人事労務とは? 業務内容と人事労務業務をアウトソーシングするメリット・デメリット

人材を雇用をしている会社であれば、必ず必要になるのが「人事労務」のお仕事です。
ある程度の規模の企業であれば、「人事・労務」といった部署があるでしょう。
人事労務は、「人事」と「労務」で分けられ、人に関わる業務を一手に担っています。

現在、人事労務のお仕事をアウトソーシングしようかと考えている企業様も多いのではないでしょうか?
企業により、どの業務に重きを置くのかを精査したうえで、業務をアウトソースし、専門の代行サービスを戦略的に活用する企業が多くなりました。

この記事では、会社を支える人事労務のお仕事を、「人事」と「労務」の業務に分けて詳しくご説明していきます。また、現在ますます増加している代行サービスを利用するメリット・デメリットとともに、おすすめのサービスをご紹介しましょう。

人事労務とは?

人事労務とは企業の間接部門、バックオフィス業務の1つです。

人事労務は「人事」と「労務」の二つの業務に分けらます。
会社には必ず「人」が必要であり、その採用や働くうえでの手続き、管理などおこない、他の社員が集中し働きやすい環境を整える役割を担っています。

四大経営資源

「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」をさまざまに活用し、企業は成長を目指します。
四大経営資源の中でも「ヒト」は最も重要な資源と言え、強い組織力を発揮するためには必要不可欠な要素の1つでしょう。
その「ヒト」に関するさまざまな業務を専門的に扱うのが人事労務のお仕事です。

人事労務が必要な理由

人事労務の担当者は、会社に勤務するすべての社員と関わりをもつお仕事です。
ヒトが働くうえで必要となる事務的な業務に加え、採用や退職など、ヒトの生活や人生に関わるお仕事でもあります。

事務的な業務では専門的な知識を必要とし、社員との関わり合いでは、コミュニケーション能力が必要となるなど、個人のスキルが求められる業務になります。

「人事」のお仕事

人事が担う仕事は「個人に対した業務」です。
企業で働く社員のバックアップから、戦略的視点での人材採用や配置などと、「ヒト」を理解してこそできる業務になります。

企業によって担う業務はさまざまですが、そのなかでも共通して取り組まれている代表的な業務をご紹介しましょう。
・採用活動
・教育研修
・人材評価、人員配置
・社内組織最適化

企業の成長と規模の拡大により新たな人材の雇用を必要とする場合、人材の採用業務が必要となります。
どの企業でも、高いスキルを持った優秀な人材を採用したいものです。

そのため、人員不足による単なる穴埋めではなく、経営計画に沿って採用を進めるなど、長期的な対応が必要とされます。
また、昇進や部署の移動、転勤などといった人材の配置にも戦略が必要です。それによって、社員が能力を発揮できるか、組織力が高くなるかなど、適切な判断が求められます。

人事で必要とされる能力は?

人事には、戦略的な思考とコミュニケーション能力が必要不可欠です。
経営陣が考えるビジネス戦略や会社の理念をしっかりと理解し、それを現場へ伝える必要があります。また、社員が感じていることをくみ取って人材評価や人員配置へ反映させていきます。

そのため、「ヒト」と密接に関わる業務を担う者として、高いコミュニケーション能力が必要となるでしょう。

「労務」のお仕事

労務が担う仕事は「会社全体を対象にした業務」です。

社員が気持ちよく安心して業務に専念できるよう、雇用についての手続きや処理、また労働環境の整備などをおこなっています。
・給与計算、勤怠管理
・労働環境整備
・保険手続、
・福利厚生、健診対応

社員が会社で働くうえで必要となるさまざまな手続きなど、あらゆる事務作業をおこないます。
健康診断や福利厚生の手続き、フォローや勤怠の管理、また給与計算など、社員が安心して働くことができるのは、専門的な業務を一括して労務担当者が担ってくれているからでしょう。

法改正などによる変化をいち早くキャッチし、社員が不都合なく働けるようにしているのも、労務担当者の存在があってこそなのです。

労務で必要とされる能力は?

労務では、専門性が高いため法律知識が必要不可欠です。
労務管理は資格や免許がなくても担うことは可能ですが、取得すると業務の安定化へ繋がる資格などもあります。
労働基準法や労働安全衛生法など、さまざまな法改正や手続き方法の変更など最新の情報を取集し、誤りのない手続きが必要とされる難しい業務です。

人事・労務をアウトソースするとは?

人事・労務ともに会社を支える間接部門、バックオフィスとしてさまざまな重要な役割をは果たしていることがわかります。

そこで現在注目を集めるのが「アウトソーシング」です。
「アウトソーシング」とは業務プロセスの一部を外部の企業へ委託すること。
専門の代行サービスをおこなう企業では、独自に特化したサービスを提供していたり、請け負う業務範囲も多種多様です。
人事や労務の業務でも、いろいろな業務プロセスを外部へアウトソースすることで、その会社が専念したいと考える業務に時間を有効的に使うことが可能となります。

アウトソースできる業務とは?

・採用業務
・給与計算
・福利厚生
・社会・雇用保険手続

アウトソーシングサービスをおこなう代行会社によって、委託できる業務の幅はさまざまです。採用代行サービスでは、初期準備から面接、内定者のフォローまで多岐に渡ります。現在は、企業が人材を選ぶのではなく、選ばれる時代になったとも言われ、企業が求める優秀な人材を獲得するには、採用戦略の設定なども重要となります。代行サービスをおこなう企業の専門的なノウハウを生かすことで採用業務を成功させている企業も増えています。

また、定型業務である給与計算業務は、専門におこなう会社の高いスキルにより、ミスの無い効率のよい作業が期待でき、クオリティアップにもつながります。
保険手続においては、法改正などの専門的な知識を必要とする業務も、漏れることなく対応してくれるでしょう。

メリット

多くの企業が取り入れ、活用するようになった人事労務のアウトソーシングには、多くのメリットがあります。
・コア業務
・クオリティ
・コスト削減

人事労務では、会社の将来を見据えた人事的戦略による業務が多く存在します。
その会社の理念、経営戦略についてや、働く社員を十分に理解した人事労務担当者にしか担うことが出来ない業務もあるでしょう。

その業務を「コア業務」としたとき、「ノンコア業務」と言える採用活動の事務的な業務や毎月必ずおこなう給与計算といった定型業務を外部の企業へアウトソーシングすることで「コア業務」に専念することが可能となります。

また、専門業者へ依頼することで、業務のクオリティが上がり、さらには、業務フローの見直しにより無駄な業務をなくすことで結果的にコスト削減につながることも。

今まで、給与計算に担当の人材や部署を設けていた企業などでは、人員を自社で雇うよりも、大幅なコストダウンにつながるでしょう。

デメリット

多くのメリットが得られる反面、必ずしもメリットだけではありません。
デメリットについても考えてみましょう。

・外注費用の発生
・情報の取り扱いへの不安
・ノウハウ
外部へアウトソーシングすることで、外注費用が必ず発生します。

また、個人情報など重要なデータを外部へ持ち出す必要があるため、情報漏えいへのリスクは必ず発生します。

自社の社員は外部へ委託した業務での経験を積むことが出来ないため、スキルやノウハウが培われないなどといったデメリットは必ず起こるでしょう。

アウトソーシングを検討する際は、追加料金の発生などプランや料金についてしっかりと契約前に確認し、自社でおこなう場合とを比較検討するのが得策です。

また、情報の取り扱いなどセキュリティ面についても確認し、確実で安全な仕組みを代行会社と作ることが重要です。さらに、アウトソーシングする業務についてのフローなどは常に最新の状態で情報共有をおこない、リスク面は明確にしておくのが安心です。

おすすめの人事・労務アウトソーシングサービス

トータルサポート『HELP YOU』

さまざまなスキルを持ったアシスタントチームが業務を完全サポート。
専属ディレクターが窓口となりことで、スムーズに依頼の受け渡しを進めます。
採用率1%の優秀なアシスタント集団がチーム力を発揮し、継続率97%以上を誇っている。ビジネスに関する代行業務をトータルサポートするHELP YOUでは、採用業務をはじめ研修会などの資料作成など、多岐にわたりサポートしてくれます。

【導入メリット】
・専属ディレクターが窓口を集約
・採用率1%の人材がスピーディーに対応
・必要に応じて豊富なサービスから的確にサポート
・継続利用率97%以上を誇る

https://help-you.me
 

 

30年以上の歴史と実績『NOC』

多様な要望に応え、充実したバックアップ体制と徹底した顧客視点でサービスを提供しています。30年の長い歴史を持ち、1000社以上と多くの実績を誇ります。業界経験が豊富なスキルの高いスタッフが在籍しているのも魅力です。

【導入メリット】
・顧客のニーズに合わせて必要な要素を供給
・幅広い業務範囲に対応が可能
・徹底したサポート支援
https://www.noc-net.co.jp/
 

課題を共に解決する『スプリングフィールド』

企業の総務・経理・人事などの部門が抱える、実務レベルの問題や経営レベルの課題を、顧客と共に解決していくとし、専門職のスキルを有する人材による代行サービスの他、人材派遣まで幅広く提供しています。

【導入メリット】
・専門の知識を有した人材がしっかりと対応
・アウトソーシングだけでなく人材派遣も可能
・定型業務は月額5000円からとリーズナブル
https://www.springfield.co.jp/
 

福利厚生の充実『ベネフィット・ステーションNEXT』

人手不足や離職率の防止、社員の満足度の向上など、さまざまな課題があるなか、その対策の1つとして「福利厚生の充実」が求められる現在。
福利厚生を代行サービスへ委託することで、コア業務への集中と人材定着へ繋げることを目的としています。

【導入メリット】
・120万超えの提供サービスを揃える
・健康管理サポートで健康状態の可視化が可能に
・一人当たりのコストは600円~で社員の満足度がアップ
http://www.benefit-one.co.jp

まとめ

人事労務は、会社を支えるバックオフィスとしてさまざまな重要な役割をになっています。
取り扱う業務のなかでも、重点を置き時間を費やすべき「コア業務」があり、そのほか定型業務などの頻雑な「ノンコア業務」をアウトソーシングする企業も増えてきました。
さらには、専門として代行サービスをおこなう企業へ委託することで、そのスキルとノウハウを活用し企業戦略として会社の発展へつなげています。
人事・労務のアウトソーシングのメリット、デメリットを理解し、自社はどこに重点を置くのか、どこを手放すのかを検討してみるのがおすすめです。

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?