営業サポート代行を使う効果は大きい!そのメリットと注意点

商品やサービスの売れ行きに直接関わるのが営業力です。企業として、営業部門の強化は欠かせない課題と言えるでしょう。

しかし、営業担当者の確保は、良い人材がなかなか見つからない、人件費がかかるなどの理由で難しいこともあります。そこで、営業サポート代行サービスを使う選択肢を検討することができます。

この代行サービスには、大きなメリットがありますが、同時に注意すべき点もあります。どんな点に気を付けたら、最大の成果を得られるのかを知って、上手に活用したいものです。

営業サポートの代行とは

企業にとって欠かせない業務である営業、そして営業サポートは幅広い範囲に及びます。そのサポート代行のメリットを知って、上手に活用するようにしましょう。

細かな作業を代行してくれる

営業の仕事には実にたくさんの業務が含まれます。顧客にアポイントを取って、実際に営業をかけるだけではないのです。

実際には様々な細かな業務が必要となります。たとえば、
・見込み客の獲得とリスト作成
・営業用資料作成
・契約書の内容精査
・受発注書類の管理
・顧客獲得のためのアポイント電話
などがあります。こうした細かな業務を、営業担当が全て行っていると、時間が余計に取られてしまいます。

そこで、営業サポートが細かな業務を行うことで、営業担当は営業に専念できるようになるのです。

営業戦略を練るサポート

営業を行うには、戦略を立てることが重要です。販売する商品やサービスのターゲットとなるのは誰か、何を売りにして営業をしていくかなどを考えてから、実際の営業活動を行うことになります。

こうした戦略の立案には、現場の営業担当だけでなく、全体を見てアドバイスを与える人が必要です。こうした戦略立案のサポートをしてくれるのも、営業サポートの大事な仕事となります。

営業サポートは、商品やサービスについての資料、見込み客の管理、実際の受注の管理をしているので、より客観的に分析できるという強みを持っているからです。
自社のスタッフだけだと、比較対象できるものが少ないということもあって、どうしても主観的な分析になってしまうことが多いものです。そのため、冷静な分析ができるというのは大きなメリットとなります。

営業サポート代行の業務内容

実際の営業担当をサポートするために、様々な貢献をしてくれるのが営業サポートです。具体的にどんな業務を行うのかをチェックして、代行を依頼する強みを確認していきましょう。

管理業務・事務作業

営業サポートの代行にはいろいろな仕事がありますが、代表的なものとして、営業に関係する管理業務、そして事務作業があります。

管理業務には、取引先や見込み客などの顧客管理が含まれます。きちんとリストを作り、受注獲得予測やポテンシャルなどに分けておきます。
また、受発注の管理も重要な仕事となります。顧客からの注文を管理して、書類にまとめると同時に将来の営業に役立てられるように分析をすることも含まれます。

事務作業は、営業資料を作成したり、見込み客の連絡先のリストを作るなどがメインです。必要に応じてプレゼン用の資料を収集したり、パワーポイントを作るなどのサポートをすることもあります。さらに、営業担当から出る領収書や契約書などをまとめて担当部署に送るという業務をするケースも見られます。

顧客との連絡役を請け負う

企業によって、営業担当がどこまで顧客の対応を行うかは異なります。効率を良くするためには、契約を取れた後は、営業サポートが顧客との連絡を行い、商品の発送などの対応をするケースもあります。

契約が取れた段階で、営業担当から顧客を引き継ぎ、具体的にどのような日時や方法で商品を納めるかを決めます。そして、商品やサービスについてのアフターサービスに関する連絡も行っていきます。

場合によっては、クレーム対応をしたり、次回以降の発注を勧めるなどの仕事をすることもあります。より顧客に入り込む業務が出てくることがあるのも、この仕事の特徴と言えます。

実際の営業活動に関わる業務も

営業サポートの明確な業務内容はここまで、と決まっているわけではないので、必要に応じていろいろな業務を請け負うこともあります。

たとえば、営業サポートの代行が、見込み客に電話をかけるなどして、アポイントを取ることも含まれます。アポイントを取る仕事は、どうしても時間がかかりますし、場合によってはアポイント獲得率が低くなってしまいます。

そこで、営業サポートが電話をかけるという仕事を代行することによって、より効率よく営業ができるということです。

営業サポート代行を活用するメリット

このように、いろいろな面で営業担当をサポートすることができますので、営業サポート代行を使うメリットはたくさんあります。

営業部門全体の強化ができる

営業というのは、しっかりとしたメソッドを持っていること、教育された人員を持っていることが重要です。しかし、スタートアップしたばかりの企業や、新しい商材に臨む場合、そのスキルと経験が足りないと感じることがあるものです。

そんな時、営業サポート代行を頼むのは大きなメリットとなります。ずっとこの分野で実績を築いていますので、スキルも豊富にあります。

また、いろいろな現場を見てきているため、効率の良い業務の仕方、営業を成功させるコツをよく知っているのも大きな力です。

人件費の削減につながる

営業担当を新たに雇うとなると、企業にとっては大きな負担となることがあります。給料を支給するのはもちろん、福利厚生の提供、研修費用の支出などが大きいからです。

しかも、営業は雇ったらすぐに成果が出るということではなく、一定の期間訓練をしないといけません。時間とコストがかかるので、出来るだけ避けたいものですよね。

こうしたことを考えると、即戦力となる営業サポート代行を利用した方がコストカットにつながるのです。

スピーディーな目標達成につながる

新たに営業部門を拡大する、新しい営業担当者を雇用するとなると、それなりの時間がかかります。この時間を圧縮するにも、営業サポート代行を利用するのはメリットとなります。

スキルと実績があるスタッフが行いますので、代行を利用してから短期間での成果向上が見込めるのです。そして、効率よく業務が進んでいきますので、それぞれの立場に専念することができて、スピーディーに営業活動が行えて成果も見えやすいというメリットがあります。

営業の見極めを付けやすい

営業活動が順調にいくこともあれば、営業をしているのも関わらず、なかなか商品が売れないということも多々あります。そのような時は、営業の仕方を改善することはもちろんですが、商品やサービスの改善を行ったり、取り扱いそのものを止める、縮小するという選択肢を考えることになります。

営業の手法ではなく、商材そのものが良くないという根本的な問題を抱えていることがあるからです。この際、自前の営業担当者ばかりだと、どうしてもすぐに思い切った行動が取りづらくなります。時に社員の仕事を減らしたり、下手すると人員カットをしないといけないからです。

その点、アウトソーシングという形で営業サポートを代行を使っているのであれば、冷静に物事を分析できます。場合によっては、サービス利用の停止ができるので、傷口が大きくなる前に方向転換することも可能となるのです。

営業サポート代行を活用するデメリット

営業サポート代行を利用するメリットは多いですが、逆にデメリットもあります。2つをバランスにかけて、上手に活用できるようにしたいものです。

依頼費がかかる

自前で雇用をしなくても良いというメリットはありますが、当然代行業務を依頼すれば、それだけコストがかかります。短期間であればいいのですが、長期に及ぶ依頼となった場合、社員を雇った方が安くなるケースもあります

どのくらいの期間利用するのか、社員雇用との比較ではコストがどう違うのか、ということを計算してから決定するのがベストです。
 

営業サポートの相場

営業サポート代行の料金の相場は次のようになっています。
・固定報酬制の場合、一日あたり25,000円から30,000円程度
・成果報酬制の場合、アポイント一件の成約につき1.5万円から2万円程度

これが基本となり、固定費にプラスして成果報酬が加算されるという仕組みを持っているところもあります。また、格安サービスを特徴としていて、1アポイント成約で1万円以下というところもあります。
上手に成果と報酬のバランスを見てサービスを決めたいものです。
 

業務の遂行方法による違い

営業サポート代行では、基本的にそれぞれの代行会社が持っているノウハウや業務の進め方で仕事をしていきます。蓄積されているノウハウがありますので、それによって効率よく業務が進むというメリットがあります。

しかし、自社で持っている独自の営業方法や、管理の仕方がある場合、それとうまく合致しないこともあります。営業サポートと営業担当者は緊密に働く必要がありますが、どうもしっくり来ないということで、うまく営業ができないというリスクも考えられます。
 

成果に結びついてくるか分からない点も

単に書類作成や業務管理だけを代行してもらうだけなら問題ないですが、アポイント代行や顧客獲得の依頼をしたいという場合には、確実に成果が出るとは限らないということを覚えておきましょう。

営業は、営業の手法によって大きく成果が変わりますが、やはり商材そのものの力が大きく影響します。実績のある代行サービスでも、すべてのケースに対応できるわけではないのです。

特に、成果報酬ではなく固定報酬で代行業務を依頼している時には、成果が期待しているほど見られないということもあります。

営業サポート代行の注意点

営業サポート代行サービスは、今まで見てきたように、いろいろなタイプがあります。また、サービスを提供している会社もたくさんあります。そのため、それぞれの特徴を押さえて適切な依頼をすることが肝心です。
 

報酬システムをきちんと確認する

営業サポート代行サービスは、主に以下の二つの報酬システムを採っています。

・固定報酬システム
・成果報酬システム

固定報酬というのは、「月に8万円でテレアポを何件までします」など、予め決められた料金に従って依頼ができるというシステムです。費用が決まっているので計算が楽ですが、成果に結びつくかは不透明という注意点があります。

一方の成果報酬は、アポイントをゲットしたら1件あたり15,000円など、成果に応じた報酬が請求されます。確実に成果が上がってきますので、無駄のない依頼ができます。

固定費用がゼロという会社もあるので、リスクを負わないというのは大きなメリットです。一方で、成果が大きくなると、かなりコストが上がってくる傾向にあります。大きな支出となるので、事前に成果が何件ならいくらの報酬となるのか、と計算してから決めることが大事です。
 

依頼範囲を明確に決める

営業サポート代行サービスは、実に幅広い業務を請け負っています。そのため、代行を依頼する時に、こんなこともできますよと、いろいろなプランを提示してきてくれます。ついつい便利だからと、依頼内容を大きくしてしまうとコストも上がります。

アポイントメント獲得のみでいい、営業代行まで依頼したいなど、自社で依頼した内容を予めしっかりと決めてから代行サービスと話し合うようにしましょう。
 

それぞれの得意分野がある

営業サポート代行会社は、豊富な実績が売りです。といっても、それぞれの得意業界があることも多いのを覚えておきたいものです。

金融、IT、アパレルなど、それぞれの業界によって営業の仕方や商習慣は異なります。そのため、売り出したい商材の分野にマッチした営業サポート代行会社を選ぶことが重要と言えるでしょう。

中小企業におすすめの営業サポート代行サービス

商習慣が違うという点を押さえながら、どんなサービスがあるのかをチェックしてみましょう。

株式会社コンフィデンス

幅広い営業サポートを行っているのが特徴の会社です。アポイント獲得、コンサルティング、マーケティング、営業部門のトータルでの代行まで可能です。

ITや金融、小売業などかなり範囲の広い分野で実績を持っているのが強みとなっています。企業の営業部門強化につながるアドバイスを与えることもできます。
 

MTサービス

通常の営業サポートに加えて、マーケティング支援など、営業に関する幅広い業務をしています。

コスパが良いのが自慢で、成果報酬システムのプランも充実しています。アポ獲得1件当たり、15,000円よりという価格設定で気軽に依頼できるのもメリットです。

 

アイランド・ブレイン

とにかく営業サポートの代行実績が豊富なのが特徴です。今までで1,700社以上の代行を行ってきていて、スキルに長けています。

アポイント獲得をメインとする業務をしていて、成果報酬システムなので安心して依頼できるのもうれしいところです。商材や業界に制限はなく、どんな営業も行えるのも強みと言えます。

HELP YOU

HELP YOUは、営業代行サポートを始め、様々な代行サービスを行っています。そのため、複数の業務を依頼したい時に一括して頼めるというメリットを持っています。

それぞれの分野に特化したスキルの高いスタッフが作業を行うため、正確かつ効率の良いプロフェッショナルな業務を期待できるのが特徴です。

まとめ

営業サポート代行は、受発注管理や書類作成、アポイント獲得など、様々な業務をします。人件費を抑えられる、高いスキルを持った業務を期待できるなどのメリットがあります。

一方で、対応している業界を見極める、報酬体系を確認して無駄なコストをかけないようにするなど、依頼する際にはいくつかの注意点もあります。上手に活用すれば、大きな力となるサービスですので、じっくりと検討してから依頼しましょう。

特にスタートアップ企業や、営業部門の強化をしたいケースなどで役立つサービスと言えます。企業の実績アップのために、このアウトソーシングの利用を検討してみるのはいかがでしょうか。

社員の生産性向上で業績もアップ

煩雑な事務作業はまるごとご依頼ください


間接部門・バックオフィスは、企業成長を支える重要な部門。
ですが、多くの企業さまが

「バックオフィス担当者の採用ができない」
「経理作業を別担当者が兼任している」

といった人材不足に直面し、
今ある労働力を最大化し、社員・会社全体の生産性を最大化するには
事業規模拡大・新規事業創出のために、正社員のリソースを如何に確保するか
といった課題を抱えています。





バックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)のアウトソーシングに焦点を当て、
・事務作業アウトソースのメリット
・生産性向上の秘訣
・業務効率化事例


を公開します!
今回の資料が、貴社生産性向上・事務作業効率化の一手段として、参考になれば幸いです!