【職種別まとめ】オンライン秘書活用方法!依頼業務内容や依頼のコツを公開

ノンコア業務を外注する「アウトソーシング」が多くの企業で導入されています。しかし、うまく活用できていない企業やどのように取り入れたらよいのかと悩まれている方も多いのではないでしょうか?

今回は、オンラインアシスタント運営会社ニット社員が行っているオンライン秘書活用のコツや実際の活用事例をそれぞれの職種別にまとめました。自社導入への参考にしてみてください。

目次

人材不足解消の切り札である「アウトソーシング」。うまく活用できていますか?アウトソーシングをする際に、ノンコア業務だからと丸投げしてしまうと、想定とは異なる納品物が出来上がることも。

オンラインアシスタントサービス「HELP YOU」を運営する株式会社ニットでは、社員自身がノンコア業務をオンラインアシスタントに依頼しています。
担当業務ごとの具体的な依頼内容と、依頼のコツをまとめてみました。

1.社長のオンライン秘書活用方法

ニットの代表を務める秋沢社長。

オンラインアシスタントへは、
・経理業務
・リサーチ業務
などを依頼しています。

月の定例業務や付帯業務を依頼することで、情報を整理する時間を確保し、結果的にスピード感ある仕事ができています。

業務依頼時のコツは、意図した納品クオリティを仕上げられるようにマネジメントをすることです。

オンライン秘書活用のカギは?オンラインアシスタント会社の社長に聞いてみた

2.営業担当者のオンライン秘書活用方法

男性社員
ニットの営業担当者は、
・資料作成
・情報の記録
・リサーチ
などを依頼しています。

日々の営業活動に関する付帯業務を依頼することで、担当者自身は営業活動に専念することができます。

業務依頼時のコツは、アシスタントからの意見を積極的に取り入れ、信頼関係を築くことです。

【営業編】オンライン秘書活用のカギは?オンラインアシスタント会社に聞いてみた

3.カスタマーサクセスのオンライン秘書活用方法

会議風景
ニットのカスタマーサクセス担当者は、
・事例紹介記事作成
・クライアント様へのメルマガ作成
・KPI管理資料作成
などを依頼しています。

手を動かす作業をオンラインアシスタントへ依頼することで、カスタマーサクセス担当者はKPI確認と施策検討に集中できます。

依頼時のコツは、オンラインアシスタントが動きやすいようなディレクションを行うことです。

【カスタマーサクセス編】オンライン秘書活用のカギは?オンラインアシスタント提供会社に聞いてみた

4.マーケティング担当者のオンライン秘書活用法


ニットのマーケティング担当者は、
・ユーザーニーズに合った記事の配信
・広告レポ―ト作成
などを依頼しています。

付帯業務をオンラインアシスタントに依頼することで、
月に7~8本程度のSNSやブログ記事運用・広告運用などの幅広い業務を一人で担当できています。

依頼のコツは、アウトプットに対してフィードバックを行うことです。

【マーケティング編】オンライン秘書活用のカギは?オンラインアシスタント提供会社に聞いてみた

5.人事担当者のオンライン秘書活用方法

ニットの人事担当者は、
・求人広告や応募者対応
・その他の人事関連業務
などを依頼しています。

オンラインアシスタントにノンコア業務を依頼することで、人事担当者自身はコア業務に集中することができます。また、継続して依頼することで、ノウハウが蓄積されさらに効率化されるという点も大きなメリットです。

依頼時のコツは、依頼を想定し事前に要件を整理しておく・業務の分岐点を定めてくことです。
【人事編】オンライン秘書活用のカギは?オンラインアシスタント提供会社に聞いてみた

アウトソーシングはHELP YOUで

アウトソーシングでHELP YOUが選ばれる理由


人手不足が深刻な状況で、アウトソーシングを活用する企業が増えています。
その中でも新しいアウトソーシング手段として、注目のオンラインアシスタント。
オンライン上で業務を代行するオンラインアシスタントサービスは下記の点で多くのお客様に選ばれています。


オンライン上での業務代行だから、

・雇用・派遣と比べて圧倒的に費用が安い
・働く場所を選ばないので優秀な元大手企業のキャリアウーマンが多数
・チーム制で1社につくので、複数業務のアウトソースが一括でできる

またHELP YOUの特徴として、
・業務ごとに最適な人材をアサインするので、人を探す手間・コストが0
・専属ディレクターが付くので、一括で依頼をすることが可能
・人材が担保されているので、長期的な業務依頼が可能
となります。

無料相談も用意していますので、ぜひこの機会にアウトソーシングの導入を検討してみてはいかがでしょうか?