オウンドメディアの運用を外部委託するメリット

この数年で耳にする機会が多くなったオウンドメディアですが、自社での運営が難しいという企業も多いのではないでしょうか。

オウンドメディアによって価値の高い情報を定期的に発信することができれば、まだ自社のことを知らない層にも広く訴求することができます。

ただし、オウンドメディアの運営にはかなりの工数が必要なため、すべて自社でまかなうのはかなりの負担です。

そこで、おすすめしたいのがオウンドメディアの外部委託です。

メディアの運用に時間も人員も割けない企業にとって、外部リソースを活用することには多くのメリットがあります。

そこで、ここではオウンドメディアの運用を委託するメリットとデメリット、注意したいこと、おすすめの委託サービスなどを紹介していきます。

 

目次

オウンドメディアとは

まずは、オウンドメディアとは何かということについて簡単に把握しておきましょう。

従来の広告媒体とどう違うのか、具体的にどんな特徴があるのかを知ることで、なぜオウンドメディアを導入した方がよいかが明確になります。

 

従来の広告媒体に代わる手法

オウンドメディアとは、文字通りの意味では自社が所有するメディアのことです。

広義では、自社のパンフレットやメルマガなども含まれます。

近年のマーケティングの意味においては、企業から潜在顧客に向けて独自の情報を発信するためのウェブサイトと限定してよいでしょう。

スマホとSNSの普及によって、ユーザーは自分の知りたい情報を簡単に収集することが可能になりました。

その結果、従来の広告メディアのように企業が一方的に自社の商品を売り込むスタイルは受け入れられなくなり、代わりにユーザーにとってより有益な情報を提供しつつ集客を狙うというスタイルがマーケティングにおいて重視されるようになりました。

そのなかで、大きな役割を担う媒体として注目を集めるのがオウンドメディアです。

 

顧客との最初の接点

オウンドメディアの目的は、これまで接点のなかった潜在顧客と接点ができることです。

企業が自社サイトを作って製品やサービスの魅力を一方的に伝えても、自社の存在を知らない潜在顧客にはなかなか届きません。

オウンドメディアの場合、直接自社の製品やサービスを宣伝するのではなく、それと関連するようなテーマでユーザーにとって有益な情報を次々と発信していきます。

それにより、そのテーマに関心を持つ人たちが、検索によって自社サイトを訪れる機会が増えるのです。

 

SNSの弱点をカバーできる

潜在顧客に対するWEBでの訴求という意味では、「TwitterやFacebookなどのSNSでの配信でよいのではないか?」と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、SNSでは情報の蓄積が難しく、検索エンジンによる来訪者が期待できないのが弱点です。

SNSのこうした弱点をカバーするのがオウンドメディアです。オウンドメディアは記事の蓄積が容易で、読者が知りたいテーマで検索するとヒットしやすいため、潜在顧客に継続的に来訪してもらえるきっかけになります。

また、潜在顧客にとって有益な情報を提供できればできるほど、Googleなどの検索エンジンからの評価も高まるため、潜在顧客との接点がさらに広がるという良い循環を生み出します。

 

オウンドメディア運用を委託するメリット

オウンドメディアの特徴がわかったところで、続いて、オウンドメディアの運用を外部サービスに委託するメリットを紹介します。

なぜ自社で運用するより外部委託した方がメリットが多いのかを明確にしておきましょう。

 

オウンドメディア運用を委託するメリット 社員をメイン業務に専念させられる

オウンドメディアの運営を外部の委託サービスに任せると、自社の社員が運営のための負担から解放されるため、メイン業務に専念できるようになります。

自社でオウンドメディアを運用する場合、多くの企業ではメインの業務との兼任になるでしょう。

それだけの人材を備えている企業であればともかく、そうでないとオウンドメディアの運営によって社員に負担がかかり、メイン業務に支障をきたすことも考えられます。

オウンドメディアを運営するには、サイトの作成やその運用だけでなく、良質な記事を常に供給しなければなりません。専業でも負担の大きい仕事ですが、兼務となるとその負担はさらに高まります。

社員の負担軽減は大きなメリットです。

 

オウンドメディア運用を委託するメリット クオリティの高いオウンドメディアが期待できる

オウンドメディアの委託会社はこの分野の専門家なので、こちらから要望を出すだけで、それを反映したデザインと使いやすさのサイトを構築してくれます。

オウンドメディアの肝となるコンテンツも、委託会社では専門的な知見とノウハウにより、SEO対策を踏まえたクオリティの高い内容を期待できるでしょう。

キーワードの選定やアクセス解析などもお手の物ですので、望む通りのオウンドメディアが運用できるようになります。

 

オウンドメディア運用を委託するメリット 他社の事例や業界の最新情報を仕入れやすい

委託会社を活用する大きなメリットが、他社の事例やオウンドメディアの考え方・ノウハウを教えてもらえることです。

業界内の情報も、リリースされる前の最新のものを仕入れることが可能になります。

そのため、自社で運用することが可能だとしても、あえて委託会社を利用して業界の最新トレンドをキャッチするという方法もありでしょう。

1つの委託会社だけでなく、役割に応じて複数の委託会社を活用するのも1つの方法です。

 

オウンドメディア運用を委託するメリット 専門家の客観的な判断を仰げる

オウンドメディアの運用経験が少ないと、自社では判断できないポイントも出てくるはずです。

そんな時、専門的な知見を豊富に蓄積する委託会社は大きな味方になってくれます。

オウンドメディアを構想する際、抽象的で曖昧な内容になりやすいのが経験の乏しい企業の弱点です。

テーマが明確でないまま記事を発信し続けてもユーザーにはアプローチできません。

その点、経験豊富な委託会社に客観的かつ効果的な提案をしてもらえれば、今後、自社で運用することになった場合にもその知見を活かせます。

 

オウンドメディア運用を委託するデメリット

続いて、オウンドメディアの運用を外部委託することで考えられるデメリットについても確認しておきましょう。

 

オウンドメディア運用を委託するデメリット 費用がかかる

外部の会社に委託するわけですから、当然ながら費用が発生します。

オウンドメディアの場合、通常のサイト制作よりも専門的な知識やノウハウが必要であるため、依頼する内容によってはかなりの費用がかかることもあるでしょう。

テンプレートのデザインを使用するような会社なら数万円程度の費用に抑えることも可能です。

一方、委託会社に完全オリジナルで制作してもらう場合、数10万円から数100万円にも上ることがあります。

費用の安い委託会社は予算の少ない場合に便利ですが、細かい要望を反映してもらえないなどのデメリットが考えられます。

1から製作してくれる委託会社では、こちらの要望をかなり忠実に反映してくれますが、それ相応に価格が上がるのは致し方ありません。

 

オウンドメディア運用を委託するデメリット ノウハウの蓄積が難しい

委託会社を選ぶ際は、将来的な内製化の相談に乗ってくれる会社を選ぶとよいでしょう。

なぜなら、オウンドメディアに限りませんが、業務を外部に委託するということは、その業務に関してのノウハウが自社内に蓄積されにくくなるからです。

将来的に自社での運用を考えるのなら、委託先への丸投げはやめましょう。

丸投げによって、オウンドメディアを新しく作ったり、横に展開したり、仕様を変更したりというたびに委託会社の力を借りなければならないのは大きなデメリットです。

 

オウンドメディア運用を委託するデメリット 企業のオリジナリティを十分に出しにくい

オウンドメディアで何よりも重要なのかオリジナリティです。

外部に委託する場合、この点が最大のネックとなります。

オウンドメディアの委託会社はこの分野に関しての専門家です。

しかし、あなたの企業やその製品サービスについて深い知識があるとは限りません。

情報共有が不十分だと、あなたの企業にしかない独自の強みやスタンス、カラーが十分に反映されないことも考えられます。

それを防ぐには、依頼時はもちろん契約中は常に十分なコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

オウンドメディア運用を委託するデメリット 緊急時に対応が遅れる

オウンドメディアの運用を外部に委託すると、緊急対応が遅れることが考えられます。

たとえば、公開したサイトに著作権上問題のある画像が掲載されていたり、外部から削除要請があったりした場合に、委託会社の担当者とすぐに連絡が取れないような場合です。

完全に丸投げするのではなく、ある程度は自社ですぐに対応できるよう体制を整えておく必要があります。

 

オウンドメディア運用を委託する際の注意点

続いて、オウンドメディアの委託会社を決める前に注意しておきたいことをお伝えします。

 

運用目的とターゲットを明確に

オウンドメディアで重要なのは、何のために運用するのか、その目的を明確にすることです。

始動してから紆余曲折があったとしても、この根本の目的さえ明確であれば、軌道修正は可能です。

特に、ターゲットが誰なのかをブレずに持つことで、方向性がわかりやすくなります。

製品やサービスの購入を促すのか、会員登録者数を増やすのか、企業によって目的はさまざまですが、委託会社に依頼する前に明確にターゲット設定しておくことが大切です。

 

ユーザーファースト

オウンドメディアでは有益な情報を発信することが大切ですが、その情報が、ユーザーが本当に必要としている情報なのかということには注意しなければなりません。

自社にとっては貴重な情報でも、ターゲットとなるユーザーの目線に立てていないと、思うように訴求できないことになってしまいます。

委託会社によっては、豊富な知見とノウハウをもとに客観的に意見してくれるところもありますが、自社でもユーザー目線ということは気をつけておきたいところです。

 

すぐに成果を求めない

オウンドメディアを委託して素晴らしいサイトが立ち上がっても、すぐに成果を求めようとはしないでください。

オウンドメディアとは、記事を増やして徐々に検索でヒットするようにして、来訪するユーザーが徐々に増えていくという媒体です。

自社サイトに訪問してくれるユーザーが増えても、そこから優良顧客になって、継続的に自社の製品やサービスを購入してくれるようになるまでには時間がかかります。

効果が出るにはコンテンツが最低100は必要とされていますので、オウンドメディアの成果は年単位の長いスパンで考えましょう。

 

オウンドメディア運用の委託先を選ぶポイント

オウンドメディアの委託会社を選ぶ時に気をつけたいポイントをお伝えします。

 

これまでの実績

まずは実績を重視しましょう。オウンドメディアの制作を請け負う会社はたくさんありますが、業界やターゲットによってコンテンツの内容が変わるため、自社の求めるものに近いオウンドメディアでの実績があることが何よりも大切です。

 

その委託会社のオウンドメディアをチェック

その委託会社の運営するオウンドメディアを見ると、依頼した時の完成品の質が判断できます。

デザインはどうか、わかりやすい構成なのかといったことをチェックしつつ、コンテンツの中身もチェックして、自社のオウンドメディアもこのようにしたいというイメージの一致ができていることが理想的です。

 

見積もりを細かくチェック

オウンドメディアの委託費用は委託会社によってさまざまです。

初めての依頼では、何にどのような費用がかかるのか判断しにくいこともあるでしょう。

そこで大切なのが、詳細な見積もりを出してもらうことです。

見積もりに曖昧な項目がないかチェックして、あるようなら詳細な内訳を教えてもらい、しっかり納得してから契約するようにしてください。

 

アフターサービスは充実しているか

オウンドメディアは制作するだけでなく、その後の運営が大切です。

成果が現れるまで年単位の時間がかかるのが普通ですから、それだけ長く付き合える会社なのかどうかを見極めなければなりません。

その見極めのポイントの1つに、アフターケアの充実度があります。

契約が終わったと同時にオウンドメディアがストップしてしまうことがないように、自社での運用をサポートしてくれるようなサービスがある業者が理想です。

 

おすすめのオウンドメディア運用委託サービス

最後におすすめのオウンドメディアの委託会社を紹介します。

オウンドメディアの運営のための人材が自社に不足している、コンテンツマーケティングの戦略を一緒に考えてほしいなど、目的に合わせて適切な会社を選びましょう。

 

HELP YOU

HELP YOUTOP

HELP YOUは、採用率1%の難関をくぐり抜けた優秀なスタッフがチームを組んで、顧客に代わってさまざまな業務に取り組んでくれるサービスです。

オウンドメディアの立ち上げ、ブランディング、コンテンツの投稿、アクセス分析など、必要な工程をすべて委託できます。

https://help-you.me/

 

株式会社PLUSIDEA

株式会社PLUSIDEAは、コンテンツマーケティングの支援に実績のある委託会社です。

さまざまなジャンルのオウンドメディアの運用代行実績があり、競合分析やコンテンツの設計、SEO対策、良質な記事の継続的の投稿までトータルで支援してくれます。

https://plusidea.co.jp/

 

フュージョンコア株式会社

フュージョンコア株式会社は、製造業、不動産業、クリニックなどに豊富な実績を持つ会社です。

スマホやタブレットでのデザインにも対応しており、ページ複製やSEO対策機能などオウンドメディアの操作性にも力を入れています。

https://www.fcore.jp/

 

株式会社ミライスタート

株式会社ミライスタートは、さまざまな企業のコーポレートサイトや、ポータルサイト、ECサイトなどの制作実績が豊富な委託会社です。

自社でも複数のオウンドメディアを運営しており、そのノウハウを活かして、テンプレートを使った格安のWeb制作が可能なプランも用意しています。

http://www.miraistart.com/

 

まとめ

自社にノウハウが構築されているのであれば、オウンドメディアは自社で運営した方が効果的でしょう。

しかし、それだけのリソースを備えた企業は多くありません。

そこで役立つのがオウンドメディアの委託です。これまで見てきたように、オウンドメディアの運用の代行にはメリットもデメリットもあります。

成果を出すための手段として業務委託を選択するのは素晴らしいことですが、大切なのは完全に丸投げしてしまわないことです。

どこまでを委託し、どこまでを自社で行うのかを見極めるのも大切になります。

その際、委託会社にも意見してもらいながら、一緒に戦略を考えていくとよいでしょう。

委託会社には専門的な知識とノウハウが蓄積されていますので、しっかりコミュニケーションを重ねれば効果の期待できるオウンドメディアを運用していけるでしょう。

社員の生産性向上で業績もアップ

煩雑な事務作業はまるごとご依頼ください


間接部門・バックオフィスは、企業成長を支える重要な部門。
ですが、多くの企業さまが

「バックオフィス担当者の採用ができない」
「経理作業を別担当者が兼任している」

といった人材不足に直面し、
今ある労働力を最大化し、社員・会社全体の生産性を最大化するには
事業規模拡大・新規事業創出のために、正社員のリソースを如何に確保するか
といった課題を抱えています。





バックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)のアウトソーシングに焦点を当て、
・事務作業アウトソースのメリット
・生産性向上の秘訣
・業務効率化事例


を公開します!
今回の資料が、貴社生産性向上・事務作業効率化の一手段として、参考になれば幸いです!