Webマーケティングを外注するメリットは?費用相場やおすすめサービスも紹介

近年、スマートフォンの普及によりインターネットを利用する機会は急増しています。
さらに新型コロナウイルス感染症拡大に伴い在宅時間が増加し、オンラインで情報をやりとりする重要性も高まりました。

企業の経営者の方も、Webマーケティングをはじめとしたオンライン施策に力を入れたいと感じている方が多いのではないでしょうか?

しかしWebマーケティングは、リソースが足りない・社内にノウハウがないと悩まされることもあると思います。
そこでおすすめしたいのが、Webマーケティングの外注サービスです。

今回の記事では、Webマーケティングの外注についてメリット・デメリット、費用相場やおすすめサービスを詳しく解説しています。

ぜひ是非参考にしてください。

Webマーケティングとは

Webマーケティングという言葉の意味や必要性、課題について説明します。

Webマーケティングの主な種類

Webマーケティングは、Web上で顧客を増やすための施策です。
集客、販売、再訪促進の3つのポイントごとに対策や運用を行います。

SEO対策

SEOとは「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」の略。検索エンジンにより上位に自社サイトが掲載されるようにコンテンツを最適化することを意味します。

検索エンジンの上位にサイトが表示されることで、より多くのユーザーの目に留まりやすくなるためアクセス数アップも期待できます。
コンバージョン(購入、お問い合わせ、資料請求など)や商談数を増やすことにもつながるため、非常に重要な施策です。

SNS運用

SNS運用とは、各種SNSで企業アカウントを作り自社製品やサービスの情報を発信する方法です。
Facebook、Twitter、Instagram、LINEなどSNSの種類によってユーザー傾向や機能の特徴が異なるため、自社のサービスや製品とマッチするSNSを選ぶことが重要です。

また、企業や商品・サービスに合った投稿を行うとより効果が見込めます
具体的には、商品・サービスの最新情報やセール情報、キャンペーン情報、採用情報、スタッフのつぶやき、アンケートなどです。

SNSは見込み客や既存顧客とのコミュニケーションツールとして大きな役割を果たします。またプロモーションツールとしての側面もあります。

ただし、SNS運用で気をつけたいのが炎上対策です。SNS上で企業アカウントから発信した内容が原因で、クレームにつながるケースが相次いでいます。

SNS運用では、ガイドラインを作る・炎上したときのフローを決めておくなど、他部署とも連携して対策を取ることが大切です。

広告運用

広告運用には、リスティング広告(検索連動広告)・アフィリエイト広告・アドネットワーク広告・SNS広告・リターゲティング広告などがあります。

それぞれの特徴は以下の通りです。

・リスティング広告
リスティング広告とは、検索連動広告のことで、ユーザーのニーズや興味に合わせた広告表示を行います。即効性のある広告効果が期待できるのが特徴です。

SEOの効果が出るまでの期間で、短期的に一定の成果を出したい時に向いています。
広告色が強いため、ユーザーからはクリックされにくいことも多いです。

・アフィリエイト広告
アフィリエイト広告は、Webサイトやメルマガに掲載したリンクから訪れたユーザーのコンバージョンにより報酬が発生するタイプの広告です。

基本的に広告料は掛からず、コンバージョンがあって初めて広告料が発生するため、CPAを安く抑えられます
運用するときは不正表示や誇大広告に注意しましょう。

・アドネットワーク広告
アドネットワーク広告では、複数の広告媒体を集めた広告配信ネットワークにより、一社との契約のみで複数のWebサイトで同時に広告配信が可能です。

通常は媒体ごとに個別に契約を行う必要があり、出稿形式や仕様も媒体によって異なるため料金帯にもばらつきがあります。
しかし、アドネットワーク業者を利用すれば一括で任せることができ、異なる媒体で一様に掲載されるのが特徴です。
一方で、ターゲットが異なる媒体にも表示されるので無駄が生じやすい側面あります。

・SNS広告
LINEやTwitter、FacebookやInstagramなどのSNSに広告を出稿するものです。
ユーザーはSNSの利用に際してプロフィールを登録するため、企業はその情報に基づきターゲティングして出稿できるのが特徴です。

比較的安価でSNSに広告を出稿でき、ユーザーにより拡散される効果が期待できます。
ただしSNSは若年層が大半を占めるため、中高年向けの商品やサービスはリーチしづらいです。

・リターゲティング広告
リターゲティング広告は、あるWebページで表示した広告を、同じユーザーが訪れた別のWebページでも表示する仕組みで運用される広告です。閲覧者の認知度と訴求力アップが期待できます。

興味を持っているユーザーに何度もWebサイトに訪れてもらうきっかけを生み出せるのが特徴です。
一度訪問したことがあるユーザーにのみ表示されるので、新規顧客の獲得が難しいというデメリットもあります。

このように、広告運用といっても様々な手段と効果があります。
自社製品を宣伝する目的を見極めて活用していきましょう。

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違い

Webマーケティングとデジタルマーケティングの違いは、扱う領域の範囲です。

前者は企業のWebサイトを軸に考えるのに対して、後者はより広い領域を包括して考えます。Webサイトだけでなく、デジタルで得られるデータ全般を活用する言葉です。

領域の違いを図示すると下記のようになります。

Webマーケティングの必要性

近年はスマートフォンの普及によりインターネットの利用が拡大し、Webマーケティングの必要性はより一層高まっていると言えます。

総務省の令和三年版情報通信白書によると、2010年から2020年にかけてスマートフォン世帯保有率は約10%から約90%まで拡大したことがわかりました。
モバイル端末によるインターネット利用が急激に増え、インターネットの利用がより日常化していると言えます。

出典:総務省「情報通信に関する現状報告」

また新型コロナウイルス感染症の拡大により、在宅時間が増加した影響でインターネットトラヒックは対前年度比150%以上増加しました。

ユーザーの全体数が増加している今だからこそ、Webマーケティングは非常に重要です。
より多くの人に自社サイトを見つけてもらうために、ターゲットユーザーが何に興味を持ち、インターネット上で何を調べているのかを分析する必要があります。

Webマーケティングの課題

自社の認知度や売上を向上させるのに大きな役割を果たすWebマーケティングですが、課題があるのも事実です。

Full SpeedによるWebアンケート調査によると、Webを活用した顧客獲得施策を実施する際に足りないものとして「上司・経営者の理解」、「人材(リソース)」、「自身の専門知識」、「予算」があることがわかりました。

また、60.8%の人が広告代理店などにアウトソースを行っており、活用者と非活用者では施策の満足度に約2倍の差がありました。

社内に専門的な知識を持つ人材がいない、ノウハウが蓄積されていないという場合には、代理店などへのアウトソースを活用するといいでしょう。

より効果的な顧客獲得施策を実施できるはずです。

参考:Webマーケティング担当者の50.4%が、社内に顧客獲得施策の方法や内容について 「相談できる人がいない」。担当者が抱える悩みの解決策は「代理店に相談」「人的リソースの増加」「経験を積む」など。 | 株式会社フルスピード

Webマーケティングを外注する費用相場

SEO対策・SNS運用・広告運用の種類ごとに費用相場をまとめました。

SEO対策代行にかかる費用

SEO対策の外注サービスは主に4種類あります。
・総合的なSEOコンサルティング
・コンテンツSEO
・内部SEO対策
・外部SEO対策

それぞれの費用相場は以下の通りです。

SNS運用代行にかかる費用

SNS運用代行は、費用(プラン)により対応範囲が異なります。
そのため、予算は10万円/20~30万円/50万円~と三段階に分かれるケースが多いです。

予算別の対応範囲は以下の通りです。

広告運用代行にかかる費用

広告運用代行では、広告費の20%が相場と言われており、費用は以下の4種類に分かれています。

また「広告文やキーワードの設定」や「アカウント構築費用」など、初期費用(手数料)が3万円~10万円ほど月額で上乗せされることがあります。契約期間にも注意しましょう。

Webマーケティングを外注するメリット

Webマーケティングの意味や費用感がわかったところで、Webマーケティングを外注するメリットについてもご紹介します。

メリット1.人手・リソース不足の解消

Webマーケティングは、課題や目的別に専門知識やスキルを持った人材が必要不可欠です。
しかしながら自社で最適な人材が確保できず、Webマーケティングと他の業務を兼任させてしまい、リソースが圧迫されているというケースも多くあります。

こうした場合、外注を行うことで必要な人材をすぐにアサインさせることが可能です。
人手やリソース不足の解消につながるでしょう。

メリット2.コア業務に集中できる

Webマーケティングには、計画策定、計画実現のためのコンテンツ作成、配信後の数値分析など様々な工程が発生します。また、これらの作業には膨大な時間と労力が必要です。

外注することで社内業務を削減できるので、時間に余裕が生まれます
自社の社員が重要度の高い仕事に集中しやすい環境を作ることにもつながるでしょう。

メリット3.プロの知見で効果的な運用ができる

Webマーケティング業務には集客力のあるコンテンツを作るためのコツや知識が必要です。

外注業者にはプロフェッショナルな人材が揃っているので、社内にノウハウがなくても適切なコンテンツ運営が期待できるでしょう。

Webマーケティングを外注するデメリット

Webマーケティング外注には様々なメリットがありました。
では、デメリットにはどのようなことが挙げられるのでしょうか?

デメリット1.社内にノウハウが溜まりづらい

Webマーケティングを外注するデメリットの一つに、社内にノウハウが蓄積されづらいことがあります。

プロフェッショナルに業務を一任することで最短スピードで成果を出せる反面、自社内での再現性がなく今後に生かしづらいのが難点です。

【対策】
依頼後も定期的に会議を行う・コミュニケーションを取るなど、課題に一緒に取り組む姿勢を持つことで外注業者から知見を得られるでしょう。

デメリット2.コストがかかる

Webマーケティングの外注は、課題や目的ごとに料金が変動しやすいもの。コンテンツ作成から運用までを一括で依頼すると、継続的にコストがかかってしまうこともあります。

【対策】
あらかじめどの業務を任せるかを社内で詳しく話し合いましょう
自社でできる業務は内製化することでコストを抑えられるはずです。

Webマーケティングを外注する際のポイント

Webマーケティングを外注するときのポイントについて解説します。

ポイント1.Webマーケティングの基礎知識を学ぶ

Webマーケティングには幅広いジャンルがあるため、外注サービスにも様々な種類があります。

まずは基本的な知識をインプットすることで、自社に合った最適な業者を見つけられるようになるはずです。

ポイント2.外注する範囲を明確にする

自社でできる業務と外注するべき業務の棲み分けを行いましょう。

例えばサイトの構築から運用までを一括して外注すると、膨大なコストがかかる可能性があります。
Webマーケティングで成果を出すにはある程度の時間が必要なため、運用費として継続的なコストも必要です。

さらに、LPなどの制作を依頼する場合は追加で料金が発生する場合もあります。

外注する範囲を見極めることで、コストを抑えながらも効果的な施策を打てるでしょう。

ポイント3.目的や目標を業者と共有する

どのような課題があるのか、将来的にどのようなKPIを達成したいのか、いつまでに達成したいのかなど、外注する上での目的や目標を明確にしましょう。

SEO対策やSNS運用は効果が出るまでに時間がかかる施策も多いです。また、WebサイトやSNS運用の目的がはっきりしないと、有効な対策を立てづらいこともあります。

思うような結果が得られず外注費用だけがかさんでしまったという事態を避けるためにも、外注業者とのすり合わせは積極的に行うことをおすすめします。

ポイント4.業者に任せきりにしない

Webマーケティングの外注で起こりやすいのが「とにかく結果を出してほしい」と業者に業務を丸投げしてしまうことです。

確実に成果を出すためには細やかな数値設定に加え、既存業務の改善など社内を見直すことも非常に重要です。
外注先の担当者と連携して互いに努力する意識を持ちましょう。

Webマーケティングを外注するなら「HELP YOU」

Webマーケティングのおすすめ外注サービスをご紹介します。

HELP YOUの特長

HELP YOUは、採用率1%の優秀なアシスタントチームがオンラインで貴社の業務を代行・サポートするサービスです。業務効率化を実現する様々な提案を行います。

この度、新たにマーケティングサポートの提供を開始しました。

「社内にWebマーケティングの知識/ノウハウがない」
「運用体制が不足している」
「他社の運用に不安がある」

などのお悩みを抱えている方におすすめです。

集客課題に応じた3つのアプローチを行います。

・SEO
キーワード選定から構成案作成、コンテンツ作成までオウンドメディアのSEOコンテンツを一貫してサポート

・SNS
ファン層の創出、顧客エンゲージメントの向上を目的とした、課題・顧客層に合わせたSNS戦略の立案〜日々の投稿までを一貫してサポート

・広告
戦略・予算に応じて最適な媒体をご提案。アカウントの設計から日々の運用、改善策の提案までを一貫してサポート

【特長】
・クライアントの課題を理解し、戦略の立案から運用、コンテンツ制作まで一括で対応
・SEOやSNSなど各領域のスペシャリストがサポート。マーケティングの専門家を採用費0円でアサインでき、対応領域によって月ごとに料金変更が可能
・オンラインアシスタントサービスが主力事業のため、クライアントの課題に合わせた多彩な業務のサポートも可能(※マーケティングサポートとは別途費用)

HELP YOUのSNS運用代行事例

自社Webサービス運営会社様からのご依頼事例を紹介します。

【概要】
HELP YOUでは、3つのSNS(Facebook、LINE、Instagram)への投稿作業をサポートし、約72%の工数削減に成功しました。

【サポート内容】
・要件確認、依頼受領
・原稿作成
・投稿作業

競合・類似サイトをリサーチしながら独自の魅力が伝わる投稿を検討しました。

【結果】
業務分担の手間が省けたほか、空いた時間を別の業務に充てられたため業務効率化につながりました。

担当者からは「毎回違った切り口で投稿いただけるのでユーザーからの反応も上々です。」とコメントをいただいています。

HELP YOUの料金

SEO・SNS・広告の課題別に、3つのプランをご用意しています。
詳細は下記ページよりご確認・お問い合わせください。
 

 

Webマーケティングの外注に関するFAQ

最後に、Webマーケティングの外注を利用する際に生じやすい疑問をまとめて解説します。

Webマーケティングの知識はどうやって学べばいい?

Webマーケティング業者などのオウンドメディアや、動画コンテンツで学ぶのがおすすめです。社内の知見を積極的にアウトプットしている記事も多くあります。

また、Webマーケティングは情報のアップデートが速いという点から、書籍よりもWeb学習のほうがより効果的に学べます。
業者によっては社内向けの研修を行ってくれるところもあるので利用してみるのもいいでしょう。

どのマーケティング手法を選べばいいか分からない!

課題や目的によって必要な対策は異なります。

まずは外注業者に相談してみましょう。
業者によっては、課題ごとに最適な解決策を見つけてくれます。

Webマーケティング外注業者を選ぶポイントが知りたい!

以下のポイントに注目してみましょう。

・過去の実績、特に自社と同じ業種の事例があるか
・問い合わせ時の対応やレスポンスの早さはどうか
・料金体系やサービスに関する説明が明確か
・プラン内容が自社に合っているかどうか

まとめ

Webマーケティングについて、具体的な施策内容や重要性の高さを解説しました。

目的や課題ごとに専門的な知識や解決策は異なるため、より効果的に業務を進めるには外注がおすすめです。
メリットやデメリット、外注業者の選び方のポイントをしっかり把握した上で、自社に合ったサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

HELP YOUでは、SEO、SNS、広告と集客課題に応じたマーケティングサポートを行っています。
企業ごとに異なる課題に合わせ、戦略の立案から運用サポートにいたるまで幅広い業務の改善策を提案します。

ぜひご検討ください。

HELP YOU マーケティングサポート

プロマーケターは「採用する」から「シェアする」へ


マーケティングに関して、こんなお悩みはありませんか?

「社内にノウハウや知識がない…」
「人手や時間が足りず運用体制が整わない…」
「外注しようにも、どの業者を選べばいいか分からない…」


HELP YOUでは、こうしたお悩みを抱える方に向けて「マーケティングサポート」を展開。
集客課題に応じて「SEO」「SNS」「広告」の3つのアプローチを提供しています。

HELP YOU マーケティングサポートの強み


1.SEO・SNS・広告の各スペシャリストが集結
マーケティングの専門家を採用費0円でアサインできます。

2.戦略立案から日々の運用までをトータルサポート
戦略だけ/運用だけという要望にも対応!必要な部分のみの切り出しが可能です。

3.導入費用0円で月額費用のみ
対応領域によって月ごとに料金変更もできるため、無駄なコストが発生しません。

貴社の課題と現状をお聞きした上で、最適な手段を提案、運用体制の構築までサポートします。ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください!