「チームマネジメント」に必要な4つのポイント!常に目標を達成する方法とは?

企業・組織としての受注案件を増やし、目標を達成するためには、個人個人の生産性を上げることが必要不可欠です。今回は、チームやメンバーの生産性を上げるために必要な、チームマネジメントのポイントをご紹介します。

目次

1. チームマネジメントの定義とは

企業や組織において、業務効率化を行い、成果を最大化させることが求められています。そのために、チームマネージャーには何が求められているのでしょうか。まずはチームマネジメントの定義から見ていきたいと思います。

まず、チームマネジメントとは、
会社としての方針や戦略をチームの目標として設定し直し、メンバーに共有する。その目標達成のために、チームメンバーをマネジメントすることです。

具体的には、
・コーチングをする
チームメンバーを育成すること。

・チームの生産性を向上させる
チームメンバー、チーム全体の業務を効率化させることで、生産性を向上させること。

・自律的に動ける人材を育てる
メンバーが主体性を持って行動することをサポートすること。

と言うことができます。
その結果として、チームの目標を達成し、会社としての方針・戦略を実行できるのです。

次に、チームマネージャーに必要とされる能力を見ていきましょう。

2.チームマネージャーに必要とされること

・目標設定
まずは、企業としての方針や目標を、チームメンバーが達成可能な「現実的な数値目標」にブレイクダウンします。このチームとしての目標を、メンバー個々の能力に合った目標にさらに細分化し設定します。
メンバーやチームの進捗状況を受けて、日々軌道修正していきましょう。

・コーチング
メンバー個々の個性を生かし、能力を発揮してもらうためにはコーチングの能力も必要です。業務に対する一方的な指導を行うのではなく、メンバーに気付きを与え、改善策を考えてもらう「コーチング型マネジメント」を取り入れましょう。

・コミュニケーション
チームメンバーのモチベーションを高く保つために、コミュニケーションを意識してみましょう。コミュニケーションをとることで、メンバーの適性に応じたマネジメントを行うことができるようになります。

3. チームマネージャーが抱える課題

このようなチームマネジメントを行う中で、マネージャーの多くが課題を抱えていると思います。代表的な課題として以下の事柄が挙げられるのでないでしょうか。

・メンバーのモチベーションを維持すること
・部下の育成や・チームを管理すること
・業務フローの改善

このような悩みに対する改善策をご紹介します。

4. チームマネジメントを成功させる4つのポイント

・コミュニケーションをとること
チーム内での飲み会や1on1ミーティングを行いましょう。ヤフーが以前から「1on1ミーティング」を行っていることはよく知られています。
このようなコミュニケーション手法を用いて、部下の考えや悩みを引き出し、フィードバックを伝えましょう。メンバーの悩みを解決させるだけでなく、これまで知らなかった成果や強みを知る良い機会になります。

・リスクマネジメントとタスク管理
マネージャー、メンバーが日々抱えているタスクを優先するのではなく、組織目標からブレイクダウンしたタスクを意識することが大切です。

例として、日々の数値管理や資料作成に追われて、コア業務に集中できないなどのお悩みはありませんか?こういった場合には、業務フローや環境改善が必要です。
「組織目標としてのタスク=日々のタスク」にするための方法がないかを考えてみましょう。

・ノンコア業務をアウトソーシングすることで業務量を制限
上記のように、日々のタスクの大半がノンコア業務である場合には、コア業務に集中できる環境作りが必要です。営業に直結しない資料作成業務や、数値入力などはアウトソーシングに依頼することで、業務量を制限してみてはいかがでしょうか。

・研修に参加してみる
チームマネジメントに必要なポイントを分かってはいるけれど、具体的な実践方法が分からないとお悩みの方には、マネジメント研修を活用してみてはいかがでしょうか。
日々の業務の振り返りや、自身がどのように成長していきたいかなど、気づきがあるかもしれません。

5.まとめ

今回はチームマネジメントを行うためのポイントをご紹介しました。組織運営においてチームマネジメントはとても大切です。しかし、「プレイングマネージャーなのでコミュニケーションをとる余裕がない」という方や、「マネジメントって数値管理と声掛けだけを行っているだけではだめなの?」とお悩みの方も多くいらっしゃると思います。

「HELP YOU」では、ノンコア業務のサポートや、人材育成をサポートする人事のアウトソーシングを提供しています。貴社の生産性向上の解決策として是非ご検討くださいませ。

お問い合わせ