アウトソーシングとは?派遣との違い、メリットデメリット

「人手が不足している」「コストを削減したい」…
そうした課題を解決するために、近年アウトソーシングへの注目が高まっています。アウトソーシングとは、業務を社外の企業・個人に委託する経営手法を指します。
では、同じように社外の人材に業務をまかせる派遣とは、具体的にどこが違うのでしょうか?今回は、アウトソーシングと派遣の違い、メリットやデメリット、また、それぞれに向いている企業やおすすめの会社を紹介します。

アウトソーシングと派遣の違い

まずアウトソーシングの場合は、業務そのものをアウトソーシング会社(アウトソーサー)に委託します。アウトソーサーは、自ら雇用したスタッフに指示を出して業務を遂行します。
一方派遣は、派遣会社から自社へ派遣されてきたスタッフが業務をおこない、指示は自社スタッフが行います。
そのため、アウトソーシングとして契約したスタッフに、自社スタッフが指示を出してしまうと「偽装請負」として問題になることもあるので注意が必要です。

次に業務内容における違いを見てみましょう。
アウトソーシングの場合は基本的に業務上の制限はありません。
一方派遣の場合は、港湾運送業務、建設業務、警備業務のほか、弁護士・外国法事務弁護士・司法書士・管理建築士などのいわゆる「士」業務が禁止されています。
(ただし、公認会計士、税理士、弁理士、社会保険労務士、行政書士等の業務では一部で労働者派遣は可能です)
参考:社団法人日本人材派遣協会サイト

このような点が、アウトソーシングと派遣の大きな違いといえるでしょう。

アウトソーシングのメリット

コア業務に集中できる

自社社員が、誰にでもできるようなルーチンワークで時間をとられていませんか?そうしたルーチンワークをアウトソーシングすることによって、社員の時間やエネルギーをコア業務に回すことができます。

専門領域の業務を依頼することができる

頻繁に法令や制度が改訂されるような煩雑な業務も、アウトソーシングすることができます。たとえば税務や労務関連の仕事は外部の専門業者に委託することによって、常に最新の情報のもとに処理してもらうことができます。

スタッフの離職や休職による生産性低下を防げる

自社スタッフが離職や休職をすると、多かれ少なかれ担当していた業務に影響が出るものです。そして代わりの人員を補充するのに手間やコストがかかります。しかし、アウトソーシング企業に委託しておけば、そのようなリスクを避けることができます。

アウトソーシングのデメリット

自社にノウハウが蓄積されない

業務をアウトソーシングすると、細部のノウハウが自社に蓄積されにくくなります。たとえアウトソーシング業者が自社内に常駐する形をとっていても、細かいところに目が行き届かなくなるデメリットは考えておかなければなりません。自社の担当者と委託先との間で、どれだけ情報の共有を図っていけるかが課題となるでしょう。

アウトソーシング担当者のコスト

委託先との情報の共有化や、委託を始める際の業務のマニュアル化には手間と時間がかかります。そうしたコストと、アウトソーシングをして得られるメリットとのバランスを見極めることが大切です。

派遣のメリット

一人から時間単位で頼める

業務量が丸ごと外部に委託するほどではない場合、一人から時間単位で頼める派遣は便利なサービスです。いくつかの細かい作業も組みあわせて頼むことができるので、アウトソーシングに比べると導入しやすいと言えるでしょう。

作業の質を、その場でチェックできる

派遣スタッフの指導を自社社員が直接おこなえるので、業務の質をその場でチェックすることができます。また、派遣スタッフからの質問にも直接答えることができ、効率よく業務を進めることができます。

情報セキュリティを管理下における

派遣スタッフの作業環境を常に把握できるので、情報セキュリティにも目が行き届きます。その結果、情報漏えいを防ぐことができます。

派遣のデメリット

派遣スタッフの事情で辞めることもある

家庭の事情などで、派遣スタッフが契約途中で辞めることもあり得ます。派遣会社側はすぐに後任スタッフを選び、業務の引き継ぎ作業に入りますが、新スタッフが慣れるまでには多少の時間がかかると考えておいたほうがよいでしょう。

派遣期間は基本的に3年まで

2015年の派遣法改正により、一人の派遣スタッフが同じ部署で勤められるのは3年までとなりました。引き続きそのスタッフに働いてもらいたい場合は、正社員・契約社員・無期雇用派遣社員など、雇用形態を変えなければなりません。人件費抑制のために、その後も派遣を使いたいとなると、慣れたスタッフの契約は終了させ、新しいスタッフを迎え入れることになります。その引継ぎの際に、業務が遅滞することが考えられます。

派遣スタッフの契約期間中は、派遣先から解除できない

派遣スタッフの最低契約期間は31日ですが、派遣されてきたスタッフの質に問題があった場合でも、派遣先の方から途中で契約解除はできません。同じ派遣会社を通してであっても、31日の間に別のスタッフへの交代を頼むことはできないのです。

アウトソーシングを使うべき企業

ここでは、特にオンラインのアウトソーシングを使うべき企業について見ていきましょう。

立地的に、社員・派遣ともに思うような人材が集められない場合

もともとの労働人口が少ない地域にある企業は、昨今の少子化もあり、人材を確保するのが困難を極めます。その場合、オンラインのアウトソーシングを使えば、業務に必要なマンパワーを補うことができます。

オフィスが狭くて、人や備品を増やせない場合

労働人口の多い地域であっても、オフィスが狭いためにこれ以上のスタッフや机などの備品を増やせないといったケースもあることでしょう。その場合、オンラインのアウトソーシングを使えば、今の社屋のままで人手を増やすことができます。

起業して間もない場合

スタートアップして間もない企業の場合、バックオフィス担当者を雇う余裕がないかもしれません。オンラインのアウトソーシングなら、経理や総務だけ委託するといった使い方も可能です。

派遣を使うべき企業

アウトソーシングを頼むと割増料金がかかってコスト高になる場合

業務が非定型的でマニュアル化しづらいと、アウトソーシングにすると割増料金がかかって、かえってコストが高くなることがあります。そのような場合は、派遣を使った方がよいでしょう。

1人の派遣スタッフで、いくつもの業務をこなせる場合

一つ一つの業務量が小さく、1人がいくつもの業務をまとめて行った方が効率的な場合は、派遣の方がコストが低くなります。

自社スタッフの配置転換が困難な場合

アウトソーシングすることによって、それまで担当してきた自社スタッフが部署に必要でなくなることがあります。その際、配置転換させる適切な部署がないと、当人のモチベーションや社内の雰囲気に問題が生じてきます。そのような場合には、派遣を使った方が良いでしょう。

代表的なアウトソーシング会社

HELP YOU

弊社が運営するHELP YOUは、経理や総務から採用、資料作成などの営業サポートなど幅広い業務を代行しています。
採用率1%の試験をクリアしたノウハウも経験もある優秀なオンラインアシスタントがあなたをサポートします。
また、複数の業務を依頼する場合でも、窓口に専属ディレクターを任命するので、あなたがアシスタント一人一人に説明する必要はありません。
 

 

CASTER BIZ

CASTER BIZは日本初のオンラインアシスタントサービスで、株式会社キャスターが運営しています。
スタッフはすべて、全国から「1/100」の倍率をくぐりぬけてきた優秀な人材であり、日常の事務作業から専門分野まで幅広く任せることができます。
また、オンラインで対応しきれない業務は、オフィスに出向いて作業するオフラインサービスも行っています。

 

フジ子さん

フジ子さんは他社に比べ費用が抑えられており、リーズナブルにアウトソーシングすることが可能です。

人手が必要な業務のみ依頼すれば、低価格で貴重な社員を煩わしい事務作業から解放できます。
また、経理や通訳、人事などの様々な役割を持ったオンラインアシスタントがチームとなって対応するため、複数の業務を依頼することが可能です。
 

Biz Assistant Online

日本最大級のクラウドソーシングサービス、クラウドワークスが運営するビズアシスタントオンラインは、事務局の面接を通過した実務経験豊富なアシスタントが在籍しています。
アシスタントと直接面談することにより細かいスキルの確認だけでなく求めている人物像にマッチするかどうかも事前に把握することが可能です。
そして、経理やバナー作成、Webサイト運用など複数のスキルを併せ持ったアシスタントが多いのでオールラウンドに対応できます。

 

代表的な派遣会社

パソナ

1976年に株式会社テンポラリーセンターとして創業されたパソナは、国内最古参・最大手の派遣会社といってよいでしょう。
拠点も多く、北海道から沖縄まで全国をカバーしています。スタッフの教育にはeラーニングや提携学校など幅広いコースを用意し、キャリアコンサルティングも行われています。また、人材派遣だけでなく、アウトソーシング事業も手がけているのが特徴です。

リクルートスタッフィング

リクルートが運営する派遣会社、リクルートスタッフィング。大手の派遣会社であるだけに求人数もたいへん多いです。
さらに、未経験者に特化した専用プログラムが充実しており、プログラムを通して未経験者でもIT・エンジニア業界に挑戦することが可能です。

アデコ

アデコの特徴として、派遣先が大手であることが多く、また事務系だけでなく、ITやエンジニア系の案件も多々あることが挙げられます。また、アデコ独自の「ハケン2.5」という制度を設けており、どの派遣会社であっても今の派遣先で2.5年以上継続して派遣就業しているスタッフは、アデコの無期雇用派遣社員に応募することが出来ます。

まとめ

アウトソーシングと派遣の違い、メリットやデメリット、また、それぞれに向いている企業やおすすめの派遣会社を紹介しました。
まずは自社の業務内容を再検討し、アウトソーシングするものと派遣スタッフに依頼するものを切り分けた上で、各社を比較してみるとよいでしょう。

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?