyを導入することによって、効率よく優秀な人材を見つけられますので、上手に活用したいものです。

社員の生産性向上で業績もアップ

煩雑な事務作業はまるごとご依頼ください


間接部門・バックオフィスは、企業成長を支える重要な部門。
ですが、多くの企業さまが

「バックオフィス担当者の採用ができない」
「経理作業を別担当者が兼任している」

といった人材不足に直面し、
今ある労働力を最大化し、社員・会社全体の生産性を最大化するには
事業規模拡大・新規事業創出のために、正社員のリソースを如何に確保するか
といった課題を抱えています。





バックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)のアウトソーシングに焦点を当て、
・事務作業アウトソースのメリット
・生産性向上の秘訣
・業務効率化事例


を公開します!
今回の資料が、貴社生産性向上・事務作業効率化の一手段として、参考になれば幸いです!