中小企業の未来は採用で決まる。人手不足で困らないために

人手不足が常態化している近年では、中小企業が優秀な人材、むしろ人材自体を手に入れることが難しい時代となっております。

給与や待遇面、知名度で大企業に及ばない中小企業が、大企業と同じ採用手法だけで採用業務を行うことには無理があります。

今、中小企業の採用業務に必要とされることは、積極的に情報を発信し会社の認知を広げ、様々な手法を用いて求職者に業務をよりよく理解してもらう努力です。

大企業と中小企業、双方をとりまく採用環境・採用業務の違いを踏まえ、採用がうまく行っている企業の採用手法を参考とし、自社に合った採用方法、利用すべきツールやサービスは何かを検討しましょう。

採用業務の成功の可否が中小企業の未来を左右するのです。
 

目次

中小企業の採用が困難な理由

リクルートワークス研究所によると2019年の300人以下の中小企業の求人倍率はなんと9.91倍、前年の6.45倍から+3.46ポイントと大きく上昇し、過去最高となっております。

そのうえ、その約4割が3年以内に離職してしまうという調査結果もあり、人手不足が慢性化している中小企業にとっては非常に厳しい事態となっております。

待つだけではなく積極的に採用を取りにいかなければ人材自体が手にないらない時代となっているのです。
 

中小企業の採用が困難な理由①売り手市場による人手不足

会社を存続させるためには、社員の存在が必要不可欠です。

しかし、昨今は採用売り手市場の人手不足を背景に、黒字経営でありながら人材を確保できず倒産する「黒字倒産」が起こっています

採用業務の成否が会社存続のカギを握っているといっても過言ではありません。
 

中小企業の採用が困難な理由②待っているだけでは応募者はやってこない

知名度のある有名企業、給与や福利厚生が整っている大手企業には、おのずと優秀な人材が集まります。

しかし、知名度や待遇面で及ばない中小企業は、いかに社風が素晴らしく、やりがいのある仕事だとしても、自らアピールしなくては存在を知られず応募者が集まりません
 

中小企業の採用が困難な理由③採用ミスマッチによる早期離職者

中小企業の新入社員の約4割が3年以内に離職すると言われていますが、その要因の一つが採用のミスマッチです。

採用時の労使間の認識の差異が、その後の仕事に影を差す事態になり、早期離職者を出してしまうのです。

採用業務は、採用がゴールではなく採用者が会社に定着して活躍してこそ成功と言えるのです。
 

大企業と中小企業の採用の違い


 

大企業と中小企業の採用の違い①十分なコスト・人員がかけられない

中小企業の多くが採用の専任者を持ちませんし、採用に対して大きなコストをかけることが難しいのが現状です。

人件費や求人広告費など1人を採用するのに必要な金額は40万とも50万とも言われているうえ、なかなか成果も上がらないとなれば採用にコストかけるのに躊躇するのも無理がありません。
 

大企業と中小企業の採用の違い②採用ノウハウが少ない

100名単位を採用する大企業に比べ中小企業の新入社員は10人に満たない場合が多く、採用に対するノウハウの蓄積が困難です。

また、専任の採用担当者が不在なこともノウハウ蓄積を妨げる要因となります。
 

大企業と中小企業の採用の違い③知名度が低い

多くの中小企業は一般学生や地元ではない地域に対して知名度を持ちません

何もしなくても存在が知られている大企業と違い、中小企業はHPやSNS、地元行事への協賛など積極的に存在をアピールしなくてはなりません。
 

大企業と中小企業の採用の違い④給与・福利厚生等の待遇面で敵わない

中小企業が、大手並の給与水準に合わせたり、福利厚生を充実させることは現実には不可能です。

待遇面だけで比較されてしまうとどうしても採用に関して不利になるので、仕事のやりがい、働きやすい職場の雰囲気などの別の面で訴求点が必要となります。
 

中小企業の採用における成功事例

いずれの採用方法も、採用業務は人事や担当者だけの仕事ではなく、新入社員の会社への定着を考えれば全社員に関わることです。

全社をあげて取り組むことによって、応募者の獲得、会社への定着率の向上を得ることができるのです。
 

中小企業の採用における成功事例①インターンシップで職業体験!求職者と企業の相互理解

インターンシップを行うことは、求職者、会社にそれぞれに利点があります。

求職者側は入社する前に仕事の内容、会社の雰囲気を確認することができ、会社側は求職者の「人となり」や能力を実際の仕事を通じて知ることができるからです。

こうしたインターシップを経ると応募採用率が高く、採用後の定着率も高い傾向にあります。

インターンシップを行うことは会社にとっては業務負担が増えますが、導入を検討したい採用手法となります。
 

中小企業の採用における成功事例②適切な人材を!地元密着型の採用を目指して

全国区に知名度が無くても、地域での知名度を上げることによって地元志向の求職者をすくい上げることが可能です。

地元密着型求人で成功している会社は、HPやSNSなどで地域の知名度をあげつつ、地元密着型の採用サポートサービスやハローワーク、無料求人サイトを上手に利用しています。

また、優秀な人材にこだわるのではなく、自社の業務に合う適切な人材を求めることに徹し、募集要項の見直しを行い、中途採用、リターン採用など応募の間口を広げることも肝要です。
 

中小企業の採用における成功事例③仕事に「やりがい」を!社風で集めるリファラル採用

リファラル採用とは社員による紹介採用となります。実際に会社の雰囲気、仕事のやりがいがわかる社員が紹介するので、採用ミスマッチを抑えることができ、会社に定着する人材の確保が期待できます。

社員による自発的な新入社員へのサポートも期待できます。
 

中小企業の採用における成功事例④採用サポートツールを使う

人材不足を補い採用業務を活性化させるため、採用サポートツールを上手に導入することもに有効な手段です。

様々な機能を持ったツールを使うことにより、採用に関する業務の効率化や削減が可能となり、採用コア業務に集中できるようになります。
 

中小企業の採用における成功事例⑤アウトソーシングを活用する

アウトソーシングを活用することには2つの利点があります。

1つは、メール対応、書類選考、面接日の設定などの業務量が多く手間のかかる業務が削減できる点、もう一つはアウトソーサーから採用ノウハウを得ることもでき社内のノウハウ不足を補うことができる点です。

ツールと連携したサポートも受けられ採用業務の改善、活性化が図れます
 

中小企業の採用戦略①ツール

 

jinjer


様々な業界・規模感の約8,000社に導入されています。

そのうちの、70%が従業員数50~300名の中小企業による導入で、料金と機能のバランスが良いツールとなります。トライアル導入も可能なので実際に合うかどうかを試すことができるのも強みです。

【料金】
・お試し 0円~
・おすすめプラン 初期費用 150,000円 従業員1人につき600円/月額
※3サービス利用可能+jinjerデーターベース
(サービスは、人事管理、勤怠管理、労務管理、コンディション管理、経費管理、マイナンバー管理、採用管理から選択可能)

【特徴】
■求人票作成、候補者管理、スケジュール管理、メッセージ配信、ナビとの自動連携などの様々な採用に関わる業務を一元管理します。情報が一目で確認でき、記入も簡単です。

直感的に操作できるわかりやすいUIデザインを追求し、操作への忌避感を抑えます。

■クラウドサービスのため、独自のサーバーが不要なので簡単に導入ができます。

■使い方に合わせた料金が明確なので、コストに合わせ安心して利用できます。

https://hcm-jinjer.com/
 

MyRefer

サービス正式リリース3年で500社もの利用を得た、全社員採用を実現する国内初のリファラル採用活性化サービスです。

リファラル採用ツール導入企業社数No.1をうたうリファラル採用に特化した採用ツールです。

【料金】要見積り

【特徴】
ワンクリック操作で紹介ができ社員が楽しく自発的にリファラルできる!

また、ランキング機能を活用し、継続性のある自発的な利用を促進。

■自社に興味を持つ優秀な人材にダイレクトソーシングが可能

今すぐ転職しない優秀層を記録・管理し、中長期的にアプローチすることが可能。

人事の管理工数を1/3に削減!リファラル採用の始まりから終わりまで全てをまかなえるツールです。

https://i-myrefer.jp/
 

Cycle

求人求職情報サービスを行なうエン・ジャパン株式会社が提供する採用支援サービスとなります。

【料金】月額7万円~

【特徴】
■複数媒体、紹介会社などの応募者データを自動集約し一元管理ができるため、選考スピードがアップし、作業効率があがります。

■応募者の振り分けやスクリーニング、メール送信などを全てcycle上で行え、煩雑な作業を自動化し工数を削減できます。

多角的なデータを常に見える化。全応募者の進捗把握や応募経路ごとの結果把握が簡単に。

採用活動の課題抽出・改善をリアルタイムに行えます。

https://www.enjapan.com/service/cycle_career/
 

中小企業の採用戦略②代行サービス

 

NEO CAREER

業界トップクラス10,000社以上の導入実績を誇る、採用特化型アウトソーシングサービスです。

専門業種に特化した専門求人を行うグループ会社を多く抱えており、様々な業種・業態に幅広い対応、業種に合わせた専門的な対応が可能です。

【料金】採用代行 月額10万円前後~(要見積り)

【採用手法】
・ソーシャルリクルーティング
・求人広告
・ダイレクトリクルーティング
・インターンシップ  など

【特徴】
■人材関連事業を中心した「リアル領域」で培った求人ノウハウを利用し、各種運用ツールを駆使した効率的な採用を行ないます。
■独自の専門業種の求人サイトを駆使し、より多くの適切な人材へ働きかけが可能です。
■新規採用・中途採用など様々な採用に対して幅広く対応ができ、採用ツールを駆使することでコストを抑えることが可能です。

 

レジェンダ・コーポレーション株式会社

創業20年、550社以上の採用代行に携わった実績のある人事採用に特化した代行業者です。

中小企業から社員数1万人を超える大企業まで幅広い実績を持ち、さらに様々な業種に対しても多くのノウハウを持っております。

【料金】要見積り

【採用手法】
・ソーシャルリクルーティング
・リファラル採用
・求人広告
・ダイレクトリクルーティング
・インターンシップ  など
※常駐型リクルーター派遣も可能

【特徴】
■応募受付、面談日調節などの単純な採用代行業務だけでなく、採用コンサルティングとして包括的に採用業務をサポート

ITを利用した抜本的な「業務改革」とアウトソーシングを駆使し、それらを体系的に遂行していく体制づくりとシステム化を推進しています。

■プライバシーマーク、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の資格を取得し、情報管理を徹底しています。

 

HELP YOU

継続利用率97%の高い顧客満足度を持つアウトソーサーです。

人事・採用だけでなく経理などの様々な業務に対応可能です。

採用関連では、求人広告管理、応募者管理などの採用サポートが可能です。

【料金】月額150,000円~
※利用時間45時間~<オフライン業務(現場作業)利用分も含む>

【採用手法】
・求人広告

【特徴】
■採用率1%の優秀なアシスタント
オンラインで対応できる全国の優秀なスタッフがチームで幅広い業務に対応します。

無駄なやりとりは0。専属の窓口担当者が業務の運用を行うため手間がかかりません。

■必要な人材を定額でアサインでき、業務に必要な分だけコストをかけることが可能です。オフライン業務も柔軟に対応してくれます。

https://help-you.me/
 

まとめ

昨今の人手不足のため中小企業の採用環境は依然厳しい状況にあり、そうした状況を打破するため全社をあげた積極的な採用が必要不可欠です。

人員もコストも潤沢に用意できない事情もあることでしょう。

しかし、採用サポートツールを上手に利用し、採用業務の改善・削減を行なうことで少人数でも採用業務の管理を行うことが可能になります。

また、採用サポートサービスを上手に活用すれば、求職者への働きかけや自社のアピールなどより効果的な採用ノウハウを得ることもできます。

自社の未来のため、新入社員を獲得するため、転職等による離職者を減らすため、中小企業こそ採用業務に力を入れなくてはならないのです。

社員の生産性・満足度を爆上げした業務改善の成功事例

貴社の 生産性向上診断付き!
社員の生産性・満足度を爆上げした業務改善の成功事例集



オンラインアシスタントサービスを使って、雑務をスタッフに任せることでコア業務に集中でき、業務効率の向上に役立ちます。
サイトには出ていない社員の生産性・満足度を爆上げした業務改善の成功事例を公開します。



HELP YOU導入により

・月150時間の業務が3時間半に
・人材コスト削減と利益率の向上
・社員満足度が上がり、離職率が低下

といった成果が出ています。
人手不足が叫ばれる中、人材も所有から共有への動きが見られます。
自社採用がドンドン難しくなってきている時代の、新しい人材確保の手段として、オンラインアシスタントを一度検討してみてはいかがでしょうか?