「アシスタントに『守り』を任せて、自分は『攻め』の経営に集中」eSENRYAKU(イーセンリャク)代表 三浦佳士さま

eSENRYAKU(イーセンリャク)
代表 三浦佳士さま
インタビュアー 弊社代表 秋沢崇夫

アシスタントのサポートで、頭の中のイメージを明確に 仕事の質も売り上げも向上

秋沢

御社ではどういったサービスを提供していらっしゃいますか?

「eSENRYAKU」という社名が表すとおり、「良い戦略」、中小企業のお客様が集客をするための戦略を一緒に組む会社です。主にインターネットを使ったリスティング広告、ホームページ作成、SEOキーワード埋め込みなど、数値としてすべて「見える化」できるものがインターネットには揃っているので、それを基に戦略を組んでいる形ですね。

秋沢

そういったコンサルティングサービスを提供するためのホームページ作成や分析も、一括してお一人でやっていらっしゃるんですか?

そうですね。僕ひとりと、今は「HELP YOU」のアシスタントさんに手伝ってもらって。「HELP YOU」に依頼するまでは、ホームページ制作などをしている知人の会社が複数ありますので、そういった外部パートナーに発注していました。

秋沢

どういうきっかけで、「HELP YOU」を利用しようと思われたんですか?

僕が自分の思ったことをなかなか整理できず、相談する相手もいませんから、結局パートナーに発注していても僕の意思が伝わらない、僕が望んでいるものが出来上がってこない、ということが度々あったんです。
それで、秘書的な役割をして、考えを整理するようなことを手伝ってくれる良いサービスがないだろうかとネットで探したところ、「HELP YOU」を見つけました。1カ月無料お試しサービスがあるというので、「丁度いい、1回やってみよう」と。

秋沢

実際にアシスタントを使ってみて、変わったところは何かありますか?

変わったのは、生産性です。自分ひとりの頭の中で練っている時よりも、話し合って考えを整理し、伝わるようにまとめてくれる。結果として、僕が提供しているコンサルティングサービス自体の精度・品質も上がりました

売り上げは2倍近くアップ 仕組み作りを進めて、ビジネスをより円滑に

秋沢

ご自身の働き方では、「HELP YOU」を導入することで変化がありましたか?

もともと僕は働くことが好きなので、働き方自体はそんなに変わっていませんが、自分の時間にかなり余裕ができました。以前であれば、事務作業も全部自分でやって、営業にも行かなくてはいけない。今は営業に時間を使えるようになったので、僕自身の生産性が上がったと思います。売上げとしては、以前の1.5倍から2倍に近い数字が出せていますね
しかも今、アシスタントの方と仕組み化をしているところで、「これはルーティンにしましょう」という風に、より良い進め方を相談しています。そうするとまた僕の時間が増えますし、アシスタントの方にも売上げに結び付く作業に携わってもらえるので、今後のポテンシャルとしては2倍、3倍とさらに上がっていくだろうと感じています

秋沢

「HELP YOU」を使う以前に、他のクラウドソーシングを利用したことはありますか?

2、3社使ってみたことがあります。他社が不便だった点は、「1回きり」の感覚が強かったことですね。もうくじ引きじゃないですけど、ちゃんとした仕事をしてくれる人もいればしてくれない人もいて。1回きりなのでお互いに顔を合わせることもなく、融通が利かない。完全に対ポータルサイトという感覚でした。サービス自体が悪いとは思わないんですけど、やはり仕事は人対人で成り立っているものがあると思うので、使っていてアフターフォローなども不安でしたね。プラットフォームによっては正直、登録している人たちのレベルが低すぎて話にならないところもありました。Excelのごく簡単な入力をお願いしただけなのに、すごく時間がかかって。

秋沢

今こうして「HELP YOU」を継続して使っていただいてる中で、他社のサービスと比較してどこが違うと思われますか?

一番の違いは、常にコミュニケーションが取れていることでしょうか。もしも緊急に対応しなくてはいけなくなった時に、他社だと対応できるか否かは、人によりけりです。「HELP YOU」の仕組みだと、間に入って管理をしてくれる人がいるので、困った時でも安心して頼ることができる。それから、他社に比べて良いお仕事をしてくれるレベルの高いアシスタントさんがそろっていると思います。

秋沢

「HELP YOU」のサービスで、ここまでやってくれるんだというような、意外な点はありましたか?

最初は「秘書サービス」にフォーカスして探していたので、プログラムをいじれることまでまったく期待していなかったんです。外注先のプログラマーや会社へ指示書を作ってやってもらおうと思っていたんですけど、ふたを開けてみたらプログラムに関しても対応できる人がいる。そこは本当に自分の想像を超えていたというか、驚きでしたね。

タスク整理や仕事の状況を共有 社内チームのような信頼感

秋沢

今アシスタントにメインで依頼されている業務は、どういった内容ですか?

メインだと、まずタスクの整理。基本的には1週間に1回、自分自身の頭を整理するためにもお手伝いしていただいて、Skypeで「今週はこういうタスクで、来週はこういう風になりそうです」と打ち合わせをしています。もう社内というか、チームだと僕は思っているんです
それから、ホームページで集客支援を行っていると、デジタルの世界は移り変わりが速いですから、その都度修正作業を手伝ってもらったり、毎月ルーティンのキーワード広告・リスティング広告のレポートを作成してもらったりしています。

秋沢

そうすると専属アシスタントにもどんどんナレッジが蓄積されてくると思いますが、それでコミュニケーションが楽になった感じはありますか?

そうですね。外部に依頼していた時は、案件説明を1から全部言わなくてはいけませんでした。アシスタントの方とはコミュニケーションを密にしていて、自分のクライアント様に関しても共有ができていますから、話がすぐ通じます

秋沢

通常、社員を採用してチームを作ろうという会社がほとんどだと思うのですが、あえてクラウドサービスを利用してチームを持つ理由は何でしょう?

それは、費用面での理由が大きいです。「eSENRYAKU」は中小企業がターゲットゾーンですから、極力固定費を抑えて、手を出しやすい金額設定でサービスを提供しています。人件費を抑えられるということは、僕のお客様にも貢献してもらっているということなんです

秋沢

今後、「HELP YOU」をこういうことに活用していきたい、と思っていることはありますか?

僕のビジネスの根本として「もっともっと中小企業のお客様にインターネット市場に携わって売上げを上げてもらいたい」という思いがあります。ただ、デジタルに関して知識がないとか、費用がかかるからといった理由で敬遠している方も多いと思います。僕自身が顧問としてクライアント企業の中に入って、2~3年後の中長期的な売上げ計画を一緒に立案するケースもありますが、僕がインターネットを手段として使うのは数値化できるからなんです。同じように「HELP YOU」で先頭に立ってくれる人を置いて、どんどんデジタルサービスを導入していき、全国の中小企業の方々を元気にする仕事を手伝ってもらえたらいいですね。
要はクラウドサービスを、売上げを上げるための「攻め」に使っていく。僕自身が「HELP YOU」を利用して経営に集中できるようになったので、他の方にとってもそうなると思うんですよ。

これからの時代は、プロの力を借りて生産性を向上させていくべき

秋沢

あとは、「もっとこうしてほしい」という要望はありますか?

細かいところではいろいろあるのですが、より良いやり方をアシスタントの方と一緒に作っている感じなので。「こういう風にしたらもっと効率が上がるのでは?」ということを、僕も気付いていない部分もありますから一緒に模索しているところです。

秋沢

ご利用いただきながら「HELP YOU」のサービスをブラッシュアップしていただいている感じですね。

いえ、本当に僕は皆さんとチームだと思って仕事をしているので。オンライン上のやり取りですけど、例えば僕が「体調を崩していた」と言ったらアシスタントの方が気遣ってくださる、他のクラウドサービスだとそんなことあり得ないですよね。
メンバーの中でプログラミングをお願いしている方は海外在住なのですが、時差があることによってお願いした仕事を夜の間に進めてくれているので、逆に便利に感じています。日中は僕も営業に出ていますから、こちらの働き方とマッチしていて。

秋沢

ご自分が作業したい時に、リアルタイムでやり取りができる感じでしょうか?

そうですね。そして、以前は僕自身がHTMLをいじったりデザインしたりという作業もしていましたが、僕が時間をかけてやるより、プロのスキルを持った方にお願いした方が効率的ですよね。「マルチプレイヤーを目指すべき」という話もありますけど、これだけ情報化社会が進んでいるとそれは難しいと思います。専門的なところは専門家に任せて、生産性を上げていかないと。アシスタントの方たちに「守り」の部分をお任せして、僕は「攻め」に集中することができる。最近は働き方を変えて、僕のような個人事業主になる人が増えているので、そういう方たちにも「HELP YOU」を紹介したいですね。

秋沢

本当にそうですね。自分が何かに特化して、人に任せられるところは任せながら生産性を上げていくことが、これからは大事だと思います。

編集後記

三浦さまが「HELP YOU」のサービスをご利用されたきっかけは、秘書役としてご自分の考えやタスクを一緒に整理してほしいという動機でした。「HELP YOU」はまさに求めていたサービスそのものであり、しかも予想を上回るクオリティ、対応業務の広さで、会社の売上げにも貢献できているようです。
専属アシスタントは「一緒に仕事を進めるチーム」。さらに、「HELP YOU」のサービスを今後のビジネス展開の要素にまで組み入れてくださっている事例です。

オンラインアシスタントについて相談/お問い合わせ