オウンドメディア運用をアウトソーシング!効果的な外注をご紹介

「オウンドメディアを運用したいけど、自社にはスキルも知識もない」
「運用して情報発信しているけど、効果が感じられない」
そのようなお悩みを抱えている企業は多いのではないでしょうか?

しかしオウンドメディアを最適な方法で運用し、認知度アップや売上げ向上となり、成功している企業もあります。
成功手段の一つとしてオウンドメディアのアウトソーシングがあることはご存知でしょうか?
アウトソーシングはクオリティの高い制作と継続的な更新が可能となるため、多くの企業で有効な手段となっています。

ここではオウンドメディアの運用をアウトソーシングすることで生じるメリット、デメリットをご説明し、アウトソーシングする際の注意点と外注先の選定ポイント、さらにはおすすめしたいサービスをご紹介します。

オウンドメディアとは

オウンドメディア(Owned Media)とは自社が所持する媒体のことで、広義では自社のコーポレートサイト、メールマガジン、ブログ、会社案内のパンフレットなどを指します。

このオウンドメディアのうち狭義であるウェブマガジンや、ブログなど自社が情報発信するwebサイトが、スマートフォン利用者が増加しSNSが普及したため、近年注目されています。

ではオウンドメディアの運用が注目されているのは何故でしょうか?
オウンドメディアを運用する目的には次の2点があげられます。

・認知度の向上
ユーザーに必要な情報をオウンドメディアで発信することでユーザーがサイトに接触する機会が増え、商品やサービスを知ってもらうことができます。

・ファンの獲得
ユーザーに有益な情報をオウンドメディアで提供し続けると、ユーザーがサイトのファンになり、最終的には商品やサービスを利用する顧客につながります。

上記2点の目的達成は顧客を継続的に獲得することに繋がり、商品やサービスのファンになってもらい、購買を繰り返す顧客となるため、売上の向上が見込めます。

この目的達成の手段として、オウンドメディア運用のアウトソーシングが大変有効であるため、外注する企業が増加しています。

オウンドメディア運用をアウトソーシングするメリット

オウンドメディアの運用をアウトソーシングする場合、次の3点がメリットとして期待できます。

・コンテンツの定期的な更新
・コンテンツのクオリティの高さ
・ノウハウの補填

この3点について詳しく述べることにします。

コンテンツの定期的な更新

オウンドメディア運用をアウトソーシングすると、外注先の企業はコンテンツの更新を定期的に行ってくれます。
コンテンツの更新はオウンドメディア運用で重要な業務です。

なぜならユーザーの求める情報を記事で書いても、継続性がない場合、ユーザーがサイトを閲覧する回数は減少します。
サイトの閲覧数が減少すると自社や商品、サービスの認知度は下がり、新規顧客・リピーターの獲得につながりません。

外注先の企業は、有益な情報を盛り込んだコンテンツの更新を定期的に行ってくれるので継続性のあるオウンドメディア運用を行ってくれます。

 

コンテンツのクオリティが高い

オウンドメディアのコンテンツ制作をアウトソーシングすると、コンテンツのクオリティは高くなります。
それは専門的な知識とスキルを持つスタッフが制作を行うためです。

専門性の高い記事、サイトのデザイン制作と運営には、相応の知識と経験が必要となります。
アウトソーシング先の企業は知識と経験を活かし自社に最適で質の高いコンテンツの制作から運用までを行ってくれます。

 

ノウハウの補填

オウンドメディア運用を外注先にアウトソーシングすると、自社に不足している運用ノウハウを補うことができます。
ユーザーの集客と維持をするためには、web、マーケティング、企画、制作、管理など様々なノウハウの活用が求められます。
しかしノウハウが不足していると、オウンドメディアの運用がうまく回らず、成果を生み出さないコスト事業になる可能性があります。

そこでアウトソーシングを活用すると自社の不足している運用ノウハウを補うことができるので、有効な手段となります。

オウンドメディア運用をアウトソーシングするデメリット

ではオウンドメディアを運用することでどのようなデメリットが発生するのでしょうか?
考えられるデメリットには次のようなものがあります。

・運用費が高い
・自社の独自性が出せない
・ノウハウの蓄積ができない

これらのデメリットについてご説明します。

運用費が高い

オウンドメディア運用をアウトソーシングすると、運用費が高くなる可能性があります。

自社で人員を雇用し、内製化する場合でも人件費は発生しますが、質の高いコンテンツの制作や運用を依頼すると費用は上がるため、内製化よりも運用費が高くなるかもしれません

コストを抑えつつ外注したい場合は、コンテンツ制作のデザインは外注し、記事の制作と更新は自社で行うといった、一部をアウトソーシングする方法で外注するといいでしょう。

自社の独自性が出せない

アウトソーシングをすることで、自社のオリジナリティが活かしきれないコンテンツになる可能があります。

このような事態を防ぐために、外注先の企業と綿密な打ち合わせを行い、自社の情報、求めるコンテンツ内容を正確に伝えましょう。
自社のオリジナリティが活きたコンテンツの制作が可能となります。

 

ノウハウの蓄積ができない

アウトソーシングをするということは、自社で運用しないことになるのでノウハウの蓄積はできません。
そのため自社で運用する状況になった場合、どのように進めれば良いかわからないので難易度が高くなり、良いコンテンツを制作することができず、結果的にまた新たにアウトソーシングすることになってしまう可能性があります。

コンテンツの企画や編集は自社でおこない、トータルして外注することを防ぐなど、一部を自社に残すことでノウハウの蓄積をするようにしておくのがおすすめです。

 

オウンドメディア運用をアウトソーシングする際の注意点

オウンドメディア運用をアウトソーシングする場合、次の2点に注意する必要があります。
注意点を詳しく述べましょう。

 

アウトソーシングする内容

オウンドメディア運用をアウトソーシングする際は、委託する内容に注意する必要があります。
仮に全ての運用を外注した場合、最適で効果のある運用ができるかもしれません。

しかし費用が高騰する、ノウハウが自社に蓄積されないといったデメリットが発生します。
自社に最適な運用ができるようするために、必要な業務のみ外注するなど、アウトソーシングする内容に注意するといいでしょう。

 

自社の情報を共有する

アウトソーシング先の企業と、自社の商品やサービス、会社情報など、オウンドメディア運用に必要な情報を共有できているか注意しましょう。
不正確な情報の共有は、コンテンツに正確に反映されず、ユーザーが求める有益な情報を伝えられない可能性が発生します。

ユーザーにとって魅力的でないコンテンツは閲覧数の減少となり、購入が見込める顧客を逃すこととなります。
外注先の企業と密接な打ち合わせをし、正しい情報の共有をおこないましょう。
また、コンテンツの内容が自社の求めるものであるか、最適なものかを確認することも重要です。

 

オウンドメディア運用のアウトソーシング先を選ぶポイント

オウンドメディアの運用をアウトソーシングする際に、外注先の企業を見極めるポイントは次の3点が考えられます。
・専門のスタッフ
・業界での実績と経験
・制作後の対応
この3点についてくわしくご紹介します。

 

専門のスタッフ

オウンドメディアを運用し、ユーザーの集まるコンテンツを制作するには、webディレクター、ライター、デザイナー、エンジニアなど専門性の高いスタッフが必要となります。

外注先の企業を選択する際には、こういった職種のプロがいる企業を選びましょう。
スタッフのレベルが高く、しっかりとした体制で管理している企業は、質の高いコンテンツの制作と運営を可能とします。

 

業界での実績と経験

自社の業界での実績があることは外注先の企業を選択するポイントになります。
業界の実績と経験がある企業であれば、これまでのノウハウが蓄積されているため、成果が期待できます。

また業界の知識が豊富であるため、ユーザーの求めている情報を最適な方法で発信することを可能とします。
自社の業界での実績と経験があるかどうか、外注先を選定する際に確認しましょう。

 

制作後の対応

オウンドメディアの運用をアウトソーシングする場合、外注先の企業が制作後の運営もきちんと対応してくれるか見極める必要があります。
オウンドメディアの運用は成果が出るまでに期間を要し、方向性の確認や見直しを何度も行うことが必要です。
成果に至るまで何度も打ち合わせを行い、的確に対応できる企業であるかどうか見極めましょう。
制作後の運営を丁寧に行ってくれる企業であることは、アウトソーシング先の企業を選ぶポイントとなります。

 

おすすめのオウンドメディア運用アウトソーシングサービス

HELP YOU

https://help-you.me/

HELP YOUTOP

HELP YOUは専属のディレクターが顧客のヒアリングを行い、採用率1%の専門のスキルを持ったアシスタントがチームを組み、オウンドメディアの運用を行います。
各分野のプロが制作や運営にチームで対応するため、クオリティの高さには定評があります。
また専属のディレクターが窓口となり、統率のとれたチームで業務を遂行する体制は、顧客に安心感を与えているため信頼度が高いです。
オウンドメディアのコンテンツ制作から運用まで、トータルして継続的にアウトソーシングしたい企業にはおすすめのサービスです。

 

株式会社イノーバ

https://innova-jp.com/

独自で開発したコンテンツマーケティング運用ツールである「クラウド・シーエムオー(Cloud CMO)」は多機能でありながら、低コストであることが特徴で、顧客からの評価が高いです。
またSEOのコンテンツ制作やサイトの制作も行い、BtoBビジネスマーケティングを得意としています。
BtoBビジネスを行う企業で、オウンドメディア運用のノウハウや知識がない企業に適したサービスといえます。

 

株式会社SAL

https://www.sal.ne.jp/

webマーケティングを得意としたホームページ制作会社で、オウンドメディア展開を考えたコンテンツの制作から運用支援までを可能としています。
制作実績も豊富で、「リサーチ」「ヒアリング」「提案」に力を入れ、顧客の目的や予算に合わせたプランを計画し、サービスを提供しています。
オウンドメディアの運用に力を入れたい、戦略的な設計から、制作、運用まで専門家の知識を盛り込んだ質の高いオウンドメディアの運用をお考えの企業に最適なサービスでしょう。

まとめ

多くの企業が注目しているオウンドメディアの運用は、自社の商品やサービスの認知度を上げ、ユーザーをファンにし、継続的な顧客獲得を可能にします。

しかしオウンドメディアの運用には、専門知識とスキル、経験とノウハウが必要となり、自社で継続して行うには困難な業務といえるでしょう。
しかし外注先の企業はそれらを持ち合わせているため、クオリティの高いコンテンツを制作し、効果的なオウンドメディアの運用を行ってくれます。

自社のオウンドメディア運用に不安がある、効果が実感できない場合は、アウトソーシングでプロの力を借りてみてはいかがでしょう?
また顧客の獲得が実感できる、効果的なオウンドメディアの運用をするために、自社に適切なアウトソーシングサービスを選び、賢く活用しましょう。

オンラインアシスタントについて相談/お問い合わせ