SNS運用代行のメリットとは?おすすめの代行サービス6選

企業のSNS運用が活発になっています。目的の多くは商品やサービスのPR、次いでファンとの関係構築。広報やマーケティング活動にも欠かせないものとなっているようです。

一方で、SNS運用の課題も明らかになってきています。

例えばSNSを運用するためには人手が必要となり、新たに導入する企業にとっては負担となることもあります。また、運用に問題がない場合でも戦略が不明確なため効果が出ないケースもあります。さらには炎上などのソーシャルリスクの対策も必要となります。

そこで活用したいのが、SNS運用代行サービスです。プロの手によるSNS運用にはどれほどのメリットがあるのでしょうか?どんな点をチェックしながら代行業者を選んだらいいのでしょうか?一つずつ細かくチェックしていきましょう。

SNS運用代行が注目される理由

SNSのアカウントを立ち上げ、投稿していくというのは、簡単にできることかもしれません。あえてSNS運用代行を利用するするのでしょうか?

SNSの効果を出すことができる

SNSを利用する多くの企業が、効果を上げるために試行錯誤を繰り返しています。競争はさらに激化しているともいえます。

SNSを活用し、効果を出すためには、SNSの特性やアクティブユーザーの属性、自社商品やサービスとの相性などの調査が必要です。そのうえで記事を制作し、情報を発信をする。

さらにはSNSの世界は情報速度が速いため、常識が常に変化してきます。そのためのキャッチアップも必要です。最新のSNSアルゴリズムを理解し、仮設立ててPDCAを回すことが求められます。

知識がない状態で簡単にリーチやインプレッションが高く出ることは、ほとんどないと考えてよいでしょう。自社でSNS運営をしてみたものの、効果を出すことができず、途中からSNS運用代行サービスに依頼するケースも多く見受けられます。

ソーシャルリスク対策

今やSNSの記事はあらゆる層の人が閲覧していいます。また、日本だけでなく世界中の人と簡単につながることも可能です。SNSにもよりますが、多くの人に情報発信ができるという点がSNSの大きな強みです。

だからこそ気を付けたたのがソーシャルリスク対策です。ひとたび炎上してしまうと、大きくイメージはダウンします。それだけでなく、大きな損害が出るケースもあります。

炎上リスクの問題認識の広がりから、SNS運用に精通しているSNS運用代行サービスが求められています。

SNS運用代行サービスに依頼できる業務

SNS運用代行サービスに依頼できる業務はたくさんあります。どんな業務が依頼化のなのでしょうか。

アカウントの立ち上げ・管理

新たにSNS利用をしたいと思っているの企業であれば、新規アカウントの立ち上げや運用管理を依頼することができます。

短期間でいくつものSNSをスタートできますし、面倒な手続きをお任せすることも可能です。各コンテンツの企画から、記事の作成、配信、レスポンスなどを総合的に行うサービスもあります。

SNS運用のノウハウを持たない企業にとっては、SNSについての知識を得るよい機会となります。

投稿代行、コメント返信

企画案に基づいた文章や画像、動画などを制作し、投稿することも可能です。適切な内容になっているかをチェックして、炎上の種とならないかを精査するのも大事なポイントです。

また、投稿記事へのコメントに返信する作業は、ユーザーとの親交を深めるためには大事な作業です。必要に応じて企業にそのコメント内容をまとめて、顧客ニーズとして報告することも業務となります。

アクセス解析と分析

アクティブユーザーの属性や拡散状況の分析、アクションからユーザーニーズを仮設立てすることも運用代行サービスが行う業務の一つです。これらの情報には、リードを獲得するためのヒントがあります。

例えば、企業が狙っているターゲットと異なる属性からのアクセスが多い場合は、ターゲット層にリーチする記事内容に適宜変化させることが可能になります。

SNS運用代行を使うメリット

SNS運用代行サービスを利用するメリットを見ていきましょう。

Twitter、Instagram、Facebookなど複数のSNS活用が可能

SNSを活用した企業活動はますます広がりを見せています。デジタルエコノミー特化のカスタマーサクセスソリューション・プロバイダーであるアディッシュ株式会社の調査によれば、企業で最も多く利用されているSNSは、TwitterとInstagram(共に52.0%)、3位がFacebook(46.1%)とあります。

このように複数のSNSのアカウントを立ち上げて、適切に運用していくとなるとかなり工数は必要となります。

そこで、SNS運用代行サービスに依頼することによって、時間をかけずに複数のSNSを活用することが可能になります。特にアカウント開設の状態から短期間でプロモーションを行いたい企業にとっては、活用したいサポートです。

参考:idish「アディッシュ、企業のSNS利用とソーシャルリスク対策の実態調査を実施(2022年版)」

コスト削減

SNS運営のノウハウをもたない社員に、コア業務の片手間にSNSの運営を任せたとしても、結果を出すまでに膨大な時間を要することにあります。時間をかけても結果が出ないケースの方が多いかもしれません。

SNS運用代行サービスを活用することで、無駄な工数をかけずに、スムーズにSNSを運用することが可能になります。無駄なコストを削減することにつながります。

SNS運用代行を使うデメリット

運用代行サービスにもデメリットがあります。メリットと比較しながら確認しましょう。

依頼費がかかる

当然のことではありますが、アウトソーシングを利用することで外注費が必要となります。

しかし、自社の社員を活用する場合と比較すると、結果的にコストダウンとなります。

気を付けたいのが、場合によっては高くつくこともあるということ。

特に1種類のSNSしか運用しない、それほどの頻度では更新しないという小規模な運用の場合、割高になるケースがあります。

SNS運用代行サービスを利用するのであれば、きちんとした戦略を立てて、ある程度の規模で行った方が費用対効果の高い施策になります。

大事なことを見逃してしまうことも

ソーシャルメディアは、ユーザーとの密なコミュニケーションができることを強みとしています。

しかし、すべての作業をSNS運用代行サービスに任せてしまうことで、大事なデータやユーザーニーズを見逃してしまうケースがあります。そこにはリードにつながるファンを獲得するためのノウハウや商品やサービスの認知を拡大するヒントがあるはずです。

全てを任せてしまうのではなく、定期的に打ち合わせするなどして積極的に運用に関わるようにしましょう。SNSを運用し、効果を上げるためのノウハウを蓄積させることにもつながります。

SNS運用代行サービスを選ぶポイント

SNS運用代行サービスを選ぶポイントをまとめてみました。一緒に確認してみましょう。

業務内容の選択が可能

SNSの運用には様々な作業が存在します。たとえば、競合調査、分析、記事制作、定期投稿、コメント監視、公式サイトへの遷移などがあげられます。

サービスによっては代行可能な業務内容がプランで決められていることもあります。そうなるときめ細かく対応をしてもらえるかもしれませんが、予算内に収まらないケースも出てきます。

潤沢な予算があるのであれば問題はありませんが、そうじゃない場合は依頼内容に沿った対応が可能かどうかも確認しましょう。そうすることで費用を抑えることが可能になります。

導入実績と専門性の高さ

SNS運用はやはり成果を出すために行うのですから、導入実績が豊富なサービスに依頼したいものです。運用実績だけでなく成果を上げている実績があるかを確認します。

また、それぞれの代行サービスには得意な分野があります。訴求したい年代が違うと訴求方法が違ってきます。記事の内容も変わります。20代と50代では刺さるポイントが違うように興味関心が違えば年代が同じでも訴求ポイントは違います。

自社に合った業界、商品、ターゲットを得意とするかを確認します。そうすることでよりマッチした情報を獲得できることになります。

得意なSNSがある

運用代行サービスの中には特定のSNSに強みをもつ業者もあり、より効果を期待することができます。

Facebookを強化したいなど、特定のメディアに限定した運用を依頼したいのであれば、Facebookを得意とする業者を選びます。

ただし、Twitter、Instagram、FacebookなどのSNSはアクティブユーザーがそれぞれ違います。それらが自社の商品やサービスがマッチしているかどうかを判断する必要もあります。自社で判断がつかない場合はいくつかのSNS代行サービスに問い合わせをしてみることをおすすめします。

SNS運用代行でおすすめの会社①業務内容の選択が可能

業務内容の選択が可能なおすすめのサービスを紹介します。

HELP YOU


HELP YOUは、株式会社ニットが運営するオンラインアウトソーシングサービスです。

特徴はディレクターを中心にスタッフがチームで作業に取り組むことです。SNSアカウントの立ち上げ、企画案の作成、記事作成、投稿、分析など多くのSNS運用業務を行うことが可能です。

豊富な実績を生かし、企業のSNSを盛り上げる大きなサポートを提供することが可能です。

 

Write up!

ライトアップは、LINEやInstagram、Facebookなど複数のSNSをまとめて運用代行することが可能です。また、企画から投稿、管理、分析、改善提案など幅広いサポートができるのも強みです。もちろん、一つの業務だけを依頼することも可能です。

メンバーズ

メンバーズは、海外のSNSにも対応することができる、グローバルな運用代行サービスです。海外展開を視野に入れている企業にとっては心強い味方です。それぞれの業界で実績を積んできた高いスキルの担当者がいるのも強みとなっています。

SNS運用代行でおすすめの会社②専門性が高い

専門性が高いおすすめのSNS運用代行サービスを紹介します。

ソーシャルメディアラボ

ソーシャルラボは初期コンサルティングに力を入れていて、スタートアップ企業が新しくブランディングをしたい時に頼もしい存在となります。

また、現在すでに運用しているSNSが奮わない時に、コンサルティングをしてもらうという目的で依頼するのにもおすすめです。500社以上のサポート実績があるので、安心して依頼できます。

SmartPR

スマートPRはnstagram・Twitter・LINEなど主要なSNSキャンペーンをサポートするツールを揃えていサービスです。フルパック代行から、一つの業務だけの切り出し依頼も可能です。

グローバルリンクジャパン

グローバルリンクジャパンは、ITツールを活用したマーケティングサポートに特徴があるサービスです。

AIを使ったツールによって、宣伝したいサービスのターゲットとなる層をマッチングすることができます。より効率的なSNS活用ができるというメリットを持っています。

まとめ

SNSは企業のマーケティングには欠かせないものとなっています。

しかし、リスク対策をしたうえで、効果を上げるためには、最新の情報、専門の知識、そして経験値が必要となります。

そこで、おすすめしたいのがSNS運用代行サービスの活用です。

SNS運用のノウハウがない企業であっても、業界に精通したプロの手を借りることで、いくつものSNSを運営することが可能になります。

コストを抑えつつ、客観的な目線でユーザーに刺さる情報を発信できる

・炎上のリスクを最小限に抑えた投稿管理やコメント返信をしてくれる。

・アクセス分析やレポートによって、商品やSNS利用の改善を図れる

SNSを上手に活用することによって、企業のブランド力や商品PRは大きく飛躍する可能性を秘めています。この道のプロである運用代行サービスを賢く利用しましょう。

▼合わせて読みたい

Twitter運用代行おすすめサービス7選!比較のポイントと注意点は?

HELP YOUのマーケティングサポート

プロマーケターは「採用する」から「シェアする」へ


マーケティングに関して、こんなお悩みはありませんか?

「社内にノウハウや知識がない…」
「人手や時間が足りず運用体制が整わない…」
「外注しようにも、どの業者を選べばいいか分からない…」


HELP YOUでは、こうしたお悩みを抱える方に向けて「マーケティングサポート」を展開。
集客課題に応じて「SEO」「SNS」「広告」の3つのアプローチを提供しています。

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)

HELP YOU導入実績はクライアント数500以上!

HELP YOU マーケティングサポートの強み


1.SEO・SNS・広告の各スペシャリストが集結
マーケティングの専門家を採用費0円でアサインできます。

2.戦略立案から日々の運用までをトータルサポート
戦略だけ/運用だけという要望にも対応!必要な部分のみの切り出しが可能です。

3.導入費用0円で月額費用のみ
対応領域によって月ごとに料金変更もできるため、無駄なコストが発生しません。

貴社の課題と現状をお聞きした上で、最適な手段を提案、運用体制の構築までサポートします。ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください!

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)