Facebook運用代行に外注する前に知っておきたい!運用の流れや注意点、料金も解説

「Facebookの運用を考えているが、基本的なことがわからない…」
「業務に追われて時間がない…」
そんなときに導入を検討したいのがFacebook運用代行サービスです。

FacebookなどSNSはトレンドのスピードが早く、アカウントを効果的に運営するためには、最新情報のキャッチアップが必要です。
また、コンテンツの作成や投稿、レスポンスなど手間がかかる作業が多いことから、運用を外注化する企業や店舗が増えています。

Facebook運用代行サービスの活用を検討している担当者に向けて、アカウント運用の流れや外注先を選ぶ際の注意点、料金相場などを紹介します。Facebook基礎知識も確認してみてください!

目次

Facebook運用代行【SNS/Facebook】運用の流れ

Facebook運用代行とは、店舗や企業のFacebookのアカウントを担当者に変わって運用を行うサービスです。

外注先を大きく分けると、以下の3つになります。

  • 運用代行会社
  • オンラインアシスタント
  • バイトなどの個人

これらの外注先が行う業務項目には大きな違いはありません。しかし、手法や考え方は外注先によって様々です。では、どのような業務を行ってくれるのでしょうか。順を追って説明しましょう。

SNS/Facebook運用代行の流れ1.アカウントの設定

SNSアカウントの開設または既存アカウントの分析を行います。ペルソナやコンセプトを設定し、投稿記事の企画案を作成していきます。

SNS/Facebook運用代行の流れ2.記事作成

企画案を元に記事制作を行います。情報をユーザーに届けるための大事な行程となります。必要であれば撮影や画像の加工なども行います。

サービスや商品の認知拡大、または購買行動へ影響を与えるなどの目的に合わせた記事を作り上げます。制作にはFacebookのアルゴリズムの知識も必要となります。

SNS/Facebook運用代行の流れ3.記事投稿

制作した記事を投稿します。投稿する時間、曜日、投稿回数などは、商品やサービス、ターゲットによって違ってきます。塩梅見極める経験と知識が必要になります。

SNS/Facebook運用代行の流れ4.記事の監視

投稿記事へのユーザーの反応を確認する作業です。書き込まれたコメントの内容や「いいね!」などの反応を確認します。必要な場合はレスポンスをしていきます。不適切な書き込みへの対応も行います。

この作業を繰り返し行い、ファンとの距離を詰めることでエンゲージメント(コメントやいいね数)を高めていきます。

SNS/Facebook運用代行の流れ5.効果測定

投稿記事の効果を測定します。記事のインサイトページではエンゲージメント、インプレッション(表示回数)、トラフィック(訪問者数)などを確認することができます。これらの数値を元に記事やファンの分析を行います。

分析結果は報告書にまとめられ、報告または運用のアドバイスとして使われます。

SNS/Facebook運用代行の流れ6.広告配信

広告配信など集客施策を行うサービスもあります。SNSのターゲット広告は、ユーザーの履歴をもとに最適化され、抽出されたターゲットに広告を表示させる仕組みです。

ここまでは、Facebook運用代行が取り扱う業務内容を説明してきましたが、次は知っておきたいFacebookの特徴を説明します。

Facebook運用代行に外注する前に知っておきたい!Facebookの特徴

Facebookの運用代行に依頼する場合も、基本的な知識があったほうがよいでしょう。Facebookの活用が自社の商品やサービス、運営に合っているのかを確認することもできます。

SNS/Facebook特徴1.ユーザー数が世界1

Facebookは世界1のユーザー数をもつSNSです。Facebookユーザーの総数は28億人(2020年12月時点)。
Instagram、Twitter、LINEなど主要なSNSの中でトップを走っています。

しかし、表1「国内主要SNS|MAU数の推移(年別)」を見ると、世界の状況とは違うことがわかります。日本国内でのFacebook月間アクティブユーザーは約2,600万人(2019年3月時点)と主要SNSでは4番目となり、さらには年々減少傾向にあります。

※表1 引用:株式会社ガイ アックス

引用:Facebookの公式ニュースルーム

SNS/Facebook特徴2.アクティブユーザーは中年層

Facebookユーザーの特徴のひとつに年齢層の高さがあります。表2「Facebookの年齢別ユーザー数 男女別(国内)」では30~50代のユーザーが多いことがわかります。

男女差に大きな違いがありませんが、30代ではわずかに女性が、40~50代では男性の方が1割多くなっています。

Facebookは中年層をターゲットとした商品(サービス)の認知拡大、ブランディングとの相性がよく、活用事例が多数出ています。

表2引用:株式会社ガイ アックス

SNS/Facebook特徴3.知り合いとつながる場

実名での登録がルールとなっていることもFacebookの特徴です。他のSNSよりも学生時代の友人や知人など、知り合いとつながる場として利用されています。
発信される記事の信頼性も高く、主にプライベート情報を交換することを目的に使われています。

ここまではFacebookの特徴をお伝えしてきましたが、ここからは活用のポイントを説明しましょう。

Facebook運用代行に外注する前に知っておきたい!活用のポイント

Facebookには3つの活用のポイントがあります。

SNS/Facebook活用のポイント1.コンテンツの自由度が高い

Facebookは他のSNSに比べて、テキストの制限がなく、コンテンツの自由度が高いという特徴があります。

文字数は最大で6万文字まで入力可能、動画は120分まで、画像の有無も選択できます。公式サイトのURLなどリンクを貼ることも可能です。長文での説明ができるため、企業理念やミッションなどをユーザーに届けることもできます。

文字数 6万文字
動画 120分
画像 選択可

引用:Footsuite「The Ideal Social Media Post Length: A Guide for Every Platform」

SNS/Facebook活用のポイント2.インフルエンサーマーケティング

インフルエンサーマーケティングとは、影響力が強い人が商品やサービスを紹介することで、消費者の購買行動に影響を与える手法です。
Facebookでは、アクティブユーザーをファンとして獲得し、間接的に情報を拡散させることが期待できます。

ただし、注意したいのはステマとなるケースです。ステマとはステルスマーケティングのことで、対価を発生させる書き込みです。対価が発生する場合は「PR」や「広告」などの表示が必要となります。

出典:日本インタラクティブ広告協会「インターネット広告倫理綱領及び掲載基準ガイドライン」

SNS/Facebook活用のポイント3.広告のターゲティング精度が高い

Facebook広告は他のSNSより、ユーザーの登録情報が豊富です。そのためターゲットの抽出精度が高い広告として、マーケティングに活用されています。

フェイスブックでは、記事がユーザーニーズに合った内容と判断されると、高頻度で広告が表示される仕組みになっています。他のSNSよりも的外れなユーザーに情報を提供するということが起きにくいシステムになっています。

Facebook運用代行選び!確認したい注意点

Facebookの運用代行の外注先を選ぶ際のポイントを説明しましょう。

Facebook運用代行選びの注意点1.SNSの特徴と使い分け

FacebookなどのSNSは、それぞれに特徴があり、メインユーザーの年齢層や利用目的などが違います。
使い方にも特徴があります。たとえばTwitterであれば、旬な情報をリアルタイムで配信、Instagramであれば、イメージ先行型の画像情報の配信が有効です。

間違った使い方をしてしまうと、有益な情報をユーザーに届けることが難しくなります。SNSの特徴を理解し目的に合った使い分けを理解しているかを、運用代行を外注する際には確認しましょう。

Facebook運用代行選びの注意点2.最適な記事か

Facebookはユーザーが楽しいと思える記事に対して高く評価します。評価に値すると、記事の表示順位が上がり、よりユーザーの目に届きやすくなります。ユーザーが楽しめる記事を制作する必要があります。
外注先はユーザーと親和性が高い記事制作ができるか確認しましょう。過去の運用実績や掲載事例でわかります。

Facebook運用代行選びの注意点3.リスク回避策は

SNSのネット炎上は、配慮のない記事やミスが発端で起こる場合が多くあります。炎上してしまうと誹謗中傷のコメントが殺到し、マイナスなイメージが拡大してしまいます。
このような炎上は予測ができないため、事前の準備が必要です。炎上の防止策、ガイドラインや最新情報のキャッチアップの有無などもチェックします。

次はFacebookの運用代行を外注する際の料金相場について説明します。

Facebook運用代行【SNS/Facebook】料金相場

Facebook 運用代行サービスの料金は、外注先によって異なります。

月額の料金相場は依頼する業務内容で大まかに確認することができます。ただし、サービスによっては該当しない場合もあるので、正確な金額は外注先に問い合わせることをおすすめします。

下記以外に定期的なキャンペーンの企画やその運営などを含めると、月額50万円以上になるサービスもあります。

月額相場 25万円以上 10万円~ 5万円以下
作業範囲 ・コンテンツ作成
・投稿
・投稿監視とレスポンス
・効果測定
・広告配信
・レポート作成
・報告会の設定 など
・コンテンツ作成
・投稿
・投稿監視とレスポンス
・コンテンツ作成
・投稿


FacebookなどSNSで情報を効果的にユーザーに届けるためには、運営を代行してくれる外注先の選択が重要になります。次の章ではおすすめのサービスを紹介します。

Facebook運用代行おすすめのサービス

Facebookなどソーシャルメディアの運用代行おすすめのサービスを紹介します。

Facebook運用代行おすすめサービス1.HELP YOU

HELP YOUは、FacebookなどのSNSアカウントの開設から設計、コンテンツ制作、投稿、分析、キャンペーン運営など、トータルでの運用代行が可能です。
採用率1%の優秀なスタッフがチームで業務をサポートいたします。

FacebookなどSNSごとのアルゴリズムを理解したうえでコンテンツを制作するため、ターゲットユーザーに届く情報発信が可能になります。
新規開設だけでなく、既存SNSアカウントの立て直しや補強も可能です。

サービス:SNS運用
アカウントの立ち上げ、アカウントの運用代行業務

費用
月額10万円(税抜)~

HELP YOU

Facebook運用代行おすすめサービス2.Project Company

プロジェクトカンパニーは、SNSマーケティングだけでなく、デジタル領域を一気通貫で取り扱う企業です。
SNSアカウント(Instagram、Twitter、Facebook、LINEなど)の一括運用代行も可能です。
サービス:SNS運用によるブランディング支援

費用
お問い合わせ

Project Company

Facebook運用代行おすすめサービス3.Members

これまで50社以上のSNS運用代行の実績があるメンバーズ。ソーシャルメディア専任が運用しているので、効率的でミスのないサービスを可能にしています。
Facebook、Twitter、YouTube、LINE、Instagramなど複数メディアを一括で対応することも可能です。

サービス:ソーシャルメディア運用代行
費用
お問い合わせ

Members

まとめ

情報を効果的にユーザーへ届ける手段として、FacebookなどのSNSを運用する店舗や企業は年々増加しています。
しかし、Facebookを運営する上での基礎知識がないため、的外れな使い方をしているケースもみうけられます。

目的に沿った効果的な運用をするためは専門家の知識と経験が必要です。信頼できる外注先をみつけ、利用することをおすすめします。

HELP YOUに問い合わせをする

HELPYOUが選ばれる理由


HELP YOUは、社員のノンコア業務を効率化することでコア業務に集中できる環境を作ることを目指しています。

もしこれから業務効率化を検討するのであれば、ぜひ一つの方法としてHELP YOUを検討してみてはいかがでしょうか。


HELPYOUは、

・250社以上への導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務から営業サポートまで幅広く業務サポートができる
利用継続率97%以上のサービス満足度

といった特徴があります。
無料相談も用意していますので、ぜひこの機会に業務効率化を検討してみてはいかがでしょうか?