経理をアウトソーシングすると高い?費用は?効率よく低予算でアウトソーシングする方法

「経理作業は自分で行うと大変」「経理よりできれば本業に集中したい」
そう思っている経営者の方は多いと思います。
せっかく自分のやりたいことをビジネスとして展開したのに、日々の事務作業で時間を取られ、肝心のコア業務のことを考えられない…。
会社の売上、利益を上げるためには本業に時間、労力を最も費やしたい!
でも経理業務を怠ると、会社のお金の動きが不透明になり、経営悪化につながります。
経営者にとって悩ましいところですね。
そんな経理業務をアウトソーシングしてみようと考えたことはありますか?
「経理業務のアウトソーシング」=「税理士」
と思われる方も多いと思います。
「税理士に委託すると高い」「顧問契約までは必要ない」
実際に顧問契約を結ぶタイミングは、売上が1,000万円を超えたとき、法人化するときと言われています。
また税理士の資格がないとできない業務は限られており、
「税務代理」、「税務書類の作成」、「税務相談」の3つです。
おもに確定申告などを代理で行うこと、税務調査が入ったとき納税者の代わりに対処できること、税金に関する相談ができることを指します。
上記以外の経理業務を税理士に委託することもできますが高値になるため、自分で記帳作業などを行い、確認のみ税理士に依頼している小規模企業の経営者は多いことでしょう。
近年、そのような小規模経営の企業の中で、「安価で質のいい経理業務のアウトソーシング」が注目を集めています。
「安価で質のいい経理業務」、どのくらい高品質なのでしょう?
安価とはどのくらいなのでしょう?また、どこまで委託できるのでしょうか?
経理アウトソーシングの業務内容について詳しく見ていきましょう。

経理アウトソーシングに依頼できる業務

経理アウトソーシングの業務は多岐にわたり、業者によって委託できる内容も様々です。
ここでは主に行われている業務をご紹介します。

記帳代行

税金の申告に必要な入出金の記帳を代行する業務です。
領収書、請求書、通帳のコピーから記帳を作成し、納品してくれるので、
作業時間を短縮でき、本業に専念することができます。
また毎月の経営状態の把握ができます。
専門家による記帳のため、節税対策を考慮した記帳は大きなメリットと言えるでしょう。

経費精算

領収書、レシート、クレジットカードの情報を突き合せ、会計ソフトに入力し、支払の情報などを管理する業務です。
社員数が多いほど発生する件数が多く手間がかかります。
その負担を委託することで作業時間が軽減されます。

決算書の作成

会計士、税理士に渡す、決算書類や資料の作成する業務です。
決算書類は総勘定元帳、領収書ファイル、決算報告書の3種類です。
総勘定元帳は勘定科目ごとにまとまった日々の取引データなので、作成には毎月の記帳作業が必要ですが、それを1年分短期間で記帳し作成してくれます。

売掛金、買掛金管理

売掛金、買掛金を管理する業務です。
売掛金の未回収や顧客の買掛金の請求漏れを事前に防ぐことができます。
企業間の損失やトラブルを未然に回避することで、
会社の信用をなくすリスクを減らせます

振込支払

毎月の振込や支払を入力、管理する業務です。
請求書から支払予定表を作成し、その支払予定表をもとに振込を行います。
最近はインターネットバンキングによる振込が主流ですので、振込に間に合わないリスクを解消することができます。

給与計算

勤怠データ(入退社情報、タイムカードなど)から、給与明細書、源泉徴収書を作成し、銀行振り込みまで行う業務です。
給与計算は大変複雑です。
また基本給と諸手当だけでなく、税金、社会保険料などの控除額の差し引きもあります。
従業員ごとに明細は異なっているので、
従業員が多い企業では負担はさらに大きくなります
そのため、給与計算を代行することにより、労力が軽減されることは間違いないでしょう。

見積書、請求書発行

見積書の作成から請求書の発行までを行う業務です。
企業ごとに使用しているフォーマットに合わせ、見積書、請求書を作成し、発送まで行います。
委託先によっては見積書から請求書の発行、入金まで一括して管理してくれるところもあります。
書類発行の作業が省け、さらに請求漏れなどの事故を防ぐことができます。

経理アウトソーシングに依頼するメリット

本業のコア業務に集中できる

はじめに述べましたが、今まで経理業務に掛けていた時間と労力を全て本業に掛けられるようになります。
売上や利益率の向上は望めますし、ゆとりができることで新規開拓など、これまでできなかったことにも挑戦できるかもしれません。
会社の発展、向上につながります。

正確な業務

経理業務の委託先は全般的に経理のプロ(専門家)を雇用しています。
そのため、作成資料やデータの内容は正しいものになります。
今まで自分で行っていた、「自信がない」、「誤っているかも」という不安なところは全て解消されます。
また、作業もスピーディで委託業者によってはクラウドサービスを利用しているところもあり、リアルタイムで自社の経理情報を知ることができます。

人件費の削減

自社で経理のできる人材を雇用すると毎月必ず給与が発生します。
他にも諸手当、社会保険料などの費用も掛かり、毎月定額での人件費が発生します。
しかし経理アウトソーシングは、作業の量によって金額に変動があるため、月によって金額が変わります。
必要な時に必要な分だけ利用することが可能なのでコスト削減になります。

経理アウトソーシングの業務別の費用

各業者によって料金の設定は様々で、顧客ごとに個別に見積もりを作成してくれるところがほとんどです。
ここでは主に表記されている経理アウトソーシングの費用を以下に述べます。

記帳代行業務

記帳の代行作業は仕訳数によって金額が変わってきます。
個人事業主向けに10仕訳から設定されているところもあれば、100~300、300以上の仕訳数のところもあります。
また記帳は税理士への委託か業者に委託するかによって費用が異なります。
税理士に委託する方が少々割高になります。
また記帳・帳簿を自分で行い、確認のみを行うサービスを展開している業者もあり、その場合は丸投げする金額の半分くらいに抑えられます。
以下は記帳の作成までトータルでサポートした場合の平均的な金額になります。
1,000円/月~(10仕訳)
10,000円/月~(100仕訳)
30,000円/月~(400仕訳以上)

経費精算業務

経費精算業務は明細件数や、社員数により金額設定されています。
また月に2~4回、顧客である企業に出向き経理業務を行う訪問タイプと、必要な資料を送付し自社にて業務を行うオンラインタイプによっても金額が異なります。
オンラインタイプとはクラウドサービスを使用したもので、こちらの方が毎月の費用は低コストになります。
オンラインタイプの場合
50,000円/月~

経理業務全般

経理業務の内容ごとに金額設定をしている業者もありますが、セット価格を設けているところが大半を占めます。
従業員数、業務内容、件数などにより価格は様々です。
また経理業務だけでなく、人事、総務、営業サポートなどそのほかのノンコア業務のアウトソーシングを提案しているところもあり、その場合のセット価格を設けているところもあります。
自社の求めている内容で、予算内に収まる価格を提示できる業者を選択する必要があるでしょう。

経理アウトソーシングを依頼する際のポイント

安全性

経理に関わる資料やデータは自社の大切な部分です。
外部に情報が漏れることは絶対にさけたいですよね。
そのためセキュリティ面での安全性が確実に保たれているかどうかの確認が必要です。
紛失や、ウィルスによる外部流出は企業にとって大きなリスクとなります。
業者を選ぶ際に、情報の管理方法を確認し、納得した上で契約する方が賢明かもしれません。

専門性

経理業務は企業のお金の動きを数値化し、管理する仕事です。
そのため経営に大きく影響します。
業務の正確さが求められるのは間違いないでしょう。
委託先の業者が経理の専門性に長けている、経験が豊富かどうかしっかり見極め、信頼のできる業者を選択しましょう。
また業種、業態に特化した業者もあります。
自社に合った業者を探し、トータルで委託することも一つの方法です。

付加価値

経理業務のみにとどまらず、経営の相談もできるコンサルティングや財務の相談、経理以外のノンコア業務の委託など、経理以外もサポートしてくれる業者もあります。
自社の経理関係を把握した上で依頼できるのでとても安心です。

システム

近年のシステム環境の発展は著しいです。
その環境の変化に対応できる業者かどうかは重要です。
いくら専門性に特化していても、システムが古く、作業が遅ければ、
リアルタイムでの経理状態が把握できません。
新しいソフトやツールの導入をしていることも視野に入れましょう。

おすすめの経理アウトソーシング会社

次に経理アウトソーシングでおすすめの会社をご紹介しましょう。

HELP YOU

https://help-you.me/
採用率1%の優秀な人材による経理業務が委託できます。
その優秀な人材の集まったチームでの業務ですから、
正確でスピーディなのは間違いないでしょう。
またチームの窓口となるディレクターが、顧客の要望や悩み事などをヒアリングし、解決策を見出し、業務を遂行しています。
継続利用率97%以上の実績があるのは、顧客との強い信頼関係があるからでしょう。
HELP YOUは「コア業務に集中できる環境を作る」ためのサービスを提供しています。
そのため、経理業務だけでなく、採用業務、総務、営業サポートなど他のノンコア業務の委託も可能です。
料金は30時間/月、80,000円~
時間による料金設定のため、複数の業務を相談しながら予算の範囲内で依頼できます。
【HELP YOUにアウトソーシングするメリット】
・採用率1%の優秀なスタッフによるチームでサポート
・専任のディレクターのヒアリングで問題解決
・継続利用率97%
・複数業務のアウトソーシング

NOCアウトソーシング&コンサルティング株式会社

https://www.noc-net.co.jp/
総合アウトソーシング企業で経理業務だけでなく、人事、総務などの管理部門や、カスタマーサポートセンターなどのバックアップオフィス業務のアウトソーシングも行っています。
顧客とのとトラブルを避けるためヒアリングと綿密な事前調査を行うため、最適な業務の提案をしてくれます。
30年以上の実績と経験があるので作業体制は万全です。
費用は顧客に合わせて提案してくれます。
【NOCにアウトソーシングするメリット】
・ヒアリングと綿密な事前調査から必要な業務の提案
・30年以上の実績と経験からなる安心感
・総合的なアウトソーシング

株式会社事業創造サポート

http://jigyosouzou-sp.com
起業支援を最大の目的として掲げ、そのサポート業務としてアウトソーシングを提案しています。
会社の設立に必要な事務作業からはじめ、経理関係の把握をし、今後の資金計画について提案していく。
起業家にとって、はじめからトータルでサポートしてくれるのでとても安心できます。
社会保険労務士法人事業創造パートナーズと連携しているので、社会保険業務なども委託できます。
【事業創造サポートにアウトソーシングするメリット】
・起業から全面的なバックアップ
・事業計画や資金計画などの支援
・社会保険労務士と連携している

まとめ

経理アウトソーシングは、業者によって委託できる業務内容は様々で、金額も顧客の予算内に抑えられるように価格を見積もってくれるところが大半です。
しかし、安価でありながら、正確で効率良く作業するスタッフのいるところとなると業者は絞られてきます。
必要最小限の予算内で必要な経理業務のみ委託することも大事ですが、それで本当にコスト削減、コア業務に集中できるのでしょうか?
実際には経理業務以外でも負担になっている業務はあるのではないでしょうか?
顧客のヒアリングをきちんと行い、経理だけでなくその他の業務のアウトソーシングも提案し、コア業務に集中できる最適な状態を安価で提供してくれる業者もあります。
今一度、時間や労力を費やしている部門がないか見直し、委託できる業務がないか確認してみてはいかがでしょう。
そして長期的に信頼のできる業者に効率よくアウトソーシングし、自社の利益率や生産性の向上を目指しましょう。

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?