失敗しない経理代行サービスの選び方!おすすめサービス5選

経理業務を外部に委託できる経理代行サービスは、コスト削減などさまざまなメリットがあります。

  • 自社でも導入を検討している
  • 今すぐにでも依頼したい

とは思っていても、たくさんの業者がサービスを提供している状態。

  • どこが良い業者なのかわからない…
  • どこの業者も同じにみえて比較ができない…

と悩んでいる経営者や経理担当者の方は多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、失敗しない経理代行サービスの選び方とおすすめサービス5社を紹介します。経理代行サービスのメリットやデメリット、費用相場を確認しながら、最適なサービスの選び方を見ていきましょう。

経理代行サービスは、選び方次第では強力なビジネスパートナーにもなり得えます
ぜひこの記事を、自社に合った最適なサービス選びにお役立てください。

経理代行サービスとは


経理代行サービスとは、会社の経理業務を請け負ってくれるアウトソーシングサービスです。税理士事務所や会計事務所、専門会社やオンラインのアウトソーシング業者などがサービスを提供しています。

経理業務を行うには、複雑な税制や計算方法などの専門知識が必要なため、人材確保や育成には時間も費用もかかります。個人事業主や規模の小さな事業者では、従業員や経営者が経理業務を兼務することが多いため、コア業務に専念できていないケースもあるでしょう。

また、経理担当者がいる場合でも、ミスが多かったり、月末月初の残業が避けられなかったりと悩むことも多いのではないでしょうか。

経理代行サービスを活用すれば、自社の状況にあわせて一部または全ての経理業務を請け負ってくれるため、こうした多くの悩みが解決できます

経理代行と記帳代行の違い

「経理代行」と「記帳代行」とでは依頼できる業務内容に違いがあります。
記帳代行は基本的に会計ソフトへの入力のみ、経理代行は経理業務全般の代行を請け負います。

つまり、記帳代行は経理代行の一部であり、経理代行の業務には記帳作業が含まれているということです。

領収書や請求書、通帳コピーなどの取引データ入力の代行は「記帳代行サービス」に、記帳に加え給与計算や請求書発行など振込や給与計算など幅広い経理業務の代行は「経理代行サービス」に依頼するといいでしょう。

経理代行サービスに依頼できる業務内容

経理代行サービスには、具体的に次のような業務を依頼できます。

【業務例】

  • 記帳代行(ここで言う「記帳」とは、会計ソフトへの入力)
  • 給与・賞与計算代行
  • 請求書や見積書・注文書、決算書の作成
  • 資金調達用資料、助成金申請用資料の作成
  • 事業計画書の作成
  • 受発注及び出荷・在庫管理
  • 売上管理
  • 経費精算/管理

ただし、税金・年度末調整等の「申告代行」は、法律で定められた税理士業務に該当するため、税理士への依頼が必要になります。

経理代行サービスのメリット


経理代行を活用するメリットには、次のようなことが挙げられます。

人件費などのコストを削減できる

経理代行サービスを活用することで、人件費などのコストを削減できます。

経理業務の専門知識をもつ人材を雇用する場合、それなりの人件費がかかります。もちろん経理代行サービスも料金は発生しますが、経理専門の人員を雇う場合の人件費よりも高額になることは、よほどのことが無い限りありません。
経理代行サービスを活用すれば、年間数百万円のコストが削減できることもあります。

また、経理業務は繁閑に波があるのが特徴です。社員や派遣を恒常的に雇うための固定費を、経理代行サービスを活用することで業務量に合わせた変動費に変えることができます。
必要な時に必要な業務量だけを依頼できるアウトソーシングと経理業務は相性が良く、最適な人員配置によるコスト削減が期待できるでしょう。

経理のプロによる的確な作業

経理代行サービスでは、経理のプロが業務の代行を行います。スピードと正確さを兼ね備えた理想的な作業が期待できるうえに、プロの目線から経理上のアドバイスをもらえるかもしれません。

頻繁に行われる法改正に対しても、経理のプロであれば迅速に調べて対応できます。情報収集に奔走したり、業務のやり方を変更したりといった骨の折れる作業から解放されるでしょう。

また、経理業務は専門的な知識やスキルを必要とするため、ブラックボックス化しやすい傾向にあります。経理業務を社外にアウトソーシングすれば属人化を回避できるため、担当者の退職などによる業務の停滞、着服や不正行為を防ぐこともできます

コア業務に専念できる

経理代行サービスを活用することで、コア業務に専念できる点も大きなメリットのひとつです。
経理の仕事は細々とした作業が多く、さらに正確さも必要とされますが、こうした煩わしい業務によって重要な本業に集中する時間が奪われることも多いのではないでしょうか。

経理の専属担当が社内にいる場合は、その人のコア業務として行うべきですが、もしだれかが兼業で行っているとしたら、その業務はとても負担が大きいものになります。決算などの繁忙期には、経理業務が本業の時間を奪ってしまうこともあるでしょう。

経理代行サービスを利用すれば、その煩わしさや負担を軽減して本業に専念できる環境が整います

経理代行サービスのデメリット


前述のように、経理代行には会社にとってさまざまなメリットがある一方、デメリットも存在します。経理代行サービスを利用する前にしっかりと確認しておきましょう。

情報漏洩のリスク

経理代行サービスの導入には、情報漏洩のリスクが伴います
アウトソーシングを活用する際は、会社の重要な情報や内部資料、大切な書類などを必要に応じて開示、または渡す必要があります。つまり、経理業務を委託するということは、委託先に自社の財務状況をすべて見せるということです。

不安がある場合は、委託先がどのようなセキュリティ体制や取り組みを行っているのか、しっかりと確認する必要があります。
また、委託先に書類の送信などを行う際には、自社内でも細心の注意とルールの組み立てが必要になるでしょう。

その一方で、自社で雇用している人材に財務状況などを明かす必要性がなくなるため、社内での情報漏えいや着服、不正などのリスクをなくすことができます。
経理代行サービスの活用が自社にとってメリットとなるかデメリットとなるか、しっかりとした見極めが重要になります。

社内にノウハウが残らない

経理代行サービスを利用するということは、経理業務に関するノウハウが社内に残らないということです。委託先に必要データや書類を提出して処理をしてもらうため、プロセスの詳細については分からないことも多いです。
経理業務のノウハウが社内に蓄積できなければ、経理社員を育成できず、何かあった際に臨機応変に対応できない可能性があります

委託先の倒産など何らかの原因でアウトソーシングが継続できなくなった場合も想定し、業務の進行状況や内容を常に把握できるように連携したり、社内に経理担当者を確保したうえで一部をアウトソーシングしたりするなど、自社に合った対策を講じると良いでしょう。

経理代行サービスの選び方


近年、多くのサービス会社が経理代行サービスを提供しています。どこに依頼すべきか検討する際のポイントを4つ紹介します。

業務内容や範囲

経理代行サービスを選ぶ際には、まず業務内容や業務範囲を確認しましょう。
経理業務と一口に言っても業務内容は幅広く、代行会社によって対応できる業務内容や範囲は大きく異なります

代行会社の対応範囲を確認する以前に、どの業務を自社で補うのか、あるいは依頼するのかなど、自社の方針を決めることが必要です。

自社ではどの業務が一番の負担になっているか、経理業務のノウハウがどの程度必要かなどを検証することで、経理代行サービスを有効に活用しましょう。

セキュリティ体制

経理代行サービスを選定するうえで最も大事なチェックポイントは、代行会社のセキュリティ体制です。先述した通り、経理代行サービスを利用するということは、第三者である代行業者に自社の売上などの機密情報を開示するということです。

情報漏洩で会社の信用を失わないためにも、代行業者のセキュリティ体制がしっかりしているかどうかは事前に確認する必要があります。

パスワードの暗号化はされているか、スタッフの情報リテラシーは高いか、不正アクセス防止のための対策がされているかなど、しっかりと確認しましょう。
また、PマークやISO27001などの第三者認証もセキュリティ対策がなされていることの一つの指標になります。

コミュニケーション方法

経理代行サービスを選ぶ際には、コミュニケーション方法についてもチェックすると良いでしょう。メールでの連絡なのか、Chatworkなどのチャットツールが利用可能なのか、緊急時には電話対応も可能かなど、事前に確認しておきましょう。

経理業務をアウトソーシングするにあたって、必要書類やデータの授受など代行業者とのやり取りが頻繁に発生します。
授受がしにくかったり、やり取りにタイムラグが生じたりすると業務がスムーズに進まず、アウトソーシングしているのにコア業務に集中できないといった事態に陥るかもしれません。

ストレスなくスムーズな連携を図るためにも、自社に合ったコミュニケーション手段が使えるかといった点は重要なチェックポイントです。

実績

どんなアウトソーシングサービスに関しても共通して言えることですが、経理代行サービスの場合は特に信頼できるサービスを選ぶことが重要です。

多くの経理代行サービスは、これまでの実績や経験年数、活用事例などを公表しています。
実績が多く継続率の高い代行会社であれば、経験が豊富なだけでなく、信頼度が高いと判断できるため、安心して依頼することができます。

また、どういったジャンルの企業と取引があるか、どの程度の作業ボリュームまたは企業規模の請け負いが多いかなども併せて確認することをおすすめします。
具体的な実績を見ることで、大きなミスマッチを防げるだけでなく、自社での活用イメージを掴むこともできます

経理代行サービスの費用相場


ここまで、経理代行サービスに依頼できる業務やメリット・デメリット、業者の選び方を見てきました。

次は経理代行にかかる費用をみていきます。費用相場を知り、自社の予算ではどんな業務を依頼できそうかを検討していきましょう。

記帳代行のみを依頼する依頼

経理代行の業務で、比較的多い依頼が記帳代行です。
大量の書類を正しい分類に分け、決められた場所に格納していく作業は時間がかかるうえに経理の専門的な知識を必要とします。

100仕訳単位などで月額料金を設定している代行業者が多いものの、従量制を採用して1仕訳あたりの料金を提示しているところもあります。

100仕訳ごとなど、段階的に月額料金が決まっている場合の月額料金相場は次のようなものです。

仕訳数ごとの料金
100仕訳まで:1万円

101-200仕訳:1万5千円

201-300仕訳:2万円

301-400仕訳:2万5千円

401仕訳以上:3万円

※企業ウェブサイト上で価格を公開している大手代行業者5社の平均価格を相場としています。

スタートアップ企業や中小企業で月間の仕訳数が200件前後であれば、月々の費用は2万円以内になるでしょう。ある程度規模が大きいビジネスであれば、3〜4万円以上を見込んでおく必要があります。

1仕訳あたりの料金設定がされている場合の相場は、1仕訳40円〜100円程度です。

幅広い業務を依頼する場合

経理業務全般の代行を依頼する場合は、記帳代行に加えて、請求書発行、支払い・振込、給与計算など、基本となる経理業務がパッケージ化された経理代行サービスを利用することになります。

業務別に個別の料金を設定しているところもありますが、個別のサービスを組み合わせて利用するよりも、パッケージ化されたサービスの方がコスト面でお得になることが多いです。

パッケージの内容は代行業者によって異なり、目安となる相場は3〜5万円です。仕訳数や従業員数、希望する納期によってもパッケージ料金は異なるため、必ず詳細を確認しましょう。

パッケージに含まれていない業務を依頼する場合は、オプションで追加費用を支払うことになります。
たとえば、追加の給与計算、予算管理や資金繰り表の作成、特殊な会計処理、証憑ファイリング、経費精算なども合わせて代行を依頼する場合は、オプションサービスを利用することになります。

オプションサービスを利用するのにかかるコストは、目安として次のようなものです。

オプションごとの料金
給与計算 従業員1人あたり2,000円前後
資金繰表などの作成 5,000円~1万円
振込(インターネットバンキング) 5,000円前後(10件まで)
年末調整 1万円~2万円

※企業ウェブサイト上で価格を公開している大手代行業者10社の平均価格を相場としています。

税理士事務所による経理代行サービスに決算申告まで頼む場合は、申告に必要な決算書類の作成のみであれば4〜6万円、申告書類の提出まで全て代行を依頼する場合は15万円前後が相場です。

創業の時期や売上の規模によって費用が変わる場合もあるので、サービスを利用する前に見積もりの相談をしてみることをおすすめします。

おすすめの経理代行サービス


最後におすすめの経理代行サービスを5社紹介します。自社での経理代行サービスの検討にお役立てください。

HELP YOU(株式会社ニット)


HELP YOU(ヘルプユー)は、株式会社ニットが運営するアウトソーシングサービスです。
依頼者である経営者や従業員が「コア業務に集中できる環境を作る」べく、特別編成チームがパートナーとして企業をトータルサポートします

経理業務以外にも、総務や人事・採用、営業サポートなどあらゆる業務に対応しているため、企業全体の業務の効率化や生産性の向上が期待できます

特徴 ・継続利用98%

・オンラインで簡単に導入できる

・厳しい採用プロセスをクリアした優秀なアシスタントがチームで対応

費用 月額料金:10万円~(税抜)/ 実働時間:30時間~
セキュリティ体制 Pマーク取得
実績 導入クライアント数:500以上

楽天株式会社、三井不動産株式会社、株式会社NTTデータなど

 

HELP YOUの経理代行事例

あるインターネットサービス企画運営企業から給与計算業務の依頼を受け、HELP YOUが代行した事例を紹介します。

給与計算や給与の振り込み、請求書格納といった給与計算関連の業務をHELP YOUに外注したことで、これまで2時間かかっていた業務をたったの10分に短縮。1時間50分もの工数削減に成功しました。

給与計算関連業務は月初に作業が集中しがちですが、HELP YOUのアウトソーシングを利用することで、月初でもコア業務に専念できるという大きなメリットをもたらしました

【お客様コメント】
「振り込みなどの細かな事務作業の時間を削減でき、自社では最後の確認をするのみになったため、その他の業務に専念できるようになりました!」

 

iAP(株式会社アイエーピー)


iAP(アイエーピー)は、最新のシステムを使用した給与計算サービスや毎日の会計実務、国際会計や国際税務にいたるまで、あらゆる経理業務を代行するサービス会社です。
スタッフは米国の公認会計士や税理士で、英語と日本語のバイリンガルで対応するため、海外支店がある企業や外資系企業、海外進出を考えている企業にとって特に力強い味方です。

特徴 ・スタッフ全員がバイリンガル

・国際会計/税務の専門家集団

・IT会社出身者による的確なシステム導入

費用 要問合せ
セキュリティ体制 不明
実績 不明

バーチャル経理アシスタント(メリービズ株式会社)


MerryBiz(メリービズ)バーチャル経理アシスタントは、相談から契約まですべてオンラインで完結するバーチャル型の経理代行サービスです。
日本全国選りすぐりのプロ経理スタッフからなるオンライン特別専門チームが、あらゆる経理業務を代行します。

特徴 ・簿記2級以上/実務経験豊富なプロの経理スタッフ

・規模/業種を問わず全ての企業に対応可能

・完全カスタマイズ

費用 依頼業務や事業規模にあわせて料金が異なるため、要問合せ

料金例)月次仕訳入力代行:15~20万/月

セキュリティ体制 不明
実績 ヤフー株式会社、クックパッド株式会社、スマートニュース株式会社 など

TOP ONE経理代行センター(株式会社TOP ONE)


TOP ONE(トップワン)経理代行センターは、株式会社TOP ONEと税理士法人 大石会計事務所が提携して運営する経理代行サービスです。
決算・申告のみなどのスポット対応をはじめ、一部投げや丸投げ対応の選択ができるので、目的や予算に合わせて利用できる点が魅力です。

特徴 ・税理士チェックによる高品質なサービス

・決算/申告などスポット契約にも対応

費用 記帳代行:1,000円~

経理代行:29,800円~/月

※仕訳数・依頼業務による

セキュリティ体制 法令遵守を徹底
実績 7年間で1,000件以上

川崎 経理代行サービス(フロンティア・パートナーズ株式会社)


川崎 経理代行サービスは、「中小企業・個人事業主のバックオフィス業務の悩みを解決」というビジョンのもと、神奈川県川崎市を中心にサービスを展開しています。
間接業務のコストカット&本業により集中できる体制作りをサポートしています。

特徴 ・中小企業または個人事業主向け

・クラウドツールの活用でスピーディーな対応

・実績ある各専門家が複数名体制でサポート

費用 経理代行:27,280円~/月

記帳代行:880円~/月

※仕訳数/依頼業務による/td>

セキュリティ体制 不明
実績 運送業、製造業、娯楽業など10人以下の企業での導入実績多数

経理代行のまとめ


経理代行サービスを活用するメリットやデメリット、失敗しない代行会社の選び方とおすすめサービス5社を紹介しました。

経理代行サービスを活用することで、煩雑な経理業務の手間とコストが省けるうえに、従業員がコア業務に専念できる環境が整います
また、プロの視点から経理上のアドバイスをもらえたり、業務の属人化や不正を防ぐことも可能です

このように経理代行サービスは、単に経理作業を代行するものではなく、企業にとって数々のメリットをもたらす強力なビジネスパートナーと言えます。

経理代行サービスを検討する際は、対応業務範囲やセキュリティ体制、コミュニケーション方法や料金プランなどを総合的に判断し、自社に合った最適なパートナーを選びましょう!

▼あわせて読みたい

アウトソーシングと人材派遣の違いを解説!業務内容で使い分ける

経理部門のペーパーレス化を進めたい!参考になる成功事例と導入方法

経理業務はHELP YOUにおまかせ

経理業務をまるごとアウトソーシング


膨大な時間がかかる上に、知識を必要とする経理業務。
毎月・毎年発生する作業に追われて、大事な業務に手が回らなくなっていませんか?

「大量の仕訳作業が大変」
「本当はもっと別のことに時間を使いたいのに…」
「できればプロに任せたいけど、どうやって依頼すればいいの?」

このようなお悩みを抱える方のため、HELP YOUでは経理業務のアウトソーシングサービスを行っています。

 

HELP YOUに経理業務をアウトソーシングすると


◎領収書のデータ入力や請求書発行など、あらゆる経理業務が片付く
◎現状の課題から最適なフローを導き出し、業務効率化も実現
◎経理業務の負担が減ることで、コア業務に集中できる環境が整う


HELP YOUは一緒に課題を解決するパートナーとして伴走し、貴社の業務効率化を実現します。クライアント様への導入実績は500以上。

この機会にアウトソーシングを導入し、自社の価値創出に注力しませんか?
ご興味のある方は、ぜひ無料相談をご利用ください。