手間のかかるデータ移行はアウトソーシングで効率化!

「データ移行」とは、紙の書類のデータ化やツール間のデータ移管など、データをある場所から別の場所へ移動することを言います。
データ移行は、テレワークやDX推進においてビジネス環境を整えるための重要な要素であると同時に、企業が直面する非常に困難なタスクの一つでもあります。

なぜ、データ移行は重要なのでしょうか?
なぜ、データ移行は困難なのでしょうか?

この記事では、データ移行の重要性とそのメリット・デメリット、データ化作業の方法を紹介します

紙書類の電子化や大量データの移管作業を検討している方は特に、データ移行作業の第一歩として参考にしてください。

データ移行の重要性

データ移行の重要性

以下のグラフは、「経理プラス」が全国のビジネスパーソンを対象に行った調査結果をもとに作成したものです。この調査によると、「コロナ禍に紙書類が理由で出社した経験がある人」はなんと84.5%という結果でした。

調査結果グラフ
参考:経理プラス「【経理調査】紙書類処理 『月10時間以上』が半数近く?」より作成

また、テレワークを実現できた要因に関する質問では、「社内/外部とのやり取りに関わる紙書類のペーパーレス化」を挙げる声が多くありました。
これらの調査結果から、テレワーク普及やDX推進において、データ移行は重要な要素であると考えられます。

データ移行のメリット

データ移行のメリット

テレワークの普及やDX推進にあたって重要な要素となるデータ移行ですが、その作業を行うことで企業は多くのメリットを享受できます。

情報の検索・共有

データ化した情報は検索・共有がしやすく、仕事の効率アップにつながります
紙の書類をデスクやキャビネットなどの保管場所から探し出すのは、多くの手間と時間がかかります。データ化してあれば、数秒で必要なデータを検索できるうえに、テレワークや外出先での利便性も高まります。

省スペース・コスト削減

紙書類を扱っていると、保管する倉庫や資料室の管理費、印刷費などさまざまなコストがかかります。書類をデータ移行すれば、書類を保管するスペースも印刷費も不要なため、省スペース・コスト削減が可能です

セキュリティ強化

データ化することで情報漏洩や紛失・破損などのトラブルを防ぎやすくなります。データ化されていれば紙の書類を物理的に持ち運ぶことはなくなるため、出先での紛失のリスクがありません。
また、データ化によってアクセス制限や閲覧制限を設定できるため、関係者以外に情報が漏洩するリスクも抑えられます。

さらに、パソコンやサーバーが故障や盗難に遭ったとしても、クラウド上のバックアップからデータの復元が容易にできる点も大きなメリットです。

データ移行のデメリット

データ移行のデメリット

データ移行には多くのメリットがありますが、デメリットも抱えています。データ移行のデメリットについても把握しておきましょう。

作業に膨大な時間と手間がかかる

紙で保存していた資料などのデータ移行をするには、資料のスキャンやデータの整理など、莫大な時間と手間がかかります

そのため、データ化の必要性はわかっていても、
普段の業務に追われてなかなか取り組めない…。
どこから手をつけて良いかわからない…。

と悩みを抱えているケースも多いでしょう。

自社だけでは対応できない…という場合には、アウトソーシングの利用が有効です
莫大な手間と時間がかかるデータ移行作業を外注化すれば、通常業務の効率を下げずにデータ移行が遂行できます

データ移行のアウトソーシングなら「HELP YOU」

データ移行のアウトソーシングならヘルプユー

データ移行にかける時間やリソースがない場合は、HELP YOUにお任せください。データ化を阻む「手間」は、HELP YOUが解決します!

HELP YOUの特徴

HELP YOU(ヘルプユー)は、株式会社ニットが運営するオンラインアウトソーシングサービスです。
クライアントが「コア業務に集中できる環境を作る」べく、優秀なアシスタントがチームを組んで企業をトータルサポートします。

【HELP YOUの3つの強み】
1.厳しい採用プロセスをクリアした優秀なアシスタント
2.「チーム制」なのでスタッフの退職などで業務が滞る心配なし!長期的な依頼が可能
3.「専属ディレクター」がつくため、さまざまな業務をまとめて依頼できる

【HELP YOUの主なサービス内容】
HELP YOUには、さまざまなスキルを持った優秀なメンバーが多数在籍しているため、バックオフィスからマーケティングまで幅広い業務への対応が可能です。

■総務関連業務(出張手配・スケジュール調整・名刺作成・データ整理など)
■経理関連業務(入金管理・支払業務・請求書発行など)
■人事・採用関連業務(求人票の作成・書類審査管理・セミナー会場手配など)
■営業サポート関連業務(会議資料作成・データ収集・KPI管理・経費申請など)
■マーケティング関連業務(SNS投稿・メルガマ作成・アンケート集計など)
■ECサイト関連業務(売り上げ管理・商品管理・サイト管理・ニュースリリース作成など)

【HELP YOUの費用】
月額料金:10万円~(税抜)
契約期間:6ヵ月~
実働時間:30時間~
※初回月のみ、契約時間分が利用できなかった場合、翌月分に繰り越し可能

HELP YOUのエンタープライズサービス

HELP YOUでは大量業務に特化した「HELP YOUエンタープライズ」サービスも提供しています

HELP YOUエンタープライズは、DX化に伴う大量業務に特化したサービスで、紙書類‌の‌データ化‌を迅速にサポートします。また、DX化を実現させるためのシステムやツール導入、運用サポートなど一連の作業を請け負うこともできます

【依頼業務例】
◆データ入力・移行・集計(Google検索、作業系全般)
◆データのリスト化
◆情報のリサーチ
◆画面キャプチャを撮り、指定の場所への貼り付け
◆関連ワードの紐づけ作業
◆資料ダウンロード、フォルダ仕分けと保存 など

【HELP YOUエンタープライズの費用】
予算 30万円~
※業務内容や業務量により変動します。お問い合わせください。


 

HELP YOUのデータ移行事例①

ある障がい者就労支援企業様が、HELP YOUにデータ移行作業を依頼した事例を紹介します。

クライアントは、議事録の管理を効率化すべく議事録を保管・管理する新サービスを導入しました。そこで、旧サービスで使用していたデータの移管作業が必要に。
しかしながら、社内のリソースは限られており、データ移行作業を担当する人材が見当たらずに困っていました

そこで、HELP YOUにデータ移行作業をアウトソーシングすることにしました。
その結果、クライアントは指示をするのみで実作業は不要に。社内の負担を減らしながら、2時間50分もの工数を削減できました

ご担当者様からは「新しいサービスを導入したものの、データ移管作業が必要だったので、対応していただけて助かりました!」と満足のコメントをいただきました。

HELP YOUのデータ移行事例②

DCM株式会社のデータ移行事例を紹介します。

DCM株式会社は、DCMカーマやDCMダイキなどで知られるホームセンターを経営する企業です。同社ではDX推進のプロジェクトに伴い、大量のデータ移行作業が必要に。

そこで契約社員や派遣社員による内製化を考えたものの、それらのスタッフを管理監督する社員の負担が増えてしまうことから、HELP YOUへの外注を決意しました。

ご担当者様は「もしもアウトソーシングした作業を自分ですべて行っていたとしたら、恐らく1500時間ほどかかっていた」と工数削減を喜び、また「現場に負担をかけず、プロジェクトが進んでいくことは一番のメリット」とアウトソーシングの効果を語っています。

▼詳細はこちら

店舗売場のDX化に着手。功績を評価され、社内で表彰!HELP YOUの活用でプロジェクトを成功へ

データ移行のまとめ

データ移行のまとめ
データ移行は、コスト削減やセキュリティ強化ができるうえに、情報検索・共有がしやすくなるなど、業務効率化につながるメリットがたくさんあります。

その一方で、データ化の作業には膨大な時間と手間がかかるというデメリットも。
データ移行に割く時間やリソースがない…とお困りの企業には、アウトソーシングが有効です

アウトソーシングを活用して、業務効率を下げずにデータ移行を進めてみませんか?

▼あわせて読みたい

データ入力代行サービス10選【事例あり】|比較ポイントや料金を徹底解説

【DX銘柄2022】デジタルトランスフォーメーション成功事例と認定企業の取り組み

オンラインアウトソーシングはHELP YOU

500以上のクライアント様が導入


人手不足が深刻な状況で、業務を外注する企業が増えています。
特にオンライン上のアウトソーシングサービスは、下記の点で多くのお客様に選ばれています。

【HELP YOUが選ばれる理由】


1.厳しい採用プロセスをクリアした「優秀なアシスタント」が業務を担当
2.チーム制だから人材が退職して業務が滞るリスクなし!長期的な依頼が可能
3.専属ディレクターがつくため、様々な業務をまとめて依頼できる

日々の雑多な作業を外注し、重要な業務に集中して生産性を上げたい方は
ぜひこの機会にHELP YOUの導入をご検討ください。

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)