採用代行サービスの料金は?メリットと費用からおすすめ企業をご紹介

採用代行サービスにアウトソーシングすることで「コア業務に集中できる」「採用活動が効率化し、求める人材の獲得ができる」ということは周知のことだと思います。
実際に採用代行サービスを利用し、優秀な人材を採用している企業も多いです。

しかし、「料金の割に欲しい人材が見つからなかった」「採用までに時間がかかり費用が予算以上にかかった」といった事例もあるのです。
ではどのような採用代行サービスを活用すれば自社の求める人材を費用内で獲得できるのでしょうか?

それはコスト内で効果的な業務をおこなってくれる採用代行サービスを探すことです。
ここでは、効果的な業務サポートをしてくれる業者を主にご紹介し、メリットとデメリットを踏まえ、料金と相場をご紹介します。

採用代行サービスでアウトソーシングできることって?

採用代行サービスでアウトソーシングできるサービスは企業によって様々ですが、その中で主なものは次の業務になります。代行可能な業務についてご紹介します。

母集団形成

・採用計画の立案
・インターンシップの企画、応募管理
・就職サイトや自社サイト、求人広告などへの出稿と管理
・会社説明会の運営と管理
・SNSでのスカウトメール配信
・人材紹介サービスの利用
・マス型、スカウト型イベントの参加
・学内セミナーの開催
・求職者の問い合わせ対応

母集団を形成するために応募者を多く集めることが、採用活動のスタートで最も重要なことですが、この母集団形成を効率的に行える業務に、スカウトメールの配信があります。
企業がデータベースをもとに、ターゲットになる求職者へ直接メッセージを送り応募を促す手法で、候補者を集めることが難しい中小企業に大変効果的です。
しかし、求職者ひとりひとりにメールを送信することは労力を費やす業務であるため、実施したいがなかなか手の付けられない業務となっていることでしょう。
このスカウトメール配信を代行することで、企業の求める人材を的確に多く集めることが可能となります。

選考業務

・応募書類の管理
・応募者の問い合わせ対応
・応募者のスクリーニング
・筆記試験の会場と日程手配、成績管理
・面接会場の手配とスケジューリング
・面接日程と会場の連絡
・面接の代行
・選考結果の連絡

応募者のスクリーニング(書類選考)業務は担当者に負担のかかる業務で、多くの時間を費やす必要のある業務の1つでもあります。
この業務に代行サービスを活用することで、工程の短縮化が可能です。
応募者が増加すると業務量が増え、大企業における新卒採用では負荷のかかる業務といえるスクリーニング業務を代行すると、代行先のスタッフは採用ノウハウを用い業務を遂行します。

ただし、代行サービスと綿密な打ち合わせをして求める人物像をしっかり伝えることは必須です。
選考通過者が求める人材と異なるミスマッチが発生する可能性があるからです。
依頼企業の求める人物像や問題点などを的確にヒアリングする代行サービスは、企業の求める人材を短期間で厳選することができるため、面接での選考が効率的に行えるでしょう。

内定者フォロー

・内定通知書の発送
・内定者専用サイト、SNSの管理
・入社書類の手続き
・入社前研修の企画、実施
・内定者のeラーニング実施
・内定者面談

新卒採用で内定者をフォローすることは採用活動で重要な業務です。
なぜなら、内定者は複数の内定先から1社に絞るまでに各企業を見定め、どの企業で働くかを内定から入社までの期間で判断するからです。
内定者フォローを怠ると内定者は企業に対して不信感を持つようになり、内定辞退を考えるようになります。
内定のフォロー業務を代行することで内定辞退者が減少し、優秀な人材の確保が可能となるのです。

採用代行サービスを利用するメリットって?

採用代行サービスを利用すると
・コストの削減
・採用活動の質向上
・採用力の強化
といった点が期待できます。
この3点のメリットについて詳しく述べることにしましょう。
 

コストの削減

採用業務を代行することでコストの削減が見込めます。
時期によって業務量が変動する採用業務は、繁忙期に採用担当者の残業代や追加人員の人件費などの増加が発生します。
代行サービスを利用するとこの採用業務に関わる人件費を下げることができます。

新卒採用のような1年間でスケジュールが進行する採用活動は、パッケージでサービス料金が設定されているところが多いです。
企業によっては、繁忙期のみ代行可能なサービスや、オーダーメイドでのサービスを設けているところもあるので、必要な時に必要な分だけ代行依頼することができます。
サービスプランと料金をきちんと確認して依頼するようにしましょう。

自社にとって最適な形で採用代行サービスを活用することによって、大幅なコストの削減が期待できます。

採用活動の質向上

採用業務専門のスタッフが業務を遂行するため、採用業務の質向上が実現できます。
採用知識と経験をフルに活用し、ターゲットとなる人材に的を絞った戦略的な採用活動計画の提案とオペレーションの実行を提供していることが、採用活動の質向上に繋がっています。
採用活動の質が低いと、求める人材が見つからず採用活動の長期化になったり、また求める人材と異なる人物を採用するミスマッチが生じ、採用担当者の労力と時間を無駄に費やすこととなります。

採用活動の質を高めて優秀な人材を獲得するためにも、採用代行サービスの力を借りるのはとてもおすすめです。
 

採用力の強化

採用代行サービスを利用することで業務量減少となるため、採用担当者の負担が軽減されます。
この業務量の減少は企業の採用力強化につながります。

それは採用担当者の労力を、
・求める人材像の検討
・面接スキルの向上
に費やすことが可能となるからです。

ターゲットとなる人材を明確にすることは重要です。
もし求める人材像が実際に自社に合う人材像と異なれば、入社後に離職となる可能性が発生します。自社の求める人材について検討する時間を持つようにしましょう。

また、代行サービスで業務量が減って空いた時間を、面接官に必要な能力である人を見極めるスキルを高める時間に使うことも重要です。

この面接官としてのノウハウが自社にない場合は、研修やトレーニングを行う採用代行サービスを利用し、面接官としての能力を磨くこともおすすめです。
採用代行サービスを上手く利用し企業の採用力を高めましょう。

採用代行サービスを利用するデメリットって?

採用代行サービスを利用することでデメリットが発生する場合があります。
ここでは考えられるデメリットをご説明します。
 

情報流出の可能性

外部に情報を持ち出すことによって情報流出の可能性が発生します。
採用代行サービスのシステムの安全性や作業環境のセキュリティは企業によって様々です。
情報の取扱いに注意している企業かどうか、採用代行サービスを活用するときに確認しましょう。

契約時の費用

システム導入などによって契約時に初期費用が多額に発生する場合があります。
採用代行サービスによって、初期費用は様々です。
契約時に発生する費用を事前に確認しその金額が妥当かどうか判断しましょう。
また更新時に追加費用が発生する場合もあるため、契約前に調べておく必要があります。
 

採用代行サービスの能力差

利用する採用代行サービスには能力差があることにも注意が必要です。
採用の知識も経験も全くないスタッフが採用業務を遂行している企業もあれば、採用の専門知識と経験が豊富なスタッフを揃えた実績とノウハウを持つ企業もあり、その能力には大きな差があります。

代行サービスの能力を見極め、料金と質に問題がないか精査することで代行サービスの選択ミスを未然に防ぐことが可能となります。

採用代行サービスの料金・相場は?

採用代行サービスの利用をする場合に、外せないポイントとして料金が挙げられます。
料金体系は企業によって様々ですが、新卒採用と中途作用では業務内容と採用活動期間が異なるので費用も少し異なります。トータルでサービスを利用すると月額で料金を設定する企業が多いです。新卒採用と中途採用に分け、料金と相場についてご説明しましょう。
 

新卒採用

新卒採用の場合、採用代行サービスを一式で依頼すると、月額30~60万となります。
利用するサービスにより内容業務は様々ですが、採用計画から母集団形成、応募者管理や選考、内定者フォローまでお任せできる企業もあります。
新卒採用は限られた期間内で効率よく採用活動を行い、求める人材の応募者を増やすこと、内定辞退者を減らすことが重要となります。
採用のプロが効率的な採用業務を行い、学生へ丁寧に対応する代行サービスで、予算内に利用できないか相談するといいでしょう。
 

中途採用

中途採用の場合に一式で依頼すると月額40万~70万となります。
新卒採用と異なる点は、人材の採用が短期間で決定すれば費用が少なくなることです。
また内定者フォローといった新卒に特化した業務は発生しません。
内定まで効率よくスピーディに採用活動を行える代行サービスを選択すれば、費用を抑えられるでしょう。
 

各業務別料金

各業務を一部のみ代行することも可能です。
次のような料金を一例として上げます。
応募者管理月額5万円~
合否連絡月額2万円~
管理システム月額5万円~
内定者フォロー1日5万円~
説明会1日5万円~
面接、選考会1日5万円~
一部のみもしくは何点か選択して代行できるサービスが多いため、企業に確認して見積もりをしてもらうといいでしょう。

おすすめの採用代行サービス

では、採用代行サービスの内容、メリットとデメリット、そして料金を把握したうえで、おすすめするサービスを3社ご紹介します。
 

HELP YOU

https://help-you.me/

採用業務の経験が豊富で優秀なスタッフがチームを組み、企業をサポートするサービスを提供しています。
業務内容や必要な人材スキルを事前にヒアリングを行い、顧客に合う専属オンラインアシスタントチームを提案し、費用対効果の高い業務を遂行しています。
オンライン上で採用に関わるすべての業務を遂行するため、安心して採用業務を一式お任せでき、システム導入による費用も発生しません
初期費用を抑えつつ採用業務の向上を目指し、優秀な人材の確保につなげたい企業におすすめの企業です。
 

 

株式会社ONE

https://one-group.jp/humanresource/outsource/index.html


新卒採用、中途採用、アルバイト採用と雇用形態は幅広く、企業規模も中小企業から大企業まで対応できる代行サービスです。
また顧客の要望に合わせた予算内のプランを立て遂行し、入社後の研修制度のサービスやフォローまで対応ができ、全面的にサポートしてくれます。

採用サイトの制作や求人特化型検索エンジンの利用、勤怠管理システムの導入といったソリューションの提供も行います。
コストの範囲内で全体的な採用活動の強化を図りたい企業にはおすすめのサービスでしょう。
 

株式会社ヒューマネージ

https://www.humanage.co.jp/


11年連続で導入シェア第1位の実績を持つ、新卒採用向けの採用管理システムで、選考業務の効率化を実現している企業です。
採用管理システムによる科学的なデータをもとにした戦略的なコンサルティングと、優秀なスタッフによるサポート業務を提供し、企業の採用活動を最適化しています。

さらにスタッフのコミュニケーションを重視した丁寧な対応は、応募者の満足度向上となり、優秀な人材の確保につながっていることでしょう
システムを導入し、根本から採用活動の質を上げることをお考えの企業にはおすすめできるサービスです。

まとめ

採用活動には、母集団形成、選考、内定者フォローといった様々な工程が発生し、関わる業務も多様にあります。
これらの業務をトータルで代行できるサービスもあれば、繁忙期だけ代行、各業務のみ代行できるといったサービスもあります。
またサービスを提供している企業によって、月額なのか、年間での契約なのか、料金の設定も異なっています。
各企業が提示している採用代行サービスの料金と相場を比較し、どの企業に代行するか自社で検討することをおすすめします。
そして、自社に合った最適な料金でサービスを提供する企業を選びましょう。

【2019年度版】アウトソーシング・BPO・ オンラインアシスタント徹底比較

BPO、シェアードサービス、クラウドソーシング、オンラインアシスタント…
今自社が活用すべき外部リソースとは



直接雇用、派遣、アウトソーシングのメリット・デメリットを徹底比較
それぞれの得意分野と違いをまとめた資料は下記ダウンロードから。



・アウトソーシングと人材派遣の違い
・BPOに依頼できる業務例
・オンラインアシスタントサービス比較
・それぞれのメリット・デメリット

など失敗しない外部リソース活用方法がひとつにまとまっています。





自社の課題に合わせて手段を使い分けることが重要です。

・事業を拡大させたいのか、安定させたいのか
・インハウス化していきたいのか、プロに任せたいのか
・業務は専門的なのか、幅広いのか

当資料には、各手段の特徴や、代表的な会社を掲載しています。
人手不足が叫ばれる中、人材も所有から共有への動きが見られます。
自社採用が難しくなってきている時代の、新しい人材確保の手段として、外部リソースの活用も選択肢の一つとして、持っておくと可能性が広がります。