Wantedly記事作成代行で魅力的な記事を!応募者増加の秘訣とは?

wantedly

自社で運用してはいるものの、なかなか優秀な人材獲得までこぎつけていない、
頻繁に更新ができない、一番重要な募集記事がいまいちうまく書けない、
そんなお悩みは実はとても多いようです。

これらのお悩みが解決できる一番の良い方法は、wantedly運用代行に運用を
任せることです!

プロの力で、より良い人材獲得に効率的に近づくことができます。

SNSを使ったソーシャルリクルーティングサービス”wantedly”は、
今や中小企業のみならず、大手企業でも利用されており、転職もしくは新卒、
インターンの採用獲得競争は右肩上がりです。

しかし、運用には手間がかかるので、自社で運用するのはなかなか容易ではありません。
wantedlyをこれから導入することを考えている方は、こちらの記事をまず参考にして
ください。
この記事では、運用代行のサービスや利用する良さ、選ぶポイントについて
ご紹介します。

wantedly運用代行って?

wantedlyは、優秀な人材を集めるために友好なツールではありますが、wantedlyで
企業ページを作成するだけでは、スタート地点に立っただけと言えます。

wantedlyを運用するということは、企業ページを作成し、それらの情報を
こまめに更新することです。しかしながら、通常業務に加えてこれらを実行するのは
なかなか困難です。

では、wantedly運用代行は、どのようなことをしてくれるのでしょうか?

必要なスキルをもったプロがコンテンツ作成をしてくれる

先述した通り、wantedlyを運用して成果を出すには、いかに魅力的なページを作るか
ということ、それらをいかにこまめに更新できるかが重大なポイントになります。

wantedlyユーザーは、ページを見てすぐに企業へのアプローチを開始するという人は
比較的少なく、まず複数興味のある会社をフォローし、企業が更新するコンテンツを
見ながら、社風や仕事内容を見極めたうえで、応募し始める人がほとんどです。

いかに魅力的なページにできるかは、カメラマンやデザイナー、
人を惹きつけるようにコンテンツが書けるライターによって変わってきます。

つまり、企業にとっての大きな難関は、魅力的なコンテンツを作るための人材が
社内にいるかどうかが鍵となります。職種にもよりますし、新たに採用すれば
これらは解決できますが、通常これらのスキルを持っている採用担当者がいる会社は
まずありません。

wantedly運用代行会社には、多くのプロフェッショナルがいます。

チーム体制で、撮影からコンテンツ作成まで請け負ってくれるので、
安心して運用を行う事ができます。

またどのようなページにしたいか、分からない場合でも、プランニングの時点から
サポートしてくれます。

こまめにコンテンツを更新してくれる

wantedly運用は、ページが完成したら、作り上げたページを頻繁に
更新し続けて、自社に興味をもっているフォロワーに魅力を伝え続けなくては
なりません。

wantedly公式ページにも記載がありますが、だいたい2週間に
1度の更新が望ましいです。社内での活動や、職場の雰囲気を
ブログ形式で表現しつつ、魅力的な写真をこまめに更新することにより、
転職を考えている人と、企業の求める人材がマッチし、
どちらにも良い結果がもたらされることは間違いありません。

wantedly運用代行会社は、効果的なコンテンツ作りができ、
こまめに更新してくれるので自社の魅力を継続的に伝えていくことができるのです。

wantedlyの企業ページを見て、企業の魅力を感じた人材がアプローチして
くることにより、企業側にとっても欲しい人材かどうかチャット機能などを
利用してコンタクトを取ることにより、わずかな隙間でさえ埋めることができ、
より長く働いてくれる戦力獲得につながります。

また動画機能を使って、社内での新しい試み、新しい社員の入社インタビューなど、
実際の雰囲気を動画によって伝えることができるので、とても便利で効果的です。

wantedlyのルールを把握した上での運用をしてくれる

wantedlyには、募集記事を作成するときに気を付けなければいけない
「コンテンツ・クオリティ・ガイドライン」というのがあります。

例えば、wantedlyには、

・「年収や勤務条件」を載せてはいけない
・テキスト量は30%いかに収まっているかどうか
・日付の記載や掲載制限ワードの使用があるかどうか

という基準があります。

わざわざ時間を使って記事を書いて公開しても、内容に対してwantedly側から
指摘があれば、手直ししなければなりません。

会社情報等には6000文字以上、募集の詳細も2000文字以上書かなくてはならない
という決まりがあり、情報量を多く求められます。

ただし、たくさん書いて文字数を稼ぐのではなく、応募者やフォロワーを集められる
質の高いコンテンツである必要があるので、注意が必要です。

wantedlyのこのような細かい決まりをきちんと把握したうえで、
コンテンツ作成をしてくれる代行サービスに委託すれば、ガイドラインに
そった物を作成してくれるので、手直しする手間が省け、
スムーズに運用を進めることができます。

wantedlyの記事作成を代行するメリット

wantedlyは、効果的に自社に魅力を感じてくれる人を集めることができる
とても効果的なツールですが、運用の継続は、ハードルが高くて手間がかかります。

しかしながら、wantedly運用を代行会社に委託することで、それらの手間は軽減でき、
効率的なページ運用ができます。

自社でwantedlyの記事作成を行うより、代行するメリットは、以下の通りです。

高いレベルの技術者に依頼できる

先述したとおり、wantedlyの運用には、魅力的なコンテンツは欠かせません。
ページ作成や動画の作成など高いレベルのスキルが必要となります。
魅力的な記事が書けるライター、動画を作成できる技術者、会社の雰囲気が伝わるように
撮れるカメラマン、などなど、様々なジャンルのスキルを持った人材が必要です。

運用代行サービスに、依頼すれば、それぞれのスキルを持ったスタッフがいるので、
安心して任せることができます。

SNSサービスをうまく利用した人材確保が可能

魅力的なコンテンツというのは、綺麗な写真や動画、ブログ記事というものだけでは
ありません。

コンテンツはあくまで、SNSサービス特有の傾向を把握しながら、
フォロワーをあつめていくということが必要です。

このスキルは、実際に経験を積んでいかないと持つことができないため、
なかなか自社でおこなうことは困難です。

運用代行は、多くの実績があり、SNSサービス特有のノウハウを把握した
スタッフがいるので、すぐに結果につながるコンテンツ作りが実現します。

若いフレッシュな人材を獲得可能にする

wantedlyを利用しているユーザーの80%は、20代から30代で占められています。

それだけフレッシュな人材が、SNSを駆使して集まってくるので、
優秀で将来性のある人材を確保することが可能になります。
ある意味、ソーシャルメディアが使いこなせる年齢層が大半なので、
こまめに連絡を取ることができ、細かい質問に答えることも可能です。
求職者と企業側が揃ってお互いを見極めることができるので、
より良い人材が確保できます。

wantedlyの記事作成を代行するデメリット

自社での運用が難しいwantedlyを代行会社に任せるメリットが沢山ありました。
では、wantedly運用代行サービスを利用するデメリットはなんでしょうか?

一定のコストがかかる

wantedly運用代行サービスを利用するには、月額料金がかかります。
初期費用として数十万円かかることが多く、本格的に採用活動を行うとなると、
月額最低でも3万円ほどの費用がかかります。またコンテンツ作成に使う写真や
動画作成などを別々に依頼した場合もそれぞれの料金が発生します。

代行会社によっては、成功報酬制を取り入れているところもあり、
1人あたり、30万円~50万円程度の成功報酬を支払う必要があります。

これらのコストを無駄にしないように、継続的に依頼するかどうかを
踏まえて、検討する必要があります。

自社内でノウハウが蓄積されない

wantedly運用を全て委託すれば、コストはかかりますが、
自社での作業の負担が減りコア業務に集中することができます。
しかしながら、自社に採用活動のノウハウは、蓄積されません。
求職者とのコミュニケーションの取り方を考えたり、ツールを使い続けることにより、
本来は、採用活動の方法を見出すことができます。

逆に自社内にスキルを蓄積するために、全て自分たちで行い、
成果が出ず、優秀な人材確保ができない場合もあります。
自社に、何が一番大切なのかをきちんと見極めて、バランスを取りながら、
代行サービスを取り入れることが大切です。

意図が伝わらない可能性がある

wantedly運用を代行会社に委託する際、自社の社風や
どんな人材を求めているかを、正しく伝える必要があります。

自社のこだわりを、wantedlyのコンテンツを利用して、
代弁してももらうので、綿密なコミュニケーションは必須です。
wantedly運用代行会社は、プロと言えど、コミュニケーションがうまくいかなければ、
結果自社の伝えたい意図が伝わらず、思い通りのコンテンツを
作成してもらえないことがあります。

自社のことを社外の人に、きちんと理解してもらうには、
密なコミュニケーションが不可欠です。

そのためには、代行会社を選ぶ際に、どのようにコミュニケーションを取っていくのか、
きちんと確認し、確信が持てるサービス選びに心がけましょう。

wantedlyの記事作成を代行してくれる代行会社を選ぶポイント

先述したとおり、代行会社とのコミュニケーションは、wantedlyで
企業コンテンツを作成するには、とても大切なことです。

数ある代行会社から自社に合った会社を選ぶのは、
時間と労力が必要です。代行会社を選ぶポイントをお伝えします。

公式パートナー「Wantedly Partners」であるかどうか

wantedlyでは、2018年に公式パートナー制度「Wantedly Partners」を
スタートさせました。「Wantedly Partners」とは、wantedlyが
正式に認めたパートナー企業を「wantedly admin」の販売代理または、
運用代行を行うスペシャリストとして認定する制度です。

認定を受けたパートナー企業は、

・販売、運用代行活動サポート
・認定ロゴの提供
・Wantedly Partnersページへの掲載

などのメリットがあり、wantedlyのオフィシャルサポートを受けることができます。
代行会社を選ぶ際には、公式パートナー「Wantedly Partners」であるか
どうかに着目するのも良いでしょう。

コンテンツの制作力はあるか

次に大切なポイントは、wantedly運用で何よりも大切なコンテンツの制作力です。
企業ページは、一目で見た時に、社風や職種がわかるデザインに長けたものである
必要があります。

魅力的なコンテンツを作成できるだけではなく、フォロワーに
”この会社で働いてみたい!”という気持ちにさせるコンテンツ作りは
必要不可欠です。

さらに、応募につなげることができるように、フォロワーの導線を考えた
ページ作りを考えた制作方法を取り入れているか、確認をしましょう。

マーケティング力と、wantedly運用の実績があるか

代行会社が過去にどれぐらい、wantedly運用の代行を行っているか調査しましょう。
たとえば、採用代行を専門に行ってきた会社であれば、
どれぐらいの実績をもっているのか、wantedlyの運用に特化した企業であれば、
どれくらいの人数を集めることができたのか、といった項目についてです。

実際に、代行会社が手掛けた企業ページなどを見ることができれば、
検討材料になりますので確認してみるのがおすすめです。

wantedlyの記事作成を代行してくれる代行会社

wantedlyを運用する上で、一番大切な記事作成を代行してくれる会社を紹介します。

HELP YOU

HELP YOUTOP

HELP YOUとは?
簡単にいうと、業務に追われる忙しい毎日を、アシスタントが
チームでサポートするアウトソーシングサービスです。

HELP YOUでは、採用・人事のみならず、マーケティングやメディア
SNS運用に精通したスペシャリストが常勤しているので、wantedlyの運用をはじめ
採用全般を相談することができます。

HELP YOUを導入するだけで、複数のスキルを持ったアシスタントが
特別チームを結成してサポートします。

250社以上のアシスタント導入実績をもっています。

【対応可能業務】
・HPコンテンツ・ブログ作成
・スカウト送信
・求人掲載・削除
・採用計画補助など

【公式サイト】HELP YOU

GIG INC.

GIG INC. は、メディアサイトやマーケティング、システム開発などを行う
「Wantedly Partners」認定会社です。

月間400名以上のエントリーを獲得する実績を持っています。
Web・メディア作成に特化した会社なので、美しいビジュアルで、
求める人材に届く求職票を作成してくれます。
採用コンテンツをより多くの人に届けられるように、
採用ブランディングのサポートを行ってくれます。

【対応可能業務】
・Wantedly運用代行サービス
・ブランディング
・メディア作成
・Webマーケティングなど

【公式ページ】GIG INC.

Caster Biz Recruting

Caster Biz Recrutingは、株式会社Caster Bizが
行っている採用代行サービスです。

採用したいけど、手が回らない、また何をしたらいいのか
分からないという企業の味方になってくれる会社です。
採用戦略の策定からwantedly運用代行、応募者との日程調整までを
全て行っていて、企業は、面接のみをすればよいというサービスです。
専属の担当者が運用をサポートしてくれ、最短2日で運用が開始可能です。

【対応可能業務】
・wantedlyの求人作成・修正・運用
・採用戦略立案
・求人媒体の運用
・スカウト文面の制作
・スカウト送付など

【公式ページ】Caster Biz Recruting

まとめ

wantedlyの運用は、いかに魅力的な企業ページを作成し、
充実したコンテンツに仕上げ、それらを更新し続けることが必要不可欠です。

その一番採用活動で大切な部分、特に、コンテンツ作成に欠かせない
ライティングの部分を、wantedly運用のプロに代行することで、
より効率的に、フォロワーを集めることができ、自社の魅力を
理解したうえでの応募者を期待することができます。

代行サービスを利用するときには、自社の社風やこだわりをきちんと伝える、
コミュニケーションが欠かせません。決してすべてを丸投げすることなく、
想いを伝えることが大切です。

採用活動にとても便利なwantedlyを代行会社に委託することにより、
効率的に優秀な人材確保を実現しましょう。

無料説明会実施!Wantedly運用まるごとサポート

Wantedlyの運用はまるごとご依頼ください


採用媒体として、多くの企業で使われているWantedly。

しかし
「Wantedlyを使っているが、あまり活用できていない」
「更新が続かない」


といった運用面で苦労している会社が多いのも事実です。



そんなご担当者様の声から、
HELP YOUではWantedly運用をまるごとサポートするサービスを開始しました。

実際にどういうことをしてくれるのか、他社の活用事例はどうなのか、
問い合わせするのは面倒だけど、気になることを気軽にお聞きいただけるよう
オンライン上での無料説明会を実施します。

会社のデスクからでも参加可能ですので、この機会にぜひご参加ください。