リスティング広告運用代行を選ぶポイントは?費用相場やおすすめサービスも解説

目的やターゲットに合わせて細かく配信設定ができ、従来のWeb広告に比べると低予算で始められるのが魅力の「リスティング広告」。
試してみたい・すでに運用中という経営者やマーケティング担当者の方も多いことでしょう。

「ノウハウがなく運用方法が分からない」
「運用しているものの、なかなか効果が出ない」
「人手も作業時間も足りず、リスティング広告運用にまで手が回らない」
という課題を抱えていませんか?

そこでおすすめしたいのが、リスティング広告運用代行サービスの利用です。

今回は、リスティング広告運用代行サービスの基本情報と費用相場、おすすめの代理店を紹介します

この記事を読むと、リスティング広告運用代行サービスを導入するメリットや料金を知ることができ、自社に運用代行サービスが必要かどうかを判断することができます
また、運用代行サービスを選ぶポイントやおすすめの代理店も紹介しているので、自社に合ったサービスを見極めるヒントが得られるでしょう

ぜひ参考にしてみてくださいね。

リスティング広告運用代行に依頼できる業務内容

リスティング広告とは、ユーザーが検索したキーワードに連動して検索結果に表示される広告です。
検索エンジンの検索結果ページの上部・下部にテキスト形式で表示される広告で、ユーザーの検索キーワードに合わせて配信できるのが特徴。日本では「Google広告」と「Yahoo!広告(検索広告)」が主力です。

リスティング広告を出稿・運用するには、以下の作業が必要です。

  • アカウントの作成
  • 配信条件の設定
  • 広告文の作成

広告が承認され次第、配信が始まります。

さて、リスティング広告運用代行サービスを利用する場合、どのような作業を依頼できるのでしょうか?
代理店によって依頼できる業務は異なります。導入前に必ず業務内容を確認し、自社のニーズと合っているかを見定めるようにしましょう

アカウント構成の作成

リスティング広告運用代行サービスに依頼できる一つ目の業務は、アカウント構成の作成です。
リスティング広告ならではの構造を理解して広告を運用すると、その効果を高めることが可能です。

リスティング広告は、「アカウント」「キャンペーン」「広告グループ」「キーワード・広告」の4つの階層で成り立っています。

  • アカウント
    …広告運用最大の管理単位。
  • キャンペーン
    …アカウント下層の管理単位。広告を掲載する地域や曜日・時間帯や対象外キーワードなどを設定できる。
  • 広告グループ
    …キーワード・広告をまとめる管理単位・広告グループごと・キーワードごとに入札価格を設定できる。
  • キーワード・広告
    …宣伝する商品やサービスに関連した語句を登録できる。ユーザーがそのキーワードで検索すると、同じ広告グループ内に登録された広告が表示される仕組み。

アカウント構成は、リスティング広告運用の土台となる部分です。
しかし、設定すべき項目やグループが多く、ここが理解できていないと広告運用の管理が煩雑になるうえに、思うような成果につながりません。

リスティング広告運用のプロである代行サービスに依頼すると、自社の商品やユーザーニーズと関連性が高いキーワードの選定や、的確なマッチタイプの作成など、広告効果を高めるアカウント構成の作成が可能です。

入稿

依頼できる二つ目の業務内容は、入稿です。
利用する媒体・配信メニューごとに入稿規定があるので、そのルールに基づいた広告を作成し、入稿する必要があります。

たとえば、テキスト広告の場合、文字数や最終リンク先URLのサイズなどが細かく定められています。
Googleのレスポンシブ検索広告(複数の見出しと説明文から自動的に組み合わされて配信される広告タイプ)では、テキスト広告とルールが異なります。
媒体ごとに使用できる記号も違うので、注意が必要です。また、前述したアカウント構成の各階層での設定にも相違があります。

そうした入稿規定や注意点に沿って広告を作成した後に、キャンペーンやキーワードなどを一つ一つ設定して、ようやく入稿完了です。

ルールに則った広告の作成や、各項目の設定・登録作業にはミスがつきものですし、時間もかかります
リスティング広告運用代行サービスに入稿業務を依頼することで、確実で迅速な広告の入稿が実現します。

入札

三つ目の業務内容は、入札です。

リスティング広告は、その広告がユーザーにクリックされて初めて広告料金が発生するシステムです。
そのため、出稿する広告主は自社の広告を表示させるキーワードを選定し、そのキーワードに対して、1クリックに支払う広告料金の上限を設定できます。これが「入札」です。

リスティング広告の表示順位は、広告の品質と入札価格によって決まります。
しかし、どの程度の価格で上位表示されるかは、設定するキーワードによって大きく異なります。

単価を高く設定すれば必ず上位に表示されるわけではなく、ニッチなキーワードに高めの入札価格を設定しても利益につながらないこともあり得ます。
また、同一キーワードの競合相手の動向によって、キーワードの状況は随時変化します。
こまめに状況を確認し、入札価格を調整する手間も必要です。

リスティング広告運用代行サービスは、これまでの実績や独自のツールなどを使って、効果的なキーワードの選定と、入札価格の設定を行います
また、変化していくキーワードの状況に対応することも可能です。

予算管理

予算管理も、リスティング広告運用代行サービスに依頼できる業務の一つです。
予算内で効果的な運用をするためには、こまめな予算管理が重要です。

その広告にどの程度の予算を設けるのか?
日ごとの予算はいくらか?
ユーザーのアクションに対して、設定している広告費は適切か?

リスティング広告は、ユーザーが広告をクリックすると広告費が発生する仕組みです。
予算内で最大限の成果を出すためには、適切な予算設定と、掲載結果と照らし合わせながら計画的に運用する日々の作業が必須です。
予算管理をリスティング広告運用代行サービスに依頼することで、安定的な運用が実現します。

レポーティング

レポーティングも、リスティング広告運用代行サービスに依頼することが可能です。

「Google広告」「Yahoo!広告」では、広告の表示回数やクリック数など、さまざまなデータを管理画面で見ることができます。

広告運用で目的を達成するためには、広告のパフォーマンスデータを分析し、次の施策に活かすことが重要です。
リスティング広告運用代行サービスにレポーティングを依頼すると、そのデータを読み解き、費用対効果を確認し、今後の課題を見つけて改善策を提案してくれます
プロの目によるチェックとアドバイスがあると安心ですよね。

リスティング広告運用代行のメリット

リスティング広告運用代行サービスに依頼できる業務内容を見ると、効果的な運用のためには、マーケティングの視点や施策、しっかりした準備が必要なことが分かります。

ここではもう少し詳しく、リスティング広告運用のプロである代理店に依頼するメリットを確認してみましょう。

自社にノウハウがなくても運用ができる

一つ目のメリットは、自社にノウハウがなくても運用ができることです。
専門知識を持つプロが対応するため、アカウント構成の作成からレポーティングまで、総括的な運用を任せることができます。

これからリスティング広告運用を始める企業の場合、リスティング広告運用に関するリサーチや効果的な広告の作成、運用開始後はパフォーマンスのチェックなど、膨大な知識や経験が必要です。
しかし、リスティング運用代行サービスを活用すれば、自社にノウハウがなくても、プロの手によってスムーズに広告運用を始めることが可能

すでにリスティング広告を運用している場合でも、運用代行サービスのノウハウを加えることで、課題を洗い出したり、目標により近づくことができます

プロに任せることで、新たにリスティング広告運用担当者を採用したり、運用のために知識を習得する必要もありません
また、せっかく作った広告が審査に通らず、時間を無駄にしてしまった……という心配も無用

最小限のリソースで広告運用ができるのは大きな魅力です。

最新情報に対応できる

二つ目のメリットは、最新情報に対応できること。
リスティング広告運用代行サービスは、広告運用に関する情報を日々アップデートしているので、最適な運用方法を用いることができます。

Webマーケティングを主な生業としない企業では、刻々と変化するWeb情報やキーワード状況を読み取り、適切な対応をするのは困難です。
リスティング広告運用のプロである代理店ならば、そうした変化に適宜対応できます

常に変容するWeb上の広告だからこそ、運用結果をリアルタイムで確認しながら、予算やターゲット、出稿先などを調整するスキルが重要です。
プロに任せることで、そうした労力や心配が不要になるのは大きなメリットだといえます。

作業負担が減ってコア業務に集中できる

三つ目のメリットは、作業負担が減ってコア業務に集中できることです。
リスティング広告運用にかかる時間を、注力したい業務にあてることができます。

前述したように、リスティング広告の運用には、アカウント構成や広告の作成、入稿、入札、予算管理、レポーティングなど、さまざまな業務が発生します。
アカウント数が増えれば、その分担当者の負担も増えてしまいます。

そこで、リスティング広告運用代行サービスを活用すれば、これまで広告運用作業にかけていた時間をリスティング広告運用以外の業務にあてることが可能です。

新しく広告運用を始める場合も、教育コストをかけることなく、すぐに運用に入れるのも利点です。
代理店に任せることで得られる人手や時間をコア業務に集中させることで、売上の改善や顧客満足度の向上につなげることもできるでしょう。

リスティング広告運用代行の料金・費用相場

次に、リスティング広告運用代行の料金・費用相場について見てみましょう。

リスティング広告運用代行の料金体系

一般的な料金体系は「広告費+運用代行の手数料」という形です。
加えて初期費用がかかる場合もあるので、導入する際はしっかり確認しましょう。
運用代行の手数料は広告費の20%が相場といわれていますが、形式はさまざま。
代表的な料金体系をまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。

料金体系 特徴 手数料の目安
固定料金制 ・広告費の金額によって変動しない 2万~数十万円
テーブル制 ・広告費によって変動する
・金額の段階に応じて手数料が設定されている
<例>
・10万円までの広告費の場合
…2万円
・20万円までの広告費の場合
…4万円
料率制 ・広告費によって変動する
・広告費に応じて一定の割合が請求される
10~20%
(20%が相場といわれている)

 

リスティング広告運用代行の費用相場

料金 対応業務 こんな人におすすめ
~10万円 ・アカウント構成の作成
・入稿
・入札
・予算管理
・レポーティング など
・まずはリスティング広告をお試し運用してみたい
・少額の予算で運用したい
20~30万円 ・アカウント構成の作成
・入稿
・入札
・予算管理
・レポーティング など
・本格的なリスティング広告運用を行いたい
・リスティング広告で一定の成果を出したい
50万円~ ・アカウント構成の作成
・入稿
・入札
・予算管理
・レポーティング など
・リスティング広告をすでに運用しており、さらなる成果を出したい
・リスティング広告をメインにWeb集客につなげたい

 

どの価格帯でも基本的な対応業務は同じですが、違いはかけられる広告費やアカウントの数
リスティング広告の場合、広告費はユーザーが広告をクリックすると発生します。
その広告費を決めるのは、設定するキーワードに対する入札価格です。

入札価格はキーワード状況によって金額が大きく異なるため、キーワードベース・期間ベースの両方で、戦略的に予算を設定するとよいでしょう。

「そもそも予算の目安が分からない」という場合は、予算設定も含めた企画・戦略段階からリスティング広告運用代行サービスに相談するのもおすすめです。

リスティング広告運用代行サービスを選ぶ5つのポイント

目的やターゲットに合わせて、設定や予算を自由にカスタムできるリスティング広告。
さまざまな項目を自由に決められるからこそ、自社に合った代理店を選びたいですよね。

数あるリスティング運用代行サービスの中から、自社の目的を達成し、結果を出せる代理店を選ぶポイントを解説します。

運用体制は分業か専業か

一つ目のポイントは、運用体制は分業か専業か、という点です。

リスティング広告運用代行サービスの運用体制は、分業型と専業型の2つに分類できます。

分業型は、作業内容に応じて担当者が分かれているタイプです。
企画、広告作成、入稿、予算管理、レポーティングなど、分業して広告運用を行います。
反対に、専業型は分業型が行う作業を分担せず、一人の担当者が受け持ちます。

広告作成だけではなく、企画や入稿、レポーティングなど、さまざまな業務を依頼したい場合は分業型がおすすめです。
業務量が多い場合、複数の担当者が手掛けるほうが効率的に広告を運用できます。

反対に、一つのアカウントの広告運用に専念してほしい場合や、アカウント構成の作成からレポーティングまで、同じ担当者と密にコミュニケーションをとって進めたい場合は、専業型がおすすめです。

どちらの運用体制が自社に合っているのか、まずは依頼したい業務内容とボリュームを明確にして、見極めるようにしましょう。

契約期間や出稿金額の制限はないか

二つ目のポイントは、契約期間や出稿金額の制限がないか、という点です。

ある程度リスティング広告運用代行サービスに業務を任せた後、自社で内製化することを考えている人もいるでしょう。
「最低契約期間が6ヵ月」といった制限がないか、契約期間中の解約が可能か、確認が必要です。

また、代理店によっては最低出稿金額を設定している場合もあります。
その金額に対して自社の予算が適切かどうか、確認するようにしてください。

契約期間や出稿金額などの費用という観点から代理店を比較・選定する場合は、契約期間を含めた料金体系をしっかり説明してくれるかどうかが判断のポイントです。
Webサイトに「料金体系はお問い合わせください」と記載している代理店も多いです。
納得のいく説明をしてくれるか、確認してくださいね。

アカウントは開示・譲渡してくれるか

三つ目のポイントは、アカウントを開示・譲渡してくれるか、という点です。

自社の広告アカウントではあるものの、運用代行サービスによっては、ノウハウの流出を防ぐために、使用しているアカウントの共有を行わない場合もあります
しかし、運用の実態を把握するためにも、アカウントを開示してもらうことが望ましいです。

また、契約終了時や別の代理店に変更する場合、自社で内製化する際に、使用しているアカウントを譲渡してもらえるかも重要なポイントです。

開示・譲渡ともに、契約時に必ず確認するようにしましょう。
もし開示・譲渡が叶わない場合は、代わりにどのような形で運用内容を共有してもらえるかを確かめるようにしてください。

認定を受けているか

認定を受けているかどうかも、重要なポイントです。

Google・Yahoo!では、認定パートナー制度を設けています。
パートナー認定を受けているということは、そのメディアでの広告運用に関して豊富な知見や実績を有しているという証。運用代行サービスを選ぶ際の基準になります。

たとえば、Googleでは「Google Partnersプログラム」を制定しています。
お客様のキャンペーンを管理して、大きな成果をあげた代理店が、Google Partnerのステータスを得ることができます。
Yahoo!の「Yahoo!マーケティングソリューションパートナープログラム」には、運用代行だけでなく、自社運用の面でも実績をおさめた企業が認定パートナーとして名を連ねています。

活用したい広告メディアがGoogle・Yahoo!に定まっている場合は、注目したいポイントの一つです。

Google Partner企業はWebサイトや資料にバッジが掲載されています。Yahoo!認定パートナーは、Webサイトから一覧を確認することが可能です。ぜひチェックしてみてください。

幅広い業務に対応できるか

最後のポイントは、幅広い業務に対応できるか、という点です。
リスティング広告運用だけでなく、SNS広告やWebマーケティング全般なども依頼したい場合、対応してもらえるかどうか確認しましょう。

リスティング広告の効果をより高めるためには、リスティング広告を運用するだけでなく、SEO対策やSNS広告・ディスプレイ広告などのWeb広告などと組み合わせることが重要です。
どれもリスティング広告とは即効性やターゲット、向いている施策が異なるため、併用することでより効果を発揮します。

リスティング広告以外のWeb広告や、Webマーケティング全般をまとめて運用代行サービスに依頼するのも、有効な手段です。

その場合、依頼する代理店が幅広い業務に対応できるかどうか、対応できる場合は料金体系なども確認するとよいでしょう。

おすすめのリスティング広告運用代行サービス

リスティング広告運用代行サービスを利用するイメージはわいてきましたか?

最後に、おすすめの代行サービスを5つ紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

HELP YOU(株式会社ニット)

HELP YOUは、株式会社ニットが運営するオンラインアウトソーシングサービスです。

リスティング広告運用だけにとどまらず、各種広告運用やSNS運用などのWebマーケティングはもちろん、経理、総務、人事・採用、営業サポートなどのバックオフィス部門まで、幅広い業務の支援を行っています

対応業務範囲の中から、お客様の課題に合わせて、請け負う業務をカスタマイズすることが可能です。

■特徴
・豊富なスキルと経験を持った優秀なスタッフが在籍
・チーム制で対応するため、スタッフの離職などによって業務が滞る心配なし!
・専属ディレクターが窓口として対応。業務を一括で依頼できる

■料金
月額料金:10万円(税抜)~
契約期間:6ヵ月~
実働時間:30時間~
※初回月のみ契約時間分が利用できなかった場合、翌月分に繰り越し可能

 

HELP YOU+plus マーケティング戦略

戦略から運用まで一貫したサポートを依頼したい場合は「HELP YOU+plus マーケティング戦略」サービスの利用がおすすめです。
SNS、SEO、広告の各専門家が課題のヒアリングをもとにサポートを行います。

 

アナグラム株式会社

アナグラム株式会社は、運用型広告コンサルティングの専門企業。
広告運用の経験が豊富で、数々のリスティング広告運用に関する本を出版したり、ブログで最新情報を発信しつづけています。

また、広告運用のプロならではの視点からのビジネス戦略サポートも可能。
一気通貫の専業型運用体制で、打ち合わせから運用まで安心して任せることができます。

■特徴
・運用型広告専門の強いチームに、リスティング広告だけでなく、ビジネスやマーケットの相談ができる
・Google広告、Yahoo!広告、Facebook広告、LINE広告の正規代理店

対応業務 ・アカウント構成の作成
・入稿
・入札
・予算管理
・レポーティング
・その他:マーケティング支援、インハウス支援顧問サービスなど
料金 料率制:原則月額広告費の20%
※価格によってはテーブル制も可能

 

株式会社グラッドキューブ

株式会社グラッドキューブは、豊富なリスティング広告運用実績を誇る代理店。
Google Adsのコンテストで、広告代理店5,000社の中から見事最優秀賞を獲得しています。

豊富な経験と知識を持ったWebマーケティングの専門家が結集し、リスティング広告運用に加えて、Webサイトの制作やLPO(ランディングページ最適化)対策、アクセス解析をワンストップでサポートしてくれるのも大きな魅力です。

■特徴
・リスティング広告運用代行サービスの中でも随一の実績と受賞歴を誇る
・Google Premier Partner、Yahoo!広告運用認定パートナー、Meta Business Partners、Twitter広告正規代理店、薬機法医療法遵守広告代理店として認定

対応業務 ・アカウント構成の作成
・入稿
・入札
・予算管理
・レポーティング
・その他:解析、コンサルティング、自社開発SaaSサービスなど
料金 料率制:原則月額広告費の20%
※最低契約期間:なし、初期費用:0円
※広告費25万円以下の場合、3万5,000円~のプランも

 

株式会社エクスコア

株式会社エクスコアは、リスティング広告運用をはじめ、SEO対策支援やWebサイト・デザインなどのコンテンツ制作、オウンドメディア運用など、Webマーケティング全般を展開。
広告運用では2,000社以上の実績と、98.5%の改善率を誇ります。

初期費用5万円、最短掲載準備5日~など、スピーディかつリーズナブルなシステムもうれしいポイントです。

■特徴
・お客様のサービスや商品の特徴に合わせたレポーティングが評判
・Yahoo!、Google正規代理店認定

対応業務 ・アカウント構成の作成
・入稿
・入札
・予算管理
・レポーティング
・その他:解析、コンサルティング、自社開発SaaSサービスなど
料金 料率制:原則月額広告費の20%
※初期費用:5万円

 

デジマール株式会社

デジマール株式会社は、運用型広告を主軸としたWebマーケティング企業です。
リスティング広告などのデジタル広告の運用や、マーケティングツールの開発・導入支援を行っています。

リスティング広告運用では、大手事業主・大手広告代理店・制作会社を経験した豊富なノウハウを持つスタッフが戦略立案から施策の実行まで対応。
強みであるデータ解析のプロフェッショナル集団が、費用対効果を最大化するための分析を行い、サポートしてくれます。

■特徴
・継続率は95%以上!お客様とのパートナーシップ、チーム内のコミュニケーションを重視
・Google広告、Yahoo!広告の正規代理店

対応業務 ・アカウント構成の作成
・入稿
・入札
・予算管理
・レポーティング
・その他:デジタル広告運用、マーケティングツールの開発・導入支援など
料金 料率制:原則月額広告費の20%
※広告費25万円以下の場合、一律固定5万円

 

リスティング広告運用代行のまとめ

リスティング広告運用代行の基本情報や費用相場、おすすめの代理店を紹介しました。

リスティング広告は、検索エンジンの検索キーワードに応じて表示されるため、ユーザーが探している商品・サービスに対してピンポイントかつタイムリーに訴求できるのが魅力です。

自社が狙うユーザーや新規顧客に確実に情報を届けるためには、戦略的に作成されたアカウントの構成やキーワード設定、予算と絶妙にバランスをとった入札とその管理など、リスティング広告ならではのノウハウやテクニックが必要です。

また、広告だけでなく、それに連動するWebサイトの質やその他のデジタル広告など、Webマーケティング全般のスキルや、何よりリソースも不可欠です。

ノウハウやテクニックに自信がなかったり、人手や時間が足りない場合は、リスティング広告運用代行サービスを活用することをおすすめします

リスティング広告運用代行サービスや、Webマーケティングに精通した企業は、そうしたノウハウを持つプロであり、日々変化するWeb情報・状況に対応することが可能です。
さらに、リスティング広告運用に付随する細かな業務も依頼すれば、コア業務にしっかりとリソースを割くことができます

リスティング広告運用代行サービスを上手に利用して、効率よくターゲットに情報を届け、集客・売上アップにつなげていきましょう!

 

▼あわせて読みたい

広告運用は外注すべき?サービスの選び方とメリット・デメリット、費用相場もご紹介

Facebook広告運用代行サービスの選び方とおすすめの代理店7選

HELP YOUのマーケティングサポート

プロマーケターは「採用する」から「シェアする」へ


マーケティングに関して、こんなお悩みはありませんか?

「社内にノウハウや知識がない…」
「人手や時間が足りず運用体制が整わない…」
「外注しようにも、どの業者を選べばいいか分からない…」


HELP YOUでは、こうしたお悩みを抱える方に向けて「マーケティングサポート」を展開。
集客課題に応じて「SEO」「SNS」「広告」の3つのアプローチを提供しています。

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)

HELP YOU導入実績はクライアント数500以上!

HELP YOU マーケティングサポートの強み


1.SEO・SNS・広告の各スペシャリストが集結
マーケティングの専門家を採用費0円でアサインできます。

2.戦略立案から日々の運用までをトータルサポート
戦略だけ/運用だけという要望にも対応!必要な部分のみの切り出しが可能です。

3.導入費用0円で月額費用のみ
対応領域によって月ごとに料金変更もできるため、無駄なコストが発生しません。

貴社の課題と現状をお聞きした上で、最適な手段を提案、運用体制の構築までサポートします。ご興味のある方は、ぜひ一度ご相談ください!

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)