効果的な採用ライティングのコツとは 自社の場合とアウトソーシングの場合

求人募集要項は、企業と求職者が初めて出会う接点です。

人材不足の昨今、優秀な人材を確保するには、求人募集要項により自社の魅力を適切なターゲットにアピールし、多くの応募を引き出さなければなりません。

採用ライティングは、魅力ある求人募集要項を作成するための重要な業務です。

そこで、押さえておきたい採用ライティングの基本と、具体的な書き方のコツ、さらには、自社の負担を軽減する採用ライティングのアウトソーシングについて詳しく紹介します。

 

採用ライティングとは

採用ライティングとは、募集ターゲットに訴求する求人募集要項を作成する業務です。

まずは、採用ライティングで押さえておくべき基本を紹介します。

 

職種や仕事内容

求職者が求人募集要項で最初に確認するのが、職種とその仕事内容です。

求職者は、膨大な求人情報からまず自分の求める職種を選び出し、それから自分の能力が十分に活かせる仕事内容なのかを吟味します。

そのため、職種や仕事内容が曖昧では、最初の段階で求職者の応募候補から弾かれてしまいます。

たとえば、よくある「販売スタッフの募集」という書き方では、具体的にどこで何を販売するのかがわからないため、求職者が仕事に対して具体的なイメージを思い描くことができません。

どんな仕事を任せたいのか、誰が読んでも具体的なイメージが湧くように詳しく書くことが大切です。

 

勤務地

勤務地は求職者が最重要視する情報の1つです。

仕事内容が魅力的でも、通勤が難しい職場は敬遠される傾向にあります。

勤務地は市区町村レベルで記入するのが当然ですが、最寄り駅までの距離など通勤時間をイメージしやすい情報も入れましょう。

また、本社・支社など、複数の勤務地で働く可能性がある場合は、具体的に範囲を限定できる書き方を心がけてください。

 

応募資格

労働基準法や職業安定法などの労働関連法令により、年齢、性別、国籍、身体条件、居住地、思想信条などを応募資格とすることは認められていません。

「国籍不問」という書き方も法令に違反する可能性があります。

応募資格に書いてよいのは、職務を遂行するために必須の条件です。

たとえば、肯定的であれ否定的であれ、国籍を採用条件とすることは基本的人権の侵害に当たる可能性があるためNGです。

ネイティブレベルの語学力を応募資格としたいのであれば、国籍ではなく、その通り「中国語がネイティブ並みに堪能な方」といった表現にしましょう。

同じく、接客業で茶髪を不可としたい場合も、「当社服務規程により、自然な色による白髪染め以外の染髪は不可」などの表現にしましょう。

また、求めるスキルを書く際に、単に「基本的なPCスキル」では、求めている具体的なスキルがわかりません。

特定のアプリケーションを業務で使用するのであれば、「Wordでの文書作成」や「Excelでの表計算」と具体的に書きましょう。

 

試用期間や研修期間

求人募集要項に記載がなかったためにトラブルになることが多いのが、試用期間や研修期間についてです。

特に、試用期間や研修期間中の労働条件が本採用と異なる場合は、必ず正確に明記する必要があります。

記載がなければ試用期間や研修期間はないものと求職者は受け取ります。

試用期間中の勤務地や給与が異なる場合など、誤解を与えないように特に注意が必要です。

 

採用ライティングのコツ

ここからは、求職者に自社の魅力をアピールし、「ぜひ入社したい」と思わせるような求人募集要項にするための採用ライティングのコツをお伝えします。

 

求職者の視点で書く

求職者にとって、志望企業の視点に立ち、わかりやすい親切な文章で応募書類を作成することは基本です。

このことは、企業から求職者に提示する求人募集要項にも当てはまります。

採用ライティングでは、求職者の知りたい情報が誤解なく伝わるわかりやすい文章が求められます。

採用側が効率的に人材を見つけたいと考えるのと同じく、求職者も効率的に理想の職場を見つけたいと考えるのは当然です。

自社のアピールポイントを詳しく書くのは当然ですが、求職者は良い情報だけでなく都合の悪いことも知りたいと思っています。

良い点も悪い点も踏まえて、自分の活躍できる職場で働きたいと考えているわけですから、採用後に良好な関係を保つためにも、相手の知りたい情報をわかりやすく提示することを心がけてください。

 

求めることは具体的に

職種や仕事内容を具体的に書くことは当然ですが、採用ライティングでは、求職者に求める内容も具体性に富んでいることが大切です。

自社でともに働く大切な仲間を募集するわけですから、求人募集要項も大切な人に宛てて書く手紙と同じぐらい、相手のことを思って書きましょう。

特に、企業によって、また読み手にとって定義の異なることについては、具体的なイメージが思い描けるように詳細に書くことが大切です。

たとえば、求める人材像に「コミュニケーションスキルのある人」とある求人募集要項は多いですが、何を持って高いコミュニケーションスキルとするのかは企業によって違いますし、求職者一人一人にとっても違います。

コミュニケーションスキルなら、「初対面の人からも笑顔を引き出せる会話力のある人」や「自分自身の主張より、相手の話を理解できる傾聴力のある人」などとすると、求めている内容に具体性が出てきます。

自社の社員でモデルとなる人材がいるのであれば、その人をイメージして構成要素を考えるのも良い方法です。

 

自社アピールはリアルに

どの企業も求人募集要項には自社の魅力を書きますが、採用ライティングを担当するとなると、どんな点が求職者にアピールする魅力となるのかを考えるのに苦労するのではないでしょうか?

ライバルよりも自社を選んでもらうためには、つい美辞麗句だけでまとめたくなることもよくあることです。

しかし、良いことばかり書いてある求人募集要項に対して、求職者は魅力を感じません。

逆に、「ブラック企業ではなだろうか?」と訝しく感じてしまいます。

自社の魅力を最大限アピールすることが悪いわけではありませんが、メリットもデメリットも隠さず自社のリアルな部分を書くことが大切です。

たとえば、「実力重視なので、成果次第で収入アップも昇進も早期に実現可能です。

その分、厳しい環境にはなりますが、実力は確実に付きます」と、良い部分もそうでない部分も両面を提示した書き方を意識してください。

 

出来上がった原稿は必ず第三者に読んでもらう

上記の点に留意するのが採用ライティングのコツですが、書き上がった原稿は、掲載前に必ず第三者に目を通してもらうことが大切です。

本人には盲点になっていることも、本人以外の第三者であれば、客観的な視点で冷静に判断できます。

人に読んでもらうことで、自分の意図が正確に伝わっていない部分やイメージしづらいわかりにくい部分を洗い出すことができます。

そうやって原稿をブラッシュアップして、求める人材に効率良くリーチできる求人募集要項に仕上げていくことが大切です。

 

採用ライティングをアウトソースする

ここまで採用ライティングについて見てきましたが、ベストな求人募集要項に仕上げるには手間がかかるのも確かなことです。

人材不足等で採用ライティングに十分注力できない場合は、アウトソーシングの活用を検討するのもよいでしょう。

 

採用活動に関する業務の代行を依頼できる

採用活動に関するさまざまな業務を企業に代わって行うサービスのことを、採用アウトソーシングや採用代行と呼びます。

「Recruitment Process Outsourcing」の頭文字を取って「RPO」と表記されることも多いです。

採用アウトソーシングでは、求人媒体への依頼から、エントリーの受付、応募者へのコンタクト、面接調整などまで、最終面接と採用か否かの最終的な判断以外は、基本的にすべて代行してもらえるサービスです。

採用ライティングの代行ももちろん可能です。

最終面接までのすべての工程を任せることもできますが、予算に合わせて採用ライティングのみといった依頼も受け付けてくれます。

人手不足や繁忙期のために専任の担当者がいない、採用ライティングのノウハウがない、応募はあるがなかなか採用につながらないなど、採用に関して悩みのある企業には最適なサービスです。

 

プロフェッショナルの視点での採用活動

採用アウトソーシングを利用する最大のメリットは、プロフェッショナルの視点で採用活動が可能なことです。

採用アウトソーシングを提供する企業は、さまざまなクライアントの採用例を把握しており、どうすればターゲットとなる採用候補者にアピールできるかというスキルやノウハウを豊富に蓄積しています。

高度なスキルと豊富なノウハウを生かして、その企業に最適な採用活動を提案してくれます。

採用ライティングに関しても、ライティングのプロが効果的に自社の魅力を表現し、応募者の集まる求人募集要項の作成が可能です。

 

社員の負担軽減

採用活動専任の担当者を置けない企業では、採用業務と通常業務を並行して行うために社員の負担が大きくなってしまいます。

そのため、効果的な求人募集要項を作成するのが難しくなるばかりか、通常業務にも支障をきたしかねません。

採用アウトソーシングを利用して採用ライティングを代行してもらうことで、社員の負担を軽減することが可能です。

 

採用スキルを学べる

採用アウトソーシングのサービスを提供する企業には、幅広い業種・職種の採用活動を通じて豊富な実績を上げています。

そのため、効果的な採用ライティングを学ぶことが可能です。

なかなか応募者が増えない、すぐに人材が離職してしまうなど、採用ライティングで悩みを抱えている場合は、採用アウトソーシングのスキルが大いに参考になるでしょう。

 

おすすめの採用ライティングのアウトソーシングサービス

最後に、採用ライティングを依頼できるおすすめの採用アウトソーシングサービスを紹介します。

 

HELP YOU

採用率わずか1%という難関をクリアした優秀な人材が、企業の採用活動を全面的にサポートしてくれるのが「HELP YOU」です。

クライアントの継続率が97%と驚異的に高く、そのことが満足度の高いサービスであることを物語っています。

採用ライティングはもちろん、人材業界で経験を積んだ優秀なスタッフがサポートしてくれるため、採用に関するあらゆる業務をアウトソースできます。

https://help-you.me/
 

ONE

 

短期間での欠員補充、大規模プロジェクトに伴う大量採用、優秀なハイスペック人材の確保など、これまでおよそ3,000件の代行実績を持つ採用アウトソーシングが「ONE」です。

採用ライティングのみの代行も、最終面接までのすべての業務の代行も、要望に合わせてどちらも依頼可能なので、自社社員の労力軽減が期待できます。

https://one-group.jp/humanresource/
 

ネオキャリア

アルバイト、新卒、中途などあらゆる採用活動において、延べ1万件以上の代行実績を誇るのが「ネオキャリア」です。

金融業や食品業など業種に特化した採用活動にも対応しており、求人募集要項だけでなく、企業ホームページ、パンフレット、採用サイトの動画制作など、クリエイティビティーの必要な幅広い依頼に対応しています。

https://www.neo-career.co.jp/
 

HRアソシエ

採用成功を最優先に、柔軟な対応で90%もの継続率を記録しているのがHRアソシエです。

求人告知から説明会への誘致、書類選考や面接の代行まで、幅広い採用業務が依頼可能で、予算に合わせて採用ライティングのみなど、一部の業務だけをサポートしてもらうこともできます。

http://www.hr-a.jp/
 

まとめ

ターゲットとなる採用候補者に的確にリーチするには、効果的な採用ライティングが欠かせません。

求職者の視点に立つことが何より重要で、求職者が知りたい情報を具体的に書きましょう。

スキルやノウハウがない、また、採用担当者の負担が大きいなど、採用ライティングでお悩みの場合は、採用アウトソーシングの活用も検討してはいかがでしょうか。

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?