ECサイト商品登録と画像加工!顧客が増える重要ポイント!

ecサイト 商品 登録

ECサイトの商品登録作業は、EC(Electronic Commerce)サイト運営において外すことのできない作業です。テキストや画像などの商品データは顧客が購入を検討する大事な判断材料だからです。

ネットショップの商品登録には、意識すべきポイントがあります。ポイントを押さえることで商品情報の露出が拡大し、顧客の獲得売上向上が期待できます。

本記事では、ECサイトに商品登録をする際に押さえておきたいポイントを解説します。さらにはアウトソーシング(代行業者)活用のメリットとおすすめ代行業者も紹介します。ぜひご活用下さい。

ECサイトの商品登録|作業の手順

ecサイト 商品 登録1
最初に、ECサイト(ネットショップ)の商品登録・作業手順を確認しましょう。

商品データの登録

まずは商品データの入力作業を行います。登録に必要な商品データは以下のとおりです。

  • 商品名
  • 説明文
  • 価格
  • 商品数
  • 在庫
  • 容量
  • サイズ
  • 素材
  • 生産国 など

サイトやモールによっては、上記の情報以外にキャッチコピーやメーカー名、JANコード(商品を識別する番号)を登録する場合もあります。

商品画像の加工と登録

次に、商品画像の加工と登録を行います。
商品画像を用意する方法は二通りあります。一つは自社で商品撮影をするケース、もう一つはメーカーから商品画像を取り寄せて対応するケースです。
どちらの場合であってもECサイト(ECモール)のガイドラインに合わせ、画像の調整やリサイズ、データ圧縮などを行う必要があります。商品画像を完成させたら、ECサイトへ入力します。

カテゴリー・キーワードの登録

続いて、カテゴリーとキーワードを登録します。
カテゴリー登録はユーザーが商品を見つけやすいように、商品ごとに行ってください。そして、キーワードは複数の単語を登録しましょう。
例えば「かばん」なら「バッグ」「鞄」などを合わせて登録すると、ユーザーが検索したときにヒットしやすくなります。ユーザーはさまざまなキーワードで検索すると想定し、登録してみてください。

公開設定

最後に公開設定を行います。
まず、公開前に表示チェックをしてください。表示チェックでは、以下の項目を確認しましょう。

  • 掲載内容の誤字脱字
  • 商品説明文や商品画像のレイアウトが崩れていないか など

商品ページの公開・非公開日時を設定できるECサイト(ECモール)の場合は、公開日と公開終了日をあらかじめ設定しておくと安心です。

ECサイトの商品登録|顧客が増える重要ポイント

ecサイト 商品 登録
この章ではECサイト(ネットショップ)の商品登録における、顧客が増える重要ポイントを四つ紹介します。参考にしてください。

商品紹介は顧客の視点で

一つ目のポイントは、商品紹介は顧客の視点で行うことです。

顧客が本当に知りたい情報は何なのかを考えてみましょう。例えば自身が顧客として、ECサイトやECモールで商品を購入した際の体験を思い起こしてみてください。
商品の基本的な情報を記載したうえで、以下の情報も盛り込むとコンバージョンアップが期待できます。

  • 購入のメリットや購入後に得られるベネフィット
  • 商品の付加価値

また、商品のデメリットやリスクがある場合も説明文に記載しましょう。きちんと記載することで、トラブルなどのリスクを減らし、顧客の信頼を高めることができるからです。

作成した原稿は読み返します。ポイントは他者の視点からコンテンツを読むことです。全く情報を持ち合わせていないユーザーに疑問を抱かせない文章になっていることが目標です。その点を注意して原稿を確認してみてください。

画像の最適化で表示速度を上げる

画像の最適化によって、表示速度を上げることも大事なポイントです。
画像の容量やサイズが大きすぎると、ECサイトの表示速度が遅くなります。そのため、待ちきれないユーザーが離脱する可能性が高まるのです。

Googleがまとめたデータによると、モバイルサイトの読み込みに3秒以上かかった場合、ユーザーの53%が離脱することが分かっています。

そのようなことをさけるために画像を最適化します。画像の最適化には、画像圧縮ツール(squooshなど)の利用がおすすめです。ECサイトの画像を圧縮することで表示速度が上がり、表示スピードが速くなります。

ユーザーを待たせることなく、スムーズにECサイト(ネットショップ)の商品データをお届けすることが可能になります。ECサイトの商品登録時の画像加工で使いたいワザの一つです。

参考:Think with Google「Top 12 marketing insights from 2017」

検索されやすいキーワードを設定する

次のポイントは、ユーザーに検索されやすいキーワードを設定します。まずはサジェストおよび、再検索ワードを確認して入力します。

※サジェスト…キーワードを入力した際に、検索エンジンが次のキーワード候補を提案してくれる機能

※再検索ワード…Googleでキーワード検索した際に、検索結果の下部に表示される関連キーワードのこと

さらに、購入意欲の高いユーザーの流入率を上げるには、「ランキング」「口コミ」「価格」といったキーワードの登録も有効だと言われています。ただし、これらのキーワードは「ビッグワード」といい、競合も多く使っています。よって、ビッグワードと商品の特徴を表すキーワードを掛け合わせた「ロングテールキーワード」を登録するとよいでしょう。

また、キーワード登録だけでなく、キーワードを意識したタイトルや文章作成を行うことも大事なポイントです。

SEO対策で検索されやすくする

最後のポイントは、SEO対策で検索されやすくすることです。
SEOは「Search Engine Optimization」の略称であり、SEO対策はGoogleなどの検索エンジンで検索結果の上位表示を狙う施策です。 トップページに上位表記されることでユーザーの目につきやすくなります。その結果、多くのユーザーを自社のECサイト(ネットショップ)に呼び込むことが可能になります。

SEO対策の第一歩は、まず商品ページをインデックスさせることです。インデックスとは、商品のWebページをGoogle検索エンジンのデータベースに登録することを指します。インデックスさせるためには、以下の2つが有効です。

  • サイトマップの制作
  • Googleマーチャントセンターへの登録

サイトマップは、ECサイト(ネットショップ)の構造をリスト化したページです。サイトマップを制作することで、検索エンジンのクローラー(検索順位を決める要素を収集するロボット)にECサイトの全体構造を伝えることができます。

Googleマーチャントセンターは、Googleのショッピングタブへ商品を登録できるシステムです。登録すると、Googleの検索結果上部に表示される無料のリスティング(ショッピングタブ)に商品が掲載されます。そして、ショッピングタブに記載されたECサイト(ネットショップ)のURLをクローラーが検知すれば、インデックスが完了します。

このようにSEO対策を行うことで検索サイトでのECサイト(ネットショップ)の露出を増やすことができます。その結果、より多くの顧客の流入が期待できます。

注意点としては、ECサイト(ネットショップ)の商品ページには、コンテンツサイトのような文字数が多い長い文章を載せないようにします。販売目的のページにもかかわらず、情報提供を目的としたページと認識される可能性があり、マイナスに働くため要注意です。

ECサイトの商品登録|アウトソーシング活用のメリット

ecサイト 商品 登録3
ECサイト商品登録のポイントを押さえ、結果を出すためには、十分な社内リソースやノウハウも必要となります。リソース不足に悩みを抱える方におすすめしたいのが、アウトソーシング(代行業者)の活用です。商品登録作業などを代行してくれるアウトソーシング(代行業者)の利用にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

入力や確認作業に追われない

ECサイトやECモールの商品登録作業を代行業者にアウトソーシングすることで、膨大な数の商品入力、それに伴う確認作業に追われずに済みます。

当然ですが、扱う商品が多ければ多いほど商品登録作業も膨大になります。さらには気候や天候、季節に応じ、商品の掲載位置やデザインを変える必要もあります。

登録作業を終えた後には、登録ミスを防ぐための確認作業も行わなければなりません。これら手間のかかる作業を外注することで、社員の負担を減らすことができます。

コア業務に専念できる

次のメリットは、自社の従業員がコア業務に専念できる点です。商品登録はECサイト(ネットショップ)運営にとって必要な作業ではありますが、より利益につながる作業に専念することができます。

アウトソーシング(代行業者)を活用することで従業員に余白時間が生まれ、利益に直結する大事な業務(コア業務)に集中することが可能になります。後ほど導入事例でどのような業務に専念できるようになったのかをご紹介します。

業務効率化

業務効率化が叶う点もアウトソーシング活用の大きなメリットです。
ECサイトやECモールの商品登録は単純な作業であるものの、経験や知識が必要です。慣れていないと入力間違いが起こるなど、その後の確認や修正に時間がかかってしまう可能性があります。

その点、アウトソーシング(代行業者)なら安心です。ECサイト(ネットショップ)の商品登録に慣れた人材が作業を行うため、入力や修正作業にかかる時間が短縮。その結果、人件費などのコスト削減につながることも期待できます。

また、EC業界の情報に精通しているため、最新の情報を持ち合わせています。業者によっては、より作業を効率化するデータ化などのシステム構築や売上向上のノウハウを提供してくれるサービスもあります

顧客が増える

最後のメリットは顧客の増加が期待できることです。ECサイト運営は奥が深く、さまざまな施策が存在します。サイトの構造整理やモバイル対応などテクニカルな施策、ユーザビリティの向上施策、ECマーケティングの知識なども必要となります。

例えばECマーケティングのノウハウを得ることで顧客のデータ分析なども可能になります。インターネット広告の導入も同様です。

ですから、商品登録だけでなく、ECサイト運営に必要な情報提供が可能な業者を選ぶことをおすすめします。さらなる顧客の獲得が期待できるからです。

おすすめのECサイト商品登録代行サービスと料金


おすすめのECサイト(ネットショップ)商品登録代行業者と価格を紹介します。業者選びの参考にしてください。

HELP YOU

HELP YOU

「HELP YOU」は、株式会社ニットが運営するオンラインアウトソーシングサービスです。
優秀なスタッフがクライアントをトータルサポートし、従業員がコア業務に集中できる環境づくりを支援します。

【HELP YOUの料金プラン】

<チームプラン>
お客様の窓口であるディレクターが業務の遂行に必要なスキルを持つアシスタントを集め、チーム制で対応するプランです。

  • 月額料金:10万円
  • 実働時間:30時間

チームプランに加え、固定の専属アシスタントが作業を柔軟に対応する「1名専属プラン」、RPAツールを用いて自動化が可能な定型業務のデータ化などをロボットがサポートする「ロボットプラン」など、お客様のニーズに合わせたプランもご提供しています。

【チームプランの4つの強み】

  1. 厳しい採用プロセスをクリアした「優秀なアシスタント」
  2. 「チーム制」なので欠員があっても作業が滞る心配なし!長期的な依頼が可能
  3. さまざまな業務の依頼でも窓口は一つで簡単!頼れる「専属ディレクター」
  4. 海外在住の日本人スタッフによる時差を活用した夜間帯業務も対応可能

【チームプランの主なサービス内容】

HELP YOUには、さまざまなスキルを持った優秀なメンバーが多数在籍しているため、商品登録作業以外にもECサイト(ネットショップ)運営にかかわる幅広い作業に対応可能です。

(対応できる作業例)

  • 経理:入金管理、支払業務、請求書発行など
  • 営業サポート:会議資料作成、データ収集、KPI管理、経費申請など
  • マーケティング:SNS投稿、メルマガ作成、サイト制作、アンケート集計など
  • ECサイト運営:商品登録、売上管理、商品管理、在庫管理、サイト管理、ニュースリリース作成など

※各サービスは、お客様のご要望によって組み合わせが可能です。

「どんな作業(業務)をどこまで依頼できるか」「自社にはどのプランが適しているか」など、ご質問はメール・電話にて無料で承っております。ぜひお気軽にご相談ください!

HELP YOU導入事例

実際にHELP YOUが行った、ECサイト商品登録代行作業の事例をご紹介します。

ご利用企業:ネットショップ運営会社様

ECサイト導入事例

HELP YOUの導入前は、ECサイト商品登録の事前準備である、商品リストアップ・価格設定から、登録・内容確認まで実施。1回の登録に計10時間もの工数がかかっていました。

HELP YOU導入で、ECサイトの商品登録作業、確認作業、修正作業を外注。その結果、1回のESサイト商品登録作業において、計7時間の工数削減に成功しました。

削減に成功した工数は、商談や商品の選定作業、Webショップ(ネットショップ)運営に必要なカタログ編集作業などに当てられるようになりました。

ECサイト商品登録

ECサイト(ネットショップ)運営会社ご担当者様コメント

ECサイト商品登録作業が削減できたおかげで、他の業務を進めることができました。指示通りに丁寧な作業をしてくださり、助かっています。

 

【HELP YOUのユーザーレビュー・口コミ】

管大輔さんのHELP YOUに関するレビュー|ミナオシ

 

商品登録ドットコム

商品登録ドットコムは、リクサポート株式会社が提供するECサイト商品登録代行業者です。特徴は低単価で500点以上の大量登録作業を行える点。楽天市場やYahoo!ショッピング(ヤフーショッピング)、AmazonといったECモールへの登録実績が豊富です。
ECサイト商品登録作業の定期プランや写真撮影プランも設けており、ECサイト商品登録に関わる一連の業務を任せることができます。

【商品登録ドットコムの料金プラン】

<おまかせ登録プラン>

(1商品登録当たりの単価)

  • 40~100点:1,250円
  • 101~500点:1,150円
  • 501~1,000点:900円

※1,000点以上は要問合せ

<セルフ入力プラン>

(1商品登録当たりの単価)

  • 40~100点:500円
  • 101~500点:450円
  • 501~1,000点:400円

※1,000点以上は要問合せ

ECサイト商品登録まとめ


本記事では、

  • ECサイト(ネットショップ)の商品登録作業の手順
  • ECサイト(ネットショップ)の商品登録作業で顧客が増える重要ポイント
  • ECサイト(ネットショップ)の商品登録作業でアウトソーシング(代行業者)を活用するメリット
  • おすすめの商品登録作業代行サービスと料金

を詳しく解説しました。

本記事で紹介したポイントを押さえてECサイトの商品登録作業を行うと、購入意欲の高いユーザーを引き付けることができます。しかし、商品入力作業には手間がかかるため、リソース不足を解消しなければなりません。

「商品登録作業にかかる時間を別の作業に使いたい」
「顧客を増やすために、ポイントを押さえた商品登録作業をしてもらいたい」
とお考えの場合は、HELP YOUにお問い合わせ下さい。豊富な実績を基に、丁寧にECサイト運営をサポートいたします。

 

▼合わせて読みたい

データ入力代行サービス10選【事例あり】|比較ポイントや料金を徹底解説

【化粧品市場】海外展開する上で日本メーカーが克服すべき課題と注意点

SEO業者の比較ポイントは5つ!特徴別おすすめサービス20社も紹介

 

EC運営のノウハウを得て、効率化を図る

ECサイトの運営作業に困っていませんか?


「ECサイトの更新作業が大変…」
「発送業務が追い付かない…」
「外注しようにも、どの業者を選べばいいか分からない…」


ECサイトの運営作業にお困りの皆様をHELP YOUが完全サポートいたします。

作業内容は、商品企画からコンテンツ制作、更新作業、受注処理、発送作業など、
貴社に最適な手段を提案、運用体制の構築まで対応いたします。

【HELP YOUが選ばれる理由】


1.厳しい採用プロセスをクリアした「優秀なアシスタント」が業務を担当
2.チーム制だから人材が退職して業務が滞るリスクなし!長期的な依頼が可能
3.専属ディレクターがつくため、様々な業務をまとめて依頼できる


導入費用0円で月額費用のみ!無駄なコストは発生しません。
700以上のクライアント様に導入いただいています。


相談は無料です。ECサイトの運営作業に困っている方は、ぜひお問い合わせください!
お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)