LINE運用代行とは?依頼できる業務やメリット、おすすめサービスを解説!

LINEは、いまや日本で最もユーザー数の多いコミュニケーションアプリとして知られています。普及率の高さからビジネスシーンに用いられる機会も増え、接客業や飲食店においてはLINEの活用が集客に影響を与えるほどです。
しかし、LINE運用を始めるとなると、既存の業務に新たなタスクが追加されることになります。現在の業務に支障をきたさずLINEを有効活用するため、運用代行サービスを利用する企業も増えてきました。

この記事では、LINE運用代行サービスについて、依頼できる内容やメリットなどを徹底解説します。LINE運用代行の利用を検討している人はぜひ参考にしてみてください。

LINE運用代行の前に知っておきたいこと

LINEの運用代行を検討する前に、改めてLINEについて知っておくことも大切です。最初に、LINEの特徴や運用の鍵となるLINE公式アカウントについて解説します。

LINEの特徴

LINEは、Zホールディングス株式会社が運営するモバイルメッセンジャーアプリです。通話はもちろん、ビデオ通話、メッセージチャットが利用可能で、同社が運営するモバイル決済サービスや電子コミックサービスなど、マルチな提携サービスも展開しています。

さまざまなことがLINEでできるため、今や生活インフラとして定着しているアプリと言えるでしょう。

LINEとその他のSNSには、以下のような特徴の違いがあります。

ユーザー数(国内、2022年時点) ユーザー層 特徴
LINE 9,000万人 10~60代
  • 通話・メールなどメッセージインフラとして定着
  • さまざまなアプリとの連携が可能
Twitter 4,500万人 20~30代
  • 日常的にあった出来事を「呟く」コミュニケーションツール
  • リアルタイムな発信や拡散性の高さが特徴
Instagram 3,300万人 10~20代
  • 写真をメインとしたコミュニケーションツール
  • 見栄えがよくInstagramで好まれる写真を指す「インスタ映え」という流行語が生まれた
  • 「#(ハッシュタグ)」によってつながるシステム
Facebook 2,600万人 20~40代
  • 実名登録制
  • リアルな知人・友人と繋がるツール
  • ビジネスへの利用も多い

 
ソーシャルメディアサービスとしても、他の追随を許さないシェア数を獲得しています。圧倒的な普及率の高さを活かしてビジネスに活用する企業が増加中です。

LINE公式アカウントとは

LINEにはビジネス向けの利用を前提としたLINE公式アカウントというサービスがあります。LINE公式アカウントサービスでは、企業専用のアカウントが取得可能です。
事業用アカウントでユーザーとつながることで、サービスなどの情報発信がしやすくなります。

LINE公式アカウントの利用料金は3パターン用意されており、中には無料プランもあります。

自社に合ったプランを検討する際、目標として立てる「友だち追加数」を軸に考えるのがおすすめです。

例えば100人の友だち追加を目標とするなら、月に10通メッセージを発信すると月累計1,000通になります。フリープランの場合、これ以上の情報発信ができなくなるでしょう。

どれくらいのユーザーを対象にサービスを展開するのか、精査した上でプランを決めてみてください。

LINE公式アカウントでできること

LINE公式アカウントで使える主な機能は以下のとおりです。

  • メッセージ配信機能…情報をユーザーにメッセージで配信できる機能。クーポンなどを添付して配信することも可能
  • ショップカード機能…店舗で発行するスタンプカードなどをLINEアプリで管理できる機能。カードレスでスマホにスタンプを貯められる
  • クーポン配信機能…店舗のクーポンなどを配信できる機能
  • チャット機能…個人ユーザーとチャットでのやり取りができる機能
  • LINEコール(テレビ電話)機能…テレビ電話機能
  • リッチメニュー機能…画面下部にメニューを設置できる機能。店舗のメニューや予約画面などをメニュー化し、視覚に入りやすい位置に設置できる
  • プロフィール機能…アカウントのプロフィール表示機能。企業や店舗の情報をユーザーに伝えやすくなる

これらの機能の他、自動応答やオーディエンス配信、データ分析機能なども利用できます。企業が集客戦略へ利用するのに適した機能が充実しているサービスと言えるでしょう。

LINE運用代行に依頼できる業務内容

充実したサービスを提供しているLINE公式アカウントですが、効果的に運用したい、労力を割かずに運用したいなどの理由で運用代行サービスに依頼する企業も珍しくありません。

続いては、LINE運用代行業者に依頼した場合、どのような業務を代行してもらえるのかを紹介していきます。

コンテンツ作成

LINEからユーザーに送るコンテンツ、つまりメッセージや動画、クーポンなどの作成業務代行を依頼できます。公式アカウントとして運用するにあたり、コンテンツの内容は大変重要な要素です。

コンテンツ内容は、ユーザーがCV(コンバージョン)に至るかどうかを左右する重要な要素のひとつです。コンテンツ制作のノウハウを持った代行業者に依頼することで、効果的な配信が可能になるでしょう。

配信代行

LINEを運用する場合、ターゲットとなるユーザーの行動パターンを予測し、ベストなタイミングで配信することも大切です。しかし、通常業務と平行してLINE運用を行っていると、就業時間外や本業が忙しい時間帯に配信するのは難しいでしょう。

その点、LINE運用代行サービスなら、ターゲットの行動パターンに沿ったベストタイミングの配信が可能です。
サラリーマンや学生がターゲットなら通勤・通学の時間帯、専業主婦(主夫)がターゲットなら家事がひと段落する時間など、ターゲットに適した時間帯のアプローチが可能になります。

チャット対応

LINEの強みはユーザーとの相互コミュニケーションです。ユーザーからアクションがあった場合、リアルタイムで対応できれば顧客満足度の上昇が期待できます。

せっかくユーザーからチャットで連絡が来ても営業中は忙しくて対応できず、営業終了後に返信しているという企業や店舗も少なくないでしょう。
しかし、それでは返信が来るまでの間に他社を検討してしまうリスクや、瞬間的にサービスを利用したいと思った場合、販売機会を逃してしまいます。

LINE代行業者に依頼することで、通常業務に影響を及ぼすことなくリアルタイムのチャット対応が可能です。

効果測定・分析

企業がLINEを運用する上で効果測定や分析は欠かせません。施策を行っただけで満足せず、どのような効果があったのかを常に分析し、PDCAを回していくことが重要です。

効果測定や分析は専門的な知識が必要なケースも多く、今後の運用改善の参考となるデータを的確に抽出することも必要です。
LINE運用代行を依頼する企業の中には、効果測定や分析を専門的な知見から行ってほしいという理由で依頼しているケースも少なくありません。

LINE運用代行のメリット

LINEの運用は、どの企業においても自社で取り組めるものです。しかし、自社運用が可能であることと、効果的に運用できることはまた別の話です。
LINE運用代行サービスの利用は、効果的にLINEを運用するための有効手段といえます。続いては、LINE運用代行を利用するメリットについて解説します。

プロのノウハウは活用できる

LINE運用代行を利用するメリットの一つに、豊富な運用知識やノウハウを持った専門家に依頼できるという点が挙げられます。

LINEを使ったマーケティングは比較的新しい戦略です。そのため、企業によってはまったくノウハウを持たない状態で運用しているケースも少なくないでしょう。企業として運用する以上、運用利益を上げることは必須条件です。

LINEの運用経験が豊富でマーケティングにも精通した運用代行サービスを利用することで、プロのノウハウを活用できます。
未経験者が手探りで運用するよりも、高い確率で利益を上げるための効果的な運用が可能となるでしょう。

コア業務に集中できる

LINE運用は、コンテンツの作成、配信、効果分析などさまざまな作業が必要です。また、リアルタイムにユーザーからのアクションへ対応するとなると拘束時間も長くなり、コア業務に支障をきたす可能性もあるでしょう。

このような作業量の多いLINE運用を代行業者に依頼することで、重要なコア業務に集中できるようになります。

LINE運用代行の費用相場

LINE運用代行の利用を検討する上で、気になるのは費用です。LINE運用代行はサポート範囲によって費用が異なるケースが多いため、適切な費用相場を知っておきましょう。

費用相場 10万円/月 20~30万円/月 50万円以上/月
どんな人に向いているか
  • 初めて&お試しで利用したい人
  • 低コストで運用したい人
  • LINE運用を本格的に始めたい人
  • LINE運用を軸にマーケティングを展開したい人
  • 豊富な予算がある人
対応範囲
  • アカウント初期設定
  • 基本的なアカウント運用(配信回数少なめ)
  • 基本的な広告運用
  • アカウント初期設定
  • 基本的なアカウント運用(配信回数多め)
  • 効果測定、分析
  • 基本的な広告運用
  • アカウント初期設定
  • 基本的なアカウント運用(配信回数多め)
  • 効果測定、分析
  • 大規模な広告運用

 
初めてLINE運用を行う場合は、少額で依頼できるサービスから始めてみるのも良いでしょう。しかし、LINE運用を自社マーケティングの主軸として展開していきたいのであれば、予算を準備して高品質なサービスを選ぶのがおすすめです。

業種によっても選ぶべきプランは異なるでしょう。予算や目的に合わせて、自社にはどのようなプランが適切なのかを検討してみてください。

おすすめのLINE運用代行サービス5選

近年、数多くのLINE運用代行サービスがあり、長所や専門性、費用などもさまざまです。
今回は多くのLINE運用代行サービスの中から、厳選した5社を紹介します。ぜひLINE運用代行業者を選定する際の参考にしてみてください。

HELP YOU(株式会社ニット)

株式会社ニットが運営する「HELP YOU」は、オンラインアウトソーシングサービスです。豊富なスキルを持つアシスタントが、LINE運用をはじめとするさまざまな業務をサポートします。

コンテンツ作成から配信、チャット対応、分析まで依頼できる他、戦略立案から運用まで一貫したサポートを行う「HELP YOU+plus マーケティング戦略」サービスも展開。
初めてLINE運用を外注する方から本格的にLINE運用を始めたい方まで、お客様のご希望と目的に合わせた対応が可能です。

さらに、実働時間内であれば総務・経理・人事など、LINE運用以外の幅広い業務も代行可能です。
LINE運用以外にも外注したい業務がある場合は、ぜひHELP YOUを検討してみてはいかがでしょうか。

企業名 HELP YOU(株式会社ニット)
費用 10万円~(実働30時間/月)
実績 500クライアント以上

 

 

株式会社シェアコト

SNS運用やWebマーケティング、コンテンツマーケティングなどを手掛ける株式会社シェアコト。LINE運用代行やレポート代行、キャンペーン作成、マーケティング支援、キャンペーン支援など、企業が代行を依頼したい内容ごとにサービスを展開しています。

LINEツールデモ体験サービスでは、同社が提供している拡張ツールを実際にデモ画面で体験できます。LINE公式アカウントや拡張ツールで実際にどのようなことができるのか体験して導入を精査したいという場合は、同社のサービスを検討してみるのがおすすめです。

企業名 株式会社シェアコト
費用
  • 初期開設20~40万円
  • 運用代行25~60万円/月
実績 いちまさ(一正蒲鉾)LINE運用代行など

 

株式会社メンバーズ

株式会社メンバーズはデジタルマーケティング事業を請け負っている企業です。LINE運用代行サービスも提供しており、あらゆるSNSの活用実績を持っています。過去の経験から得たノウハウを活かしたソーシャルメディアの専任運用体制で、LINE公式アカウントの運用代行や運営支援が可能です。

サービスは、LINE公式アカウントの開設サポートと運用代行サービスに分かれており、それぞれに必要なシーンのみ代行を依頼することもできます。

企業名 株式会社メンバーズ
費用 要お問い合わせ
実績 ココカラファインなどSNS広告支援

 

株式会社ブラーヴォ

Webコンサルティングおよびメディア運営、サイト作成事業を展開する株式会社ブラーヴォもLINE運用代行サービスを提供している企業です。サービス内容はアカウント設定、リッチ設定、コンテンツ企画、抽選・クーポンページ作成・月1回の定期レポートなど多岐にわたります。

しかし、配信数はプランによって異なるものの最大6通なので、頻繁な配信を希望する場合は注意してください。プランは個別にカスタマイズ可能なので、自社の希望に合わせた見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか。

企業名 株式会社ブラーヴォ
費用 5,000円~38万円以上
※プランによって異なる
実績 旅行会社、革小物販売会社などのコンテンツマーケティング

 

トランスコスモス株式会社

デジタルマーケティングサービスを提供するトランスコスモス株式会社でもLINE運用代行が依頼可能です。同社では公式アカウントの開設から運用までトータルサポートに対応
しています。そのため、運用を丸ごと代行してほしいという企業におすすめです。

また、LINE公式アカウントをさらに有効活用するための拡張ツールも提供可能。LINEを最大限に運用したいという場合は、同社を検討してみてはいかがでしょうか。

企業名 トランスコスモス株式会社
費用 要お問い合わせ
実績 日本マイクロソフト社などのSNS運用代行

LINE運用代行のまとめ

商品やサービスにさまざまな付加価値が求められる時代において、ユーザーとのつながりを持つことはとても重要です。コミュニケーションツールとして普及しているLINEだからこそできるマーケティングもあるでしょう。

さまざまな運用効果が期待できるLINEですが、適切なマーケティングには知識や人員が必要不可欠です。LINE運用をマーケティングに活用しながらコア業務に集中したい場合には、LINE運用代行を依頼するのがよいでしょう。

予算やサービスの対応範囲などをよく検討し、自社にぴったりのLINE運用代行業者を検討してみてください。

▼あわせて読みたい

SNS運用を外注するメリットや費用相場を徹底解説!実際の対応事例も公開

Webマーケティングを外注するメリットは?費用相場やおすすめサービスも紹介

HELP YOUのマーケティングサポート

プロマーケターは「採用する」から「シェアする」へ


マーケティングに関して、こんなお悩みはありませんか?

「社内にノウハウや知識がない…」
「人手や時間が足りず運用体制が整わない…」
「外注しようにも、どの業者を選べばいいか分からない…」


HELP YOUでは、こうしたお悩みを抱える方に向けて「マーケティングサポート」を展開。
集客課題に応じて「SEO」「SNS」「広告」の3つのアプローチを提供しています。

HELP YOU導入実績はクライアント数500以上!

HELP YOU マーケティングサポートの強み


1.SEO・SNS・広告の各スペシャリストが集結
マーケティングの専門家を採用費0円でアサインできます。

2.戦略立案から日々の運用までをトータルサポート
戦略だけ/運用だけという要望にも対応!必要な部分のみの切り出しが可能です。

3.導入費用0円で月額費用のみ
対応領域によって月ごとに料金変更もできるため、無駄なコストが発生しません。

貴社の課題と現状をお聞きした上で、最適な手段を提案、運用体制の構築までサポートします。ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください!