採用業務委託はメリット大!費用削減&効率アップが可能に

現在日本の就職事情は、完全なる売り手市場となっています。

2019年5月の求人倍率は2.07倍となっていて、下降が続いています。

また、求人数は過去最高の水準をマークしています。

新卒者、転職希望者にとってこれは朗報ですが、求人をする企業にとっては頭の痛い問題です。

いかにして効率よく人材を集めるかというのは経営を左右する課題となっています。

この問題を解決する一つの手段が、採用業務の委託です。

これには様々なメリットがありますので、どの企業であっても検討する価値があります。

 

採用業務委託でできること

そもそも採用業務委託とはどういうことなのでしょうか?

また、どんな業務を具体的に委託できるのでしょうか?

採用業務委託とは新卒者や中途採用者を雇い入れたい時に利用するサービスです。

求職者を探し入社するまでの一連の業務をアウトソーシングすることができます。

ここで気になるのが「どんなことを業務委託できるのか?」ということなのではないでしょうか。

1つ1つ解説していきます。

 

応募から採用決定までの業務

新しい人材を入れるためには、様々なプロセスを踏まなければなりません。

まず、どの部門でどんな人材が必要かを見極めると同時に、雇用条件を定めます。

その上で、様々なメディアを活用して求人情報を出し、いわばプロモーションをします。

この求人情報を見て集まってきた応募者をまとめて、リスト化し書類選考を行います。

その後、面接を行い人事担当者が最終的に選考をします。

内定者が決まったら、その人に連絡して入社までの手続きを行います。

採用業務の委託では、ここまでの業務をすべて任せることが可能です。

もちろん、一部の業務だけを切り取って外注し、自社で重要な選考や面接などだけを行うということも可能です。

 

細かな業務を委託するケースが多い

採用業務にはいろいろな細かな作業が発生しますので、手間がかかるものについて委託して、他のコア業務だけを自社でするというケースが多く見られます。

たとえば、リクルート用のサイト作成やメディアの運営、応募者のまとめ作業などがあります。

さらに、会社説明会や面接会場のセッティングや、ここで使う動画制作なども含まれます。

 

コンサルティングを依頼することもできる

上記のように、細かな業務だけを依頼して、大事な部分は自分たちでするという方法もありますが、スタートアップ企業や小さな規模の会社の場合は、採用業務のノウハウがあまりないというケースもあります。

その場合、採用業務を代行しているプロの会社が、その実績と経験を生かしてコンサルティングをしてくれることもあります。

どうしたら効果的な求人ができるのか、会社説明会の仕方などのノウハウを得ることができます。

 

採用業務を委託するメリット

採用業務を委託することには、様々な面でのメリットがあります。

そのメリットを最大限に生かせるようにしましょう。

 

コア業務に集中できるようになる

採用業務は、ある程度の期間続きますし、いろいろな作業が必要となっています。

そのため、全てを自社でするとなったら、多くの人員を割くことが求められます。

そこで、採用業務をアウトソーシングすることによって、その人員を削減することができます。

その分、社員がコア業務に集中できるようになりますので、企業の活動が活発になります。

また、社員の数を無駄に増やさずに済むことにもつながり、人件費カットにもなります。

社員を一人雇うには、給与だけでなく福利厚生などの費用もかかりますので、委託できるものはしてしまった方が良いのです。

 

専門性の高い業務を効率的に回せる

採用業務は、より効率よく行うためには、高い技術が求められる仕事です。

企業の求める人材を必要な人数確保するには、ニーズにピンポイントに合った求人活動を行う必要があります。

また、最近はGoogleのサービスやSNSなどを使った新しいタイプの採用手法を利用する必要も出てきています。

こうした専門性の高いノウハウと技術を持った採用業務アウトソーシングに依頼することで、スムーズに優秀な人材を手に入れられるようになります。

 

採用までの時間短縮ができる

採用業務の委託によって、採用までの時間を短縮できます。

というのも、委託業務を行っている会社は、すでに業務をシステム化していますので、質の高いサービスも短時間で始め、運用できるからです。

短期間で採用を終了することができて、機会損失を減らせるのは大きなメリットです。

また、急ぎで人材募集をしたい時にも非常に便利です。

 

採用業務を委託するデメリット

採用業務を委託する場合、上記のようなメリットだけでなく、デメリットも考慮した上で行うようにしましょう。

 

委託先の選定を間違わないように

採用業務のアウトソーシングは、プロの高い質の仕事を期待できるというメリットがありますが、それだけ委託先のレベルにかかってくる業務でもあります。

もし、自社の求める人材の理解があまりできない、効果的な求人ができないようなところに委託してしまうと、コストだけかかってしまい、結果が出ないということにもなりかねません。

 

自社業務に戻した時の変化

採用業務を委託することによって、プロのノウハウを得ることができます。

その後、自社でできるだけその業務を行えるようにしていくことができます。

しかし、委託が終わり自社業務に切り替えた時に、一気に社員への負担が大きくなったり、業務の質が下がってしまったりすることがあります。

その違いが大き過ぎて、採用に支障が出てしまう可能性もあるのです。

 

ある程度のコストを見込むべき

人件費を削減できるというメリットがある一方で、委託費用がかかるというデメリットもあらかじめ考慮しておきましょう。

長い目で見ると委託費用の方が安いことがほとんどですが、手持ちの資金に余裕がない場合は、負担となることもあり得ます。

 

採用業務委託先を選ぶポイント

採用業務のアウトソーシングをしている会社は多く存在します。

成果を出すためにも、満足できる委託先を選ぶことは重要です。

 

委託できる業務の幅が広い

一口に採用業務と言っても、実際に行う業務の中身はかなり多岐にわたります。

そのため、自社で行うことと、委託したい業務とをはっきりと分けておく必要があります。

たとえば、求人ホームページやSNSの制作、会社説明会のセッティングは委託するが、面接や選考は自社でやるといった感じです。

もしくは、自社ホームページの求人ページは自分たちで運用するが、他のサイトの利用などは委託したいなどです。

こうして業務を切り出していき、それぞれの業務に細かく応じられるかどうかというのが委託先を選ぶポイントになります。

 

コンタクトを丁寧に取ってくれるところ

企業の経営を左右する大事な人材を集める業務ですので、確実な仕事が欲しいところです。

そのためにも、業務を請け負ったら勝手に仕事を進めていくというのではなく、丁寧にコンタクトを取って情報を上げてくれる会社を選ぶようにしましょう。

どんなメディアにどのような形で求人を出したのか、見込みとしてはどのくらいの応募者があるかなどの情報を上げてくれると安心できます。

また、求職者からの質問があった場合なども、教えてくれると今後の採用業務に生かせます。

さらに、実際に応募してきた人数だけを単に報告するのではなく、求職者との連絡を取っている段階で気づいたことなどを報告してくれると、選考の助けになります。

機械的な仕事ではなく、より良い業務ができるように配慮してくれる委託先は信頼できます。

 

低コストでできる

業務委託は人件費削減という目的もありますので、委託費用は安いに超したことはありません。

それぞれの業務ごと、成果ごとに細かく報酬を計算してくれるところだと、よりコストが安くなることが多い傾向にあります。

もっとも、「安価だが質は低下する」といったことでは意味がありませんので、あくまで信頼できしっかりと成果を出してくれるという最低条件の下で、より低コストの委託先を選びましょう。

 

おすすめの採用業務委託先

上記のようなポイントを押さえた上で、信頼でき実績のあるおすすめの採用業務委託先をご紹介します。

 

HELP YOU

HELP YOUは、異なるスキルを持ったスタッフが集まり、質の高い業務を遂行することができる会社です。

スタッフは採用率1パーセントという厳しい審査をパスした、優秀な人たちばかりですので、スムーズで満足度のレベルの高い仕事が約束されています。

さらに、個々がバラバラに働くのではなく、チームで作業を行い、個の力をさらに大きな力にしているのが特徴です。

様々なスキルを持つスタッフが集まり、総合力に優れたサポートを与えることができます。

そのため、依頼した実に97%もの企業がリピートするという結果を残しています。

手厚いサポートで、企業の人材強化に大きく貢献してくれます。

 

株式会社 ネオキャリア

新卒や中途採用、アルバイトと雇用形態に限りがなく採用業務を委託することができます。

1万社以上のサポートをしてきたという実績が自慢で、安定した質の業務を行ってくれます。

経験を生かしたコンサルティングから電話オペレーター業務まで、ありとあらゆる業務に対応しています。

 

レジェンダ

企業の採用活動をサポートするために、企業と密着した業務を行うのが特徴です。

最初の段階から細かくコンサルティングをすることもできますし、社内にスタッフを常駐させることも可能です。

採用業務のノウハウを得たいという企業にぴったりのサービスを提供しているのが特徴です。

 

マイナビ

転職サイトの運営でも有名な会社です。

リクルート業務の幅広い実績を生かして、企業ごとのオーダーメイドの業務委託ができます。

また、効率的な求人ができるデータベースを持っているので、スムーズに応募者を集められるのが強みとなっています。

 

まとめ

採用業務にはたくさんのプロセスがあります。

求人要綱の設定やプロモーションの媒体選びから始まり、求人サイトやSNSの制作、応募者の管理、会社説明会や面接のセッティング、選考、入社までの手続きなどです。

こうした長期間に及ぶたくさんの業務の一部、もしくはすべてを委託することで、本来業務への集中ができます。

また、採用業務に関係する社員を減らし、人件費を減らすことも可能となります。

さらに、採用業務を請け負う会社は、この道のプロでノウハウも豊富にあります。

専門性の高い技術を持った会社の力を使って、よりスピーディーで効率的な人材確保ができるのは大きなメリットと言えるでしょう。

委託先を選ぶに当たっては、請け負える業務の幅が広く、小さな業務でもフレキシブルに対応してくれるところを選びたいものです。

また、情報交換をしっかりとしてくれて、丁寧に業務をしてくれるというのも大事な条件です。

こうした点を考えて、おすすめの会社を比較してみて、自社のニーズに合ったところを選びましょう。

採用業務を委託することによって、業務を効率化させ、質の高い人材を確保するようにしましょう。

社員の生産性向上で業績もアップ

煩雑な事務作業はまるごとご依頼ください


間接部門・バックオフィスは、企業成長を支える重要な部門。
ですが、多くの企業さまが

「バックオフィス担当者の採用ができない」
「経理作業を別担当者が兼任している」

といった人材不足に直面し、
今ある労働力を最大化し、社員・会社全体の生産性を最大化するには
事業規模拡大・新規事業創出のために、正社員のリソースを如何に確保するか
といった課題を抱えています。





バックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)のアウトソーシングに焦点を当て、
・事務作業アウトソースのメリット
・生産性向上の秘訣
・業務効率化事例


を公開します!
今回の資料が、貴社生産性向上・事務作業効率化の一手段として、参考になれば幸いです!