自走して動いてくれている安心感!新たに時間を創出できたことが生産性向上への秘訣 株式会社シンカさま

株式会社シンカさま
コンサルティング部1グループ マネージャー 山内 綾子さま

今回は、人事コンサルティング事業を担うシンカさまへインタビューをしてきました。
HELP YOUでは、人材紹介業務のサポートをさせていただいています。
ご活用前の課題は解決されたのでしょうか?
ご活用後、実際にどんな部分にメリットを感じていただけたのでしょうか?
山内様にお話を伺いました。

会社内部の魅力を高める人事コンサルティング事業を展開 シンカさま

女性

シンカさまはどういった事業をされているのでしょうか?

男性

主に採用コンサルティング事業と、人材紹介事業を行っています。
ただ、世の中には多くの採用手法がありますが、手法を変更しても人が集まらない時代になってきています。
そのため、人事制度の見直しや、若手の教育体系の構築、または働き方改革など、広い意味での人事コンサルティング領域まで広げていこうと、事業拡大を始めたところです。

女性

母集団形成というよりも、入ってからの定着率などを課題にされる企業さまが多くいらっしゃるのでしょうか。

男性

そうですね。もちろん採用自体も売り手市場のなかで楽ではありませんが、せっかくよい方を見つけ出せても、採用してすぐ辞めてしまっては、採用コストも膨らんでしまいます。
採用~定着~活躍してもらうため、会社内部の魅力を高めたり、仕組みをつくっていくコンサルティングを行っています。

女性

人事コンサルティング領域、人材紹介業務の会社さまはたくさんあると思いますが、シンカさまの得意な領域や競合と比較した際の独自性、優位性はどういった点でしょうか?

男性

新卒採用領域のコンサルティングでは、BtoBの企業さまからのご相談を多くいただきます。
BtoBの企業さまの場合、学生さんに魅力を伝えにくいという課題を持たれているという話を多く伺います。そういった企業さまには、魅力の打ち出し方やコンセプト作りなどをご支援し、実際にHPやインターンシップに落としこむといったコンサルティングを行っています。
そのほか、求める人物像の要件定義や業務のアウトソーシングなど、採用にまつわることについて、一気通貫で、一社一社様の課題ごとにご支援できるのが強みと思っています。

女性

中途領域のご相談も多いのではないでしょうか?

男性

そうですね。中途のコンサルティングにおいては、すべて弊社でディレクション出来る点が強みですね。
例えば、大手の企業さまの場合には、技術者や営業職、販売職の採用を行いたいけれども、特定の職種は全国で採る必要があり、店舗ごとにも採用目標人数があったりと、媒体管理やエージェント管理が大変です。
そういった場合に、各拠点の採用目標数から媒体選定、期限、予算管理などのプロジェクト、媒体会社さんや人材紹介会社さんの取りまとめまでを、まるまるディレクションさせていただいています。

男性

人材紹介領域では、ミドルの管理職や営業職が強みですね。
企業さまと候補者さんを両面1コンサルが担当していることで、候補者さんへの紹介の際に給料や条件ありきではなく、企業さま側から伺った戦略や風土など、より詳細のお話を候補者さんにお伝えしています。
結果的に、もともと想定されていなかった業態に入られる候補者の方も、多いかもしれないですね。

事業を拡大させる上で、マンパワー不足が課題だった

女性

人事領域に幅広く携わられているとのことですが、社員さまのご負担は大きいのではないでしょうか?

男性

各々が持っている案件の中で、動いてる案件は大体20~30社位ですね。
フルコミットで担当しているケースもあれば、例えば適性検査や新卒の採用ホームページだけといった場合もあり、深くお付き合いしてるというと各10社位ずつですね。

女性

そういった事業の中で、HELP YOUをどういった部分に活用いただいていますか?

男性

この1年お手伝いいただいてたのは、人材紹介のところですね。今は人事コンサルティング事業もお手伝いいただいています。

女性

どういったきっかけや課題が発生し、HELP YOUを利用しようと思われたのでしょうか?

男性

弊社内で中途の人材紹介サービスを拡大させるにあたり、社内のマンパワー不足が課題でした。
そこで、スカウトを依頼したいと考えたのがきっかけでした。

「HELP YOU」の魅力は業務ディレクション・業務フローの最適化

女性

派遣やクラウドソーシング等の中から、HELP YOUを選ばれたのは、どういった部分に魅力を感じていらっしゃったからでしょうか?

男性

派遣の場合には属人的になり、ノウハウを残すのが難しいなと思っていました。
また、私自身もプレイヤーを兼ねているため、管理を極力行いたくなく、ディレクションまで行ってもらえるという点が大きいですね。安定稼働しつつ、極力ディレクションを手放し、またノウハウが残る形にしたいなと思って選びました。
ディレクターさんに、「こんなことやってみたい」とお伝えするだけで、細かく規定せずとも「じゃあ作っておきますね」みたいな感じでディレクションしてくれるのがとてもありがたいですね。

女性

懸念されていた、山内さまのディレクションのご負担はありませんでしたか?

男性

一番最初から結構トップスピードで行っていただけて、本当に助かってます。ノウハウが残っている点も満足しています。

女性

ノウハウを貯めて業務拡大に集中されたいといった課題やHELP YOUに対する要望は、クリアできていますでしょうか?

男性

そうですね。スカウトの話になりますが、一人ひとりじっくり経歴を見て打つスカウトと、比較的要件が緩く大量に打ちたい案件とを分け、後者をHELP YOUに依頼しています。
HELP YOUへの依頼前には、200通のスカウトを打つために、2~3時間分の工数を自分で確保しないといけないというストレスがありました。時間を確保できないまま、2週間が経過してしまったり…そういったことがなくなり、自発的に回していただける安心感がありますね。

女性

ちなみに、山内さまとディレクターとの相談部屋があるとお聞きしましたが、どういった使い方をされていらっしゃるのでしょうか?

男性

こちらからお願いするイレギュラーなご相談や、私とディレクターさんだけ知っておけばいいことをやり取りをする部屋ですね。
今後の依頼業務に関してのラフな相談であったり、イレギュラー案件が入った場合の工数などを個別に相談させていただいています。
また、チャットワークの使い方として、もう一点助かっているポイントがあるのですが、それはタスク化です。
普段弊社では、業務にチャットを使用していないため、チャットが流れるとタスク管理が漏れてしまい、危険だなと感じていました。そのため、重要な事柄はタスク化していただいています。確認が必要な事柄は、タスクで振っていただいてるので、その点も安心感はありますね。

女性

チャットツールの工夫やコミュニケーションコストを下げる工夫もあり、業務がうまく回り、結果的にパフォーマンスに繋がっているのですね。
チャット以外に、リモートワークのサポート体制やコミュニケーションなど、メリットは感じられていますか?

男性

メリットは、リモートで正しく伝えるために、きちんと体系化、整理できるという点です。口頭の場合には指示が曖昧になってしまうことでも、チャットの場合には明確に定義できるので、お互い進めやすいのかなと思ってます。

女性

依頼する中で、業務体系や業務範囲が明確になり、フローが最適化されていくことがメリットと感じていただいているんですね。
逆にデメリットは、ありますか?

男性

デメリットはそんなに感じないですね。デメリットとまでは思っていませんがイレギュラー案件がある際に気軽に依頼ができないことでしょうか。スポット業務を依頼する場合も、HELP YOUさんと要件をまず固める必要が発生する、立ち上げ時の双方のすり合わせには時間が必要ですね。
また、お客さまの候補者の個人情報を触るお仕事の場合は、その部分はハードルが高いかなと思っています。

女性

そうですよね。クライアントさまからの声として、セキュリティーがどう整備されてるのかというのはやはり要望として挙がってきています。
弊社としても、Pマークやセキュリティールール、コンプライアンスの部分を今後強化していきたいなと考えています。

女性

山内さまは、HELP YOUに対してどういった部分に価値を感じると考えられていますでしょうか?

男性

作らないといけない時間を、新しく作ってくれること。
具体的には、優先度が高く緊急度も高いにもかかわらず、まとめた時間を取れないと困っていた部分に対して、時間確保をしてくれるっていうところですね。
あとは行間を読んでいただいて、曖昧な依頼をお願いした場合にも「つまりこうでこうでこういうことですよね」と返していただけるので、想像以上のクオリティです!

既存サービスでの契約を超えた、相乗効果を生み出すパートナーシップを目指して

女性

最後になりましたが、今後HELP YOUをどのように活用していきたいといったご要望はありますか?

男性

通常の活用の仕方とは異なりますが、各々のネットワークを活用し合うといった形でご提案できると良いなと思っています!
ビジネスマッチングや新商材を作った際に、企業さまを紹介・ご意見いただくといった形や、お困りごとを投げたらマッチングしてくれる、というサービスをHELP YOUさんから提供いただく。または、人材不足や社員の負荷軽減といった課題を持った弊社のクライアントさまをHELP YOUさんにご紹介といった形ですね。

女性

いいですね!
ビジネスマッチングセミナーやリサーチ部分など、御社の販路を開くためのもとになる部分も含めて、今後ご提案させていただければと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。

男性

御社と仕事をさせていただいてて、働く方の優秀さ、前向きさを非常に感じていますので、もう少し上位レイヤーの仕事を一緒にしていただきたいと。本当にチームの体制として加わっていただくようなコミットの仕方を模索していきたいなと思います。アウトソース先という座組ではなく、パートナーとしてプロジェクトベースでの新しいチーム形成の仕組みづくりができるといいですね。

 

オンラインアシスタントについて相談/お問い合わせ