経理業務はアウトソーシングが有効?リソースも所有から共有へ!

人手不足の問題をクリアするために、必要な人的リソースを雇用せずに共有していく方法が広まってきています。
今回はその中でも特に、企業経営に欠かせない経理業務のアウトソーシング、リソース共有について考察していきます。

<目次>

1.問題提起

昨今、人手不足に多くの企業が悩まされ続けているようです。そもそも、バックオフィス業務を担当する人材を社内で抱える必要はあるのでしょうか?
経理や人事、総務経験のある人材はどの企業でもニーズがあり、平成30年3月の一般職業紹介状況(厚生労働省)データでは、「一般事務の職業」有効求人数は106,639人となっています。ただし、事務職に就きたいと希望する求職者数も多いため、求人倍率では低い数値になる状況が続いています。
つまり、企業側が欲しいと思う高いスキルを持った事務職のプロには、なかなか出会えないというねじれが生じているようです。

また、こういったバックオフィス業務のスキルのある人材を、新卒から育成しようとすると、長い年月とコストがかかってしまいます。それを考えると、経営側としては売上げの原動力になる営業やサービス開発に費用をかけたいと思うのも当然でしょう。
例えば、サーバーを自社に置かずクラウド化する「アマゾン ウェブ サービス (AWS)」は、様々なITリソースをオンデマンドで提供し業績を上げています。

これまで自社で抱えることが当たり前だったあらゆるリソースを「共有する」傾向に世の中 の流れが変わってきている過渡期にあるのです。

2.これからはバックオフィス人材も所有ではなく共有の時代

シェアサイクル

bicycles parked in the bicycle sharing station on street of Yokohama minatomirai area

人材不足であることが前提としてある以上、あえてその少ない人材を獲得しようとするよりも、リソース共有していくという考えにシフトすると解決への近道になります。あらゆる物資やサービスについて所有から共有(シェアリング)する時代に転換を迎えており、労働力に関しても今後ますますシェアリングが進んでいくでしょう。
フリーランスやパラレルキャリアとして活躍する人たちが珍しくない中、会社に所属することなく優れたスキルを持って複数のクライアントのバックオフィス業務を受注する人材・サービスも存在しています。
もしも、社員として新卒採用した場合は、社員1人当たり約460万円(基本給20万とした場合)がかかり、バックオフィス系間接部門の社員に関するコストも計算に入れると、会社が社員1人を雇うためのコストは、本人給与の1.6倍になるという試算もあります。

■それぞれの雇用形態のメリット・デメリットを比較
アウトソーシング比較表
直接雇用の場合
・メリット
 -常時、継続して業務を遂行してもらうことができる
 -コミュニケーションがとりやすい
・デメリット
 -採用・人件費にコストがかかる
 -人材育成に時間とコストを注いでも、離職された場合は回収できない

派遣社員
・メリット
 -業務経験者に仕事をしてもらうことができる
 -直接雇用よりは低コストで済む
・デメリット
 -人材の選定ができない
 -派遣会社への中間コストがかかる
 -派遣社員のための設備(PCやスペースなど)を用意する必要がある

アウトソーシング
・メリット
 -直接雇用・派遣社員よりも低コスト
 -必要な期間・業務量だけ依頼することができる
 -業務を行うための設備を用意する必要がない
・デメリット
 -雇用契約を結んでいないので、担当者が変わる可能性はある

3.経理アウトソーシングの業務について

一般的に、経理業務は日次・月次・年次と期間ごとに3つに分けられ、具体的には次のようなことが挙げられます。

■日次
・現金・預金の管理
・伝票管理
・記帳・仕訳業務
など

■月次
・請求・入金確認
・支払
・給与計算・支払
・源泉所得税・社会保険料の納付
・経費計算・精算
・月次決算
など

■年次
・決算
・納税
・年末調整
・予算立案
・残高確認
など

いずれの経理業務も決して切り離して考えられるものではなく、日々の細かな経理業務が基礎となって、そこから年度の決算、会社の中長期計画へとつながっていきます。

4.HELP YOUでできること【経理】

HELP YOUでは、優秀なスキルを持ったオンラインアシスタントが経理業務を代行しています。また一部業務はオフラインでの対応も可能です。
■経理業務アウトソーシングの具体例

【オンライン業務】

・受発注管理
業者のリサーチ、予算確認・見積比較、リストを元にオンライン発注を代行。販売レポートの作成代行など。
・出荷・在庫管理
オンライン上で処理をした後、データを整理してファイルに格納。
・売り上げ管理
クライアントの要望に沿ったフォームを作成、毎月受け取りデータを元にスプレッドシートに記載して一覧化。
・経費精算・管理、データ入力
経費精算書のチェック、データを元に経費を計算。精算後のデータを整理して一覧化。
・請求書や見積書、注文書の作成
クライアント使用のフォーム・リストに従い請求書・見積書・注文書を作成。PDFファイルにして相手先にメール送信。
以上のような業務を行っています。

【オフライン業務】

・請求書/領収書などファイリングとデータ化
直接オフィスに伺い、書類をファイリング、同時にスキャンしてPDF化して指定場所にアップします。
・書類の封入作業
書類を封入する作業を行い、送付準備を行います。集荷手配も可能です。

コストの面では、契約期間や必要な稼働時間に合わせて選べる月額契約料のみと、リーズナブルです。

5.HELP YOUが選ばれる理由

どうしてオンラインアシスタントサービスのHELP YOUが多くのクライアントに選ばれているのでしょうか?その理由を挙げると、
・オンライン上で働けるため、全国・海外から採用が可能。広いエリアから優秀な人材が採用できる。
・SaaSの選定から導入までアシスト可能
・チームで業務に当たるため、対応の幅が広く、かつ窓口となる専属ディレクターがいるため一つひとつの依頼がスムーズ。
といった理由があげられます。

経理業務アウトソーシングの参考事例:
月末月初は締め作業で毎月大忙し!給与計算代行はオンラインアシスタントへお任せ

2時間の経理業務を10分に削減!HELP YOUのワンストップ経理代行ソリューション

入金確認や請求書のチェックも「HELP YOU」へ依頼で、3時間の工数削減を実現!

6.まとめ

多くの優れた人材を抱えクライアントに共有しているHELP YOUのサポートは、人材不足にあえぐ企業にとって、即戦力に成り得るのです。
「クラウドソーシングを使ったことがあるけど、依頼先を選定するだけでも一苦労だった」
「今すぐ人を雇うほどの予算はないけど、業務量は膨大にある」
「社員一人ひとりの満足度を上げたい」…
様々な観点から、HELP YOUを活用して人的リソースを共有することにはメリットがあります。経理業務に貴重な社内リソースを割かずに、アウトソーシングして生産性の向上をねらってみてはいかがでしょうか。

HELP YOUに問い合わせをする

オンラインアシスタントサービス
HELPYOUが選ばれる理由


オンラインアシスタントサービスは、雑務をスタッフに任せることでコア業務に集中でき、業務効率の向上に役立ちます。
もしこれからオンラインアシスタントの導入を検討するのであれば、ぜひ価格情報も含めた各オンラインアシスタントサービスを比較してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUでは、

・150社への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務からデザインまで幅広く業務サポートができる

といった特徴があります。
無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にオンラインアシスタントサービスの導入を検討してみてはいかがでしょうか?