企業としてのフットワークが軽くなる!業務のアウトソース化による意外な効果とは

ナイル株式会社 大澤様、青木様
インタビュアー 株式会社ニット 中野由莉子

SEOの強化を中心に企業のメディア運用を包括的にサポートするナイル株式会社様(https://www.seohacks.net/)。リソース拡充のため、株式会社ニットが運営するオンラインアウトソーシングサービス「HELP YOUを導入。

現在はクリエイティブの制作や記事入稿などの業務でご利用いただいています。もともと、外部のリソースを積極的に活用する文化はなかったそうですが、実際にHELP YOUを利用してみてどのような効果があったのでしょうか? 導入後のご感想を交えながらお話を伺いました。

企業のメディア運用を一気通貫でサポート

──御社の事業内容をお聞かせください

デジタルマーケティング事業、メディアテクノロジー事業、自動車産業DX事業を展開しています。その中で、HELP YOUを利用しているのはデジタルマーケティング事業部です。

──業界としては、どのようなお客様が多いのでしょう?

幅広い業界のお客様から仕事をご依頼いただいていますが、中でもコンシューマー向けの事業を展開する企業様が多いですね。ただ、コロナ禍でリモートワークを導入する企業が増えたことで地理的な制限を受けにくくなったためか、最近では、地方に拠点を置くBtoB企業様や、展示会ができなくなったBtoB企業からのお問い合わせも増えてきました。

──そのようなお客様に向けて、どんなサービスを提供していますか?

SEOの戦略立案から実際のメディア運用、広告運用までを一気通貫でご支援しています。単なる運用代行であれば、メディア運用の一部分のみを支援する選択肢もありますが、SEO対策を中心にメディアの価値を向上させるためには運用全体を見る必要があるでしょう。

確実に結果を出すためにも、包括的な支援を行うのがポリシーです。実際に、ある企業様のメディア運用において、半年で10万セッション増、CV増を実現してきました。

また、マーケティングの内製化を希望するお客様には、仕組みづくりのサポートを行っています。

外注の前例が少ない中でHELP YOUを導入

──HELP YOUを導入したきっかけは何だったのでしょう?

デジタルマーケティング事業部の営業部門が人手不足だったため、リソース拡充のために外部リソースを借りる運びとなりました。

もともと、当社には外注の文化がなかったのですが、ここ数年で案件が増加したことをきっかけに選択肢の一つとして検討が進んでいました。新しく人を採用したり、社内で人員を調整したりするよりは、ハードルが低いと考えたからです。

過去には、一時的にクラウドソーシングを利用したこともあったと聞いていますが、特定の業務範囲しかカバーしていなかったため、包括的なメディア運用支援を行う当社とはマッチしませんでした。

外注先の変更を検討していた時に出会ったのがHELP YOUです。以前、当社の元役員が別件で秘書を探しており、「オンライン秘書」をキーワードにWebで調べていたところ、HELP YOUを知ったと聞いています。そのような背景があり、外注先を再検討するタイミングで名前が挙がりました。

導入した当時は、営業部門の人手が足りなかったため、HELP YOUには提案資料の作成などをサポートしてもらっていました。

その後、マーケティング部門でもリソース不足が顕在化し、社内のメンバーがメディア運用に関わる細かな作業まで担っている状況でした。戦略立案などのコア業務に集中できる環境を整えたいという思いでHELP YOUを導入して現在に至ります。

──現在は、どのようにHELP YOUをご活用いただいていますか?

WordPress(※1)への入稿作業や、インサイドセールス業務の一部を自動化するための簡易スクリプトの設定、記事のアイキャッチやバナー作成を主にお手伝いしています。比率としては、記事制作に関わる業務が6割程度を占めている状況です。

残りの4割については、過去に公開した記事のホワイトペーパー化や、議事録作成などを依頼しています。

※1 Webサイトの運営に用いられるコンテンツ管理システム。

HELP YOUなら依頼にかかる手間も最小限

──業務をアウトソース化するにあたって、何か苦労はありましたか?

ほとんどありませんでした。HELP YOUスタッフの仕事ぶりは丁寧で間違いが少なく、コミュニケーションも円滑です。

特に、当社の窓口を担当していただいているディレクター(※2)さんのコミュニケーション能力が高くて助かっています。レスポンスが速く、明るい人柄なので、一つひとつのやりとりがスムーズです。私たちからの指摘に対して真摯に向き合ってくださる姿勢にも好感が持てます。

何より、依頼されるがままに動くのではなく、自らの提案を通じて私たちに新たな気付きを与えてくれることに価値を感じています。

テキストでのやりとりがメインですが、必要に応じてビデオ会議もできるので、困ったときに15分でも気軽に会話できるのはありがたいですね。

──過去にも業務を外注したご経験があるそうですが、比較するとどんな違いがありますか?

主に感じた違いは2つです。1つは依頼できる業務領域が広いことがHELP YOUの特徴として挙げられます。

個人と直接契約を結んで業務を委託する場合、ライティングやデザインなどの領域ごとに得意な人を見つける必要があるでしょう。しかし、HELP YOUならディレクターさんにご相談するだけで、当社に適した人材をアサインしてくれるので負担が小さくて助かります。

もう1つは、業務の依頼にかかる工数が少ないことです。一から十まで細かく依頼しなくても、大まかな方針を伝えるだけでディレクターさんが具体的な業務に落とし込んでくれます。例えば、過去に公開した記事をホワイトペーパー化する際にも、大まかな依頼のみで、しっかりと仕事をまとめてくださりました。

※2 実際に業務を遂行するスタッフとお客様との間でプロジェクトの進行管理を担う。

新たな試みの相談役としてもHELP YOUを活用

──HELP YOUの導入後、社内にはどんな変化がありましたか?

マーケティング部門では、細かな業務が減ったことで、SEOの戦略立案といったコア業務に集中できると喜びの声があがっています。

さらに、私たちの手が回らなかったり、知見がなかったりする業務については、まず「HELP YOUに相談してみよう」という習慣ができつつあり、プロジェクトの検討段階で悩むケースが減ったのでありがたいですね。社内のリソースだけで解決しようとしていた頃は、二の足を踏んでしまうこともあったのですが、HELP YOUを導入してからはフットワークが軽くなりました。

──ありがとうございます! HELP YOUを存分にご活用いただいている印象ですが、何か意識しているポイントはありますか?

新たな業務をお願いする際には、必ずオンラインミーティングで認識をすり合わせるようにしています。

お付き合いが長くなればなるほど、互いに「言わなくてもわかるだろう」という気持ちが生まれ、それがコミュニケーションギャップにつながることもあるでしょう。認識のズレを感じたタイミングでディレクターさんにご相談し、適宜ご調整いただいています。信頼関係があるからこそ、ちょっとした違和感も呑み込まず気軽に相談できていますね。

──最後に、御社で今後注力していきたいことをお聞かせください

あらゆる可能性を視野に入れて検討中ですが、今後はデジタルトランスフォーメーション(DX)支援に注力していきたいと考えています。すでに自動車業界を中心としたDX支援に取り組んでいますが、2,000社の導入実績を生かし、今後はマーケティング業界のDX支援により一層力を入れていきたいですね。

編集後記

HELP YOUを導入して業務をアウトソース化したことで、社内メンバーの負担が減っただけではなく、HELP YOUは新たな業務領域に挑戦する際の足掛かりになっているとの嬉しいコメントを頂くことができました。リソースが不足していると、新しいことを始めたくても自分の中でブレーキをかけてしまうこともあるでしょう。

企業が新たな試みをしようと思ったときに、HELP YOUはリソースはもちろんのことスキルや知見を提供することで、一歩踏み出す支えとなる存在でありたいと思います。

▼合わせて読みたい

1人体制のマーケティングチーム、HELP YOUの導入で目標達成率100パーセント超えを実現

「 絶対に助けてもらえる安心感。HELP YOUのサポートも含めて、ひとつのチーム」 ガイアックスSOC事業部 吉田さん

 

HELP YOUに問い合わせをする

HELPYOUが選ばれる理由


HELP YOUは、貴社社員がコア業務に集中できる環境を目指し、サポートいたします。

HELPYOUは、
・500案件以上の導入実績
・元大手企業のキャリアウーマンが多く所属
・バックオフィス業務から営業サポートまで幅広く業務サポートができる
・利用継続率97%以上のサービス満足度

といった特徴があります。
無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にオンラインアウトソーシングの活用を検討してみてください。

お電話での無料相談はこちらをご利用ください。050-3187-5599(平日10~18時)