経理をアウトソーシングして時短! 導入の留意点とおすすめの会社3選

重過ぎる経理業務、何とかしませんか?

日々の本業に追われ経理業務まで手が回らない、専門知識のある経理担当者がいないまたは辞めてしまう、専任を雇うほどの経理業務が日常的にあるわけではないなど、会社の中で経理業務が十分できない理由はたくさんあります。

しかしながら、経理は会社の財務管理に直結する重要なファクターであるため、決しておろそかにしてはいけません。多くの経営者はその重要性を理解しつつも、質の良い経理業務を行うことができず苦労していることでしょう。

このようなジレンマを解消させるために、経理のアウトソーシングを上手に利用し重過ぎる経理業務を減らす検討をしましょう。

<概要>

・経理をアウトソーシングすることとは

・アウトソーシングすることのメリットとデメリット

・アウトソーシングを導入する際の留意点

・お勧めの経理アウトソーシング会社

経理をアウトソーシングする意味

なぜ、会社経営に必要不可欠な経理を自社から手放してしまうのでしょうか?

大きな原因として、社内で経理の担い手が確保できないことがあげられるでしょう。経理は、専門知識が必要となる上に、法改正に伴いその都度知識を更新していかなければならりませんし、そういった人材の育成、引継ぎは大きな負担となるでしょう。そのうえ、経理上から見た会社の税務状況を把握できる、デリケートな立場の人材となります。

そういった社内機密に立ち入らせられる優秀な人材を安定して確保することは難しく、社長自らすべて行うのも無理があります。

経理業務をアウトソーシングするのは、

・自社内で完結しがたい経理業務の負担を減らすため

・従業員に左右されない安定した経理業務の構築のため

だといえるでしょう。

経理をアウトソーシングするメリット

それでは、実際に経理をアウトソーシングするメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

1.人件費の節約.

経理をアウトソーシングすることによって期待できることの一つに”人件費の削減”があげられます。社内で経理担当者を育成するコスト、急な退職による引継ぎ等の突発的な事態に対する危機コストを大幅に減らすことができます。

また、時期によって業務量の増減の多い経理業務に合わせ人員を手配する必要がなく、全体の経理業務の量に合わせアウトソーシングすれば、効率よくコストをかけることができます

2.社員による不正や情報漏えいの防止

本来あってはいけないことではありますが、社内の経理業務が経理担当者1人もしくは少人数で行う密室経理ですと不正などが心配されます。その点、アウトソーシングでは、数値のチェックのフローも整っており、業務を請け負う側と頼む側の、両方のチェックが入るので不正が起こりにくくなります。また、ビジネスとしての付き合いですので、契約にのっとた正しい処理が期待できます

さらに、社内の従業員の給与などの個人情報を一社員がすべて把握してしまう状態を避けることができます。

3.専門知識を持つ専門家によるアドバイスが受けられる

経理のアウトソーシングを請け負う会社の多くが、経験豊富な経理の専門家を何人も有し代行業務にあたっています。

経理の専門家が経理業務を自社の代わりに行うことによって、毎年変化する法改正への社会保険や申告書等の対応、税法上にのっとった節税対策など、専門家ならではの観点からのアドバイスを受けられます

4.本来の事業に専念できる

経理をアウトソーシングしてもっともよい点は、本来の業務に集中できることです。

帳簿を付けたり、売掛金買掛金の管理をしたり、給与明細表を作ることは、外部の代行者でも可能ですが、そこから導き出される会社の経営状態を把握し、これからの会社運営の方針を決める”本来すべき業務”は代行してもらうことはできません。

本来の業務に注力し、会社をより成長させるのは自社の社長と従業員に他なりません。

経理をアウトソーシングするデメリット

アウトソーシングには様々なメリットがありますが、当然デメリットもあります。この、めメリット、デメリットを踏まえ、経理のアウトソーシングをどのようにどこまで進めるかの判断が経理の効率化の胆となるでしょう。

1.迅速な対応ができない

契約状況にもよりますが、アウトソーシングに任せると、実際の業務運営にたいする対応のタイミング遅れることがあります。

また、社内に経理担当者がいればすぐすむような突発的な事態の急な対応が難しい場合が起こりえます。

2.社内に経理ノウハウの蓄積ができない

自社内の一人の従業員に専門知識と経理を集中させるリスクを避け、アウトソーシングを行うので、当然ながら社内における経理ノウハウの蓄積は期待できません

3.代行業者の倒産・契約解除

信頼できる代行業者と契約が続けれれば言うことはないのですが、代行業者の倒産や社長同士の関係の悪化、実情と契約内容がずれてきたなどといった、何らかの理由で契約解除する事態になった時いずれかの選択を行なう必要があります。

■社内で経理担当者をもつ

・経理専任者を育てる→業務を行なえるまで時間とコストがかかる

・経理経験者を求人募集→こちらの望むような人が来るとは限らない

■他の代行業者に頼む

・1から業者選定から引継ぎのやり直し

いずれにしても、契約が終了してしまう業者から、円滑に経理業務の引き継ぐがなされなければ、やはり自社の経理ノウハウを失ってしまうのです。

経理をアウトソーシングする際の注意点

実際に自社の経理業務をアウトソーシングする際には、注意しなくてはならない点がいくつかあります。以下に示すような点に留意しながら、本当に信頼できるパートナー会社を探しましょう。

1.経理の品質がコントロールできなくなる

外部に委託するため、情報共有が適切に行われなければ、こちらが望むような経理業務を行ってもらえない可能性があります。経理業務の品質は、代行業者によって異なるのでどこまでのレベルを求めるのかの見極めが必要となるとともに、こちらの要望を汲み取ってくれる信頼のおける代行業者を見つけられるかが重要となります。

2.契約状況によってはコストが増えることがある

経理のアウトソーシングに伴い、経理の品質が上がるとともに、経費業務にかかるコストが上がることがあります。経理の品質を上げ、財務管理をよりよくするための費用として考えるかどうかの検討が必要となります。

3.代行業者の経理業務のレベル

依頼する経理代行社は、少なくとも自社よりも経理業務のレベルが上でなければ外注する意味がありません。ましてや、売掛金などの重要な勘定項目をたびたび間違えたりしているような代行業者では安心して任せられないからです。

4.情報漏えいに対する対策

経理を社外にアウトソーシングするには、会社の様々な財務情報を代行業者に開示することになります。会社経営の状態、取引先、従業員の個人情報など、外部に漏らされると、会社に損害を与える危険性もあります。

5.導入時の運用トラブル

アウトソーシングは、導入後の運用がうまく行かないと、リソース削減・コスト削減のメリットは少なく、成果とは呼べません。

運用開始時のトラブルをいかに最小限に抑えるかが導入成功のカギとなるでしょう。この、トラブルを抑えるために、自社の要望と最終目標を明らかにし、代行業者と密に連携をとらなければなりません。

おすすめの経理アウトソーシング会社

HELP YOU

【料金】 80,000円~(30時間/月)

業務内容、業務件数によらず、時間単位での契約になります。また、経理以外の業務も請け負ってもらえるので、自社の実情に合わせ、経理業務に20時間、人事や採用業務に10時間などといった組み合わせ利用が可能です。

【特徴】

対応スタッフは採用率1%をクリアした優秀な人材のみ!

オンライン業務が中心となるため、全国各地より優秀な人材を確保することが可能。様々な専門のスペシャリストが在籍しています。

チーム制の体制をとり、迅速で柔軟な対応が可能に!

専属ディレクターが窓口となり、それぞれの専門分野のスペシャリストに業務の振り分けを行ないます。チーム制をとっているので、1人ではサポートしきれない業務の隙を互いに補完して自社の業務に穴が出ないようフォローしてくれます。

専属ディレクターが経理ノウハウの蓄積を行う!

窓口となっている専属ディレクターが、一緒に業務を進める中で得たノウハウを蓄積・改善を行ってくれます。

 

 

NOC

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

NOCは30年 1,000社の実績がある「日本のアウトソーシング会社」で、経理のみならず総務や人事などといった管理部門の総合アウトソーサーです。

【特徴】

導入時の綿密な事前調査

導入時の綿密な事前調査を行い、お客様のニーズとゴールを明確にし、お客様視点で運用が可能なものか、アウトソーシングを導入するメリットがあるのかを数値で算出してくれます。

専属担当者

その会社ごとに担当者が決まっており、担当者が責任をもって請け負った業務を調整し各セクションに支持を出します。

アウトソーシングの3つの柱

30年間アウトソーシング会社を続けてきた老舗ならではの「業務ノウハウ」

業務を進めるための安定性の高い技術の「システム」

長い業界経験を持つ「スペシャリスト」

この3つの柱をもとに業務に当たってくれます。
 

辻・本郷 税理士法人

多様なニーズに対応するため各専門分野別に特化した専門チームを編成してています国内最大規模の税理士法人です。顧問先企業数12,000社を超える豊富な経験と実績、プロフェッショナル集団としての組織力があり、満足できる最高水準のサービスが期待できます。

【特徴】

北海道から沖縄まで全国に拠点がある

総社員数約1,600人を有し、顧問先数 約12,000件を超える実績ある安定のアウトソーシング会社といえます。必要となれば自社訪問も対応可能なので、オンラインだけのやり取りでは不安な方にはお勧めです。

様々な業種・法人に対応可能

多くの顧問先を持つので、様々な業種・法人に対応が可能です。今までの、実績の中からのノウハウの積み立ても多いですので、それぞれの業種形態・法人形態に合わせたより的確な経理業務が期待できます。

より専門的なコンサルティングが可能

経理業務のみならず、相続や事業継承・再生といった、より会社経営に踏みこんだ相談を行なえ、それに即したサポートが受けられます。

アウトソーシング会社の決め方

経理業務をアウトソーシングする際に、考慮に入れるべきは次の3つの要点だといえます。

作業範囲

・記帳代行のみのか経理全般を依頼するか

・経理や会計だけでなく財務関連の業務も依頼するか

見込みたい効果

・効率化による人件費の削減したい

・経理専任者に左右されないよう経理業務の安定化をしたい

・作業の負荷を軽減し本来の業務に集中したい

・より良い会社経営のために経理業務を改善・再構築したい

作業実施場所

・常駐、または月に数日来社して業務を行ってほしい

・業務の一部、または全てを社外で行っても構わない

何をどこまで頼むのかの線引きを行い、コストと自社の要望との兼ね合いを考慮して、自社に合ったアウトソーシング会社の選定を行いましょう。

まとめ

初めて経理業務をアウトソーシングすることは、業者の選定から、下準備や下調べ、打ち合わせなど正直大変なことだと思います。しかしながら、このアウトソーシングを行うことによって、以後の経理業務の負担が減り、経理の質が向上するのなら前向きに検討するべきでしょう。

一度に全てを任せるのが不安なら、まずは、比較的簡単ながら仕事量の大きい記帳代行からお願いしていき、徐々に委託業務の量を増やしていく方法も、1度にかかる準備の負担や不安が少なくて良いかもしれません。

上手にアウトソーシングを利用し、経理業務にかかる重荷を減らしませんか。

それで本来のするべき業務に安心して集中できるのです。

間接部門をコストセンターから脱却させる3ステップ!生産性向上のヒントを公開

貴社の 生産性向上診断付き!
Saasツール導入とアウトソース化による生産性向上事例


日本企業が抱えている「生産性」の停滞、人手不足といった問題。
2030年には日本全体で約700万人の人材不足が予測されています。
そうした状況の中でも伸びている会社とはどういう会社なのか。

「今ある労働力をどう最大化させるか」「新しい労働力をどう確保するか」の観点からどうすれば伸びる会社となるのか、具体的な取り組みをご紹介します。



今回は間接部門と言われるバックオフィス業務(総務・人事部門、経理部門、調査部門、研究開発部門、顧客管理部門など)に焦点をあて、

・業務のアウトソース
・ITツール導入による業務の効率化・情報のデータ化
・雇用形態の多様化を導入

のステップで間接部門の生産性向上を図る取り組み例をご紹介します。

今、注目されている生産性向上の一手段として、参考になれば幸いです!