こんなに便利って知ってた?経理業務を業務委託するススメ

みなさんの会社では、経理業務はどのように行っているでしょうか。
専門の経理部門があり、簿記や税理士資格を持った社員を抱える大手企業もあるでしょうが、中小企業や個人経営の会社ではそうはいきませんよね。
多くの中小企業が、税理士に委託、もしくは経営者が経理も行う、経理ができる数名の社員で回している、という状況ではないでしょうか。

それで上手く業務が回っていれば良いですが、中には税理士に丸投げしているせいで費用が嵩んでいる、人手がなく経営者自身が経理もやらなくてはならない、といった事例もあるかと思います。

そんな会社にこそ、ぜひおすすめしたいのが、経理業務の業務委託(アウトソーシング)です。
「業務を委託するだけなら、税理士や派遣と違わないのでは?」とお思いでしょうか。そんなことはありません。

実は、思った以上にメリットが多い経理業務のアウトソーシング。この記事を読んで、ぜひその活用方法を知っておきましょう。

経理作業で業務委託できること

まずは、経理業務でアウトソーシングできる内容についてです。
「経理作業を業務委託する」と聞いて、「経費精算や会計ソフトのデータ入力をオペレーターに委託する」といったイメージを抱く方も多いのではないでしょうか。

しかし、経理の業務委託に依頼できる仕事は、皆さんが思っているよりも内容が幅広く多岐に渡っています。まずはそのいくつかを紹介していきます。

記帳代行

決算に必要なデータの記帳代行です。領収書、通帳コピー、請求書、帳簿等から起票し、会計ソフトへ入力を行います。
記帳量で金額が決まるので、入力の早い遅い等の理由で単価が変動することはありません。納期を最初に決めておくことができるのも利点です。

経費精算

毎月の領収書やクレジット請求情報を送って、経費のチェック及び仕訳入力を行います。
社員が多い会社であればあるほど領収書は膨大な枚数になりますが、そのすべてを整理して付け合わせます。
領収書の整理とチェックだけでも、業務の大幅な時間短縮ができます。

給与計算

タイムカードから勤務時間を抽出し、勤怠のチェックや給与計算まで行います。
また、残業時間や有給日数の管理まで任せることもできますし、社会保険料などの各種控除、さらには煩雑な年末調整業務を委託することも可能です。

業務委託をした場合、どの会社でもしっかりダブルチェックを行うため、チェックミスも減ることが多いです。

売掛金・買掛金の管理

顧客ごとに売掛金や買掛金の管理を行います。
発注受注管理や入出金管理、請求書発行業務と組み合わせて業務委託をすれば、発生から回収・支払まですべて一元管理してくれます。

見積書・請求書の発行

見積書や請求書の発行も、依頼可能な業務の1つです。契約内容によっては、印刷と送付まで行ってくれる会社もあります。
見積書や請求書は数枚くらいなら良いですが、毎月数十枚、数百枚になるとかなりの負担です。時間も人手も随分と要しますから、全部アウトソーシングに任せしてしまうのもひとつの手段でしょう。

業務を委託することで時間短縮になるだけでなく、ミスや請求漏れ、金額の不一致なども減るので、お客様からの信頼も厚くなるケースが多いです。

銀行入出金管理・振込手配

近年は、どの銀行もインターネットバンキングを展開していて、ネット環境があればどこからでも操作可能になっています。そのため、インターネットから入出金確認や、振込の手配もアウトソーシングできるようになりました。
業務委託で任せしてしまえば、混雑した銀行に振込や記帳のために逐一通う必要もなくなります。

経理を業務委託する4つのメリット

経理業務と言っても、思った以上に細かく業務委託できる可能性があることを知っていただけたでしょうか。
では次に、実際に業務委託することで、会社にとってどのようなメリットがあるかを挙げてみましょう。

1.コスト削減

会社側にとって業務委託は、社員を採用するコストも、福利厚生費や社会保険料を負担する義務も発生しません。
純粋に「委託した業務に掛かる費用」のみが発生するのが特徴です。そのため、会社にとっては大幅なコストカットになります。

2.社員の負担軽減とコア業務への集中

中小企業や個人経営の会社であれば、経理を置かず、総務や営業事務が経理業務を負担したり、経営者が経理を行ったりすることも多いでしょう。
しかし、経理のようなノンコア業務を委託することで負担が軽減し、本来のコア業務に集中することができます。

実際、経理業務をアウトソーシングすることで「生産性がアップした」「営業にかける時間が増えたので契約を増やすことができた」「プライベートも充実してきた」といった声も上がっています。

▼あわせて読みたい

「アシスタントに『守り』を任せて、自分は『攻め』の経営に集中」eSENRYAKU(イーセンリャク)代表 三浦佳士さま

3.有資格者による正確な仕事

業務委託会社には、各業務のプロと呼べる経験者や有資格者が多く集まっています。
経理業務に関しても、アウトソーシングをした場合、簿記や会計資格を持っているメンバーが作業にあたるため、正確な仕訳と入力を行うことができます。

また、月次仕訳と入力をアウトソーシングに任せて、不明点は業務委託会社から顧問税理士に直接質問。決算と税務調査対応のみを顧問税理士が行うという連携パターンを取り入れる会社も増えてきています。
それだけでも、税理士に入力からすべてを委託するよりは大きなコストカットになるでしょう。

4.業務の効率化

前の項目でも述べましたが、業務委託会社は各種エキスパートが揃っているため、マクロやエクセル関数の取り扱いにも長けています。現状よりも、より効率的な方法で数字を管理してくれるでしょう。
また、自社で数字を管理したいのであれば、その方法を相談することもできます。

経理業務を委託するデメリット

一方で、経理業務をアウトソーシングする際に発生するデメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。
メリットの裏にはデメリットも存在するため、その両方を把握しておく必要があります。

打ち合わせ等での意思疎通が必要になる

今までは社内でなんとなくやってもらっていた業務も、アウトソーシングする場合には「ここをこうしてほしい」という正確な指示が必要になります。
毎日の業務で顔を合わせない分、ミーティングの時間を設け、お互いにしっかりと意思疎通を図っていく必要があります。

メンバーが頻繁に入れ替わることがある

会社が直接雇用している社員と違って、アウトソーシングで業務にあたるメンバーはチーム制をとることが多く、そのため人材の入れ替わりも多いです。
ずっと固定のメンバーではないため、やり取りの中で齟齬が生じる可能性や、引き継ぎがうまくいかず同じミスが繰り返し発生することもあります。

社内情報を他社が扱うリスク

アウトソーシング会社は、その業務の内容から情報の機密性と取り扱いには細心の注意を払っています。
しかし、社内の経理情報を外へ持ち出し、社外の者が触れるということに変わりはありません。

銀行での入出金管理も業務委託するのであれば、インターネットバンキングのパスワードや口座情報もアウトソーシング会社に知られることになります。
社外の者がデータに触れる以上、情報漏洩の可能性が上がってしまうというリスクは常に心に留めておきましょう。

経理業務委託会社の選び方

リスクやデメリットはゼロではありませんが、それを差し引いても余りあるメリットが業務委託にはあります。
では実際に経理業務のアウトソーシングを活用してみたいと思った際に、どのような会社を選べば良いのでしょうか。ここでは、押さえるべきポイントにスポットを当ててみましょう。

業務委託会社ごとの特徴を知る

「業務委託」で検索してみると、とにかく多くの会社がヒットします。そのひとつひとつに特徴があり、専門とする分野に違いがあります。
HPに掲載されている内容や問い合わせを活用し、しっかりと会社の特色を見分けましょう。

安さ?正確さ?優先したいポイントを押さえる

あなたの会社が業務委託をする際に、一番優先したいポイントはどこか把握していますか?
安さ、正確性、それとも専門性の高さでしょうか。あれもこれもと欲張るよりは、優先順位をしっかりと決めて順番に探すと納得のいく判断ができるでしょう。

安全性が高いところを選ぶ

先に述べたように、アウトソーシングでは他社に情報を渡す以上、情報漏洩のリスクも孕んでいます。流出や不正利用を防ぐためにも、情報の取り扱いに関して信頼できる会社を選ぶ必要があります。
問い合わせの際に、どういった対策をとっているのか聞いてみるのも良いですね。

具体的な目安としては、プライバシーマーク(Pマーク)やSO27001/ISMSなどの認証を受けている業者を選ぶと安心です。

経理業務委託の費用感

みなさんが一番気になっているであろう、経理業務委託の費用についても解説します。
コスト削減を目的にアウトソーシングを導入する企業が増えていますが、アウトソーシングを活用することで一体どのくらい経費削減になるのでしょうか。

わかりやすい一例を挙げて、自社で雇用した場合と業務委託をした場合を比べてみたいと思います。

自社雇用で発生する費用

たとえば、自社で経理の社員を一人採用する場合。

例)給与…月額約250,000円
会社負担費用…月額約39,000円

このように、毎月発生する会社負担額は、30万円近くにも上ります。それとは別に採用コストや教育費も発生します。

業務委託を使った場合の費用

それに対して、業務委託は人件費や会社負担費用が発生しません。

例)記帳代行費用
件数にもよりますが、数千円~50,000円ほどの会社が多いです。

このように、社員を一名雇用するよりも、業務委託の方がはるかにコストを抑えられることがわかりますね。

おすすめの経理業務委託サービス

最後に、経理業務を委託できるおすすめのアウトソーシング会社をご紹介します。それぞれ特色の違う3社をピックアップしたため、自社の依頼内容に合ったサービスを見つけてみてください。

HELP YOU

株式会社ニットが運営する「HELP YOU」は、お客さまの業務をサポート・代行するオンラインアウトソーシングサービスです。

【HELP YOUの特徴】
・厳しい採用プロセスをクリアした「優秀なアシスタント」が多数在籍
・「チーム制」なので、人材が退職して業務が滞る心配なし!長期的な依頼が可能
・「専属ディレクター」がつくため、さまざまな業務をまとめて依頼できる

【経理の対応業務例】
・入金管理(見積書・注文書・納品書・請求書の作成と発行、入金確認・領収書発行)
・支払業務(注文書・発注書作成)
・立替経費精算(立替経費集計、振込、領収書保存)
・取引先支払・請求書発行 など

どんな要望にもスピーディかつ高品質で対応し、経理業務の他にも総務、営業サポート、人事・採用、マーケティングなど、幅広い業務委託が可能です。
HELP YOUに業務委託すれば、日々の雑務から解放され、注力すべき本来のコア業務に集中できる環境を整えられるでしょう。

 

MHCトリプルウィン

MHCトリプルウィン(旧:日立トリプルウィン)は、大手グループ会社の一員として培った経験とノウハウを活かした経理アウトソーシングサービスです。
高品質の上、情報セキュリティ・データ保全は日立のデータセンターを利用しているため、安全性もバッチリです。

東京・大阪 経理代行サポートセンター

東京・大阪 経理代行サポートセンターは、経理専門の業務委託会社。東京・大阪とありますが、全国的に対応が可能です。
経理の専門家である会計事務所が運営しているため、安心して業務を委託できます。「業界最安値」を掲げており、質の高さに対して価格も控えめなのがうれしいですね。

まとめ

一言で「経理の作業を業務委託する」といっても、その内容はとても幅広く、さまざまな方法が存在します。

あなたの会社にとって負担になっているのは、経理業務のどの部分でしょうか。そこにアウトソーシングを取り入れ、リソースが余ったならどう使っていきたいですか?
しっかりとしたビジョンを持てば、きっと業務委託は貴社の素晴らしい助けとなるでしょう。

これからはますます人手不足になっていく時代です。うまく業務が回らない時や、ノンコア業務の負担が大きい時。ひとつの手立てとして、ぜひアウトソーシングをうまく活用してください。
ボリュームが大きく業務委託しやすい経理部門は、アウトソーシング活用の第一歩におすすめです。ぜひ一度検討してみるとよいでしょう。

▼あわせて読みたい

【2022年経理代行サービス比較】自社に必要なサービスとは?料金相場や選定ポイント<FP監修>

【比較】「事務代行サービス」6選|業務内容を詳しく紹介!

経理業務はHELP YOUにおまかせ

経理業務をまるごとアウトソーシング


膨大な時間がかかる上に、知識を必要とする経理業務。
毎月・毎年発生する作業に追われて、大事な業務に手が回らなくなっていませんか?

「大量の仕訳作業が大変」
「本当はもっと別のことに時間を使いたいのに…」
「できればプロに任せたいけど、どうやって依頼すればいいの?」

このようなお悩みを抱える方のため、HELP YOUでは経理業務のアウトソーシングサービスを行っています。

 

HELP YOUに経理業務をアウトソーシングすると


◎領収書のデータ入力や請求書発行など、あらゆる経理業務が片付く
◎現状の課題から最適なフローを導き出し、業務効率化も実現
◎経理業務の負担が減ることで、コア業務に集中できる環境が整う


HELP YOUは一緒に課題を解決するパートナーとして伴走し、貴社の業務効率化を実現します。クライアント様への導入実績は500以上。

この機会にアウトソーシングを導入し、自社の価値創出に注力しませんか?
ご興味のある方は、ぜひ無料相談をご利用ください。

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)