資料をダウンロードする

「バックオフィスをアウトソーシングしたいけど、どこが良いか分からない」
「バックオフィス業務ってどこまで受け持ってくれるの?」
「他社にバックアップ 業務を委託するのは、セキュリティ面で不安…」
「事業拡大したいけど、人を新たに雇うコストはない」

と興味はあるものの、一歩踏み出せていなかったりしませんか?
バックオフィスのアウトソーシングには、こんなメリットが考えられます。

  • ・コア業務、事業拡大へ集中することができる

  • ・人件費を削減することができる

  • ・プロのノウハウを活用することができる

バックオフィスをアウトソーシングするメリット

バックオフィスメリット

コア業務、事業拡大に集中して取り組むことができる



バックオフィスをアウトソーシングすると、時間に圧倒的余裕が生まれますので、こちらは一番明らかなメリットと言えます。
バックオフィスのフローの確立未確立によっても、どれだけアウトソーシングの時間短縮恩恵を受けられるか、大きく変わってくるでしょう。
フローが既に確立されているようなら、業務内容をアウトソーシング先へ伝えるだけで良いですね。
必要であればプロのコメントを受けて、オリジナルのフローを変更することも出来るでしょう。
バックオフィスのフロー構築から入っていくと、どうでしょうか。
色々と試行錯誤を重ねて、徐々に形にしていく流れとなりますので、膨大な時間がかかることになりますね。
ベストなバックオフィスフローが構築出来ることが理想ですが、
結果的に、構築したフローが非効率だった場合には、かなりのタイムロスになることも。

こういった手間や時間のムダ遣いを避けるためにも、バックオフィスをアウトソーシングして、プロに任せるべきでしょう。


人件費を削減することができる


会社の存続には、バックオフィス業務は欠かせません。
しかしながら、バックオフィス業務のため、実際に人(正社員)を雇うと、一体どれくらいかかるのでしょうか。

1.正社員の給与
2.社会保険料
   -「労災保険」
   -「雇用保険」
   -「厚生年金」
   -「健康保険」
3. 福利厚生
4. 設備費用
5. 間接部門の費用

社会保険は4つで構成されていますが、こちらは労働者と事業者で分担するルールとなっています。
上記以外にも、研修費等もコストとなるでしょう。
こうして羅列してみると、正社員を雇うには予想外にコストがかかることが理解できますね。
また、正社員が退職するとなったときには、再雇用にかかるコストも別途考えなくてはなりません。


プロのノウハウを活用することができる


先ほどお話したコストを負担して、正社員を雇いバックオフィスを任せるのも良いでしょう。
コスト面以外に、バックオフィスのアウトソーシングをおすすめするには、プロのノウハウにあります。
バックオフィス業者はバックオフィスのプロであり、実績もあり、経験が豊富です。
例として、フローを一から構築する場合には、バックオフィスの経験がある社員に任せるより、
バックオフィスのプロに依頼する方が安心ですよね。
更に、様々な企業のバックオフィスのヒアリングや経験から、
あなたにとって、ベストなバックオフィスの運用方法も導くこともできるでしょう。



 

バックオフィスをアウトソーシングする際の注意点


point

価格だけでなく、サービス内容・形態を見極める


バックオフィス業務をアウトソーシングするなら、長くお付き合いできるアウトソーシング先を見つけたいですよね。
その場合は、以下も検討できると良いでしょう。

・急ぎの依頼
・企業特有の内部事情等

バックオフィス業務をアウトソーシングしても、アウトソーシング先によっては、柔軟な対応が難しい場合もあります。
必要であれば、提供するサービス内容だけでなく、以上の項目も事前相談できると安心でしょう。
価格やサービス内容で、安易にアウトソーシング先を決めずに、自分の企業と相性が良いのか、しっかりと見極めましょう。



機密情報の保護が必要


前述しているように、バックオフィス業務をアウトソーシングするには、自社の情報を外部に提供するほか方法はありません。
自社の情報を最大限に保護し、情報漏えいのリスクを限りなく低くするためには、以下の方法が考えられるでしょう。

・秘密保持契約書を締結する
・情報漏えいが発生時の緊急の対応を考えておく(IDやPW、個人情報等)

万が一の情報漏えいが発生してしまった場合には、被害を大きくしないためにも、迅速な対応が求められます。
以上のように、秘密保持契約書を結ぶだけでなく、最悪の事態時の対応について、事前に話し合っておくと安心でしょう。



業務フローの明確化と確認


バックオフィス業務をプロへアウトソーシングしたからといって、完全に丸投げするのはリスキーでしょう。
なぜなら、業務不履行等のトラブルの元となり得るためです。
どのように業務をお願いするのか明確にし、アウトソーシング先としっかりと業務フローを話し合いましょう。
例えば、経理事務をアウトソーシングしたとしましょう。
自社とアウトソーシング先のお互いの業務認識がズレていたがために、
期日までに守らねばならない入出金をミスしてしまったら、大変ですよね。
以上のトラブルに見舞われないためにも、アウトソーシング先と依頼する内容について、把握・合意することを強くオススメします。


last

間接部門をコストセンターから脱却させる3ステップ!生産性向上のヒントを公開

貴社の 生産性向上診断付き!
Saasツール導入とアウトソース化による生産性向上事例


日本企業が抱えている「生産性」の停滞、人手不足といった問題。
2030年には日本全体で約700万人の人材不足が予測されています。
そうした状況の中でも伸びている会社とはどういう会社なのか。

「今ある労働力をどう最大化させるか」「新しい労働力をどう確保するか」の観点からどうすれば伸びる会社となるのか、具体的な取り組みをご紹介します。



今回は間接部門と言われるバックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)に焦点をあて、

・業務のアウトソース
・ITツール導入による業務の効率化・情報のデータ化
・雇用形態の多様化を導入

のステップで間接部門の生産性向上を図る取り組み例をご紹介します。

今、注目されている生産性向上の一手段として、参考になれば幸いです!