200人の応募者対応を採用担当1人でできた理由。HELP YOUの採用代行ソリューション

採用活動では、求人募集広告の作成やスカウトメールの送信、応募者対応など、多くの業務が発生します。それを担当者がひとりで行っていれば、膨大な業務に忙殺されてしまうでしょう。
また、黎明期の企業で社内に採用対応経験者がいないとしたら、ノウハウがないために新規雇用をためらっているかもしれません。
今回はオンラインアシスタントサービスHELP YOUの採用代行を活用し、問題解決する方法をご紹介します。

目次

1.導入前の課題
2.HELP YOUが提示したソリューション
3.体制
4.結果
5.実際の事例

 

導入前の課題

多くの文字
人事代行を依頼されるクライアント様の多くには、次のような課題があります。

・求人サイトなどの新しい媒体利用を取り入れてみたいが、経験がない
・媒体に掲載するコンテンツの作成や更新をするリソースが不足している
・求人応募者の対応に社内リソースが取られてしまう

HELP YOUが提示したソリューション

男性 眼鏡

「採用活動のノウハウ」「プロジェクトを持続可能にするリソース」の両面で採用代行サポート

具体的な依頼業務例
〇求人募集ができるサイトのリサーチを行い、クライアントの業界・業務向きのサイトを推薦
〇求人サイト掲載用ウェブページのデザイン作成
〇募集後の採用対応(応募者へのメール返信、スカウトメールの送信、応募者の面接日程調整など)

参考:一次選考から面談調整までお任せ!求人対応の代行で、採用活動の効率アップ

 

体制

窓口担当マネージャー:1名
人事チーム所属オンラインアシスタント:2名
webデザイナー:1名

結果

微笑む人 会社員
採用活動の経験があるアシスタントが担当し、アドバイスするため、スムーズに採用活動を進めることができます。また、応募者への初回対応から一時選考までをワンストップでHELP YOUが代行。求人対応に割く社内リソースを削減し、コア業務に専念する時間が生まれます。

●主な結果

・クライアントの工数を5時間から45分に短縮
・採用担当者1人で計200人もの採用をオペレーション

実際の事例

関係図
採用代行のご依頼を頂いたアディッシュさまのケースでは、採用担当者は抱えきれないほどのルーティンワークに追われていました。
そこで、業務一覧を作り、社内で手掛ける仕事とHELP YOUに依頼できる仕事を切り分けすることに。

採用活動の業務のうち、
〇中途採用のための求人媒体のリスト作成
〇人材紹介会社のリスト作成
〇履歴書を社内共有するためのツールの調査
などをHELP YOUが行いました。

HELP YOUのリソースを利用した結果、採用担当者は200人ものオペレーションをこなすことができたそうです。これは、HELP YOUのオンラインアシスタントがマネージメントに手をかけなくても業務を遂行でき、プロジェクト構成メンバーのように動くためです。

参考:「HELP YOU」の活用で社員の意識改革!メンバーのポテンシャルを引き出し生産性が向上したチーム体制 アディッシュ株式会社さま

オンラインアシスタントについて相談/お問い合わせ